私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

草餅は作った人だけが、その苦労を理解できる、、、

まるひろ

カフェブラウンでは、茨城でボカシ肥料や有機肥料を使って
作っている新井さんのお米を使っております。

そんな新井さんは、ただでさえ貴重なお米を購入させて
いただいているのに、時期によっては、採れたてつやつやの
無農薬野菜たちを送ってくださる事もあり、
本当に感謝に感謝を重ねても足らない方です。

そんな新井さんから、去年に引き続きこんな素敵なものを
頂いてしまいました。
f0112574_22592497.jpg
自家製の草餅です。(^▽^)
もちろん、もち米にヨモギまで自家製!

これには訳がありまして、時はさかのぼり去年の事。
やはり同じ時期に草餅を持ってきてくださったのですが、
そのほとんどを我が家の娘二人が「おいしい!おいしい!」
とがっつき、食べ続けたため、その様子をよろこんでくださった
新井さんが、今回も送ってくださったのです。

つまり、これは娘達のおかげともいえる貴重な草餅なのです。

写真ではすでに2個食べております。
そして、一緒に食べたRちゃんが一言。

R「まるひろさん、草餅、作った事あります?(-_-;)」
ま「え? そりゃあないよ。」
R「こんなにヨモギのスジが食べやすくなるようにするのって、
  ほんっっっと~に大変なんですよ!( ゚Д゚)」
ま「そうなの!?」
R「ええ。私なんて、昔、母と沢山のヨモギを採って
  ”これで草餅つくってみよー”なんて思ったが最後。
  作り終わる頃には母と倒れていた記憶しかありません。。。(-_-;)」
ま「( ゚Д゚) か、、、感謝します!」

食べ物のありがたさは、作って初めて分かるもの。
草餅の大変さも、作って初めて分かるもののようです。

新井さん!
おいしかったです!!ほんとーーーーーにありがとうございます!

by buinnX | 2018-03-26 23:07 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)
<< 電話番号が変わりました! 36歳になりました。 >>