私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2015年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シナモンロールスコーン 始めました☆

a

こんばんは!
月がきれいですね。
昨日はスーパームーンとのことで、ムスメが大ハッスル。
お月見だんごを作って、お月さまを見ながら食べたい!と言い出し、
マンションの4階(最上階)にお皿ごと持って行って、よそのお宅の玄関の前で
ちょこんと座って食べました。
子どもがいると、年中行事をきちんとやるようになりますねぇ。

ちなみに、明日は幼稚園のうんどうかいです(^o^)/
年少さんは、かけっこと、ダンス。
楽しみだなあ。

さてさて。
今日も、日差しは強かったけれど、風は爽やかで気持ちがよかったですね。
こんな日は、コーヒーがおいしいです(^^♪
そして~、
cafe BROWNに、コーヒーの大親友が、ついに登場です('◇')ゞ

<シナモンロールスコーン> 200円(税別)  コーヒーとセットで648円 (税込 700円)
f0112574_2241410.jpg

原材料: 薄力粉 菜種油 豆乳 てんさい糖
      ベーキングパウダー シナモン 塩

私のあこがれは、何といっても、映画”かもめ食堂”!!!

「フィンランドの、あんなかわいいカフェで、
おいしいコーヒーと焼きたてのシナモンロールを食べたらどんなに幸せだろう・・・・・・・」

と思っているのは、絶対に私だけではないはず!!
ついでにあのおむすびも食べたい・・・・・おいしいに決まってる・・・・・

お~アブナイ、頭が欲望と妄想に支配されるところでした(´艸`*)

cafe BROWNのシナモンロールは、パンではなくスコーン生地なので、
かもめ食堂とはちょっと違ったものではありますが、
しかし!!!

焼いている時の幸せの香り・・・・・
サクッほろっとする生地・・・・
ちょっとコゲて、シナモンシュガーがカラメルになったところがまた、香ばしくてたまりません!
f0112574_2242615.jpg

っていうか、このうずまき型って、かわいくてズルいですよね(´艸`*)

コーヒーとの相性は言うまでもありません。
ぜひお試しくださいませ(^_-)-☆
by buinnX | 2015-09-29 23:44 | Café BROWN | Comments(0)

Saxophone & Marimba Duo Concert 終了しました

まるひろ

Café BROWN 初のマリンバとサックスのコンサートが終了しました!

サックスの北村さんが当店で演奏されるのは2回目。
北村さんより「今回は、マリンバとデュオコンサートにしたいんですけど・・・」
とお話しを伺った時は、「マリンバ? 入ります?」と思いましたが・・・・

入りました☆('◇')ゞ
f0112574_2365120.jpg

組み立てる過程を見ている限り、9~12個くらいのパーツに
分けられるようで、運搬は乗用車一台の車に乗せられてやってきました。

組み上げて、サックスと並んだのがコチラ↓
f0112574_237833.jpg

サックスの力強い音色と、マリンバの夢のような音色がこれまた面白く、
リハーサルの時にお店にいた姉ムスメは・・・・

ボー然と聴いてました(゜.゜)
f0112574_237205.jpg

その不思議な音色のコラボレーションに、娘も興味をそそられたようで、
今回は「本番も聴きたい!」と、そのまま居残り。。。

そして、さあ本番。
f0112574_2373157.jpg

プログラムは・・・・

・風の通り道
・G線上のアリア
・「ドラえもん」の3つの主題によるソナチネ
・虹の彼方に
・BORDEL 1900
・ムーンライト セレナーデ
・花のワルツ
・ガブリエルズ オーボエ
・My favorite things
・アンダー ザ シー

と、数々の有名な曲を、ピアノとも歌とも違う優しい
音色で届けていただきました(^◇^)

プログラムを拝見した時「ドラえもんのソナチネ・・・?」と思いましたが、
はああ、確かに!馴染みのあるモチーフが、どんどん展開していって、
いつの間にかソナタ形式に!!おもしろい。

「風の通り道」は、ご存知となりのトトロの曲ですが、
意外にも、シャープでかっこいいジャズ編曲!
ほおお。

そして「アンダー ザ シー」は、
マリンバの海の泡のような音色にピッタリで、ノリノリ(^◇^)

どの曲も楽しくて、あっという間の2時間でした。
癒されました~。

しかし、それにしても・・・・
マリンバの枹(ばち)って、4本を同時に使うんですね(゜.゜)。
片手で2本を使い、打点を自由自在に操り・・・・すごいです。
じーっと観察していると、まるで手品のように片手で操る
2本の開き具合がコロコロコロコロと変わるんですよ。

私なんぞは、小学校の時、2本の枹でも泣いていましたけれど。。。


<北村 莉香子さん 小山田 萌さん>
とっても可愛くて、すてきな演奏をありがとうございました!
また、飯能にお越しの際は、いつでも遊びに来てください☆
f0112574_2374279.jpg

by buinnX | 2015-09-27 22:52 | Café BROWN | Comments(0)

フラワーガール

まるひろ

先日、姉ムスメが大役を果たしてきました。

それは、彼女にとって初体験な事でしたので、
予めyoutubeで予習をさせて・・・・

当日、緊張した面持ちで、タイミングを待ち・・・・・
f0112574_23435868.jpg


会場のお姉さんの指示に従い、白いドレスの前に進み出てすることは・・・・・
f0112574_23441173.jpg


いった~~~ ちょ~緊張した面持ちで花を持って 行った~~~~(^o^)/
f0112574_23442290.jpg

私「(いまだ! 頑張れ 愛姉ムスメ!!!)」

彼女としたら、生まれて初めて大勢の大人の前で与えられた大役!
顔が引きつっていても、OK! 

ゆっくりとした足取りで、一歩進み、
カゴいっぱいの花びらを、
掴んで、、、、まく!
f0112574_23443630.jpg

姉ムスメ「・・・・・・・・・(゜.゜)」

また進み、
カゴの中の花びらを、
まく! 
f0112574_2344479.jpg

姉ムスメ「・・・・・・・・・・(゜.゜)」

まく!
まく!
まく!

均等に、適度に、妻が待っている道の先まで!

まく!

走ったりせずに!

まく!
f0112574_234521.jpg

私「おおおお(T_T)」
あの、姉ムスメが緊張しながらも、フラワーガールが出来るようになるなんて・・・・

私「おぅおぅおぅおぅおぅおぅ(ToT)」
父親として、感無量で、涙がでそうだよ・・・・・・

おぉぉぉぉぉぅぅぅぅぅぅぅ う? ん? (@_@。
なんだろう?
なんで隣からも、同じ理由の涙な雰囲気を感じるのだ?

と、隣に座っていいたのは、お菓子担当のRちゃん。
ゆーっくり覗いて見ると、泣いてる。。。
実の父親の私よりも先に、泣いている。。。

いや、結婚式なんだから、色々感動する理由はあると思うけれど、
これ絶対、姉ムスメの成長にジ~ンと来た涙でしょ?!

え~、なんというか、同じ理由でジーンと来ている人を見てしまうと、
涙が奪われるというか、、、、 ”あくび”の逆バージョン?

あ~( ゚Д゚) ズルい!
実の父親の私を差し置いて、泣くなんてズルい!

あ~~ あ~~・・・・ 終わっちゃった。。。。
まあ、仕方ないか。。。
きっと最前列で、姉ムスメを迎えている妻は、
私の分もジ~ンと来て、泣いてくれているだろうし・・・・
f0112574_23451494.jpg

初の”フラワーガール”よく頑張りました☆


・・・・・・・後日・・・・・・・

妻「あのさぁ~ 私、最前列の端っこでスタンばってたから、
  あの子の歩く姿を全く見れなかったんだよね~ どうだった?」
私「( ゚Д゚)・・・・・・・・・・・・・・ が、頑張って、たよ。。。 涙が、出そうなほど。。。」
by buinnX | 2015-09-26 23:52 | まるひろ とイクメン | Comments(2)

エクアドルは遠かった <その5> ~深夜、気がつけばツアーメンバーはみんな、満天の星空を眺めていた~

まるひろ

バスに乗って、4WDの車に乗って、馬に乗って着いた先は、
コーヒー園・・・・ではなく。 その手前にあるカルロス・ソリージャさんのお宅。
このカルロスさんのお宅への一泊というのが、実は本ツアーで
コーヒー園までの道のりに続いて不安だった所なんです。

なんたって、ツアーしおりにかかれた事前情報は、
「カルロス家泊 ※部屋には電気がないので、懐中電灯をお持ちください」 以上

( ゚Д゚) カ、カルロスさんって、どなたでしょうか? 友達?

ツアーを企画してくださったSANEの中で”カルロス”さんという方は
大変有名人なのか、特にそれ以上の情報が無いんです。
情報が無いばかりか、さらに気になるのが”電気がない”、”懐中電灯をお持ちください”
の注意事項。

(´ー`) あ~ 日が昇れば起きて 暮れれば寝るという生活をしている方なのかな・・・・

って、そんな訳あるか~い!
ツアーやど? まさか先住民のかやぶき屋根に行くわけではあるまいし。。。
電気ないんですか? つまり、灯は無いのですか?

お湯は? シャワーは?
あっ 夜な夜なトイレに行きたくなったら、どうするんだ?
懐中電灯を口にくわえて、車椅子を動かすのか?
それとも、携帯用トイレを持って行った方がいいのか?

はっ!( ゚Д゚)
クマが出たらどうしよう。
ほら、あったじゃん。 昔、北海道のある村でクマが出て、一夜で村人が全員・・・・

ぎゃ~~~( ゚Д゚)

と、大きな不安を抱えつつ、とうとう着いてしまいましたカルロスさんのお宅。

・・・・・・きれい、じゃん。。。
f0112574_2355413.jpg

(=_=) え~っと 泊まるところは・・・・

・・・・・・めっちゃ、いいじゃん。。。
f0112574_2364874.jpg

(=_=) え~っと でも中は・・・・

いいじゃん! 素敵じゃん! 居心地いいじゃん! 何?手作り・・・
f0112574_23254432.jpg

( ゚Д゚)パネェ ※中途半端でない → 半端でない → パネェ の意。

確かに、灯は蝋燭しかないけど、アリアリ!
むしろ最高!

そして、話題の人、カルロスさんは・・・・
f0112574_23252171.jpg

見るからに、仙人オーラでまくりな知性溢れるおじいさん。

話を聞くと、そりゃあそのはず。
カルロスさん(カルロス・ソリージャ)はこのインタグの森を40年以上かけて、多
種多様な生態系を作り上げた方であり、また鉱山開発を食い止めるため
デコインという環境団体の会長でもある方なんだそうです。

なんか、変な心配して、ごめんなさい!

そんなわけで、早速、彼の自宅周りの森、というか・・・・
もういろ~んな植物(食べられるものや、食べられないものなど色々)が
うわっさ~と混在している森を散策。

そこには、コーヒーの木があったり。※ティピカらしいです( ゚Д゚)!
<飲める>
f0112574_2336829.jpg


沢山の蘭があったり。。
<食べられない>
f0112574_23364684.jpg


ツリートマトなる、トマトの一種があったり。。。
<食べられる>
f0112574_23371989.jpg


アジサイが、咲いていたり。。。。
<実は、毒がある>
f0112574_23382242.jpg


クッキングバナナがあったり。。。。。
<火を通せば食べられる>
f0112574_23385544.jpg


30種類以上がミカンの木に生息している、着生植物があったり。。。。。
<食べられるものも、食べられないものも混在>
f0112574_23392778.jpg


そして、ミミズ床で土を作っていたり。。。。。。
f0112574_232687.jpg


そうなると、もちろんトイレは・・・・・・
f0112574_23262762.jpg

イワユルぼっとん式で、掘った穴に糞尿を溜め、
醗酵したらたい肥として使うそうです。
(一つの穴が満杯になるのに、5年くらいかかるそうです。)

さらに、シャワーはお天道さまの力を利用したお湯を使うそうで。
晴れてないと、お湯が出ない設計。。。。。。。

・・・・・・・・・・・( ゚Д゚)・・・・・・・・・

想像を絶するエコな生活に、気持ちが満腹になりました。
f0112574_2327250.jpg


そして、その夜は、インタグで行われている鉱山開発の話や
カルロスさんが考える”豊かさ”についてのお話し。
f0112574_23512488.jpg

銅採掘の為の鉱山開発で掘られる穴の想像を絶する大きさと、そこからの汚染。
(直径3キロ 深さ1キロの穴を掘るらしく、その過程でヒ素などが川に流れ出るそうです)
また、日本がその鉱山開発プロジェクトにどうかかわってきたかなどのお話しから、
「皆さんが考える”豊かさ”とはなんですか?」という質問から始まる、
ツアー参加者を交えての議論・・・・・・・。

気がつけば、あたりは真っ暗。
f0112574_0145216.jpg

さらに夜空は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚Д゚)!!!!!!!!!!!

うわ~~~~~~~~~~~~~~~~( ゚Д゚)☆☆☆☆☆☆・・・・・・・


・・・・・・・・翌朝。。。。

f0112574_2351379.jpg

自然と一体となった、朝食前のコーヒータイム。。。。。

最高っす。
by buinnX | 2015-09-23 22:28 | Café BROWN | Comments(1)

エクアドルは遠かった <その4> ~馬初体験~

まるひろ

さて、エクアドルの話は徐々に私の目的である
コーヒー農園に近づいてまいります。

今回訪れるコーヒー農園は、首都であるキトから北へ
5時間ほどいった所にある、インタグ地方の山間にあります。

”山間”ですので、そりゃあもちろん道は舗装されている訳も無く、
ツアーに参加することが決まった当初より、ここが一番私が行く
事の問題に上がったのは言うまでもありません。

「まあ、最悪は途中であきらめます」
という私の意志を、ツアーを企画してくださった杉田さんも確認して、
やっとどうにかなる方法を考えてくださった次第です。

そんな訳で、まずは行けるところまでみんなでバス。
最初はこんな感じな風景は、、、
f0112574_22374174.jpg


標高が下がっていく毎に、徐々に樹木が多くなり、葉っぱが大きくなり、、、
f0112574_2238416.jpg

そして、とうとう。
マイクロバスで行ける限界に到着。
f0112574_22385047.jpg


ここからは、他のツアーの皆さんは徒歩で40分の道のりへ。
私はというと、現地の方の4WDの車に乗り換え、
舗装などされているはずもないバッコバッコの道へ。
f0112574_2338523.jpg

もう、道はボコボコ過ぎてリアルなジャングルクルーズ。
(クルーズじゃないけど。。。)

車の速度は出せるはずもなく、大体20キロくらいで走行しても
揺れる揺れる車。跳ねる跳ねる車。

道沿いの樹木は、砂埃で茶色に染まり、道の凸凹を
超える度に運転席の現地のお二人が、ピョ~ンコ ピョ~ンコ と
跳ね上がる姿は、まるでマリオブラザーズ。
(特に、右のオジサンの帽子がナイス!)

そして、これもとうとう4WDで行ける限界に到着~。

ここから先は、車ではどうにもならない山道。
ガイドの彩さんには事前に「もしかしたら、バギーを用意できるかも・・・」
なんて言われていましたが、到着してみると待っていたのは・・・

馬。 やっぱりね~~~(´ー`)
f0112574_2339299.jpg

かわい~馬が、3頭待っていました☆

さ~って、どうやって乗るかな~。
なんて、考えていると、流石現地の人。
屈強です。

私を力強く支えてくれ、
身を任すように、ひょいっと、、、乗れました(^▽^;)。
f0112574_23361079.jpg

事前の、あれほどの心配は、どこ吹く風です。
といっても、、、、、、、

私は乗馬初体験。

意外と高い馬からの景色に加えて、ガイドの彩さんが・・・・

「私、以前、馬から落ちて骨盤を折ったんですよね。。。
 その後、動けないから仕方なくタクシーで病院に運んでもらって、
 診察が終わって、ボロボロの体で何とか帰ろうとしている途中のバスで、
 スリに合って・・・・・・・・・
 だから、馬がちょっと怖いんです。」

なんて、、、、
今言わないで~~~( ゚Д゚)

折りたくない骨盤。 行きたくないエクアドルの病院。
すられたくない全財産。

その気持ちに比例するように、鞍の前の方を両手でめっちゃつかむものの、
安定しない身体。馬が一歩動くたびに、心の中で叫ぶ私。

”ぎゃ~~ お~ち~る~( ゚Д゚)”

”離すもんか離すもんか!
 あっ そういえば、競艇では転覆してもハンドルは離しちゃいけないというのと同じか?!
 振り落とされても、手を離さなければ、大丈夫? なのか?
 いや、といっても、このまま数十分も乗っているなんて到底無理!
 落馬してしまう! 折るのか? 折ってしまうのか? 骨盤! ぎゃ~~~~”

と、思っていると、
屈強なエクアドル人が何やら話しかけてくるじゃありませんか。

「えっ 何? 何? スペイン語分からないよ。日本語しゃべれない?」

そして、ぐいっと私の左手を掴むと、そのまま鞍の後ろに回し・・・・
”片手はこっちを掴め” ※と、スペイン語で言っている様子

( ゚Д゚) はっ! 今、スペイン語分かった!
気持ちが通じたのか?そうか、言語たって、気持ちが重要なんだ! 

よ~し、両手で前を掴んでいるからいけなんだねナイスガイ。
片手を後ろに回してみるよ・・・・ めっちゃ安定('◇')ゞ☆

安定してくると、俄然生まれてくる余裕。
やっぱり、せっかく馬の上に居るんだから、
その風景を撮っておきたいじゃないですか☆

慣れないのに、馬上で、片手を離して写真を撮たのが、こちら★
f0112574_2321839.jpg

馬の毛って、意外と固いと知りました。

さて、さらに慣れれば気分は、殿様。
大名行列☆
f0112574_23392312.jpg

そして、無事に着きました☆
コーヒー園手前にお住まいの、鉱山開発の反対運動を続けている
カルロス・ソリージャさんのお宅。※鉱山開発については次の投稿で。
f0112574_23401793.jpg


そして、ちなみに、車椅子は・・・・
f0112574_23393214.jpg

馬が、運んでくれました☆

洗濯機だって、馬に載せて運ぶそうです。
偉いぞ、馬! すごいぞ馬! 
by buinnX | 2015-09-20 00:22 | Café BROWN | Comments(2)

同時期の比較 ~姉は髪がなかった~

まるひろ

嬉しい事に、次女も今日で1歳です。

そう、ハッピバースデー テューユー です。
そんな訳で、姉の時も用意しました”背負い餅”を
今回も用意☆
f0112574_21194891.jpg


さ~って、早速ムリヤリに次女に背負わせるべく、風呂敷につつみ~
f0112574_22111285.jpg


何も知らない次女に、後ろからせまる妻。。。
f0112574_21202731.jpg


妻「うりゃ!」
妹「・・・?! う? うう? (なんだ? やめろ~~~)」
f0112574_21203977.jpg


そしてめでたく

”私、旅に出ます” いっちょ上がり。
f0112574_21205143.jpg


それを見ていた姉も、もちろん背負いたがり。。。
f0112574_21211331.jpg

私「大きくなったんだね・・・ お餅が小さく見えるよ・・・・
  だって、君も1歳の時は・・・・・・・・・・・・・・・・」

こんなでした(笑)
f0112574_21212411.jpg

※ 姉ムスメ 1歳の時の写真

私&妻「・・・・変わってないね。 ていうか、髪の毛が、無いね。はげちょびんだね。」

二人とも、健やかに育ちますように。。。
by buinnX | 2015-09-19 22:21 | まるひろ とイクメン | Comments(3)

エクアドルは遠かった <その3> ~鶏、豚、牛 僕の肉体改造計画~

まるひろ

エクアドルに行くとなった時、妻や、お菓子担当のRちゃんに心配されたのは
「食べもの大丈夫?」という事。

私は、こんな白砂糖や、乳製品、卵を使わない”ゆるマクロビ”なお店をやっている
ほどですので、基本的に毎日の食卓でも身体に優しい食事を心がけている訳です。
そんな私が、”急に地球の裏側にいって、そこの食事に耐えられるとは思えない”
というのが、二人の心配の元という事なんです。

まあ確かに言わんとしている事は分かるので、一応エクアドルの主食を
調べてみると、よく分からない現地の日本人の方のブログによれば、まさかの・・・・米。

でしたので、「主食は米だから、大丈夫だよ~」という、今思えば
全く分けの分からない自信をもって二人の不安を押しのけて行ってきました
地球の裏側 エクアドル。

その結果、どんな食事だったかを、ちょっとご紹介いたいます。

まず、<ホテルでの食事>。

朝食に起きてくると、目に飛び込んできた見慣れない物体が・・・。
f0112574_23312772.jpg

まるで、スターウォーズのR2-D2のような機械ですが、
これ、コーヒーとミルクとお湯を出してくれる装置で、
3つレバーがついており、上からミルク、左からお湯、
右からコーヒーがくるんです。

なぜ、三位一体にしたのか不明ですが、取りあえず朝起きると
”ブッシュ~~~~~ シュ~~~~”と威勢よくうなっており、
「( ゚Д゚)中のコーヒーは、沸騰しているのでは?」
「( ゚Д゚)牛乳は、凝固しているのでは?」
「( ゚Д゚)お湯は、飲める温度なのか?」
と思えるド迫力なのですが、意外とそれぞれ適温で、
コーヒーもエグミ無く充分な美味しさ。

そして、そうなると朝食に用意されているものは、もちろん・・・
f0112574_23371463.jpg

パン。

( ゚Д゚) コメは? 主食じゃないの?
f0112574_23375956.jpg

さらに、日本の旅館のように毎朝用意されるスクランブルエッグ。
毎朝という点で、すでに日本で摂取していた動物性タンパク質を超えそうな勢いですが、
それでも”朝食”ですので、まあ分かりますし、ツアーを企画してくださったSANEの
杉田さんが、現地のトマトやピーマンをなどをスクランブルエッグに加えてくださったので、
大変リッチな朝食を楽しませていただきました。

そして、その日は奨学生達との昼食が予定されておりまして、、、、
f0112574_23373440.jpg

選べたメニューは・・・・

杉田さん「え~っと、みなさ~ん。メニューですが、牛と豚と鶏はどれがいいですか?
      え~ ちなみに、鶏が一番高いです。」

まるひろ「(・・・・・( ゚Д゚)選択肢は、全て肉なんですね。。。。ま、まあ仕方ないです。
      ならせめて、マクロビ的に選べば鶏ですかね。高いらしいけど・・・・)」

そしてやってきたのが。。。
f0112574_23374547.jpg

( ゚Д゚) デカイって! これ、鶏の半分でしょ?

しかも、主食が米とは聞いていたけれど、米と肉のみってどうよ?
えっ これが普通なの? 現地の子は、これを平らげるの? この可愛らしい子も?

・・・・・ま、まあ。 取りあえずよく噛もう。
ちゃんと100回噛んで、消化すればきっとお腹を壊したりしないはず・・・・

30分経過・・・・・・

いや、無理だって。まだ半分も食べてないし。
それにほら、現地の子も残してるじゃん! 多いんだよ! 考えよ~よ~~( ゚Д゚)


<2日目の食事>

朝食は、再びパンとスクランブルエッグと、コーヒーと、何かの果物のジュースを平げ。

首都キトの観光の途中でガイドに案内されたお店では・・・
f0112574_22403710.jpg

杉田さん「え~と、じゃあメニューの希望を取りまーす。
      羊と、豚と、鶏。どれがいいですか?」
まるひろ「(( ゚Д゚)またきた~~~!! 肉しばり! 羊しか変わってないし!)
      えっと、じゃあ・・・・・・(鶏は食べたし、、、珍しい) 羊。。。」

んで、用意されたのがコチラ。
f0112574_2338233.jpg

昨日よりは米と肉以外があるけれど、アボガドかぁ 身体を冷やすんだよなぁ・・・・
よく噛んで食べよう!


・・・・・そして、その夜はホテル近くのお店で食事することになり・・・・
((=_=)あ~ 肉の無いものはないかなぁ・・・・・)と、メニューを見ると
”ベジタリアン”と読めるアルファベットのつづり!!(メニューはスペイン語です)。

ま「ああ!彩さん彩さん※ これ、ベジタリアンメニューですよね!おれ、これにします!!」
※彩さんは、現地にお住まいのツアーコーディネーターの方

彩「ええ、そうです。ベジタリアンメニューがある時にそれを選ばないと、
  ここキトでは、野菜は本当に食べられないですからね・・・・(^▽^;)」

んで、用意されたのがコチラ。
f0112574_23393075.jpg

野菜炒めを、ナンのようなものでくるんで食べるようなもの。
油は多いのが気になるけど、それでも嬉しくって、ムシャムシャ食べました。


<3日目の食事>
朝食は、もちろんパンとスクランブルエッグと、コーヒーと、何かの果物のジュース。

そして、昼食は標高4000mの湖の周りを散策した後に・・・・
f0112574_22574952.jpg

(風が強すぎて、帽子を押さえてないと跳びそうなんです。)

立ち寄ったペンションも兼ねたレストランでは、問答無用に・・・
f0112574_23402468.jpg

鶏・・・・・。

いえ、あの、誤解の無いようにお伝えしますが、連れていって頂いた
ところの料理は、どこも本当に美味しいんです。
しかし、まあ、動物性タンパク質から逃れられない!

こうなりゃ意地です。残さず食べます!食べてやります!
自分の内臓を守るためにも、よく噛むことに注力!
そうなると、かならずメンバーの中で一番食べるのが遅くなるのですが、
わがままを言ってられない。

料理はおいしい、量は多い。
しかし、残したくないなら自分を守るためにも、噛んで噛んで噛んで噛んで噛む!


そして、このあたりから、自分の体に変化が・・・・
毎日の高地トレーニング(特に何もしていないが、取りあえず坂が多い。)+
普段食べない動物性タンパク質の嵐 = 筋肉が盛り上がってきている。

気のせいじゃないんです。
夜、鏡の前に立つと、明らかに日本にいた時より屈強な男が写っているんです・・・・
(´ー`)・・・・・・ ちょっと、いいかも。。。


<4日目>

今日は、SANEさんが援助して作った学校の訪問。
話によれば、ここの学校では、子どもの親御さんが給食用に畑をやり、
その収穫物をもってお昼にしているらしく・・・・・・期待できます。
f0112574_23424812.jpg


※国営の学校は、近年、エクアドル政府の政策により、今まで年度の途中で
 配給が止まってしまっていた給食を100%支給するとなったのですが、
 その内容は、市販のシリアルバーにカップスープの元を配るというものらしく、
 その為、逆に栄養失調になる児童が急増しているそうです。
 ですので、ここでは自給自足の形をとっている数少ない学校のようです。

んで、ご用意していただいた昼食は・・・
f0112574_23403727.jpg

きた~~~(^o^)/ 野菜オンリー!! しかも、ゆでただけ!
こういうの、嬉しい! も~もりもり食べちゃいました☆


しかし、夜は”ベジタリアンメニュー”を頼んだつもりが、
なぜか肉がもりもり入ってきたしまった中華麺を平らげ・・・

・・・・ううう、もう私限界かもしれません・・・・・・

しかし、出来上がっていく私の筋肉。


<5日目>
この日は、エクアドルでの鉱山開発に反対し、森を守り続けている
カルロス・ソリージャさんのお宅に一泊の予定。
f0112574_23263543.jpg

途中、馬にまたがり付いた先は、ものすっごい自然。。。
※詳しくは、後日別のテーマの時に・・・

自然の循環を考えた、まさいく自給自足な生活から生まれた食事は。。。
f0112574_23264791.jpg

とにかく、美味しかったです(T_T)(T_T)(T_T)。。。
特に、クッキングバナナという、火を通さないと食べられないバナナの
チーズ入り揚げ団子が最高に美味しい!
モリモリモリモリ食べちゃいました☆


<6日目>
カルロスさんの所からの帰り。
f0112574_23493552.jpg

湖のほとりのレストランで食べた料理は・・・・

初の魚! (鱒と、言っていたかな?)
f0112574_23432032.jpg

でも、そろそろ胃袋が悲鳴を上げてきたようで、
なぜか食べられなくなってきました。

しかし筋肉は、相変わらず切れてきています。
特に、上腕三頭筋と僧帽筋がいい形してきています。


<8日目>
は、杉田さんオススメの夜景が美しいレストランでお食事。
f0112574_2349452.jpg

久々にワインを飲んだら、標高が高い影響か、べろんべろんに・・・・
私は、いったい何を食べたんだろう・・・・・


<9日目 最終日>
この日は、最後の最後にガンゴテナ有機農園ファームにお邪魔しまして、
f0112574_23494765.jpg

そこでエクアドルでの有機農法の神様と言われる方のお話しをお聞きしつつの・・・・

最後の食事!!!
f0112574_23495749.jpg

ここのオーナーは、エクアドルの先住民が持っていた有機農法の知恵を
復活させた方で、兎に角色んな方が勉強にくるのだそうです。

そして、その食事がおいしいのなんの!
f0112574_2350752.jpg

目から鱗どころか、目が落ちました!


そんな訳で、最初はどうなるかと思った食事も何ごともなく、
無事に帰国と相成った訳です。しかも、高タンパク質と高地トレーニング
による肉体強化付!

(^o^)/ お~エクアドル最高!!


・・・・・と、思ったのもつかの間。

帰国後、12日間の下痢発動。。。
やはり内臓には無理が溜まっていたようで。。。。
出発前に比べ、体重2キロ減。

そして、鍛え上げられた肉体は・・・・ もの見事に元以下に・・・・

まるで、春の夜の夢の如し。
ああ、まって僕の筋肉よ。
ああ、まって、男らしい自分よ。。。。
by buinnX | 2015-09-15 23:56 | Café BROWN | Comments(2)

少年よ。大人だって常に本気です。

まるひろ

ちょっとここの所、エクアドルの話題ばかりでしたので、今日は小休止。

ところで、姉ムスメが幼稚園に通うようになり、初の夏休みが無事に終わりました。
途中、あまりに退屈そうなムスメと、我慢の限界な妻の双方の精神状態向上の
ために、夏休み中の預かり保育(通っている幼稚園が設定している制度)を利用
したのですが・・・・ 一番最初こそ「幼稚園にいける~(^o^)/」と元気いっぱい
だった姉ムスメは、いつもと違う様子の幼稚園を過ごし、帰ってくるなり
「・・・もう行かない」の一点張り。

親になると、夏休みって全く休めない時期なのだと知りました(^▽^;)。

さてしかし、そんな時期だからこそ、苦悩する親のために数々のイベントが
いたる所で開催されております。この日も、たまたま美杉台の公民館に
お邪魔すると”ゴム鉄砲教室”の文字。。

はて? ゴム鉄砲って、割りばしてで作るあれのこと?

と、思いながら、中に入り、飛び入りでも大丈夫か確認し、
参加費を払い、手渡されたのが・・・・
f0112574_2320762.jpg

( ゚Д゚) 確かに鉄砲だ!

どうやら、参加してから話を聞いてみると、飯能のカヌー工房の方が
広めている”ゴム鉄砲サッカー”(略してゴム鉄サッカー・・・・らしいです)の
イベントだったらしく、まずは自分の鉄砲を作る所から。。。
f0112574_23201832.jpg

娘も、訳が分かっているのか分かっていないのか、
取りあえず袋を開けて・・・

紙やすりで、全体のバリを取り・・・ (1分くらいは頑張ってました。)
f0112574_23202831.jpg


ねじで締めて・・・・ (なぜか、異様にねじを締めたがる姉ムスメ。)
f0112574_23203818.jpg


うごくように調整したら、完成☆(調整は、もちろん私がやりました。)
f0112574_23204773.jpg

一応完成してご満悦な姉ムスメ。
銃身を持つのはどうかと思うけれど(^▽^;)

そして、早速開催されました”ゴム銃サッカー”!!
f0112574_23205752.jpg

作ったゴム銃に輪ゴムをセットし、ピンポン玉をサッカーのボールに見立てて
相手のゴールまで押し込んだら勝!というゲームで、全6チームのトーナメント戦。
テーブルごとに2名の選手を選出し、その子たちが自分で輪ゴムを銃にセットし、
ボールがゴールに入るよう狙いを定めて、撃ちまくるもの(ゴーグル必須)。

内容を聞いて、「・・・ん~ 姉ムスメが一人で出来る内容じゃないな・・・」と思っていると
実は、この企画の対象年齢は小学生から・・・・ どーりで(^▽^;)。

しかし、そんな事とはつゆ知らずやる気満々な姉ムスメ。
今更「試合は見ていようか?」なんて言っても、聞くはずもないので、
主催者の方に「私が二人羽織りの形で、アシストしてもいいでしょうか?」
と聞くと、「・・・・・いいですよ。」と了解を得て・・・・ いざ、尋常に勝負!

ピー!

始まりのホイッスルを合図に、ゴムをセットし、狙いを定めて・・・撃つ!
外した(=_=)

まだまだぁ~ ゴムをセットし、狙いを定めて・・・撃つ!!
いい感じ(´ー`)

おお、相手のゴールはまじかだ! ゴムをセットし、狙いを定めて・・・・撃つ!!!
すると・・・・ コロコロコロコロコロコロコロコロ・・・・・・ コトンっ。

GOOOOOOOOOOOOOL~~~~~( `ー´)ノ

おら~見たか! 私の精密射撃!
今度から、私の事は”ゴルゴまるひろ” いや、”まるひロナウド”とお呼び!

そして、”ピ~~~~~ 終了~~~”。

いえ~~~い!!(^o^)/・・・・・って
はっ( ゚Д゚) ・・・・・・・・勝ってしまいました(^▽^;) 2対0。

いくら試合とはいえ、相手は全て小学生。
その中に混じり、二人羽織りとはいえ、
33歳のいい大人が本気で打ち負かしてしまいました(^▽^;)。

いや~まずいっしょ。
他の親御さんの目線が痛い。
よ~し、2回戦こそは、分からない程度に負けよう!

そうだよ、適当にボールから外して撃てば負けるでしょ☆

そして、2回戦。
流石に1回戦を勝ち抜いてきたグループだけあって、
狙いも正確で、ことらは防戦一方。

「(ふ~これなら、適当に負けることが出来るかな?)」
と思い、ふとチームメイトの男の子を見ると・・・・ めっちゃ必死で頑張っているんです!

( ゚Д゚) いいのか俺は。
大人の体裁のために、この頑張っているチームメイトを心の中で裏切っていいのか?

いいはずがない!
がんばりもしないで、負けを受け入れることなど彼に教えてはならない!
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・ ズキューン ズキューン ※こんな音はしません

コロコロコロコロコロコロコロコロ・・・・・・・ ストン。。。

Goooooooooooooool!!!!( ゚Д゚)
見たか! かず撃てばいいってもんじゃないんだぞ!
冷静な分析と、角度、そして自分の癖を掴むことが重要なんだ!

・・・・・・・って・・・・・・ 勝っちゃったよ( ゚Д゚)。
次、決勝戦だよ・・・・ いいのかオレ。いいのか、俺。。。。
どうしよう、他の子どもに混じり、なぜか一人大人な俺。

痛い。
痛いよ目線が。

なにかいい方法ないかな・・・・と悩んでいると・・・・・
姉「・・・・・疲れた(=_=)」
ま「へ? 疲れたの? 次、決勝だけれど、やらないの?」
姉「・・・・・・・もういい。」
ま「・・・・・・・・・・りょうかい。」
f0112574_2321682.jpg


そんな訳で、決勝はチームメイトのお父さんにお願いして。
途中退出。。。。

楽しかった・・・・です。
by buinnX | 2015-09-12 21:17 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

エクアドルは遠かった <その2> ~歌は万国共通です~

まるひろ

さて、思い出話はつづきます。エクアドルです。

出発前にも書きましたが、今回のツアーは、
エクアドルの子どもに教育支援をしているSANE(サネ)
というNPO法人の企画されたものですので、ツアーの目的は
観光でも自分探しでもなく、SANEの会員がエクアドルという国を知り、
そして支援している奨学生を訪問するという、と~ても意味のあるツアー
なのです。

そんな訳で、本来なら私が同行してもいいのかな~と思える旅なのですが、
その日程の中に”コーヒー園見学”がある事を知ってしまったが為に、
車椅子でご迷惑をかけてしまう事は承知の上でご一緒させてもらった訳です。

つまり、、、、 いわば始めっからSANE代表の杉田さんにはご恩がある訳です!

男!まるひろ!
受けたご恩は返さねばなりません!
しかし、何か方法が・・・・

と思っていると、出発前にこんな依頼が・・・・
「現地の奨学生の子達の前で、何かパフォーマンス案はありませんか?」

( ゚Д゚) これや! ここで一肌脱がねばならんのや!

と、いう訳で、用意したのが毎年 合唱団”結”が子ども図書館で
踊っている”たちねぶた音頭”。振付も歌も簡単だし、元の絵本も簡単☆
ピアノがあれば最高だけれど、無くてもテンションで乗り切れる(はず!)
な代物。

ツアーの他のメンバーの方にも、事前に練習していただいて・・・・いざエクアドル!

旅の予定表を見れば、さっそく着いた翌日に”奨学生訪問”や
”家庭訪問”などといった予定が組まれており、つまり、
いきなり私の出番です。

出番当日。
前日の飛行機の到着が遅れたために、睡眠時間3時間のフラフラの中
ツアーの皆さんとホテルで踊りの最終確認をこなし・・・・
f0112574_23212692.jpg

いざ、本番へ!!
f0112574_23213838.jpg

※ 写真の黄色いバスは、どこかの学校の通学バスらしいのですが、
  道端で交渉して、奨学生達が待つ学校まで連れていってもらいました( ゚Д゚)・・・・
  エクアドル、自由です。

さて、そしてなぜか自己紹介が一番最後に設定された私。
一通り他の皆さんが終えると・・・・来ましたオオトリまるひろ。
f0112574_23215386.jpg

自分の自己紹介など上の空。
心はこの後のパフォーマンスで、”目の前の奨学生達を乗せられるのか?”
”私一人で、ちょー浮いた状態になるのではなかろうか?”などと不安を覚えつつも、
自分に言い聞かせました。

”やるしかない。 男だろ、まるひろ! 例え一人だけ浮いたっていいじゃないか?
 旅の恥じは掛け捨て、見るアホより踊るアホ、猿も木から落ちるもんだ
 (←ちょっと意味が違う)”

そんな訳で、絵本を振付で説明し・・・・・(もちろん日本語でです)。
f0112574_2254480.jpg

あとは・・・・・・ 踊れ、踊れ、踊れ、踊れ~~~~~~
f0112574_2322256.jpg

も~、全く周り見えない、見ない!
雰囲気に飲み込め、飲まれるな!
立ち止まるな、後ろを振り向くな!

やってま~れ やってま~れ やってま~れ やってま~れ やってま~れ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふ~ 終わった・・・・・
私の役目は終わった・・・・・
奨学生達が楽しかったかどうかは分からないけれど、私はやりきった。
あとは、ツアーを楽しむのみ!

と、安堵しているとSANE代表の杉田さんから一言

杉「まるひろさん あと2回ありますから☆」
ま「・・・・へ? 2回って?」

・・・・・・・と、言う訳で、その後もカヤンベ地方の奨学生の前でも

読み、歌い、踊り ( ゚Д゚)!!!

さらに、SANEさんが支援して作った高地の学校でも、100名くらいの
ちょ~~~綺麗な目をしている小学生の子達の前でも

読み、歌い、踊り ( ゚Д゚)!!!!!!
f0112574_22141064.jpg

( ゚Д゚)がんばりました!

が! 反応は正直にいって3回とも、イマイチ!!
そりゃそーだ、言葉分からないし!

しかし、それでも心の慰めとなったのは、ツアーの皆さんとは
一丸となってできたことです(T_T)。
皆さん、めっちゃ子供たちとハイタッチしてくれました!
よかった(T_T) よかった(T_T)。。。。 もう、それで十分です(T_T)。。。


それと、家庭訪問では、折しも音楽が好きなご家族を訪問。
f0112574_23221453.jpg

次から次へとエクアドルの歌を披露してもっているうちに、
なぜか私も歌うことに・・・・

ええ、そうなると思ってました。
だから、ひそかに歌える曲を考えてました。
そして、歌わせて頂きました 日本の代表的な唱歌”故郷”

う~さ~ぎ~ お~~いし か~の~や~ま~・・・・

準備なしのぶっつけでしたので、出来はどうだったかな~と
思いつつ、訪問先のお父さんの表情を見ると、見るからに大感動!

なぜか・・・・・ 毛糸で編んだお面を頂きました☆
f0112574_23222537.jpg

伝統的なものなんだそうです(^▽^;)。

スーツケースの中が、ビビットでした☆
by buinnX | 2015-09-10 22:12 | Café BROWN | Comments(0)

エクアドルは遠かった <その1>~エクアドルに着いたら、君はいなかった~

まるひろ

ハプニングがない訳もないわけで。むしろ、期待しちゃいます。

ご存知の通り、8月の中旬から私エクアドルに行ってきました。
エクアドルは、コーヒーの産地として有名なペルーやコロンビア、ブラジルに
囲まれた国で、地図で示すならココです↓。
f0112574_22244521.jpg

そんなコーヒーで有名な国々に囲まれていますし、高地も多いので
もちろんコーヒーの産地でありますが、イマイチ知名度は低い国です。
むしろ、エクアドルで有名なのは、ガラパゴス諸島。

ガラパゴスの特殊性ゆえに、それがエクアドルであるとは
知れれていないほど・・・・
正直もうしますと、行く直前まで私も知りませんでした。

さて、そんなエクアドルに行くべく、まず行くのは・・・・成田空港。
f0112574_22403820.jpg

着くなりスーツケースを預けて、”さて、一緒に行くメンバーと合流するか・・・”
と思いつつ、ふと目に入ったのは看板に書かれている機内持ち込み禁止リスト。

1.液体100ml以下
2.ライター・マッチ
3.ナイフ・ハサミ

ま「ハサミ・・・・・?」
f0112574_22404920.jpg

ま「もってる~~~(^▽^;)」

既にスーツケースを預けてしまった後に気がついた事実。
例えこのハサミは、鼻毛を整えるための、決して人に危害を
加えられるようなものでないとしても・・・・ハサミはハサミ。

ま「あああ・・・・ きっとこのハサミは、捨てられちゃうんだろうな・・・・
  でも、まてよ。機内に持ち込まなければいいんだよね。
  つまり、この後、荷物として運ばれる車椅子に仕込めば・・・・ 処分されない(^^♪」

と言う訳で、車椅子にハサミを収納し、いざ空の旅へ。。。

飛行機に乗る直前に、エクアドルのコトパクシ山が140年ぶりに噴火した
なんて情報も入りましたが、特に問題なく成田を離陸。
コトパクシ山は、目的地のエクアドル首都であるキトから50キロしか
離れていない山ですので、まあ最悪は、乗り換え先のヒューストン観光
になっても仕方ないか。と腹をくくり・・・・

13時間の空を満喫し、着きましたヒューストン。
f0112574_2241330.jpg

ここからエクアドルに行くには、5時間ほど待ち、
その後、さらに5時間かけて向かいます。

車椅子は、目的にのキトまで荷物として預けられているので、
ヒューストンの空港内は、航空会社の車椅子を借りられる・・・・・・はずが・・・・・

ボブサップのように筋肉隆々な黒人さんに、車で運んでいただき、
次の搭乗口近くの椅子に座らせてもらうと、なぜかそのまま去る彼。

ま「? 車椅子は? まさか・・・・(=_=)」

そのまさか。
車椅子なし。

車椅子ユーザーが、車椅子なしで椅子に座らされたら・・・
そりゃあほぼ軟禁状態。しかも、次のフライトまであと5時間。。。。

トイレどうすんじゃ!!( ゚Д゚)

・・・・結局、同じツアーの方の肩を借りてなんとか用はたし、
すごしました5時間。

そして、噴火の事が心配でしたが、予定より2時間遅れで
着きましたエクアドル☆
f0112574_23182888.jpg

ま「ふ~これで、後は宿に行って休める~」

と、思いきや。
空港に着くなり、大事なものが見当たらないのです。

その名も、”車椅子”。

始めは、エクアドルのイケメンに「大丈夫、大丈夫。10分で出てくるよ☆」
と、かる~く言われたのですが・・・・・

15分経過

30分経過・・・

1時間経過・・・・・

ちょっとまて~~~!!
無いんだよね? 行方不明なんだよね?
認めなよ! アレかな? ハサミを忍ばせたのが悪いの?
あれでヒューストンでひっかかったりして、没収されたの?

あまりにも出てこない私を見かねて、一緒に同行していた
英語教師の方が交渉にあたってくれて・・・・・
f0112574_22412419.jpg

行方不明と分かりました( ゚Д゚)。

飛行機の乗り換えは、恐ろしいと知りました。
by buinnX | 2015-09-07 22:16 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)