私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ とボードゲーム( 98 )

ボードゲーム大会 モノポリー編

√DAMAS

結の皆さんおつかれさまです
歓迎会が無事すんで、幹事としてほっとしています。
それなりに、みんな話しができて楽しめたのではないでしょうか?

まあ、タバコの多いところだった事はすみませんでした。
幹事としての申し訳なく思っています。

歓迎会の前のボードゲーム大会もお疲れさまでした。
皆、いろいろと食べ物を持ってきてくれたので、なんだか食べきるのが大変でしたが
わざわざ作ってきてくれた、ひらめちゃん ありがとうね。
さらに、飛び入り参加の Y弟 さんもミスタードーナッツありがとうございました。

さて、モノポリーの結果ですが。三回戦しましたので、その詳細をのせます。
      一回戦   二回戦   三回戦  平均
トッキー   3099   1874    1863   2279
亜輸夢   2876   1750    2130   2252
DAMAS  1733   1346    3796   2291
ひらめ   1731   1438    1510   1559
Y弟    不参加  2898    1078   1988
 
最終結果では、私の勝利でしたが、内容を見てもらえれば分かりますが、
それでも1回戦2回戦はかなり苦渋をなめました。
それぞれが、それぞれいい思いをした気がします。

この人数にやると、一回戦が1時間でも長く感じることを始めてしりました。
3人くらいだと1時間半くらいやらないと、たいして差ができないんですよね。


今日の一句

モノポリーやったんすけど ありゃ貧富の差がつくと
                      搾取されつつける モノトリ(物取り)ーゲームですね~


蛇足

明日は、バスケの練習試合です。
ベンチをあっためてきます。
by buinnx | 2008-03-01 23:28 | まるひろ とボードゲーム | Comments(2)

モノポリーを買いました

√DAMAS

こんにちは、昨日なんだかブログをかけなかったので

その分を書いてます。


さて、昨日なかなか長い一日でした。

朝9時から所沢でバスケの練習と練習予定表にはなっていたので、

わくわくしながら行ったのですが、なんと練習場所のみならず

時間も変更・・・・

ま~ 私はまだまだバスケのメンバーになっていないって事ですかね

連絡無かったです・・・


そんな訳で、午前中はドライブとなりました。

バスケは出来ませんでしたけど、それでもいろいろ走れたので楽しかったですね。

そして、午後からは結の練習。

それは、練習報告の通り、がんばりましたよ。はい。ほんと。


その後は、先日から予定していた入間のトイザラスにいって

出来ればスタンダードのカタンを買おう!

というイベントが発生。

男卓とひらめと行って来ました。


残念ながら、やっぱりカタンは有名といってもその世界だけなのか、

はたまた、トイザラスの年齢層が低いのか売ってませんでした。。無駄足?

いえいえ

ちゃんと買うものは、買ってきましたよ! モノポリー☆

20%引き~

そ~なんです、ボードゲームの基本ともいうべきモノポリーを買っちゃいました!


早速自宅に帰宅してレッツトライ

もう帰りたいと嫌がる男卓をなだめて、私のわがままにつき合わせてもらいました。

だって明後日からは仕事。

こんなバカなことできるのも、今日くらいかもしれないからね


それにしても、モノポリーってやったことありますけど、ちゃんとルールブックを読んだのは

初めてです。


そしてびっくり、モノポリーって家を建てるのに、同色の土地を買い占めないと、

いけないんですね。

元々、モノポリー = 独占

という意味らしく。土地を買い占めてから、やっと家が建つという、しかも家も

買い占めた土地に均等に作らないといけない、といったルールもあり、

1時間やりましたが、私がやっと3軒たてただけで、あとの二人は家が建ちません

でした。


結果を申しますと、鉄道を独占した ひらめ の勝利。

特に土地はあまり買っていなかったのですが、この鉄道が嫌な感じで。

なんだかすごろくの目が、そこに行かせるんですよね。

さすが、さいの目の女王です。



今度、皆さんでやりましょうね~

そのとき集まった人数によって

3~4人なら カタン

5~6人なら スコットランドヤード

7~9人なら モノポリー

みたいな感じかな?

その時がいつになるかワカリマセンけど、楽しみです。



さ~って、明日から仕事

やっと、普通の社会人に戻れそうです(半日だからまだ先か・・・)

それでも、いろんな方にご心配、ご迷惑をかけましたから、その分がんばる

つもりです。

ろくにお礼も出来ていない状態で本当にすみません。

折を見て少しずつお返しできたらな・・・ と考えています

by buinnx | 2008-01-06 12:07 | まるひろ とボードゲーム | Comments(3)

ボードゲーム大会 カタン編

√DAMAS

こんばんは、先ほど5時間にわたり

ぶっ続けで行われた 第一回 カタン 大会が終了しました。

やっぱり正月はボードゲームですね☆



参加者は 男卓 亜輸夢 ひらめ 私

4人。(ゲームの最大人数は4人です)

内容はかなりヒートアップ

大体4人では3ゲームしましたが、男卓 亜輸夢 私

がそれぞれ1位になる混戦

1位にはなれなかったが、ダイスを自分の家来のように

コントロールする力があるのか、脅威の引きのひらめもかなり混戦に食い込んでいました


今日カタンを長々と行ってわかった事は、

まず

1 はじめの陣地とりで、他のプレイヤーの行動を阻害しつつ
  いい目のところを取ること。

2 しかし、いい目とは言ってもあくまで確立論なのですが、
  (二つのダイスを振る場合6,7,8が出易い)
  実際は、なぜか6でも出にくい場合が多々あるので、幅広い数字をカバーできる
  陣地を取る必要がある。

3 自分の陣地を発展させられない時には、チャンスカードを引くしかないが、
  これが侮れない。
  実際、亜輸夢は最終ゲーム、チャンスカードのみでかなり食い込んできました。


また、勝利条件がなかなか丁度いいバランスにあり

何かしら特殊な条件によってポイントを稼いでいないと、他のプレイヤーより

上がりが遅くなってしまう事が分かりました。



とりあえず、今日の面子にはかなり好評でしたね。

ちょっとルールが複雑な部分があるので、対象年齢は10歳と高めですが

十分に楽しめるボードゲームでした。


次回やるまでには(次回っていっても、半年後とかかな・・・)

ポータブルタイプではなくて、スタンダードタイプも購入したいとは考えています。
by buinnx | 2008-01-04 01:34 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)

スコットランドヤードのゲームバランス

√DAMAS

こんばんは。

リンクにダーリンの伯父さんのHPを作りました。

画家のHPなのでよかったら見てください。



さて、今日は元旦ということもあり、ダーリンのうちに

挨拶に行きました

そして、せっかく人が集まるんだからと、スコットランドヤードを

持って行き、5人でプレイ

6回くらいやりました。


(以後の内容はやったことの無い人には、全く分からないと思いますので

すみませんが、今回は適当に読み飛ばしてください。)



その間に、警察のレベルがずいぶん上がり、最後には9ターンで犯人が

つかまるようになってしまい、所要時間が30分程度になりました。



正直、警察役がコツを掴んでしまうと、犯人にとってかなり条件が厳しい

ゲームだということがわかりました。


警察役のコツとは、

1 まんべんなく配られた移動手段カードを使うこと

2 セーヌ川の移動を防ぐ

3 序盤はとにかく地下鉄を利用する


大体この3点を守れば16ターンのうちに相手を捕まえることが出来てしまいます。

残念ながら、犯人役と警察官役のゲームバランスが悪いとしかいえません


しかしながら、犯人はその圧倒的不利な状況を理解した上で、

何とか逃げ切るために頭を使うのは、大変緊張感あり楽しいことは確かです

途中、心臓がばくばくします。



逆に、皆がなれてきた状態で、完全に犯人役の人が逃げ切れることが出来たなら

その犯人役のプレイヤーを賞賛することが出来るゲームともいえます。


また、倫理的に、犯人が警察と条件が同じというのは良くありません。

子供の教育のためにも、「悪いことをしたらつかまるんだよ」

という刷り込みのためにも、条件がよさそうに見えても犯人が圧倒的に不利

であるというこのゲームバランスは、実は大変いいのかもしれません。


奥が深いです。


最後に、基本的に、ゲームで満足感を得れるのは勝つ場合だと考えると、

犯人が勝って、1人が喜ぶより

警察が勝って、5人が喜んだ方が盛り上がるのは確実


3000円程度で購入できますので、やってみてはどうでしょうか?
by buinnx | 2008-01-02 01:26 | まるひろ とボードゲーム | Comments(3)

カタン 予習終了

√DAMAS

こんばんは。

やっと来年の予定などを考える 幹部会(なんかこう書くとかっこいい気がするけど・・・)

で来年の予定と、役職などをきめました。

SVEC後の総会で本決まりの話がでるでしょう

途中話にでましたが、私が練習中 「こわい」(怒っている) と思われていたのをはじめて

知りました。全く持ってびっくり。

正直、皆の発声方法とか、何がいけないのか?、もっといい練習にするにはどうしたら

いいのか?とかは考えてますけど、怒ってたことは一度も無いと思いますけど・・・

特に女性陣 そんなに気にしないでください。 真剣にやってるだけですよ~



さて、カタンの予習が終了しました。

男卓を招いて、2人でレッツトライ。

いろいろやり方を発見しつつのゲームだったので

一回目は、いつの間にか私のぼろ勝ち

二回目は、いろいろとわかって来たので、一進一退のいいゲームでしたが

なかちょんとTA8ATさんが来たので、途中で終了。


現在の感想としては、港の使い方と、盤上の数字を良く考えて配置しなければならない

と言うところですか・・・

二つのサイコロを振って、出ためが重要なんですけど、

組み合わせは二つのサイコロの数字の和は 2~12 ですよね。

しかし、組み合わせとして 2 は 1と1 しかありません

それに対して、

                6などは 1と5 2と4 3と3 

の三種類あるので、どうしても確率的に出易い
             (7は特殊な数字として扱います)

よって、6を上手く使える陣地を取っていた方が何かと有利だったり

あとは、港の使い方が重要になりますね


是非次回は、ルールブック通り 3~4人でやってみたいと思います。

さすがに年内はもう無理かと思うので

来年、仕事が始まる前に一回くらいやりたいと思っています。



PS

HPに勝利するコツなんてのもあるそうです。

見ておこうかな?

いや止めておこう・・・
by buinnx | 2007-12-29 22:55 | まるひろ とボードゲーム | Comments(2)

スコットランドヤード

√DAMAS

こんばんは。

スコットランドヤードやりました。

楽しかったです。

犯人を追い詰める快感と、それをするりとすり抜ける犯人のくやしさ

が混在した、予想通りになかなかいいゲームでした。


ルール上、ほとんどの時間を警察官(スコットランドヤード)達が

話合うことに費やされるため、時間的制約を設けないと、

ゲーム時間が長くなるため、精神的に疲れを感じるのがちょっと惜しい

感じですが、その分犯人を予想通りに捕まえられたときの快感はたまりません。

また、マップも良く出来ていて、思い通りに通れないのがみそですね。


今回は、大体1ゲーム90分くらいでした。

次回やるときは独自ルールとして、それぞれの持ち時間を決めて

もっとスピーディーに進めたほうがいいかも知れませんね。

出来れば、1ゲーム60分に収めたい。

そうすると、24ターンあるので、1ターン2~3分

警官が5人で2分 犯人が1分 が理想かも知れません。


また、犯人の特殊カードの数がちょっと多い気もします

行動を隠すブラックカードは基本ルールでは5枚ですが4枚で十分な気もしましたね。


気になる方は、是非やりましょう~

対象年齢は10歳から

確かに、簡単なんですけど、5,6歳には無理かも・・・


次回のボードゲームはカタンです。

ポータブルタイプを購入したのですが、使用するカードがちゃちいのがちょっと残念。

もし、ポータブルで面白ければ、スタンダードを買おうかと思います

とりあえずは、次回ということで・・・


とりあえず、予習しておきます。
by buinnx | 2007-12-28 23:38 | まるひろ とボードゲーム | Comments(4)

買っちゃいました

√DAMAS

こんばんは、私ボードゲームとかって結構好きで、
特に大学で、某村君に外国のゲームを教えてもらってからは
本当に好きになりました。
そして、とうとう、念願のボードゲーム

スコットランドヤード


カタン

というゲームを買ってしまいました。
両方とも、大変有名なゲームです。
ルールを読んでいるだけでも楽しそう・・・


明日・・・ もう今日か?
何人か集めてボードゲーム大会します。




年賀状
が終わってないのが気がかりですが・・・・
by buinnx | 2007-12-28 00:07 | まるひろ とボードゲーム | Comments(5)

6nimmt!

DAMASU

こんにちは、日曜のヒット数が急激に減りました。なぜだろう?



さて、今日はちょっとカードゲームのことについて。

といっても、遊戯王とか、ポケモンとかのことじゃありません。

ひとつは、  algo (アルゴ) という株式会社 学研 が作っているカードゲーム

もうひとつは、6nimmt! (6ニムト) という ドイツのメーカーのカードゲーム


両方とも、大学時代に好きで買ったゲームです。

algoの方は、数年前からちょっと大きい本屋なら置いてある、「頭のよくなる・・・」定番

のゲーム。自分の手札から相手の手札を論理とカンで当てていく2~4人のゲームです。

昨日の夜、うちの家内と久々に白熱したわけですけど、このゲームよく出来ています。

カードゲームっていうと、結構経験が物をいいます。ウノだったり、トランプのゲームも

完全な運でなければ、経験があるほうが勝ちますよね。

でも、このゲームは、理論的に数字を追い詰めていけば、誰でも対等に渡り合えて

楽しいです。


次に、6nimmt! は、カードをいかに取らないで進めるかを競うゲームです。

はじめはトランプの7並べのように四枚カードを置いて、

プレイアーは、手札からそれぞれ一枚を同時に出します。

出された手札の中から、机に出されている4枚のカードの数字より大きくて近い順番に

並べていき、一列に5枚並べきってから、次の6枚目を出した人が、その列のカードを

全てもらわなければなりません。


と、書きましたが、やってみないといまいち分からないと思います。

でも、家の家内も2回やって、完全に分かったので難しくはありません。


正直、このゲームの面白さはやってみて体感してください。2~10人まで出来ますが、

5人くらいがお薦めです。戦略と裏切りのゲームです。

勝てそうで勝てない。負けそうでも勝方法がある。

近頃は、カードゲームを皆でやる空間が無くなって残念です。

サンドイッチさんの話のように、
(カードゲームに熱中するあまり、片手で食べられる食べ物が欲しかったため、
                                           サンドイッチを作った)

皆で、寝る間を惜しんでやりたいです。




なぜ、こんなコメントを書いたって? 

そりゃ、 できれば合宿でやりたいからですよ(笑)
by buinnx | 2007-09-24 12:20 | まるひろ とボードゲーム | Comments(2)