私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2012年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

大晦日イブ

まるひろ


気が付けば、2012年も明日で終わりですね。
今年も娘の事や、団員の別れなどいろいろありましたが、
私生活と結、その両方とも大変充実した1年を過ごすことが出来ました。

充実した活動ができたのは、団員やそのご家族はもちろんの事、
演奏会に来てくれた方々や、このブログを通じて
お声をかけてくださる方々のお蔭であり、大変感謝しております。

結も、来年は9年目になります。

9年の間、団員も年を重ねていき、その年数だけ社会との接点が強くなってきています。
そんな中、日本において合唱は、結局のところ素人の趣味でしか成り立っていません。
その為、会社でも仕事より重要度が下という見られ方がされているようで、
ライフワークバランスなどと言われるようになっても、「合唱なんて」という声を耳にします。

だからといって、結の活動が何かを変えるなどと突拍子もない事は言いませんが、
そんな声を聞いても、団員一人ひとりが誇りをもって「結は遊びじゃありません」
と言えるような団になるよう、来年も頑張る想いであります。


今後とも、どうぞ結をよろしくお願いいたします。


※本投稿が、2012年最後となります。
  来年は、1月4日くらいから始める予定です。
  (ちなみに、ブログは7年目。)

では、よいお年をお過ごしください。
by buinnX | 2012-12-30 23:02 | Comments(0)

珈琲の本

まるひろ


前回紹介したハーブティーの本と一緒に、この2冊も
購入してパラパラ読んでいます。
f0112574_20481596.jpg

珈琲の大事典

珈琲のすべてがわかる事典

表紙の文章から、”大辞典”はスペシャルティーコーヒーに特化した本で、
”すべてがわかる”の方が、コーヒー全般の本かと思っていたのですが、
意外と逆。

比較すると、”すべてがわかる”の方は著者の堀口さんが実際に訪れた
農家の写真などが載っていて、なんだか自分が行った気になるようにな作り。

それにに対して、”大辞典”の方はまさしく辞典という感じ。
分かりやすいですが簡素にまとめられています。

どちらにしても、スペシャルティーコーヒーという分類は、
もうきっても切り離せない話なのでしょう、双方とも結構な
分量で記載しています。
しかし、”すべてがわかる”の方は、ちょっとページ取りすぎ。

その分、コーヒーの基礎知識”的な部分は、かなりさっぱりと
書かれており、本として対象が誰なのかいまいち掴めない気がします。

堀口さんの旅日記的(?)と見えなくもないような・・・


逆に、”大辞典”の方が、いろんなタイプの抽出方法や、
アレンジ珈琲の種類、欠点豆の解説が大変わかりやすく
載っていました。

特に、この欠点豆の解説はよかったです。
どういうのかと例えるなら、”ウォーリーを探せ”。

欠点豆といい豆が混ざっている写真があり、その中で
これは死豆とかを解説してくれてます。

今は欠点豆を除去してから焙煎する、という考え方が
当たり前ですので、いろんな本でハンドピックの方法は
取り上げてますが、単品で解説されても分かりにくいんですよね。
by buinnX | 2012-12-29 12:35 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

お絵かき

まるひろ


積み木を積むことなど、指先も結構上手く使えるように
なってきたようなので、「そろそろ出来るかな?」と
ホワイトボードとペンを与えてみました。

初めはペンを「この棒なんだろう?」という感じでこねくり
回ししていましたが、私がお手本として落書きをしていると、
私の手からペンを奪いさりこの通り。↓
f0112574_204725100.jpg

結構普通に遊んでます。

特に、私が何かを描くと目標物ができるからか、
ペンの動きが良くなり、てやぁー てやぁーと
X(バッテン)マークがいっぱいできます。

見ようによっては、私の落書きが気に入らなくて
採点されているような感じです。
(バッテンの量で考えたら、確実に落第な様子)

そして近頃は、まだ力が足りないものの、
以前紹介したベビーコロールの応用で、
ペンのキャップも自分で閉めようともしています。

じきに自分でキャップを外して、描いてキャップを
閉めるようになるんでしょうね。(楽しみです)

そして、遊びまくった勲章がこれ↓
f0112574_20473451.jpg

(この時は、まだホワイトボード用のペンではなく、
水性ペンで描かせたので、青を落とすのが大変でした・・・・)

床とかふすまとかを汚される覚悟をしていたのですが、
今のところホワイトボードだけに描いてくれてます。

こちらの気持ちを読んでくれているのか。
それとも、床はこれからなのか?!


もし娘がふすまに絵を描いたら、私は何を描こうかな・・・。
ふすまなら、縦長だしキリンかな?
by buinnX | 2012-12-27 12:34 | まるひろ とイクメン | Comments(3)

ぱんつのはきかた

a

みなさま、こんばんは!
ちょっとご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか。
私はおととい急に吐き気に襲われ、昨日一日リンゴ1個と干しイモで生き延びた始末・・・。
ノロではなかったと思います。はい。

娘は元気に5歩くらい歩くようになってきました。
いよいよ目が離せません。

さてさて、
そんな娘のお気に入り「パンツのはきかた」です。
これ、文が岸田今日子さんなんですよ~。
そして絵は佐野洋子さん。
なんてキュートなぶたさんでしょう。

しかもこれ、本全体が歌になっていて、歌いながら読み進められるのです~。
(ちゃんと後ろに楽譜がついている)

f0112574_21302261.jpg

パンツのはきかた (幼児絵本シリーズ)

楽譜つきの絵本や、文章に〽マークがついていて、「歌いましょう」というのは結構ありますが、
(このテのやつって、どうメロディーをつけようか困る・・・)
1冊丸々歌になっているのはちょっと珍しいですよね。

飯能市の誇る子ども図書館の職員、メグさんに紹介していただきました~。パチパチパチ。

〽ぱーんつはね~(めくる)
 はじめに かたあしいれるぅでしょう~(めくる)

みたいな感じです。

ほんわかしてて、かわいいんだあ~。
さいごの期待を裏切らないオチもまた良いんだ~。
パンツの縫い目にご注目くださいね。

まるひろはさらに「まーあいっか、チャチャチャン」
と、妙にセンスある1節をつけたしています・・・。

楽譜が読めない!という方は、ご一報ください。出張演奏いたします(笑)
by buinnX | 2012-12-26 20:44 | まるひろ とイクメン | Comments(1)

ブラジル焙煎 ~今度は量を控えめに~

まるひろ


さて、飽きもせずにブラジルの焙煎をしています。
前回の失敗を参考に今回は、1回の量を40g。

ちなみに、生豆で80.5g ⇒ 選別 78.5g となったものを
2回に分けて焙煎してみました。
気温 19.5度 湿度 44% 気圧 1005hpa
f0112574_21284783.jpg

さーてスタート。

早速5分で、全体がいい色になってきました。
f0112574_21285790.jpg

40gはやりやすいですね。
振る速さとしては、大体120~150回/分くらいが、
中でやさしく混ざるのに丁度いいようです。

あと、意外と小振りがいいみたいですね。
網の下面が、火の範囲を超えないくらい。

以前、上手く混ざって欲しい気持ちが多すぎて、ラピュタのパズーなみに
「まざれ~~!!」(おばさんが気絶した時のアレね)と気合を入れ。

火の範囲を超えすぎるほどの大振りしてしまっていた時もありましたが、
残念ながらソレでは焼けません。火に当ってないから、当たり前ですが
どんなに気合を入れても生のままでした。
(こう書くと、私ただのアホみたいですが、その時は真剣そのもの。)

10分経過~
f0112574_2129749.jpg

このちょっと前の8分くらいに1ハゼが起こりました。
結構色もいい感じ。

15分経過~
f0112574_21291647.jpg

サンプルとしているHIロースト(右下のビンの中身)と、ほぼ同じ状態になりました。
「ふふん。 コレでブラジルのHIローストは掴んだぜ」
なんて思ったのもつかの間。

調子にのって、2回目も同じ要領でやったのですが、
2回目は少しオーバー。

理由はどうやら・・・
1回目は、この写真を撮る為に、ちょいちょい火から降ろしてるんですよね。
その行動をしない分、2回目は焼きが早い早い。

その辺を次回は考慮してみます。

それはそうと、1回の分量はもう少し多くしたいですね。
40gじゃあ、我が家の場合3人分にしかならないので、
ほとんど1回の抽出で終わり。ちょい寂しいです。


多く焼こうとするならば、網の大きさもありますが、
熱のいきわたり方も変わるので、やっぱりもう少し実験が必要そうです。
by buinnX | 2012-12-24 17:08 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

ハーブティーの本

まるひろ


ここまでコーヒーの事を投稿しておいてなんですが、
授乳中はカフェインの摂取を控えた方がいいと言われています。

その為、まだまだ授乳中の妻は、私がいれたコーヒーも
味見程度にしか飲んでいません。
それに、私自身もコーヒーはやっぱり朝の飲み物だと思ってますので、
夜寝る前に飲むのはカフェインレスの方が好き。

そんな訳で夜飲むものとして、ハーブティーをよく飲むのですが・・・
実は、ハーブティーの種類ってよくわかりません。

そもそもハーブティーって紅茶と何が違うのか?
なんて低レベルな質問を妻にしてしまうくらいです。
(妻からは、全然違う!と呆れられてきました)

ですので、購入は毎回妻がやっていたのですが、
コーヒーに凝ってくるにしたがいハーブティーを
こんなに分かってない事が何となく嫌になり、
こんな本を買ってみました。
f0112574_21295560.jpg

ハーブティー事典
ハーブティーって、めちゃくちゃ種類があるんですね。(今更ですが)
そして、効能。

よく聞く種類は、やっぱり効能の数がすごい。
本の中で、種類と効能が表になって書かれているのですが、
これを信じれば、有名どころだけで健康になりそうな勢いです。(笑)

一般的にハーブティーに対する興味は、やっぱり女性の方が強いのでしょう。
この本も、女性をターゲットに作られているようで、女性がよく悩みとしてあげる
冷え症や、逆に男性を元気づける為(?)の種類などをかわいらしく紹介しています。

暇なときに、ざっと読むのには丁度いい作りだと思います。
(そしてざっと読んでるだけなので、まだ名前が覚えられません(苦笑))


我が家に遊びに来てくれる人の中には、コーヒーが嫌いな方もいるでしょうし、
これで少し勉強して、家に常備しておきたいと思います。
by buinnX | 2012-12-23 16:20 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

マクロビ的 シナモンロール

まるひろ


シナモンロールって、いいですよね。
特に、カモメ食堂に出てくるアレは本当に美味しそうです。

とはいえ、毎度の事ながら砂糖ザックザックのシナモンロールなんぞ
食べるわけには行かないので、絵に描いた餅ならぬ、映像に写った餅
を想像で楽しんでいるのですが、妻がマクロビの本でいいレシピを
見つけてくれました。

出来上がったのがコレ↓
f0112574_20515337.jpg

狙ったように、娘が手を伸ばしてきました。
(もちろん彼女はまだ食べられません)

流石に全く砂糖抜きは無理だったようで、甜菜糖(てんさいとう)と例によって
自家製甘酒を加えて甘み捻出。
※ 甜菜はサトウ大根からつくる甘味です。

味はというと
パンとクッキーの間のような触感で、素材の味とサクサクするような、
もちっとするような触感が素朴で落ち着きます。
甘さは、中で混ざっているレーズンの力もあり今の自分には十分ですね。

少し苦目なコーヒーとあわせて食べると、GOOD。
いわゆる、マリアージュというやつでしょうか。


↓ 下の本が、参考にしたものです。
f0112574_2052258.jpg

ベースカフェのマクロビオティックスイーツ

毎度思いますが、お米を発酵させた甘酒ってすごい。
ヨーグルティア大活躍です。
by buinnX | 2012-12-21 12:49 | まるひろ と食べ物 | Comments(2)

ちかごろ夢中

まるひろ


子供の変化って、想像以上に面白いですね。

はたから見ていても身長は順調に伸びて、若干立てるようになり、
視界が変わるごとに発見の日々を過ごしている事がよくわかります。

外見だけでなく、絵本などの要求内容も変化していく様子から、
内面的にも色々認識が出来ているのだと感じます。

なんてったって先日までは、以前ここでも紹介した「トマトさん」を、
こちらのノドが枯れるほど連続で読まされていたのに、ここ数日、
急に「ノンタンのクリスマス」を引っ張り出すようになりました。。。。

驚くほどタイムリー・・・・

我が家はTVも付けてないし(今やピアノの後ろにあって、画面は布の覆われています)、
特別クリスマスを意識したことを娘にしていないのに・・・
若干怖いです。


さて、そんな娘が近頃夢中になっているのは、炊飯器。
夢中な理由は、多分・・・

1.ボタンを押すと、音がなる
(何も入ってないのに、炊飯ボタンを押される事もあります。
そんな時は無言で”取り消し”ボタンを押すのですが、これを数回繰り返します。)

2.お釜を叩くと”カンカン”音がなる
(コーティングが剥がれるので、出来れば止めてほしいと内心思ってます。)

3.”しゃもじ”をしゃぶるとご飯の味がする
(なんだか、うちがご飯を上げていないような気になります。)

そして、先日も”カンカン”と楽しそうにやってるな~と思って見てみたら。
f0112574_21434019.jpg

何か入ってます。

・・・・文字通り 缶です。
f0112574_21435081.jpg

いや~思いつかなかった。
音と物を掛けるとは!

んな訳あるかい!と思うのですが、缶を出すためには
それまでに結構手順が必要なんですよね。。。。

駄洒落が分かる1歳。
脅威です。
by buinnX | 2012-12-20 12:50 | まるひろ とイクメン | Comments(2)

きなこねじり

まるひろ


ジャンクな味というと、普通は多分ポテトチップなどを
想像されると思いますが、うちの妻の場合レンコンを軽く炒めたもや
茄子のゴマ炒めで十分に”ジャンクな味”となります。
(やっぱり少量でも”油”が入るとジャンクレベルが上がりますね)

そんなうちの妻が、甘いものが食べたくなった時に買ってくるのが”きなこねじり”。
f0112574_12385827.jpg

上の写真のこれです。
COOPとかで見たことあるでしょ?

餅つき大会とかで、真っ先にきな粉もちを取りに行く人なら、
必ず好きな味だと思います。
でも、残念ながら砂糖が使われているので、私は食べません。
ちなみに、妻はアトピーではないので、この程度の砂糖はOKになってます。

とはいえ、やっぱり市販品は砂糖が結構使われているという事と、
”作ってみたいな”という欲求から妻が挑戦してみました。
(多分、ほとんど後者がその理由)
f0112574_22152380.jpg

結果がこれです。
もちろん一番右でトグロを巻いているのが、作ったものです。

砂糖を使わないわけなので、お米のデンプンから作られた”こめ飴”を
使用したのですが・・・・硬いです。
味は十分なのですが、ねじれません。

よく見ると、参考にした一番右の本の写真も”ねじってない!”。
やっぱり硬いのねと納得しました。

よって、この信玄餅を食べた後、きな粉に黒蜜をたらして出来上がったような
残骸君たちも、決して私たちのせいじゃない!
f0112574_22153217.jpg

味は、もちろん”きなこねじり”。
美味しいよ。
by buinnX | 2012-12-18 12:53 | まるひろ と食べ物 | Comments(2)

わがはいは のっぺらぼう

まるひろ


相変わらず図書館から色々借りてます。
色々借りては、絵本を吟味して買うわけですが、今一押しはこれ!
f0112574_22141449.jpg

わがはいはのっぺらぼう (絵本・こどものひろば)

見ての通りわかりやすいくらいに、のっぺらぼうの絵本です。
表紙の絵からして多少崩れた感じが、ほの怖い雰囲気をかもしだしてます。

もちろん、わが家が選ぶんだから、普通の怪談絵本じゃありません。

実はこの”のっぺらぼう”かなりひょうきんで
「わがはいは、のっぺらぼうであ~る」
「なまえなんて、ない。のっぺらぼうは ただ、
のっぺらぼうと よばれるだけで あ~る」
といった、なんとも薄っぺらい、けれどなぜか絵本として読みやすい口調を
しつこいくらい使い続けます。

途中までは、”のっぺらぼう(さん?)”の個性の可笑しさにクスっと
笑ってしまうのですが、しかしやっぱり”のっぺらぼう”。

ただ、ひょうきんで面白いだけじゃない。
急に、くらい夜道がでてきて、そこへお決まりのように通行人が・・・・「ぎゃ~」

のシーンの、3ページくらい前から泣くのは娘です。
実は、数回私と妻と、ばあばが面白がって怖がらせるように読んでいたら、
本当に怖がるようになってしまい、今では絵本の表紙を見ただけで
嫌な顔をします。

機嫌がいいときに、たまたま手に取ったフリをして読んでも、
数ページで本気泣きします。この絵本を楽しめるのは、
子供に読み聞かせをした大人だけでしょうね。
(大人は意地悪なものです。)


そして、最後まで残る疑問。
この”のっぺらぼう”、男なのかな?女なのかな?
入浴シーンが微妙なんだよな。
by buinnX | 2012-12-17 12:49 | まるひろ とイクメン | Comments(0)