私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

イクメンの次は、目指せアイロン男子 <前編>

まるひろ

私、気がつけば毎日Yシャツ着ています。

以前の仕事では、Yシャツなどほとんど着ていなかった私が、
Café BROWNを開店してから、ほぼ毎日Yシャツ。

別に制服としてYシャツ”しばり”をしている訳ではないのですが、
やっぱりCaféですから、清潔感あり、パリッとしており、
お客様に見られても恥ずかしくない格好でありたいなぁ~
という考えが = Yシャツ となっていったのです。

とはいえ、Yシャツなら避けて通れない”あれ”がありますよね?

実は、去年一年間は、たまたま選んできた生地の材質によって、
別段”それ”をしなくても、なんとなくどうにかなっていたんです。
しかし、残念ながら生地というものはヘタるものです。

どんなにいい生地であっても、複数回の洗濯によって、
張りがあって欲しい所が”しおれ”、曲がって欲しくない所が”折れて”いく訳です。

ええ、こんな時、何をすべきか私は知っています。
なんたって妻に教えてもらったんです。

ま「ねえ、このボタンの所がめくれ上がってきちゃったんだけど、
                         もうこのシャツは買い替え時かな?」
妻「えーもったいない。 こんなのアイロンかければ治るわよ!」
ま「あっ アイロン?! そうか! その手があったか!?
  しかも、もしかしてアイロンをかけられる男子って、カッコイイかも!
  きっとイクメンの次にくるのは、アイメンだ!俺やるよ! アイロンやるよ!」

と、宣言することより数か月。 
”言うは易し 行うは難し”

”時間が無い”というお決まりのセリフで自分を庇いつつも、
その間、クローゼットにかかったままの、着られないYシャツ一枚。

妖精さんが私のシャツにアイロンをかけてくれる訳などなく。
視線の端に、そんなYシャツをとらえるたび”やらなきゃな~”
という思いに悩まされている間に・・・着られないYシャツ二枚。

青色申告が終わったら必ず!
と思っている間にも、着られないYシャツ・・・・・四枚。

あきまへん(-_-;)。

このままでは、

着られるYシャツの枚数 < 着られないYシャツの枚数

になってしまいます。
それだけは避けたい!避けなければならない!
俺は出来る子だ!と自分を奮い立たせ、妻に
「今からアイロンをかけるぞ!だから、押し入れからアイロンとアイロン台を、だしてください!」
と、お願いし、その勢いで
「うっし!さあ、シワを伸ばしちゃるぞ!ピッとしちゃるぞ!」
と、片手にはアッツアッツになったアイロン、そして目の前にYシャツを
用意したところで、ふとつぶやく妻。

妻「でもさあ・・・」
ま「ん?」
妻「ワイシャツのアイロンって、すんごく技術がいるんだよ。大丈夫?」
ま「へ?ただこうびーっとかければいいんじゃないの??」
妻「甘いね。」
ま「じゃあどうやったら良いのでしょうか」
妻「さあ。あたしやったことないもん」
ま「( ゚Д゚)えっ?!」

ここで判明、まさかの全員初心者。
このままでは、野球のルールも知らないのに
バッターボックスに立つようなもの。

途方に暮れて、意味もなく蒸気をブシュ―っと拭き散らかす私。

しかし妻は偉かった。
「youtube様に聞いてみよう!」

<つづく>

f0112574_23343651.jpg

by buinnX | 2015-03-10 22:05 | まるひろ と車椅子 | Comments(3)
Commented by ゆうこりん at 2015-03-12 16:19 x
いつもネタ満載なfamilyだわね(笑)
私は苦手だから、クリーニングにお任せ。
だってアイロン、子供たちのやるだけで、精一杯なんだも~ん
Commented by a at 2015-03-12 23:25 x
えっ
子どものって、アイロンかけるものあるんですか?!

そして、たぶんどのご家庭も
このレベルのネタならそれなりに満載のはず。
気がついていないだけですよ~
(ウチが特別おもしろい訳ではないと思いたい)
Commented by ゆうこりん at 2015-03-14 19:39 x
幼稚園や小学校いきはじめると、少しずつ増えてくるよ( ̄▽ ̄;)
<< 大平 翔三 ソロライブ”独演会” しいたけと大根とピクルスとすぱべっき >>