私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2015年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

もりあね青空市 に出店してきました

まるひろ

晴れてよかった!

直前まで、この日の天気予報は雨。
ああ、こりゃあ大変だなぁ~と心配しつつ、やってきました
次女を出産した”もりあね助産院”。

今日は、ここで”もりあね青空市”が開催されましたので、それに出店してきました。
f0112574_22382796.jpg


いや~それにしても、見てくださいよこの・・・
木立を駆け抜ける風  青々とした空  命が芽吹く大地
f0112574_22381510.jpg

本当にここは、まるで別世界。

こんな気持ちのいい土地の一角を使った青空市。
こうじの甘酒を使ったパフェのようなスイーツや、棒いなり、ハーブティー、
キュウリの丸かじりや、ハンドマッサージ、
そして子供服のリサイクルや布小物など、
もりあねさんらしい出店の数々に私も財布のひもが緩みっぱなし(*^^*)
f0112574_22383717.jpg

アレもおいしそう~ コレもおいしそ~
と、遊び歩いている父を横目に、姉ムスメは・・・・

シャボン玉中。
f0112574_22384843.jpg

( ゚Д゚) 「どこでもらってきたの?!」

一心にシャボン玉を吹き続ける娘を見ていると、
なんだか羨ましくなってきて、やらせてほしいな~と思ったり。

青空の下にいると、童心にかえるもの・・・・ですよね?

もりあね助産院さん
ありがとうございました。
by buinnX | 2015-05-31 23:02 | Café BROWN | Comments(0)

いつまでそれで満足してくれるんだろう・・・

まるひろ

姉ムスメが幼稚園に行くようになり、日々”よくわからないもの”が増えてきます。

それは、牛乳パック等で作られた”車”だったり・・・
トイレットペーパーの芯で作られた”双眼鏡”だったり・・・
折り紙等で作られた”魔法の杖”だったりする訳です。

そして、この日持って帰ってきたのは・・・・
f0112574_21422459.jpg

前衛的な色で塗られたお姉さん。。。ではなく、
よく見るとディズ〇ーキャラクターの中にありそうな女性。

これだけでは、迫力のある塗り絵に過ぎませんが、
どうやらこれは頭にかぶることで”プリンセス”になれるという
素晴らしいお面らしいのです。

ええ、ビバ幼稚園。

大人がプリンセス気分を味わうためには、すてきなドレスや、
バカ高いティアラ、または塔がそびえたったお城に行かなくてはなりません。

はたまた、もう少し世の中を知ってしまったら、
きっとおもちゃ売り場で「あれ欲しいほしいほしい~」
攻撃が展開されるかもしれませんが・・・
(なのでそのような危険地帯には近寄らない予定ですが・・・)

今のところ、姉ムスメは、これだけで完全に”プリンセス”気分。
テンションだだ上がり!!

いいぞ~いいぞ~ ずっとこのままの君でいてほしいぞ~ (-_-)

そんな”プリンセス”気分絶好調の姉ムスメですので、
私がお店から帰ってくるなり
「おとーちゃん!! 見てみて! プリンセスなの~(*'▽')」
と、”すてきなお面にペットボトルのふたの指輪”というフル装備で現れた、その姿は・・・・・
f0112574_2142342.jpg

私「プ・・・プリンセスって・・・迫力のある表情をするんだね(^^;)」
姉「うん! プリンセスなの!(*^^*)」
私「そう・・・・そうかぁ・・・・・・」

あの・・・・(-_-)・・・・・ ちょっとお伺いしますが・・・・

プリンセスって、何か知ってます?
by buinnX | 2015-05-30 21:42 | まるひろ とイクメン | Comments(4)

ネーミング候補は「氷なしアイスコーヒ」とか「水コーヒー」とかでした

a

こんばんは~。
毎日晴れて暑くて乾燥してますね。
お蔭でまるひろも姉ムスメも妹ムスメも(そしてRちゃんも)咳が治らない~。
え?私も先週はガラガラ声だったのですが、3日で治りました。
母乳をあげてると風邪ひかないって、ほんとなんですね。
引いたけど、治った。
皆さまもどうぞご自愛くださいませ。

さて。
こんだけ暑いと、やっぱり冷たいものが飲みたくなりますねぇ。
我がcafe BROWNでも、
お陰さまでアイスコーヒーや自家製アイスが好調です。

が!

喫茶店で思ったことありませんか?

「冷たい飲みものが欲しいけど、氷はいらないなぁ…」と。
だって冷たすぎるし、氷が溶けて、ドリンクが薄まっちゃうのもイヤなんだもん。

しかも、もともと体を冷やす作用があると言われるコーヒー。
それを、グラスも冷やして氷入れて飲むって、かなりスーッとします。
元気な方にはもちろんおいしく召し上がっていただけると思いますが、
冷え性の方(Rちゃん)、敏感な方(まるひろ)、
妊婦さんや授乳中(わたし)にはちょっと厳しい時も。

でもでも、あつあつじゃないものちょっと欲しい~。

冷蔵庫から出してちょっと経ったくらいの温度。
理想は赤ワインくらい!
冷たく感じるけど、キンキンじゃない。
もちろん”ホットが冷めたコーヒー”じゃなくて、ちゃんと淹れたて、いい香り。

そんな夢のようなアイスコーヒーがあったら・・・

という訳で、出来ました!!

その名も~

ソフトアイスコーヒー
新発売です!
f0112574_22575791.jpg

                                       photo by Wada Mei

上記の条件、すべて満たした画期的な一品!
まさに”ソフトアイス”にふさわしい。

じゃあ普通のはハードアイスなのか?!とか、
若干コンタクトレンズみたいだなとか、
そういうツッコミはコメントで頂くとして(笑)、

冷たすぎないので、ゆっくり味わっていただけますし、
逆に喉が渇いている時は、氷が邪魔しないのでゴクゴク飲めちゃいます!

他のコーヒーと同じように、その場で抽出してお淹れしますので、
水出しコーヒーともまた一味違味わいです。

ぜひお試しください(^_-)-☆
by buinnX | 2015-05-29 00:04 | Café BROWN | Comments(0)

明日の生演奏で、歌います!(*'▽')

まるひろ

以前”今年もアイス始めました”で、
ご紹介しました通り、今年も自家製アイス始めたんですよ。

といっても、
「”今年のアイスはこんなのです”みたいな投稿をしてもな~。
 もう少し面白い方法ないかな~」と考えていたら、なぜか
伝えるべき内容云々をほっぽって、ご存知のように詩(のようなもの)
を作ってしまったんです。

ええ、私は満足しました。

以前より、既存の歌詞の替え歌バージョンは何度も作ってきましたが、
全く一からの詩(のようなもの)は初めて。
パソコンと向き合い、悩み、天から言葉が降ってくるのを待ち、
そして出来上がったんです。あれでも。

そして、満足しちゃったんです。

だけれど、その後、お洗濯ものを干しながら気が付いちゃったんです。
「アイスの種類の情報さえ書いてないじゃん( ゚Д゚)」

そんな訳で、、、、
f0112574_22481713.jpg

始めました。

ちなみに、こちらは”イチゴの豆乳アイス”
f0112574_23161141.jpg

今年の春に入荷したイチゴをコンポートしといて、
それに豆乳を加えて凍らせて、何回もかき混ぜてなめらかにします☆

コンポート(てんさい糖を少しだけ加えて、さっと火を通す)に、
イチゴの香りがぎゅぎゅっと凝縮されています。
しかも使っているのは豆乳オンリーなので、さっぱりとした甘さ。
でもしっかり、奥行きのある味わいです。

今日みたいな乾燥した暑い日にぴったりです!
ぜひお試しください!

後の二つのもう少し詳しい情報は・・・・アイスの写真を撮ったら載せます(^^;)


<<Café BROWN インフォメーション>>
明日は、11時半~ と14時~ から
各回15分程度のピアノ生演奏です。

そして~ なんと~ 今回は~ 歌います!
いえいえ私じゃありません。
妻です。

曲目(予定)
Ombra mai fù / ヘンデル
Star vicino / ローザ
Piacer d amor / マルティーニ

乞うご期待!!
by buinnX | 2015-05-26 22:57 | Café BROWN | Comments(2)

本能のまま進め

まるひろ

近頃、ずりばいで移動が可能になった妹ムスメ。

行動範囲が広がり、本人も家内冒険を繰り返しております。
さて、この日の冒険はキッチン。

大好きなお母さんが、いつも立っているキッチン。
彼女としても、いったいここにどんな魅力があるのか
知りたいところだったのでしょう。

ズリズリズズリ ズリズリズズリ ズリズリズズリ・・・
そして、キッチンへ到着。

すると目の前に見えるは、なにか意図的に吊り下げられたひもが一本。
f0112574_21585237.jpg

妹「(むむ・・・なにかしら これは? きっとなにかなんだろうな。)」

妹「(とりあえず・・・・・・)」
f0112574_2159149.jpg

妹「(つかんじゃえ!)」

妹「(もういっちょ!)」
f0112574_2159935.jpg

妹「(・・・・・・・・・)」
私「んで・・・・、その後、どうするの?(._.)」
by buinnX | 2015-05-25 22:07 | まるひろ とイクメン | Comments(2)

柳澤康司 チェロの音コンサート Vol.3 終了しました☆

a

こんばんは!
日差しは、夏です。
今日もいいお天気でしたね。

飯能は、今日明日と”ツーデーマーチ”という、
街を挙げての一大イベントが開催されています。
要は壮大な遠足です。
参加者は5kmから30kmまで取り揃えられたコースから選んでひたすら歩く、らしい。
朝、ちょうど市役所を出発する人たちに遭遇しましたが、
ものすごい人の数でした。
その列を見た姉ムスメ。「うわあ~、たのしそう~~~♪♪♪」

※注 「あたしも歩きたい!」ではありませんでした。


そんなハイカーたちを横目に、
今日弊店では”チェロの音コンサートvol.3”が催されました!
去年の4月、11月に続く3回目。
お陰さまで、すっかり弊店の看板コンサートとなっております。
何かとイベントが多い日にかかわらず、満員のお客様でした。
皆さま、お忙しい中お運びくださり、本当にありがとうございます(^o^)/
f0112574_2255334.jpg


今回のテーマは「愛の名曲アルバム」!!
有名な曲が勢ぞろい。しかも甘いメロディの曲ばかり。
チェロの音色を堪能した2時間でした。
f0112574_225426.jpg


チェロって「人の声に一番近い楽器」なんてよく言われますよね。
今日も歌曲を何曲か弾いてくださいましたが、
まさに、歌と違って息継ぎをしなくていい分、
よりメロディラインを自由に描ける楽器だなと思いました。
(いや、結局技術の差なんですが・・・・)

私は、シューマンの「詩人の恋」の「美しき五月に」は本当に大好きなので、
こんな晴れた五月の昼下がりに、澄んだチェロと優しいピアノで聴けて
至福のひと時でした。
他にも、グリーグの”君を愛す”、シューベルトの”セレナーデ”、リストの”愛の夢第3番”など。
は~美しい~・・・

ちなみに、妹ムスメちゃんは、クライスラーの「愛の悲しみ」の
ちょっとセンチメンタルな3拍子がお気に召したようで、
ものすごいいい顔してました♪

そして、メインは何と言ってもバッハの「無伴奏チェロ組曲第3番」。
心の深淵をのぞくような2番のニ短調とは打って変わって、
さわやかな風のような、ハ長調の組曲。
でもこれ6曲もあるし、続けて演奏するのはやっぱりとっても大変、と仰っていましたが、
ものすごい集中力のある音で、でも軽やかで、
バッハを楽しく聴かせてくださいました。
(バッハを”楽しく聴かせる”って、すごいことです!!)

チェロの柳澤さん、ピアノの竹内さん、
今回も素敵なコンサートをありがとうございました!

次回はもちろん「無伴奏チェロソナタ第4番」。
あとは近くなってからのお楽しみです。
来年の3月頃を考えておりますので、皆さまどうぞお楽しみに!
by buinnX | 2015-05-23 23:21 | Café BROWN | Comments(0)

ご自身のをお使いください。

まるひろ

突然、言われたんです。

今月より、第2、4水曜日に15分ほどのピアノ生演奏を再開したのですが、
そのピアニストのよし美さんに「本棚にイタリア歌曲集があるからびっくりしたよ」
と言われたんです。

はて?(´・ω・`)

私は置いた記憶がない。
しかし、あると言うのだからあるのだろうと本棚に行くと・・・・
f0112574_2158368.jpg

ありました。
確かに、イタリア歌曲集です。
f0112574_21584645.jpg

私に置いた記憶がないんだから、まあ、犯人は妻でしょう。
なんたって、実は今後の水曜日のピアノ生演奏で”たまに”
妻が歌う事になったんです。

ええ、ソロです。
なーんたって、妻はれっきとした音大 声楽科卒業。
なので、店の本棚に置いておくのはどうかと思いますが、
楽譜がある事自体は理解できる訳です。

それにしても、イタリア歌曲集。
懐かしいです。

な~~んたって、私も大学生の頃に声楽家の先生に
歌をちょびっっっっと習いまして、その時に使ったのが
まさしくこの”イタリア歌曲集”。

ちょっとノスタルジーに浸りながら、目次を見て
”ああ そうだった。 そういう曲あった”と、パラパラ~とめくっていると、
かの有名な、ヘンデルの”ombra mai fu"のページに書かれていたのは・・・

「やさしい 歌声を」
f0112574_21585798.jpg

あっはっはっは、なんだよこの歌い方の指示。
やさしい歌声って言われてもねぇ!それができたら世話ないっつーの。
しかも汚い文字で書かれた、全く音楽的でない抽象的な注意書き。。。。
音大生も大した事ないな(-。-)y-゜゜゜

たいした・・・こと・・・

・・・・・って!

( ゚Д゚) この楽譜・・・・俺のじゃん!!


<<Café BROWN インフォメーション>>
明後日(5/23)! 柳澤康司 チェロの音コンサートです!

まだ、若干名なら入れます☆
お待ちしております。
by buinnX | 2015-05-21 21:59 | Café BROWN | Comments(6)

三歳児、手強し。

まるひろ

子どもの成長が待ち遠しいんです。

もう既に色々楽しませてくれている姉妹ですが、
これが例えば一緒に服のお買い物が出来るようになったら・・・・・

ま「これが似合ってるんじゃないか?」
娘「ええ~ おとーさん趣味悪い! ださ~い!」
ま「・・・・・・(-_-)」


またまた例えば、恋に悩んでいれば・・・・

ま「さっき帰りに男の子と歩いていたね。 ん? 今度紹介しなさい。」
娘「べつに~ おとーさんに関係ないでしょ?」
ま「なんだその態度は!! お前の事をどれだけ心配していか。。。」
娘「うざい・・・」
ま「・・・・・・・(-_-)」

ええ、きっとこうなるのが父親の宿命。
しかしそれはそれで”ちょっとベタ”な所が良くって、なんだかワザと
メンドクサイ父親になるのも面白いかな?なんて思っていたりして。

そんな淡い期待に色づいた遠い未来の妄想は、
どれも魅力的でありますが、まだ姉ムスメは3歳。

娘にとって、カッコイイ父親になるのも、メンドクサイ父親に
なるのも、もう少し先の話です。

そうなると目下、3歳の娘に期待してしまうのは・・・・
”ボードゲーム”を一緒にやることなのですが、
流石に”ルール”という概念を理解できない様子でして。
それを見て、「まだまだ一緒に遊ぶのは先の話かなぁ(^^;)」
と思っていた矢先、あるお客様に。。。

お客様
 「小さい子供とやる場合は、”一応”という意味でルールを説明したら、
 後は好きなように遊ばせればいいんだよ。
 そのうち子どもの方が間違いに気がついて、言ってくるから。
 そうしたらめっけもん。」

なるほど( ゚Д゚)。
私は、ルールに乗っ取ってやらなければならないという
固定観念に縛られていたようです。
いいじゃないか、どう遊んだって!
オセロだって、囲碁だって、まずは盤に置いていくことが第一歩!
そこから娘とのボードゲームライフが始まるのだったんだ!

と、開眼。

早速”よんろのご”という、石がリンゴになっている簡易的な囲碁のボードゲームを用意して
「娘よ、囲碁はこういうものだ!さあ、好きなように遊べ!盤に駒を置くのだぁ!!」
と、期待に胸ふくらまして渡した所・・・・

・・・・・・好きなように、遊んでました( ゚Д゚)
f0112574_23161597.jpg

”焼きりんご”だそうです。。。。

囲碁・・・・・囲碁なんだけど・・・・・・・

ルールに気がついてくれる日は、まだまだ遠い未来のようです。
by buinnX | 2015-05-19 23:53 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

今年もアイス始めました。

まるひろ

5月だってのに 最高気温30度を
超える日がすでに訪れている

30度が夏の大台だった ぼくらが小学生の頃
5月なんて まだまだ Cool day
冷たい川に入って くちびるを紫に染め
それでも平たい石求め 水切り回数競ってた

だけれどそんなのは 昔の話 
お店のエアコンは既に On
それでも暑いよ Afternoon sun
こんな日おいしいのは そう Ice Coffee 
f0112574_2149255.jpg


公園をのぞけば 緑が燃える
木々たちが自分の時代(とき)を感じてる

愛娘はプール用のバッグを園に持って行っている
いつのまにか 汗びっしょりで帰ってくる
抱っこすれば 頭頂部からすえた臭い
夜 気がつけば 布団もパジャマもはいでいる

そりゃあ子どもだもの いつだってそう  
お店のエアコンは既に On
それでも暑いよ Afternoon sun
こんな日おいしいのは そう ジェラート (gelato)
f0112574_21493319.jpg


今年も燕はやってくるのかな?
店先にある 空っぽの巣を眺めては期待している

Cafe BROWN(うち)のアイスは 全て自家製
素材にこだわった とびきり美味しいやつなんだ
でもね ごめんよ 数は少ない
あなたが来てくれた時 目的のアイスがあったら  Lucky day

きっとそれは 燕の幸運
お店のエアコンは既に On
それでも暑いよ Afternoon sun
こんな日は Cafe BROWNで・・・  woo!!year!!
by buinnX | 2015-05-18 22:54 | Café BROWN | Comments(0)

結局は、「もう、無い」とか「実は・・」って言葉に弱いんです

まるひろ

そろそろ新しいウイスキーが欲しい。

相変わらず、家飲みバンザイな私。
ウイスキーは、開封しても置いておけるので、
ついつい飲み比べしたくなっちゃうんです。

現在5種類を保持しているのですが、その比率は
シングルモルト:4のブレンデッド:1
というアンバランス。
ですが、近頃はシングルモルトに、ある種の”飲みにくさ”を感じてきまして、
ブレデッドに興味が向いているんです。

というのも、以前ボウモアの件で、行きつけの丸屋酒店さん
の師匠(勝手に思っている)に「近頃の若いやつは・・・」とブレンデッドの
良さをとくとくと教わったからなのですが。。。

さて、そんな訳で新たなるウイスキーを求め、合唱の練習後に高校からの
腐れ縁の”シュワッチ”と写真家の”和田芽衣”さんの3人で、丸屋酒店さんへ。
お店につくなり、早速師匠を呼んで今回欲しいウイスキーの相談開始。

ふふふ、しかし今回は師匠に怒られない程度に、目当てがあるんです。
まず、ブレンデッドならオールドパー。

なんてったって、日本に最初に入ってきたスコッチ。
ドライフルーツのような香り、
チョコレートのような濃厚で厚みのある甘味を持っているらしく・・・
気になっている一品。
(これは、ブレンデッドとしても価値ある一本のはずだから、怒られないはず(*'▽'))

さらに、シングルモルトならスプリングバンク。

モルトの”香水”と称されるほどの香りと、全モルトウイスキーの中で
最も塩辛いと言われる味・・・(味の勉強のためにも、飲んだ方がいいでしょ(*^^*))
気になる~(´艸`*)

そんな訳で、意気揚々と師匠に「あの~いま、スプリングバンクと、オー・・・・・」
と言いかけた瞬間・・・。

師「あぁ~ これだから今の若い奴は!そういう個性が強い所から行こうとするぅ(-。-)y-゜゜゜
  スプリングバンクみたいな奴はね・・・・・以下同文」
ま「(・・・・アイラ島でなくても、やっぱり”今の若い奴は”って
  いわれちゃうんですね( ゚Д゚))」

ま「え~と、あの~・・・・そしたら、オールドパーはどうでしょう?」
師「おおぅ、いいねぇ。 これは、誰が飲んでも旨いと言うよ! 他にブレンデッドなら、
  シーバスリーガルとか、キリン ホワイトホースとか、、、
  ああ、そしてこのカティーサークはいいよぉ。」

ま「あれ? このカティーサークのビン、よく見かけるのと違いますよね。
  もしかして、ウイスキーって、結構ビンの形が変わります?」
師「コロコロ変わるよ~。特に今は、中国とかでガバガバとシングルモルトが
  飲まれちゃって、ブレンデッドにするモルトが無くなったりしてね。
  その都度、ブレンドするものが変わり、ビンもそれに合わせて変わったり
  するんだ。」

ま「なるほど・・・」
師「そんで、このブレンドのカティーサーク(12年)はもうほとんど市場にはないよ。
  今出ているやつより、こっちの方がいいモルトを使っているから、バーのプロ
  横浜とかからうちに買いにくるほどだよ。」

ま「・・・・・貴重なんですね。」
師「旨いよ~ このカティーサークは!」

(-_-)・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・”もう、市場にない”
・・・・・・・・・・・・・・”プロも買いに来る”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オールドパーも捨てがたいけれど、、、、、

ま「それ、買います!( ゚Д゚)」
師「毎度あり~(*^^*)」
f0112574_21523851.jpg

Cutty Sark 12年
原産国:スコットランド (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

ついでに夏らしくハイボール用に・・・・
f0112574_21525083.jpg


原産国:日本 (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

当初の目的のものは、何一つ変えなかったけど、
いい買い物した気がします☆


・・・・・ちなみに、
一緒に買いにいったシュワッチは、アイラ島のボウモアでさえ
一向に飲み終えていないのに、一時期、業界でもどこの蒸留所
から出てきたウイスキーなのか不明だったが、「実はカリラから作られたもの」
だと後々判明したやつを”実は”の魅力に惑わされて選択。

(-_-)・・・確か、カリラって・・・
アイラ島の中でもドライで塩辛かったような・・・・
ボウモアでさえきついなら、やめた方がいいんじゃ・・・・

という私の予想どおり、帰宅後すぐにメールで。

シュ「ハードな野郎を買ってしまった・・・ 飲み終えるのに8ヶ月はかかる・・・」

と、後悔メールが来てました(^^;)
だから、やめれと言ったのに・・・・・
by buinnX | 2015-05-16 21:52 | まるひろ とアルコール | Comments(2)