私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ とアルコール( 207 )

湘南ビール

まるひろ


ということで、前の投稿に引き続きこれになります。
f0112574_16313790.jpg


「湘南ビール」

近頃、実はワインの味が良くわからないと言う事が発覚した”さわっち”が
見つけてきました。
元々、ビールがそれほど好きでは無い彼が、これはおいしいと言って9本も
買ってきましたので、頂きました。

味は、日本の喉ごしと舌に残る苦味を大切にした味とは違い、
まさしくドイツワインのようなビール自体に味があり、苦味が薄いビールです。
日本のビールが好きな人にとっては、少々味が濃く、すっきり感が弱いので
逆に好きでない方もいるかも知れません。
特にビターはコーヒーのような味を感じ、ビールなのか?と思われるかも知れません。

しかし、逆になれればその味の深さに楽しみを覚えると思います。
そして、なぜかいつもベロンベロンに酔う私とさわっちが、あまり酔いませんでした。
不思議なものです。


”「湘南ビール」はドイツの伝統的な製法を継承しており、原材料は厳選した
麦芽とホップと丹沢山系の伏流水のみを使用。無ろ過・非加熱処理でビール
酵母が生きている商品です。常温では発酵が進み、品質が保持できません
ので必ず冷蔵庫での保管をお願いします。
また、常にフレッシュな状態で提供しているため、品質保持期限は、製造日より
冷蔵保存で60日となっております。お送りする際にもクール便にて発送して
おりますので、お届き次第速やかに冷蔵庫での保管をお願いします。”
http://www.kumazawa.jp/beer.html より
by buinnx | 2010-08-04 16:39 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

イゲルエラ2009

まるひろ


先日、入間のアウトレットで「カルディコーヒー」を見つけました。
特に、奥では「まるや」とは違った品揃えで、どちらかと言えば話題性の高い
ものがある雰囲気でした。

f0112574_22113997.jpg

そんな訳で購入したのが、

「イゲルエラ2009」
スペイン

アルマンサD.C.

私は読んでいませんが、神の雫で紹介されたワインのようです。
ワインとして、万人受けしそうな華やかな味と香り。
それほど重くもなく、楽しくのめるワインでした。

重めのワインが苦手な さわっち もおいしく飲めたようです。
by buinnx | 2010-07-19 22:15 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

Casale Vecchio

まるひろ


近頃はイタリアワインです。
f0112574_21543096.jpg

「Casale Vecchio」
カサーレ ヴェッキオ

2008年
等級 D.D.C
生産者 ファルネーゼ
品種 モンテブルチアーノ ダブルッツォ


(ワインの後ろにこういった情報がちゃんと書いてあればいいんですけどね。
物によっては輸入会社の情報しかないのがつらいところです。)

相変わらず、まるやさんに薦められて買いました。
スパイシーな味といわれて、いまいちピンと来ていませんでしたが、飲んでみると良くわかる。
確かに、スパイシーというのがピッたしな味です。
全体的には重めですが、後に残らずぐいぐい飲めます。


続いて、たまたま人からイタリアワインを頂いて飲んで分かった事は、
イタリアワインは、変にワインに高級感を出そうとしてない感じで、スパイシー(今回覚えた表現)
というタイプがおおいようです。

フランスは、もうすこしフルーティーになっており、「おれ、ワイン」みたいな鼻高々な感じがありますね。
国の違いも少しずつですが、分かってきました。
by buinnx | 2010-07-07 22:01 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

Dopff & Irion Cremant D'alsace Brut

まるひろ


夏らしい暑さが続きますね。そろそろ名栗の方では蛍を観賞できる時期なので
時間と天候に相談しつつ、見に行きたいと思ってます。


さて、先日 練習後に団員が持ってきてくれたシャンパンを飲みましたのでご紹介。
f0112574_13434676.jpg

Dopff & Irion Cremant D'alsace Brut
ドップ エ イリオン クレマン ダルザス ブリュット

生産 フランス
輸入 ベネフィットヒルズ株式会社


微炭酸と、すっきりとした酸味が食欲を増進します。
さすがにシャンパンですね。のんだ後にフルーツの甘みのような余韻はありますが、
すっと消えていくので、気持ちよく飲めてしまいます。
by buinnx | 2010-07-04 13:48 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

幻の高級魚 クエ 

まるひろ


こんばんは。
先日の土砂降りは車椅子泣かせですね。
合羽をなくした私としては、傘のスキルアップが重要です。


さて、先日、とあるお店で飲んでました。
f0112574_2218378.jpg


まずは、「とんぼ」
いずみ橋・トンボラベル1号
山田錦 
神奈川のお酒です。

お店の人と、これはどうだ、あれはどうだ話していたら、
「こんなのどうですか?」ってな感じで出してくれました。

アルコール感が若干強めですが、ほわっと広がる味で、意外と料理に合います。
確実にある主張が、しっかりと和食にあいます。


f0112574_22205484.jpg

九平次 純米大吟醸
山田錦 精米歩合 35%
作り手 愛知

勢いでたのんじゃいました。
雑みが全く無く、すっきり。
はじめ、味が薄いのか?といった誤解を生みそうでしたが、
飲めば飲むほど旨い。 すばらしいお酒でした。



そして、ひとしきり女将さんと、この料理はこの酒と合う!とか
料理のことを話したり、酒のチョイスの話をしたりしてたら、
なにやらカウンターで主人が ドス! ドス! と大きな魚を捌いているじゃありませんか。
なんとそれは「クエ」。
私はクエなんて全く知りませんでしたが、一緒にいたさわっちの博識が光りました。
それからクエの調理方法や生態の話などを主人としていたら、気前のいい、男らしい主人が
「特別に少しだけ食べな。」 

f0112574_22241426.jpg

本来は、冬の鍋の時期まで取っておくそうです。
今回は特別に頂きました。

食感がたまらなくプルッとしているのですが、皮はパリパリ。
味付けは簡単でしたが、それで十分。旨かったです。


ご主人。ありがとうございます。
また、必ず行きます。
by buinnx | 2010-06-30 22:34 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

FRANESE

まるひろ


ちょっと合唱の紹介ばかりだと、このブログらしからぬ感じなので
ワインの紹介。

f0112574_22494512.jpg


「FRANESE 2008」

イタリア

近頃は、チリのワインを多く飲んでいたので、たまにはイタリアとかフランスが飲みたい!
と、いつもの 「まるや」さんに聞いたところ、出てきたのがこれ。

果実の甘みと酸味が丁度良くあり、アルコールをそれほど感じません。
(もしかしたら、冷えていたからかも知れませんが・・・)
全体的に軽く、飲み易いです。

あ~次は何のもっかな。
by buinnx | 2010-06-23 22:53 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

KWV 南アフリカ・ヌーヴォー 2010

まるひろ


とうとうサッカーワールドカップが始まりましたね。
こういう時だけ、エセサッカーファンになれる私です。

そんな時期もあるので、南アフリカのワインを飲んでみました。

f0112574_12545346.jpg


KWV
南アフリカ・ヌーヴォー2010  880円

まるやさんに確認したところ、KWVというメーカーはしっかりした味でおいしい
との事を聞きました。さすがに、時期ものというだけでは買いません。

880円という値段もあり、味の期待はしていませんでしたが、
さらっと飲み易く、渋みなどが少ないです。
バランスのいいワインになってますので、値段から考えるとかなりお薦めです。

ただ、アルコール度数は普通なのにもかかわらず、何故か皆いつもよりひどい
二日酔いになってました。やはり安いなりの理由があるのかも知れません。
by buinnx | 2010-06-13 12:59 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

一苗会 田植えやってきました

まるひろ


一苗倶楽部 2010年 田植えをやってきました。
f0112574_1385067.jpg


朝、8時45分より我が家から、5分くらいのところにある田んぼに集合。
倶楽部としては、現在150人くらい入部しているそうですが、今回はそのうち50人
ほどが参加いたしました。
f0112574_13102341.jpg


簡単に会の流れと田植えのやり方をレクチャーしてもらい早速 イン テュー ザ タンボ
我先にと苗を奪い合い、田んぼの一番奥へダッシュ!(嘘です)
f0112574_13113757.jpg


大体、縦に30mほどある一区間を1人ないし2人で植えて行きました。
(どこかにさわっちが?)
f0112574_13123632.jpg


苗はこんな感じ。良く見ると根っこの中に、確かに米があります。
f0112574_13135724.jpg


早速、私も。
(今日はバスケットの練習を休んでの田植えだったので、気持ちはバスケットだと
言わんばかりにジャージを着ていきました。)
横から一番近い1列を陣取り、大体15mほどを植えました。
ちょっと植えては車椅子を移動させて次の一つへ、といった作業だったのでかなり遅い
のですが、他の方は一人3列やっているので、大体同じペースで進めました。
f0112574_13151756.jpg

日が差していたこともあり、田んぼの中は温水プールのように暖かく、細かなドロも心地
いい感じでした。
(母校の近くに「山野愛子のどろんこ美容」があったのをおもいだしたりしてましたね。)

大体1時間くらいで終了。お疲れ様でした。
f0112574_1320113.jpg


そしてお昼。丸屋さんや、田んぼの鈴木さん(違うかも?)などが作ってきてくださった
ものを頂きました。特に、赤飯は絶品でした。
f0112574_13202535.jpg



話によると、一苗倶楽部も今年で8年目。
最初の田植えは5人だったそうです。田んぼの状態も悪く、耕すところから始めたそうです。
そんな大変な時期が合ったとは露知らず今日の楽しい田植えとなりました。
ありがとうございました。

次回は稲刈り。。。楽しみです。
by buinnx | 2010-06-05 13:24 | まるひろ とアルコール | Comments(2)

総勢19人くらいで飲んだワイン

まるひろ


先日15人が泊まりに来るとご報告しましたよね。
そのときに飲んだワインです。
f0112574_22544263.jpg


一番右とその隣は日本酒ですが、これはまだ未開封なので置いといて。
左から、

f0112574_22553525.jpg

「Domaine de falente」
と読めます。

赤 2006年ですが、若いフルーティーな味と丸みのある味を同時に楽しめるお酒でした。
軽め。

f0112574_22583977.jpg

「ボ-ジョレ ヴィラージュ キュヴェ サントホール」

赤 裏に書かれていたのですが、サントホールとは100年という意味で、
樹齢100年以上の葡萄を使ったキュヴェだそうです。

しっかりした深みのある味ですが、強い主張はせず食事を際立たせてくれます。 
旨いです。重め。

f0112574_2342557.jpg
 
「Domaine de saleute」

白 辛口ですが、すっきりとした味。一口目にはフルーツ感が飛び込んできますが、
すぐに消えて喉を通って行きます。軽め。

f0112574_2372670.jpg


白 甘口 梅酒のような甘みのある白。だけれど、甘ったるくないので、疲れた時に飲むと
凄いおいしいです。



ビールも、日本酒も、ワインも楽しいですね。
次回はどんなのが飲めるのかな?
by buinnx | 2010-05-19 23:09 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

一苗会 田植え

まるひろ


とうとう来ました。
一苗会の連絡です。

f0112574_20123447.jpg

一苗会:地酒を守るべく、会員にて田んぼを所有し、
     指導の下酒造りに参加し定量の購入契約を結ぶ会。

6月なので田植え。
必要な持ち物に 長靴とかますます田植えって感じです。
やった事も無いのでかなり楽しみにしています。

車椅子でどこまで出来るか! 後日投稿します。
by buinnx | 2010-05-15 20:26 | まるひろ とアルコール | Comments(0)