私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2010年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

加藤 栄吾 展

まるひろ


HPのリンクも張ってます、私の義理のおじにあたります加藤 栄吾さんの
展覧会のご紹介。

f0112574_18292690.jpg


近年はモノクロ調が多かったですが、はがきから察するに今年は白。
クールだけどどこかあったかみがあって、私は好きです。


「加藤 栄吾 展」

日時 2010/9/30~10/5
    12:00~19:00(最終日17:00まで)

場所 中野画廊 アヴェニュー
164-0001
東京都中野区中野5-52-15
ブロードウェイ2F
03-6908-4141
by buinnx | 2010-09-29 18:39 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

Alpirsbacher Hefeweizen Hell めちゃうまビール

まるひろ


先日紹介したソーセージ屋で、ドイツビールを売っている事を書きましたが、
覚えていますでしょうか?

その中のビールで
「Alpirsbacher Hefeweizen Hell」
(アルピルスバッハ ヘーフェヴァイツェン・ヘル)

というビールがありましたが、これが個人的には今までで一番うまいビールです。

f0112574_18194564.jpg


味は、濃厚というより軽さが目立ちます。
もともとあわ立ちやすいビールのようですが、口の中にいれた瞬間から液体も
泡のように軽くなり、”スッ”と喉の奥に消えて行きます。
一瞬の苦味もすべて包んで、甘みに変わり、飲んでも飲んでも、おなかにたまる気配無く、
その通り抜けていく快感が魅力的です。


醸造方法:  上面発酵
味:    フルーティ、さわやか
麦汁濃度:  12.5 %
色調:   自然のうすい小麦色
アルコール度: 5.5 % Vol.
適温:   9 °C

(味の参考として
「私、ギネスビールは嫌いです」)
by buinnx | 2010-09-29 18:25 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

うさぎ館 "La table du lievie"

まるひろ


すごしやすい日々に乾杯。
そんな陽気にぴったりなのが、このお店。

f0112574_16164057.jpg

f0112574_16164924.jpg


吉祥寺駅から、徒歩10分くらい
井の頭公園の森の中にあるオープンカフェです。

テラスのような場所で、ガレット(ブルターニュ地方発そば粉のクレープ)を食べながら
シードル(りんごの発泡酒)を飲めるお店です。

f0112574_1619360.jpg

↑ シードル


一見、外からだと何だろう?といった印象を持つお店ですが、
中に入って見るとお洒落な雰囲気のかわいらしいお店です。
井の頭公園の緑あふれる景色と、ガレットというハイカラな雰囲気がとてもよく合い、
シードルの酸味がお昼にぴったりで、その日一日をなんだか楽しい雰囲気に
してくれます。


「うさぎ館」
東京都武蔵野市御殿山1-19-43
0422-43-0015
by buinnx | 2010-09-29 16:23 | まるひろ と気になる店 | Comments(2)

成蹊大学シェイクスピア・ウィーク

まるひろ


もう何年も行われているようです。
我が母校ながら知りませんでしたが、成蹊大学が主催している
シェイクスピア・ウィークの劇を見に行ってきました。

f0112574_18152423.jpg


英国ケンブリッジ大学ペンブルック劇団公演
「から騒ぎ」

JRの電車内で広告を見つけ、気になったので行ってきました。
場所は大学内の4号館。中はすでに満員。意外とみんな好きですね。
扇方の講義室で、中心は中学校の体育館程度の舞台がある建物です。

もちろん設備はほとんど無いので、舞台演出も張りぼても無いです。
そんな中での英語オンリーの舞台。はじめは大丈夫かと心配になりましたが、
内容がわかりやすいだけに、配られたあらすじで十分に理解できました。

舞台演出は無くとも、はっきりした表現方法や衣装の艶やかさ(特に女性)で
、2時間30ほどの舞台でしたが結局存分に楽しめました。
一緒に行った友人二人も同様だったようなので、誘った私としても胸をなで
おろした感もあります。

ただ、途中、警察官役が(勢い余って、”どもったり”、”いい間違い”が多くて
内容が伝わらない役)いっている内容などはさすがに分からず、反応できている
お客さんの英語力の高さにうらやましさが募るばかり。

言葉は分かっている方が、得ですよね。


ここ数年は毎年やっているようなので、興味を持った方は次回どうぞ。
by buinnx | 2010-09-26 18:29 | まるひろ と車椅子

武州飯能うどんマップ

まるひろ


久々に、飯能市長に物申すのコーナーです。
飯能が大好きな私としては、これだけポテンシャルがあるくせに
ちゃんと生かしきれていない飯能について、もう少しちゃんと考えて
行こうと思ってます。

前置きはおいといて、市役所でこんなものを見つけました。
f0112574_1845499.jpg


これによると、埼玉県は”麺類生産量日本一”らしいですね。
それと、飯能はそれほど密接な関係は無いと思いますが、
それでも確かにうどん・そば屋さんは結構あると思います。

その情報を集めたという点において、この”うどんマップ”は意味のあるものだと
思いますが、いかんせん”市役所”でしか見たことありません。

公民館にも、うどんのお店でも見たことが無い。


市長。せっかく作ってもそれでどうするんですか?
by buinnx | 2010-09-26 18:10 | まるひろ と飯能 | Comments(0)

クリスマスソング

まるひろ


12月12日のクリスマスコンサートに向けて、着々と練習が進んでいます。

先日は、オーソドックスなクリスマスソングの復習。
曲目は
・White Xmas
・きよしこの夜
・Oh holy night

の三曲。
さすがに日本語では”ダサい”ので、英語にしてやろうと息巻いたまでは
いいのですが、なかなかにその言葉割から難しく、それでも何とか
言葉はうまく割れても、歌うという面においてラテン語より難しい英語が
どこまで心地いい音になるまで歌いこめるか。

こればかりは各団員の努力ですね。
合宿までにはしっかり物にしましょう。


それとは別に、本番の衣装について土曜日に吉祥寺まで行ってきました。
ほかの用事もあいまってですが、その報告は後日練習で行います。

では、今週もいい一週間を。
by buinnx | 2010-09-26 18:00 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(2)

みもりハウス

まるひろ


まだ、1年くらいのお店です。
自然派の子供用品など雑貨を中心に販売しています。

f0112574_750564.jpg


かわいらしい店内と、定期的興味深いことをやってます。
・ハーブスパイス調合教室 月曜 AM 10:00~12:00 会費 1000円
・ワインを楽しむ会   第3日曜 PM 6:00~ 会費 3000円程度(ワインによって変わります)

営業時間がPM5:00までと意外と短いので、
実はそんなにオープンしているとこを
見たことがありませんでした。

その理由は、どうやら家庭を大事にされているからのようで、
お子さんの体調しだいでは(熱を出したりすれば)突然お休み・・・
ということもあると話してました。
せかせかしない、大変温かみの感じるお店です。


こういったスタンスのお店、飯能には結構あります。
多分、一人でお店をやっている方が多いからかな?
私は好きです。



みもりハウス
郵便番号 357-0025
住所  飯能市柳町7-15
電話  042-971-0888
営業時間 10:00~17:00
定休日 日曜・月曜 (要は教室の日はやらないという事です)
by buinnx | 2010-09-25 08:06 | まるひろ と気になる店 | Comments(0)

Rubaiyat Koshu sur lie 2009

まるひろ


多様のビールを集めてきたので、団員とビールを飲む会を開きました。
そのときに、団員の一人がわざわざもって来てくれた日本のワインを
紹介します。

f0112574_747594.jpg


「Rubaiyat Koshu sur lie 2009」
(ルバイヤート 甲州シュール・リー 2009)

原産国 日本
産地   山梨
品種   甲州種



勝沼産甲州種を100%使用。
搾汁した果汁に醗酵終了までは酸化防止剤を全く無添加
発酵終了後、 澱と7ヵ月接触させた※シュールリー製法


白の辛口にしては、むしろ甘い。
製法とは矛盾しているが、酸味は軽くトロっとした甘みを感じました。
海外の白とは違う深みがあり、根っこに日本酒のようなすっきり感が漂います。


TABATさん
ご馳走さまです。おいしいワインをありがとうございますm(__)m
クリスマスコンサートに向けてがんばりましょう!



シュールリー製法とはワインの醸造過程でアルコール発酵後も澱を取り除かず、
翌年の春(最長6月)まで一緒に樽の中で熟成させる製法です。
ムロン・ド・ブルゴーニュ(Melin de Bourgogne) から造られるミュスカデがこ
の製法をとられることが多く、微炭酸を含むものもあります。
シュールリー製法で造られたワインはマロラクティック発酵をさせないため、リンゴ
酸の割合が高くなり、酸味のしっかりした軽快なな味わいの白ワインになります。

参考  http://www.wine-cave.net/wine_dictionary/detail.php?TID=58
by buinnx | 2010-09-25 07:48 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

PRTR法

まるひろ


食べ物の安全とはいいますが、どうやって自分を守ったら良いものやら。
それのひとつの情報として、是非周知してもらいたいのがPRTR法です。

f0112574_22485415.jpg

雑誌 FOCUS より


私は(見た目のわりに)肌が弱いので、何かと気にしているつもりです。
それでも、現代は知らなければ色んな物があり、それをすべて否定するつもりは
毛頭ありませんが、自分の身は自分で守れるように少しでもアンテナを張っています。

そんな人の理解のためにも、興味がある方はPRTR法について検索して
知ってもらえたらと思います。
by buinnx | 2010-09-22 22:55 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)

桜楓合唱団 第41回定期演奏会

まるひろ


いつもお世話になっております、桜楓合唱団の定期演奏会のお知らせです。

f0112574_2235689.jpg


指揮 藤井宏樹 間谷 勇
ピアノ 前田勝則

2010/10/30 土曜

開場 17:30
開演 18:00

すみだトリフォニーホール 大ホール

チケット 2000円


桜楓合唱団の皆様
今年も、いい演奏を期待してます。
頑張ってください。
by buinnx | 2010-09-22 22:45 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)