私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2012年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

乳酸菌作成中

まるひろ


以前投稿しました、「南屋さんの料理教室」で教えていただいた
乳酸菌の作り方を試しています。

ずっと試したかったのですが、わが家は基本的に玄米なので
試すことができず・・・・
そんななか、先日実家より白米を頂き試すことが出来ました。
f0112574_22112744.jpg

さあ、お米を研いで、とぎ汁を取得。

その後、1日放置してビンの中へ。↓
f0112574_22113725.jpg

この時、空気はできるだけ入らないようにするそうです。
乳酸菌は、酸素がなくても繁殖できる強い子らしいです。

さらに、このビンをそのまま3日間、冷蔵庫で保管します。
驚くべきことに、乳酸菌は5度以下でも活動するので、
(0度でも凍結するだけで、死滅しないそうです)
ここまでやるとビンの中に生きているのは乳酸菌だけ!

ということで、後は常温に戻して3日ほどすると、乳酸菌天国が
出来上がる。  そうですが・・・・・

f0112574_239175.jpg

あれ? 特に目立った気泡もなければ、膜もなし。
乳酸菌特有の爽やかな酸味の香もなし・・・・

という事は、乳酸菌天国になってない、ということであり・・・・

あれ~? おっかしーなー。

後日、もう一度チャレンジします・・・
by buinnX | 2012-06-30 08:15 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)

Costieres de nimes ロゼ

まるひろ


いつもの酒屋さんに行ってみると、
珍しくロゼがいっぱい置いてありました。

正直、ロゼってほとんど飲んだことありません。
のでたまにはと思って、手ごろなものを購入してみました。
f0112574_22135197.jpg

名称 costieres de nimes
コスティエール ド ニーム ロゼ キュヴ トラディション
産地 ランドック コスティエール ド ニーム AOC
種類 ロゼ (サンソー グルナッシュ シラー)
生産者 マ デ プレサード
価格 1500円くらい

ロゼって見た目がかわいいですよね。
女性には人気なのかな?と勝手な想像・・・

簡単にコスティエール ド ニームを調べてみましたが、
この地方的には、結構辛口の白が人気なようですね。

じゃあ、これも結構辛口なのか?な?

<飲んでみました。>
まず、第一印象は”白に近い”ってとこですね。
当たり前っちゃ、そうなのですがすっきりと飲みやすいです。
ただ、全体的に冷めた感じで、言い換えると厚みがあまりない。
みずみずしく、潤っている感じは以前飲んだランドック地方の白
ものと共通した印象ですが、微妙にあるあたたかみが逆に
印象と味を鈍くしているような気がします。

ロゼかぁ 
とりあえず、おいしいロゼを探してみようかな?
by buinnX | 2012-06-27 22:41 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

レーズンとクルミパン

まるひろ


今度は、レーズンとくるみのパンに挑戦してみました。
材料は下記の通り。

材料
強力粉  190g
薄力粉  105g
全粒粉  100g
ドライイースト 全体量の2%
塩(ゲランド) 8g
砂糖      6g
水      210cc
レーズン   60g
クルミ     60g


まずは、以前の投稿に載せた要領でコネコネ。
一次発酵前までつくりました。↓
f0112574_2272166.jpg

ここから冷蔵庫で、まる1日かけて1次発酵。
今使用しているドライイーストですが、この子結構強くて、
冷蔵庫の温度でもヘッチャラ。

本によると、一次発酵はゆっくり行った方がいいようなので、
このイーストに対しては、冷蔵庫が最良と思ってます。
(それにコレなら年間のできばえに振れ幅が少ないかも・・・)

そして、予定通り2倍以上に膨らみ発酵完了。
二次発酵に向けて成形↓
f0112574_2272854.jpg

内容物が結構多くて、形作るのが大変でした。
結果的には、一つは表面にくるみやレーズンが出て、
もう一つは隠れたので、焼きの違いも確認できてGoodです。

↓ 妻考案の二次発酵の温度を保つ方法。
f0112574_2274573.jpg

電子レンジに、パン(一番上)と一緒にお湯をはったトレイ(2段目)と、
湯たんぽ(一番下)を入れて温度を保ちます。

実際に温度は測ってませんが、発酵具合を見ると
ぬっくいぬっくいで丁度いいようです。

そして、焼いて出来上がり↓
f0112574_2275441.jpg

やっぱり表面でたくるみやレーズンは、焦げてしまいました。
見た目としては出てた方が美味しそうなんだけどな~

少し味見してみましたが、できばえもGood。
しっかりと全粒粉の味とくるみ、レーズンが混ざっていて
味に深みがあります。
触感も、そとはパリパリ(若干硬いか?)。
中はふんわりしています。

ふふふ・・・ 次は何つくろっかな。
by buinnX | 2012-06-26 17:20 | まるひろ と食べ物 | Comments(2)

若戎 SODA

まるひろ


三重県にある酒蔵”若戎”のソーダを飲みました。
f0112574_2291733.jpg

若戎のお酒は飲んだことありませんが、
創業 嘉永6年(1853年)の老舗が作ったソーダです。

特に何も味付けされていない炭酸もあります。
とはいえ、ソーダといっても甘みは付けてないので、
炭酸のもっている苦味を食塩などを使ってなめしたものです。

確かに言われてみれば、お酒は元々水にこだわってますからね、
美味しいソーダなどを作るには丁度いい環境かも知れません。

飲んでみましたが、炭酸も強すぎず、弱すぎずにいて、
少しの塩分が水本来の甘みを感じさせてくれます。

下手にノンアルコールビールを飲むより美味しいです。

とはいえ、1本250円程度しますので、
高級な印象もあります。

個人的には、炭酸ならペリエが好きなので、
値段を考えると、そちらの方がいいかな?
by buinnX | 2012-06-25 12:48 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

こども図書館の本番に向けて

まるひろ

(合唱団のブログらしい記事を、たまには投稿しないとね。)

今後の予定にも載せてますが、
7月28日(土曜)に飯能市のこども図書館で、
お子さん向けの演奏会を行います。

その下調べで、使用する絵本の大型本というものを拝見してきました。
下の写真がそれ。
f0112574_22791.jpg

大型絵本 めっきらもっきらどおんどん (こどものとも劇場)

流石、大型本!
大きいです。 
普通の距離で読もうとすると、はっきり言ってパノラマ。
絵本も、こうなると大迫力ですね。
(読む側も、めくる練習を要求される代物です。
私もやってみましたが、まだまだ荷が重かった。)


絵本を読んだり、歌ったりと楽しい演奏会を企画していますので、
皆さま是非こども図書館にいらしてくださいね!
0歳児から大人まで、どなたでも大歓迎です!

お待ちしてま~す☆
by buinnX | 2012-06-24 21:43 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(4)

今更ボジョレ

まるひろ


本当に今更なのですが、いただいた2011年の
ボジョレーを飲みました。
f0112574_2285951.jpg

ものとしては、行き着けの酒屋”丸屋酒店さん”のもので、
そこで出会ったほかのお客さんに、出産祝いとしていただきました。

出産祝いとしてもらったからには、妻も一緒に飲んでほしいな~
なんて、思っていたら随分時間がたって・・・

一般的にボジョレに使われる品種(ガメイ)は、
時間的に味がもたないといわれていますが、
とりあえず飲んでみました。

色 うすい紫
味 少しの酸味とおちついた甘さ。蜜のような甘さ。
  口当たりも優しく、飲みやすい。ただし、パワーはない。
  そのため、ある程度時間が経つと味の力が抜けてしまい、
  へにゃへにゃに・・・
  時間がたったとはいえ、半年程度なので大丈夫と思いましたが、
流石にコレは本来の力じゃないでしょう。

途中からは弱くなったとはいえ、初めの味は良かったです。 
by buinnX | 2012-06-22 12:44 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

あさいちめ!

a

こんばんは~。
スッキリしない天気が続きますね。
洗濯ものが乾かなくて困るようになったら大人の仲間入り、ですよね~。


さてさて、妊婦授乳期のおやつといえば?!
そう、いりこです!(笑)
これが意外にメーカーによって味が違うんですよね。
何種類食べたことか。

でも単品で食べ続けるのはちょっと辛いんで、
私はアーモンドを別に買って袋で混ぜて、つまみのようにしてガツガツ食べてました。

それが!!!
アーモンドが店頭からなくなる事件勃発。

朝ドラの後のNHKの番組「あさいち」で
「アーモンドを1日25g食べると良い」という内容を放送。
直後から、アーモンドが店から消えました。

「ナッツの研究をしてるKO大学の教授が毎日アーモンドと胡桃を食べていて、
お肌つやつやなのよ~」
と、CO-OPでアーモンドを買おうとしていたおばちゃんがご丁寧に教えてくれましたが。

っていうか、私、見てたし(笑)

・・・・っていうか、一袋食べたくらいじゃ綺麗になんないから!!

わたしのおやつ、かえせ~~~~~!

というわけで、
仕方ないのでネットで探してみました。
その結果がコレ↓

f0112574_2284450.jpg


送料とか、パンに入れることを鑑みて、
アーモンドと胡桃を1kgずつ。
1kgなんて買ったことないから、迫力です。

こうしてめでたく「アーモンドいりこ」復活です笑
ちなみに、「くるみ&レーズン」も、甘いものが食べたい時のいいおやつです。

納豆とかバナナとかヨーグルトとかリンゴとか・・・・
「〇〇は健康に良い」って、そりゃ悪くはないだろうけど。
普通に食べて。

アーモンドを買いに走ったアナタ、1年後も同じペースで食べてるなら許す!
by buinnX | 2012-06-20 22:08 | まるひろ と食べ物 | Comments(3)

秘伝こんにゃく

a

こんばんは!
昨日の雨、ものすごかったですねえ。
皆様ご無事で帰れましたか?
私は昨日、産後初の本番でした。所沢北高校第10回定期演奏会。
私は1回目から振らせて頂いてるのですが、
いや~10回かあ・・・・・。濃い10年でした。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

というわけで。
先日、名栗に住むおばあちゃんの家に、佳歩の顔を見せに行ってきました。
私と同じ干支、5周違いの1919年生まれ、御年92才の元気なおばあちゃん。
私の父方の祖父のお兄さんのお嫁さんです。

そのおばあちゃんのつくるこんにゃくの煮物は、絶品です!!!!
あああ・・・・。小さい頃から大好きでした。
すっごく味がしみてて、キモチ濃い目で。
おでんのこんにゃくなんて敵じゃありません。
あ~~、こういうとき、文字の無力さを感じる・・・・。

自分でも作りたくて、何度も挑戦しましたよ。
でも、ダメなんです。
乾煎りしても湯がいても、一向にあんなに味がしみないの。
で、先日久しぶりにご馳走になったので、作り方を教えてもらいました。

f0112574_2282789.jpg


その成果が、コレ↑

おばあちゃんにはまだまだ及びませんが、まあまあいいお味になりました。


さてその秘伝の作り方を大公開!(「秘」ではなくなってしまいますが)

おばあちゃん曰く
「こんにゃくには空見せろ」

・・・・・・知らなかった。
煮るとき、蓋をしちゃだめなんだそうです。


あと「砂糖は入れない」

えええええ。
あんなに甘じょっぱいのに?!
だし汁で煮るんだって。
そんで、酒としょうゆ。
みりんもなし。

がーん。
あの甘さは出汁だったのか・・・・・

っていうか、味をしみさせたかったら、蓋したくなるじゃないですか。
あたしだけ?

勇気を持って濃い目に味付けした方がおいしいと思います。
最後の最後でしょうゆを控えめにしてしまう私・・・。
まだまだ甘いなぁ。

あ、写真でつぶつぶしてるのは出汁の削り節です。
お湯を沸かして、さばと鰹の削り節を投入する、お手軽だしが私流。
だし汁はストックしません!そしてわが家では、削り節は具です!

とにかく、出汁+酒しょうゆで、煮汁がなくなるまで煮てみました。
今までとは明らかに違う仕上がりに満足です。
おばあちゃんありがとう。
また遊びに行くね。元気で長生きしてね。
by buinnX | 2012-06-20 20:57 | まるひろ と食べ物 | Comments(3)

クリップと安全ピン

まるひろ


次の課題は、ジャスパー・ジョーンズのような絵画。
ジャスパー・ジョーンズというと、絵というより、
”物”としての絵画を求めた人で、ある意味
前回の私の作品はもジョーンズの作品と同じ系列にあたります。

さて、そんな訳で何を題材にしようか考えていた副産物として、
こんなものを作ってみました。
f0112574_20235574.jpg

題「クリップと安全ピン」 サイズ SM 紙 アクリルガッシュ

ジャスパー・ジョーンズの特徴としては、既存のデザインを
使っているところです。(そういう意味では、アンディ・ウォーホールも同じ。)

ですので、既存のもので「これは!」と思うデザインを探していたら、
クリップに出会いました。

クリップに限らず、文房具はデザインとしてかなりレベルが高いですよね。
毎日仕事で使うものだからだと思いますが、存在の心地よさや
使い勝手の心地よさは、すでに追求されている。

今回は、練習というつもりでクリップを使ってみましたが
意外に上手くいきました。

まずは、この線で考えてみます。
by buinnX | 2012-06-19 17:18 | まるひろ と絵 | Comments(1)

5月の課題 静物 その5

まるひろ


結局、もうすこし手を加えてみました。
f0112574_20232096.jpg

題「ただそこにある」 サイズ F6 アクリルガッシュ

質感を出すのに色が少々強すぎたので、
再び埋めて、削るの作業を繰り返しました。

ちなみに、一応断っておきますが、これは具象画です。
この投稿を順序良くみていただければ分かりますが、
限りなく抽象画に近いけど、違います。

同じ絵画教室のメンバーからも
「えっ 抽象画じゃなかったの?」
なんて言われたのでびっくり。

どちらでもいいちゃいいんだけど、
”一応”ね。
by buinnX | 2012-06-18 12:57 | まるひろ と絵 | Comments(0)