私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

豆の選別風景

まるひろ


生豆の選別も、そこそこ慣れてきました。
近頃は、大体300gを選別するのですが、廃棄量、焼き上がり
ともにさほど問題がなくなったように思えます。

時間は、まだ30分くらいかかっているので、
もっと精度を上げる方法を考えつつ、時間の短縮をしていきたいですね。
(500g を30分くらいで出来る方法を思案中)

ちなみに、下の写真が私の選別セット。
左から 量り、メモノート、生豆、欠点豆 or ピーベリーを入れるタッパー。
f0112574_22155788.jpg

中央の生豆は、オーブンに使う受け皿にフェルトの
シートを敷いたものの上に広げてます。

フェルトのシートを敷いたのは、オーブンの受け皿からの光の反射を
防ぐ意味もありますが、それ以上に豆を転がしやすくするため。

豆の裏表を確認するのに、下がつるつるだと転がしにくくて・・・
細かい作業ですからね、1時間もすると手の筋肉が硬直してくるんです。

フェルトを敷くことで、ある程度は改善しましたが、
いまだに手が痛くなるので、まだまだ改良の余地あり。

一日に何百キロと焙煎しているプロの方は、どうやって選別しているんでしょうね。
興味深々です。 今度、聞く機会があれば聞いてみます。
by buinnX | 2013-02-11 13:05 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)
<< ぽんぽんポコポコ 滑舌ストレッチ >>