私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2013年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

CLONTARF アイリッシュウイスキー

まるひろ


スコッチを飲むようになり、「うむうむ、ウイスキーもいけるかも・・・」
なんて思うようになった訳ですが、珈琲の代表的な飲み方を調べていると、
アイリッシュコーヒーなんてのがあることに気がつきました。

珈琲とアルコールの相性はいいので、農夫や漁師が仕事前の一杯
として混ぜたのが始まりらしく、アイリッシュコーヒーはその代表的な一つ。

アイリッシュコーヒーといった名称から
”アイリッシュウイスキー意外のウイスキーは混ぜないのか?”
なんて思いそうですが、上記の通りあくまでアイリッシュは代表的なだけで、
ウイスキーでも、カルバドスでも、ブランデーでも何でも自分が旨いと思えば
OKなんだそうです。(カルバドスと珈琲が本当に合うのか、かなり疑問ですが・・・)

しかし、ウイスキーの中で言えばアイリッシュは癖がなく、
飲みやすいので好まれているようです。

さて、そんな訳で購入したのがこのアイリッシュウイスキー。
f0112574_2242964.jpg

名称 CLONTARF
    コロンターフ シングルモルト
内容量 750ml
度数 40度

混ぜるのは”何でもいい”って言われてもね、
やっぱりアイリッシュは気になるので、いつものように丸屋さんで
「2000円以下で、珈琲で割るのにちょうどいいアイリッシュあります?」
と聞いて、これになりました。
(アイリッシュウイスキーを置いているなんて、流石丸屋さんです。)

「値段の割になめらかで旨いよ。」
というお話をうかがい飲んでみました。

確かに変な癖がなく、強すぎない樽の香り。
でも、飲むとしっかりとしつつすっきりしていて、
珈琲の味を邪魔せず引き立ててくれそうな味。
個人的には、この前のBallantine's Finestより楽に飲めて好きです。

早速、マンデリンをフルシティーにした珈琲に混ぜてみましたが、
予想通り、よくなじんで、より甘味のある味にまとめてくれました。

ん~ なるほどアイリッシュ。。。


と、そんな話を、”食”に対して並々ならぬ探求心をお持ちのマッサージ師と
していたら、「じゃあ次はバーボンだね」なんてお誘いが・・・。

”癖が弱い カナディアン<アイリッシュ<スコッチ<バーボン 癖が強い”

といったイメージがあるので、バーボンはまだ怖いな~。
by buinnX | 2013-07-31 20:48 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

ロンパーちゃんがお好き

まるひろ


もともと酒井駒子さんの絵は好きなのですが、
近頃は特に彼女の絵本が大好き。

絵以上に、「かわいい・・・」と思わせるポイントをズバッと
ついてくる文章がやばい。。。
f0112574_21203788.jpg

そんな訳で、図書館で借りるだけでは飽き足らず、
いつの間にか文章・絵ともに彼女のものがわが家で
順調に増えております。

特に、娘のお気に入りは「ロンパーちゃんとふうせん」。
f0112574_21204462.jpg

娘も、図書館で借りてきたら、いきなりめっちゃ食いつき!離さない。
そして、今まで寝る時に読む本第1位は「よるくま」だったのに、
今では「オンパーチャン オンパーチャン」と鞍替え。
(ちなみに、”よるくま”の事は「っぐま」と言います。何故か「よる」が省略されます。)

そしたら、ある日、妻が
「ふふふ ロンパーちゃん・・・・あるよ」

と言って持ってきたのが。。。
f0112574_21205368.jpg

私「ロンパーちゃんだっ! ロンパ~~ちゃんだっ!!」

と、”私”が大興奮。
早速、娘を押しのけてスプーンをくくりつけようとしましたが・・・・

「重さが合わない・・・ どのスプーンも、重すぎる・・・・」

結局、爪楊枝などで重さ調整しましたが、意外とガスって抜けるんですね。
合わせても1時間もしないうちに狂ってくるんです。

そうして ポツリと こう おもったんです

(ああ、ふうせん
   私のふうせんは___ヘリウムすくなかったのね・・・・)
by buinnX | 2013-07-30 13:27 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

こども図書館まつり まであと1週間

まるひろ


昨日、こども図書館での演奏会に向けて、
会場となるこども図書館でピアノ合わせをしてまいりました。

会場となる図書館の2Fはこんな感じ。
f0112574_116549.jpg

図書館自体が、ログハウス調で作られていますので、
この空間も意外と広くてカワイイんです。

下は絨毯ですけど、何故か歌いにくい感じはないですね。
本番も、一応椅子はありますが、こどもはみ~んな、あぐら。
今年はどれくらい集まってくれるのか、楽しみです。

では早速、電子ピアノの準備(団員の私物)・・・
といった様子ですが、下の写真、実は片づけ中。
f0112574_1161391.jpg

この日は、すでに4時間歌いっぱなし。
も~ヘトヘトです。(みんな終始無言・・・・)

あとは、本番を待つのみ。
今年も楽しい演奏会になるようがんばります。

演奏会の詳細はこちら
by buinnX | 2013-07-29 11:22 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(0)

飯能市の新図書館

まるひろ


7月1日より、新図書館が開館しましたので、遊びにいってみました。
f0112574_2118189.jpg

全面ガラス張りのモダンな図書館。

今までは中央公民館の横の建物を図書館としていたのですが、
ここが何ともまあ・・・暗いし、駐車場狭いし、カウンターが2階に
あったので(エレベータなし)車椅子ユーザーは使用できない
という素晴らしい作り。

もちろん、当時の市長もその事は認識されており、以前駐車場の件でメールした
際には、新図書館について「ご期待ください。」と力強いコメントをいただきました。
市長へのメール-回答まで

そんな訳で、ワクワクしながら新図書館へ行くと、力強いコメントの通り、
駐車場はもちろん、内部の通路も広く使いやすく様変わり。

先日の文化新聞(7/23)には、利用者から「蔵書が少ない」との声が出ていると
載っておりましたが、基本的に今までのものを移しただけですので、
そりゃそうだと思います。広さが違いすぎ。。。
(現在蔵書は10万冊。これから毎月330冊、年間4000冊を購入するそうです。)
f0112574_21181071.jpg

内部は、飯能市の西川材をふんだんに使った作りで、娘もなんだか上機嫌。

絵本コーナーもありますし、2階に飲食OKなスペースもあるので、
娘と楽しい時間を過ごすのにちょうどいい施設になってくれたと思います。

f0112574_211828100.jpg

そんな訳で、さっそく娘も絵本ターイム・・・かと思いきや、
持ってきた本は、オスカー・ブルニフィエの「自分って、なに? (こども哲学)」。

・・・・私にもワカリマセン。

※内部の写真は、撮影許可を取っております。
 通常は、撮影禁止となっておりますので、ご注意ください。
by buinnX | 2013-07-26 14:21 | まるひろ と飯能 | Comments(1)

今から102年経つと2115年ですかぁ・・・・

まるひろ


いつもお世話になっているロビングッドフェローさんで、
妻がこんなセットを見つけました。
f0112574_21253032.jpg

素敵なアンティーク絵葉書。

これがどういった印刷方法のものなのかなど、細かい事はワカリマセンが、
素敵ならなんでもいいじゃないですか。

といっても、これ、使えるわけじゃないんです。
だって、どれも使用済みな絵葉書。

そう、使用済みなんです。
つまり、いつの絵葉書かが素人でも分かるということで、
消印を探してみると何枚かには、読める形で残っていました。
f0112574_21253753.jpg

少なくとも、読めたものは1911年8月28日。

は~102年前ですか~

書いた人も、まさか102年後に日本で「この人、字汚いね。」
なんて言われるとは思ってもみなかったでしょうに・・・

(そもそも私は、現在2013年ってのも、いまだにシックリ来てないんですけどね。
何らかの書類に書くたびに「車、空飛んでないな~」と思います。)
by buinnX | 2013-07-25 20:58 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

まんま食いねぇ

まるひろ


そろそろできるかな~っと、食べても安心な
小麦粘土を娘に与えてみました。
f0112574_2217738.jpg

初めての粘土。

流石に初めはどうやって遊んだらいいのか
分からない様子で、頭の上に?がいっぱい。

そりゃそうかと、私が手本で・・・・ といっても、粘土って意外と難しいんですね。
思いのほか私でさえ「何ができるんだろう・・・」と、迷いつつも丸めて潰して。。。

完全に、迷路に迷い込んでいます。

そして残念ながら、妻も「粘土は苦手」と白旗宣言。

まあ、適当に遊んでいれば何か思いつくかなと諦めかけたその時、
現れたのが救世主。義父です。(義父は趣味で焼き物を作っていたこともあります)

私、妻、義母ともに立体造形能力が低いなか、自信に満ちた義父が
おもむろに粘土を両手の中に入れ、竹とんぼを飛ばすような動きで
粘土を棒状に伸ばし言った言葉・・・・

「にゅるにゅるへびさ~ん」

私も妻もコレを見て「それでいいんだ・・・・」
(固定観念が取り払われました)

それからというもの、妻は粘土で象作りに熱中。
そして、私はほかの遊び道具を使う事で、綺麗な球体が作れる
事を発見し、さらに定規が包丁になる事に気がつくと、
それを見て火がついたのが娘。

なんと、粘土でおままごとを始めました。
元々持っていた(義父がハードオフで購入してくださった)木のままごとセットに、
細かく引きちぎった粘土などを載せたり、定規で切ったりして、時たま

「でぇーきた~(喜)」

なんて声と、手を叩く音が聞こえてきます。
(これですよ。こーいうのを期待したんですよ)

そして、おもむろに「何ができたのぉ?」と聞きに行くと
確信に満ちた声で

「まんんま!!」(「ん」が2つあるくらい力入ってます)

そして差し出される小麦粘土・・・
f0112574_2217155.jpg


「いや。食べても安心と書いてあるけど・・・え?・・・お父さんの?・・・ええ?!・・」

大学時代飲み会で、普段は可愛いんだけど、飲むとビールに
ありとあらゆるお菓子を突っ込んで「飲んで♡」と要求してくる
先輩を思い出しました。

(父としての意地を見せるべきか?)
by buinnX | 2013-07-24 21:05 | まるひろ とイクメン | Comments(4)

醤油麹つくったなら・・・

a

こんばんは~^^/
なーんか蒸し暑いですね。
でもこの頃エアコンを使わないで過ごせるので嬉しいです。

自民、一人勝ちしましたね・・・。
本当に日本は軍隊を持つ国になるのでしょうか。
それだけはいやだなあ。
もしもう一人産んで、それが男の子だったら、徴兵されたりするんでしょうか。
いやだなあ。
原発も、動かしたくて仕方ないみたいだし。
あり得ないなあ。

というなか、飯能市長選も同時に投開票され、
なんと現職を破って、うどん屋「ゆきやなぎ」の大久保さんが当選。
これから飯能も変わっていくのかな~。
なにせ前市長は3期12年でしたしね。
とりあえず公約に「中学卒業まで医療費無料」というのがありましたが、
こちらはどうなっていくのか、楽しみです。


さてさて、わが家の発酵君たちです。
いつもお世話になっている「ゆりかご」のKさんとMさん。
ちょっと前に塩こうじとしょう油麹の話になりました。
私、塩こうじはよく作るのですが、しょう油麹はやったことなかったのです。
Kさんいわく「しょう油麹、いいわよ~。便利でおいしいわよ~」
とのことだったので、ならばやってみるしかないでしょう!

という訳で、漬けてみました。
f0112574_2354425.jpg


要するにしょう油に麹を入れて混ぜて放置。
分量は何かを参考にしたのですが、どう考えてもしょう油の量が少なく見えたので
ドボドボッとしょう油を足しました。
なので分量はよくワカリマセン(笑)
放置した時間もよく覚えていず(^^;
麹の芯がなくなってそうに見えたら冷蔵庫へ。

いや~いい香りですねえ。
濃厚しょう油、というか・・・、しょう油をさらに発酵させてるんだから当然なんですが、
しょう油と味噌を混ぜたような、と言いますか。

何に使ってみようかな~
冷奴とか、炒めものとか、なんてよく書いてありますが・・・。

はっ!!!
これはもしや・・・・・・
f0112574_23545013.jpg


めちゃウマでした。
玄米おにぎりを焼いて、しょう油麹を塗って、もう一度焼きました。
しょう油麹は、このために存在すると言っても過言ではない。
麹バンザイ。
by buinnX | 2013-07-22 21:13 | まるひろ と食べ物 | Comments(3)

ドミニオン 暗黒時代

まるひろ


ご存じのとおり、ボードゲームが大好きな私ですが、
大体のジャンルを買い集めた事と、お決まりのように時間がないこと
のダブルパンチで、近頃はほとんど自分では購入していません。

お店の準備があるとはいえ、仕事辞めたのに時間がない?
と不思議かもしれませんが、一日の大半は子育てに使われています。

もーほとんど主夫です。
今、本気で親業の講習を受けようか悩んでいます。

そんな訳で、子育ては、こんなに楽しいのか!と充実な日々ですが、
それでもたま~に、発作というか”ボードゲーム・・・・したいな・・・”という
気持ちは湧きあがってきます。

そんな姿がボードゲーム仲間の友人から見ると不憫に見えるようで、
前回ご紹介したワンナイト人狼に引き続き、2009年から大人気の
ドミニオン”の最新セットをいただいちゃいました。
(正確には、私の家が置き場になっているだけですが。)

f0112574_22151727.jpg

過去のドミニオン関係の投稿
ドミニオン
ドミニオン 陰謀
ドミニオン 海辺
ドミニオン 錬金術

ドミニオンの事を知りたいのでしたら、公式HPをご覧になるのが一番かと思いますが。

私から一言わせてもらえるならば、
コレをやるなら、もう戻れない覚悟を持つことをお勧めします。

もー現インドア系少年たちや、大人になってしまった少年たちには、
多分どストライク。

特に、この暗黒時代(基本セットが別途必要です)は、
”木ドミ”というコアなファンにも大好評。
今までのドミニオンは、どーしても「実は一人で遊んでいるのと変わらないのでは?」
と思わせる部分があり、そこが多少好きではなかったのですが、これは違う。

あらゆる角度から他のプレイヤーの適度な干渉が入り、
ボードゲーマーとしてはウハウハです。

唯一の欠点(?)は、ドミニオンに慣れていない人はもちろん、慣れていてもカードが
多いため、各々の能力を理解する事に時間はかかるということ。

でも、それを乗り切ってしまうと・・・・ もう戻れません。


さわっち・・・・ 余計なものを置いていきやがって・・・・ふふふふふ・・・
by buinnX | 2013-07-21 22:12 | まるひろ とボードゲーム | Comments(3)

それ・・・色気ですか? baby

まるひろ


いつの間にか愛娘も1歳7ヶ月を過ぎました。

相変わらずデジカメであることをいい事に、パシャパシャ撮りまくっている親ばかな私。
いい写真が撮れるとついつい「かわいぃ~」と、まるで女子高生のように口走って
しまうので、娘も”自分はかわいい”と健全に自己肯定力を促進させています。

そして、娘の前でカメラを構えると(構えただけで撮っていなくても)
「かわいい かわいい(あたしを見せろ)」と言いながら自ら写真を確認。
まるで、モデルのような自分研究です。

その地道な研究成果のたまものなのか、近頃は教えてもいないのに
「撮るよ~」というとニッコリ笑ったりと、ポーズを取る事を覚えてきました。

この日も・・・・

私「撮るよ~」と構えると、自然に少し上目づかいで、
目を丸く、大きく映るような位置に・・・。
f0112574_235545100.jpg


そして、さらに・・・

娘「(アッハ~ん♡)」
f0112574_23555348.jpg

私「・・・もしかして・・・・・・・色気?・・・・」

もういっちょおまけに「(うふ~ん♡)」
f0112574_23582554.jpg

私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・残念」

妻の名誉の為に言いますが、彼女はこんなふうにポーズをとったりしませんから、
完全に娘のオリジナルです。
女子本能、恐るべし。
by buinnX | 2013-07-20 16:09 | まるひろ とイクメン | Comments(8)

お米生産者のお話

まるひろ


先日、生活クラブ生活協同組合(以下 生活クラブ)で扱っている”遊you米”の
生産者のお話を聞ける会が行われましたので、参加してきました。
↓会の風景
f0112574_21392865.jpg

遊you米は、1980年代より生活クラブと共同開発米として
山形県遊佐町で作られている、減農薬のお米です。

生活クラブでは「登録米」という制度があって、
生産者にとっては一定量を一定の値段で必ず購入してもらえ、
登録した消費者は、減農薬を保障されたお米を、例え不作等があったとしても、
通常と同じ金額で優先的に購入できるというものです。

この制度のお蔭で、生産者に一定の収入が確保されるので、
安心して農薬を減らす方法の実験ができてきた訳です。

ちなみに、”減農薬”と何度も言っていますが、通常スーパーなどで
市販されているお米は、少なくとも12~13成分、多いところは
16~20成分の農薬が散布されているそうです。

※成分という単位の基準は、農薬の㎡あたりの散布量ではなく、
 農薬の持っている効果毎に区別した言い方。
 例えば、「ゾウ虫に効く殺虫剤を散布したら、1成分」
 といった感じで加算していきます。
 (個人的には、量の尺度も欲しいところですが、ね。。。)

それに対して、遊you米は8成分まで減らしたお米であり、
これは山形県の慣行栽培基準の半分以下。

さらに現在、3成分や無農薬の実験も行っていますが・・・・
農薬を減らす分、人件費が上がり、会中に試算してもらいました所、
その額は8成分に比べ、5kgで200円アップ(3成分の場合)。

「(微妙だ。)」

その上り幅だったら登録の選択肢に入れてほしい・・・
と感じるところもありますが、生産者からすると
種類が増えることによって、分ける手間が大変な様子。

ずばっと、全部を「はい! 今日から全部3成分にします! だから200円UP!」
なら楽なんでしょうけどね。

ちなみに、実は通常の遊you米のはじめの一か月目は、
登録してくれている方への、お試しとして無農薬米を出荷しているそうです。
(差額分は、すべて生産者側持ち)

下は現地の写真と地図。
f0112574_21393672.jpg

毎年、田植えの時期に生活クラブの組合員の希望者で
現地実習も行っており、この地図はその報告の一つ。

田んぼの分布図などに合わせて、
「ここが、映画 おくりびと のロケ地です」なんて話も・・・

f0112574_21394613.jpg

最後に遊you米を使ったお食事。

皆さん女性の方ばかりでしたので、結構小食。
そんな中、私だけ2食分いただき、さらに

「きっとご飯がいっぱい余るだろう」

という予想通りにお米が余っていたので、
持参したタッパーに詰めてもらい、一緒に行きたかったけど
来れなかった妻へのお土産に・・・白飯。

いつも玄米なので、それを見て妻が一言。
「・・・・眩しい」

普段玄米なので、白米が光り輝いてみえたようです。
銀シャリとはよく言ったもんだ。
by buinnX | 2013-07-18 21:06 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)