私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2012年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

夢月さんに行ってきました

まるひろ


路地って、不思議な店がありますよね。
このお店も、そんな一つ。

前々から気になっていたのですが、先日行ってみました。
骨董品を販売されている”夢月”さんです。
f0112574_22594910.jpg

↑ 写真で私の娘を抱いているのが、お店の方です。

元々、駄菓子屋だったところらしく、中は3畳ほどの広さ。
その中に、焼き物や、古いタンス、そして振り子の時計などが
所狭しとあります。

年季の入ったお店構えと、いくつもの振り子時計の音がなんとも言えない
ノスタルジーを感じるお店でした。

なんでも、元々はカフェ兼、骨董屋をやっていたそうで、
いつしかカフェの方は辞めて、骨董屋オンリーになったそうです。

その名残がこれ↓
f0112574_22595887.jpg

いまだにコーヒー豆を売ってます。
以前のファンが買いに来るそうです。

豆は小金井にある、”ろばや”さんもの。
”ろばや”は無農薬の豆や、フェアトレードを中心に扱っているお店らしいです。
ためしに、ミディアムブレンドを購入してみました。

正確な焙煎日は調べてませんが、店頭にだしてから10日たった豆でも、
十分な膨らみと味のバランスが保たれていました。

その後、温度などを変えながら色々試してみましたが、
基本的なポテンシャルが高い豆ですね~
そこそこの変化では、味が悪くならない。
不思議です(無農薬の力か?!)。

調べてみると、”ろばや”さんはHPからも購入できるので、
今度他の種類や生豆も購入してみようと思います。


<夢月>
〒357-0038  埼玉県飯能市仲町10-28

<ろばや>
http://www.robaya.com/
by buinnX | 2012-11-29 12:23 | まるひろ と気になる店 | Comments(2)

田丸公美子さんの本

まるひろ


ロシア語通訳の米原万理さんの本が好きで読んでいましたが、
そのつながりで、田丸公美子さんを知り。

今、この本を読んでいます。
f0112574_10444610.jpg

シモネッタのドラゴン姥桜 (文春文庫)

右 シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)

米原万理さんもそうでしたが、田丸さんもかなりぶっ飛んだ方である事は
重々承知していましたが、やっぱりぶっ飛んでると再確認しました。

左の姥桜については、また読み途中なので、断片的にしか理解
していませんが、右のデカメロンの方はイタリア人の「えっマジで?」
と言いたくなる内容がずらずら。

面白いけど、正直、あまりに露骨すぎて若干引く。

本当に男女関係がそんなに積極的になりたつのか?
と言いたくなりますが、数少ないイタリア人の知り合いの言動
を思い出してみると・・・・ちょっと納得。

そのイタリア人も、かなり過激な経験談を自慢げに話してましたから。

一人の男性として、そんなイタリア人の考え方は、
羨ましいと感じなくは無いですが、やっぱり私は日本人の
考え方の方が好きですね。
(”そんなイタリア人の考え方”を知りたいなら、読むしかありませんね。)


とまあ、
通訳という、職業で得る経験の豊富さに舌を巻きながら
十分楽しく読ませてもらいましたが、個性としては、
やっぱり米原さんの方がより過激で率直なところが好きかな。。。

本当に惜しい人を亡くしたと思います。
by buinnX | 2012-11-28 22:57 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

干し柿 はじめました

まるひろ


先日のバレエの発表会で、数人の親御さんとお話する機会があり、
中には「ブログ拝見しました」
と言って下さる方もいらっしゃいました。

毎日の閲覧数から考えても、団員以外にもこのブログを定期的に
見てくれている方が少なからずいる、とは分かっているものの。
(むしろ、団員の方が見てないかも・・・)
たまーに声をかけてもらえる、こういった瞬間はちょっと嬉しいです。

その時にも言われたのが、「食べ物にこだわってらっしゃるんですね」
という”食”に対する事。確かに、このブログでは食の内容は多いと思います。
(合唱団のブログなのに・・・)

でも、”こだわっている”と言うより、”夫婦そろって楽しんでいる”、
という方が正しいと思います。

例えば、健康の為というと、なんだかストイックなものを感じますよね。
そういうのは、余り好きではないんです。

どちらかと言うと、
「体に入れる物の選択って。なんだかカッコよくありません?」
といった、大変主観的な”気分”が一番なんだと思います。

さらに体調が良くなれば、さらにいい訳で・・・。


・・・前置きが長くなりました。

相変わらず時間を必要とする食材が好きな妻が、
今度は干し柿をはじめました。

f0112574_22242359.jpg


「秋ですね・・・」
と、思わず口走りたくなる光景です。

しかし、妻は
「これで、大根の干したもの(切っていない、まるまるの大根)があれば完璧」
なんて言っていたので、来年は大根が干されているかも知れません。

ちなみに、私は柿が食べられません。
小、中学生の時に、母親が私の制止も聞かず、
何度もお弁当に柿を入れていた事が、多分原因です。

母は、何を聞いていたのか全く不明ですが、
私が柿を好きだと思っていたらしく、
「柿は入れないで!」
と言っても、この季節になると入れていたので・・・

昔は、干し柿は食べれたのですが、今では干したのも駄目。

さて、これは誰が食べるんだろう?
by buinnX | 2012-11-27 17:22 | まるひろ と食べ物 | Comments(3)

KRMバレエの第3回 発表会 終わりました

まるひろ


以前の投稿でご紹介しました、
KRMバレエの第3回発表会が無事に終了いたしました。

ご来場くださった皆様。
今回私は、友情出演としてホンの一部お手伝いしただけですが、
一つの舞台を作った一員として、御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

↓ 前日リハの風景
f0112574_21595169.jpg


それにしても、まさか車椅子になってから、バレエの舞台にあがるとは・・・・
舞台のレベルを下げないように何とか頑張ったつもりですが。。。
どうだったんでしょうかね?(今度映像を購入して、確認してみます。)

そして今回の舞台では、親になり見え方が変わったのか、
子供ってすごいとしきりに感心しっぱなしでした。
出演者はほどんどが、小学生や中学生でしたが、
皆本当によく踊る踊る、飛ぶ飛ぶ、回る回る。

さらに、こういう世界にいる為か、みんなしっかりした雰囲気を持っていて、
おしゃべりしながら実年齢を聞いてびっくりする事もしばしば。
急に現れた車椅子の私にも、毎回、わざわざ私の所に来て、
しっかりとした挨拶をしてくれていたので、大変気持ちよく練習にお邪魔できました。

単純な事ですが重要な挨拶。中々しっかりとはできないものです。
ご両親はもちろん、このバレエ教室の努力のたまものだと感じました。

きっと、この中から職業としてダンサーの道を進む子も現れるでしょう。
その時の為にも、こういった指導をしっかりとされているんだと思います。

どんなに踊れても、舞台の幕を一人であげる事はできませんからね。


<KRM 昆野先生>
大変貴重な経験をさせていただき、本当に感謝しております。

今後も、必要とあれば舞台裏でも何でもお手伝いいたしますので、
いつでも声をかけてください。本当にお疲れ様でした。
by buinnX | 2012-11-25 22:28 | まるひろ と車椅子 | Comments(1)

たちねぶたくん

まるひろ


中川ひろたかさんの「いぶりがっこちゃん」に魅了されて、
元祖(?)「たちねぶたくん」を読んでみました。
f0112574_20381669.jpg

たちねぶたくん
絵本というより、これは歌詞カードですね。

まず手に取り、まじめに前からペラペラめくって読んでいきながら、
心の中では「きっとまた音頭があるはず・・・」と思っていたら。。。

最後のページにやっぱりありました「たちねぶた音頭」!

しかも、今回のは歌詞を読むと・・・これって絵本の文章じゃん!
つまりは、後ろの歌を歌いながら絵本をめくれと!?
そういう事でしょうか中川さん?

その挑戦を受けて、妻とやりましたよ。
一部、歌詞と絵本の文章が合ってない所は、適当にあわせて
ピアノ付き、絵本読み語りを慣行!

徐々に慣れてくると、私が和太鼓を持ち出して、
妻のピアノに合わせて叩く!

娘も、こんな両親に気おされる事無く、上機嫌に体を揺らして
聞いていました、が・・・
何度やっても、最後の「やってまーれ」の連呼は長いでしょ!?

上機嫌の娘も、そこへくると「うきゃーうきゃー」と、
「その連呼は飽きた~」という様子で抗議してきます(笑)。

ちなみに、たちねぶた音頭というCDも販売されているようですね。
youtubeには振り付けも出てました。(中川たかひろさん出演)
かなり脱力系です。(絵本以上に中川さんが・・・)

大変楽しませてもらったので、ちゃんと買います。
by buinnX | 2012-11-23 17:04 | まるひろ とイクメン | Comments(1)

どこまで行くの?我が家の食パン

まるひろ


寒くなってきたので、酵母の発酵も遅くなってきていますが、
妻のパン作りは一層の安定感を手に入れたようです。
f0112574_20362344.jpg

↑ 近頃の食パン(1.5斤)

妻のパン作りも堂に入ってきました。
ホシノのパン酵母を使い、パンを作るようになって
初めての冬ですが(まだ秋というのでしょうか?)、
その出来栄えは変わることが無い。

土日は、作ったパンを朝食に食べるのですが、
「コレはクラムの偏りが気になるね」
なんて、私が勝手に批評していた時期が懐かしいくらいに、
今では綺麗に仕上がってます。
(カンパーニュのクープも同様に。)

もー詳しい事は分かりませんが、1次発酵から焼き上げまでの間も、
なにやら色々と温度調整やらをしている様子。
初めの頃のように、1次発酵からすぐに焼く!という簡単、単純な
工程で満足する域は超えたようですね。
(そして、私はこねる専門に・・・)

妻の調べているものや、話の内容を聞いている限り、
近頃は地粉を使ったパンや、お米を発酵させて酵母を作ることに
興味が出てきたようです。
今でも冷蔵庫や、炊飯器の後ろはいつも発酵中の物たちがご在宅ですが、
さらに増える様子満載。そろそろ菌が目に見える気がします。

ぬ~ 私も、負けてられませんね。
私は、珈琲をがんばります。
by buinnX | 2012-11-22 12:56 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)

2代目コーノ式2人用

まるひろ


わが家はコーノ式のドリッパーを使っているのですが、結構ヒビが入ってきました。
f0112574_21192668.jpg

このドリッパーは、耐熱温度も90度と決して耐熱温度としては
高くないので、メーカーの注意書きにもヒビ割れる事が書かれています。
(一応、これくらいのヒビならまだ使えるようです)

珈琲にはまってからというもの、
毎日「どうやったらいい珈琲になるのか?」
初期温度は? 挽き方は? 抽出時間は? 
抽出速度は? 抽出量は? お店による違いは?
と繰り返す日々。

夜にカフェインを取ると、眠れなくなるのが嫌なので、
毎朝、娘が起きるより早く起きて会社に行く前の時間を
使って実験を繰り返しています。
(記録している大学ノートもそろそろ1冊目が埋まりそうです)

そんな時間を物語るかのように、一本、また一本と
ヒビが入っていくのは、なんだか変な達成感を生んでくれてます。
でも、完全にヒビが進行する前に、一応2代目を用意。
f0112574_21193885.jpg

また安心して、実験の日々ができます。


実験の結果などは・・・・ 気が向いたらそのうち投稿します。
まあ、素人のうんちく聞いてもなんでしょうから、
お近くにいらっしゃいましたら、一緒に珈琲を楽しみましょう。
by buinnX | 2012-11-20 21:41 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

東京レディースコンソート さやか クリスマスコンサート2012

まるひろ


娘が生まれて、めっきり演奏会には行けなくなりました。
確かにそれはそれで残念ですが、娘を家に置いて演奏会を
聴きに行くことを想像しただけで、なんだか落ち着かないので、
まあ今はいいのだと思います。

しかし、とうとう娘も1歳。
久々に聞きに行ければいいのですが・・・・さすがに、夜はな~

f0112574_221848.jpg

「東京レディースコンソート SAYAKA クリスマスコンサート2012」
2012/12/21(金曜) 
開場 18:30  開演 19:00 
場所 巣鴨教会(JR 大塚駅より徒歩10分)
チケット 2000円
お問い合わせ tlcsayaka◎zn.sunnyday.jp
         (◎を@に変えて送信してください)

<さやかの皆さん>
今年も素敵な歌声が巣鴨教会に響くことを
想像しただけで楽しそうです。素晴らしい演奏を期待しております。
(聞きに行きたいのは、やまやまなんです・・・・)
by buinnX | 2012-11-19 22:31 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)

トマトさん

まるひろ


ずいぶん前から気にはなっていたんですよ。
正直「本屋とかで、見たら買っちゃうかもな~」と思ってました。

そして、不意に本屋に行ったとき、やっぱりやられました。
f0112574_21164181.jpg

トマトさん (こどものとも傑作集)

五味太郎さんの”とまとさんに きをつけて”の可愛らしい
トマトさんとは大違い。むしろグロイ。
しかし、見た目の割に結構かわいい話です。

絵の通り(?)、天邪鬼なトマトさんなのですが、
このインパクトは最後まですごい。

さっそく家に持って帰って、娘に読んだところ大そう気に入ったようで、
そのご6回~7回くらい連続で読みました(汗)。

上の写真も、絵本の写真を撮ろうとしたら、
娘が「よんで~」っと奪っていくシーンなわけです。

言葉のリズムもいいし、確かに傑作集にふさわしい絵本だと思います。
by buinnX | 2012-11-18 10:03 | まるひろ とイクメン | Comments(1)

HARIOの円錐形フィルター

まるひろ


我が家の珈琲抽出方法は、ペーパードリップです。
ネルドリップも興味はありますが、手入れを考えると
ちょっと手がでませんね。

ネルが一番美味しく飲める抽出方法だと言われてますが、
要は「ペーパーで美味しい抽出方法を獲得すればいいんじゃない?」
と考えてペーパードリップの方法を日々実験している分けです。

ネルへの憧れは確かにありますが、ペーパーだって奥は深い。

そして通常使っているのは、コーノ式のドリッパーです。
円錐型になっているコーノ式のドリッパーの方が、よりネルに
近い味になると言われており、かなり手軽にトロッとした珈琲を
楽しめるので、個人的には十分に気に入って使っています。

たまに、ドーナッツドリッパーも使いますが、近頃はもっぱらコーノですね。

とはいえ、コーノ式の問題はドリッパー・フィルターが何処にも売ってないこと。
私の大好きなアマゾンで見れば確かに売ってますが、ペーパーと同じくらいの
値段が送料に取られるので、なんだかしゃくに障ります。

それでも購入していたのですが、とうとうちょっと浮気してみました。
f0112574_2117232.jpg

ハリオ V60用ペーパーフィルターみさらし 1~2杯用
HARIOのフィルターです。

コーノ式とHARIOのどちらが先に考案したのかは知りませんが、
リブの立て方の違いだけで、角度も一緒のドリッパーがHARIOから出ています。
つまり、同じフィルターが使えるというわけです。

こちらの方が、販売網が広く、そして安い。
購入された人の中には、紙くさいというコメントを残している方も見られますが、
とりあえず使ってから考えようと購入してみました。

まだ、2度しか使っていないので、最終的な判断としては微妙ですが、
現時点では

1.紙くさくはない。
水にも濡らしても見ましたが、言われるような臭みは感じませんでした。

2.若干抽出速度が速い?
2種類を並べて蛍光灯で透かし、フィルターの繊維の厚みや模様を見ても
特に違いは感じませんが、使ってみると、若干HARIOの方が速く落ちる気がします。

といった所で、肝心の味の方にはさほど違いは感じられませんでした。
料金的に対した差では無い、とはいえ頻度が多く、そして長く珈琲を楽しむという面では、
HARIOのフィルターを使った方がいいかも知れませんね。
by buinnX | 2012-11-16 12:41 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)