私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ぱぱんだぱぱぱ

√だます

今日は、前回いったパン屋さん
「木の葉」
について。

場所は 青梅市黒沢3丁目1574-1
でして、まあ、ようは青梅坂らへんです。

結構ほそーい道を入っていき、右手に見えるログハウスちょうの
お店なんですけど、なんとなんと裏からは車椅子でも入れる!
正直びっくりです。

正面は、しっかりといい階段だったので、こりゃあお店の方に
お願いするパターンかとおもいきや・・・

いやーうれしいです。
建物は確かに新しかったので、もしかしたら車椅子で入れるトイレも
あるかも・・・・ そこら辺は試してません。
(中で食事もできます。なんとランチセット的なものも。)

ちなみに、お勧めは
ドライトマトとオリーブのパン
かな? 初めていったので、店員さんと話しつつ、お店のお勧めを
買ったわけですが、このパン。。。 めっちゃおいしい。

特に、ラタテューユなどと食べると本格イタリアンな感じでおすすめです。

でも、全体的にはパンやです。
菓子パンとか、甘い物を期待するとがっかりするタイプです。
「そんな 軟弱なパンなんているか!」
って人にはお勧めです。
お店の感じは、あまーいお菓子があってもよさそうなんですがね。。。


HP http://www.konohapan.jp です。
行ってみてくださいね。


P.S

以前見つけたコーヒー屋さん 何必(カヒツ)
の豆のおいしさにひかれて、とうとうミルを買いました。
by buinnx | 2009-06-25 21:15 | まるひろ と車椅子

所沢北高校の演奏会にいってきました2009

√だます

あつい日が続きますね。あついだけで、体力を奪われてます。
そりゃあ 眠くもなりますよね。


先日、6月18日に所沢北高校(以下 北高)の演奏会に行ってきました。
今回も所沢のミューズでした。
ルネ小平に行ったばっかりでしたので、
まず、ミューズの会場としての音の良さにびっくり。

錦城高校も所沢でやってほしーなー
なんて勝手に思っていました。
絶対に、そっちの方が演奏側も気分いいとおもうんですよね。
まあ、観客の関係上、なかなかおいそれと学校から遠いとこで
やるのは難しいと思いますけどね・・・・
(結もやるならミューズがいいなー)

場所のことはさておき、演奏会の事について。。。

特筆すべきはやっぱり第三部「ヨーロッパの巨匠」の
・TROIS CHANSONS より Ⅲ.RONDE  作曲 Maurice Ravel
はよくうたったな~って感じでした。俺が歌う側だったら絶対に適当に
言葉をはしょってごまかしているだろな~って思いますね。
あのレベルで歌えるようになるまで、どれだけ嫌になりそうになったか想像に
難しくないです。でも、そのがんばりが十分に音楽に反映されていたと思います。

まあ、歌っている側は、もしかしたら必死でしかなかったのかもしれませんが・・・


あと、錦城高校も合同でのったCantique de Jean Racine
ですね。やっぱり、ミューズの方がいい音・・・
やっぱり、私もうたいたいな~


全体を通して一言いうなら、第二部のポピュラーステージで歌った
「TSUNAMI」は何故かよかったですね。
正直、一番いいこえが出ていた気がする・・・・ それでいいんだろうか?


その他

北高名物といえば、なぜかパンフレットより厚い裏パンフレット。
歌詞カードはまあ分かるとして、その他は団員の勝手な妄想と発想の爆発物ですね。
今回もその爆発ぶりはいい感じですね。高校生らしくて私は好きです。
ただ、一人一人が分からないので、関係者に比べて楽しさは50%くらいかな?
ぶっちゃけ、帰宅後の妻の方が楽しそうに読んでいます。
ちなみに、彼女が特に笑ってたのは、「地元自慢」でした。

本当に皆さんお疲れ様でした。
次回の演奏会も楽しみにしています。

P.S

先日、木の葉パンなるお店に行ってきました。
場所は、飯能から青梅坂に行く間にあります。
ここにも、とーってもおいしいパンがありました!
後日、そのことについて投稿しますね。
by buinnx | 2009-06-24 16:06 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)

モダンアートについて考えました

√だます

近頃は、カタンやドミニオンをやっているので、あまり話題に
上がりませんが、個人的にはモダンアートがやっぱり好きです。

簡単に説明すると、自分に配られたカード(作者の違う絵画)
を順々に競売にかけていき、1ラウンド終わるまでに同じ作者の
絵画がどれだけ場に出たかによって、

出た枚数が多い→人気が高い→価値がある

といった判断をされ、最終的に購入した絵画に価値がつくゲームです。


始めは、どうやってやったら勝てるのか読めないゲームなんですけど、
場の流れが読めてくると、本当に楽しいですね。

一回のゲームで4ラウンドまであるのですが、全体を通して、自分の持ちカード
から、どのような流れになると自分が得をして、他のメンバーが損
をするかを先読みしていくわけですが、ゲーム全体で使用するカードの
枚数があらかじめ限定されているわけなので、4ランド全体を通して

一つの絵画が独占的に人気になることは無いので、自分が1ラウンドで
価値の出ない(人気の無いカード)をたくさん持っていても、後半を考えれば
決して損ではなく、むしろ、ラウンドごとに1番人気にならなくても3位あたりを

ちゃくちゃくと取るように仕向けていけば、最後には大もうけ・・・なんてわけです。

この面白さは一言では言い表せませんね。
是非プレーしてみる事をお薦めします。


では、今回はこの辺で・・・・


P.S

所沢北高校の演奏会の感想は後日・・・投稿します。
by buinnx | 2009-06-18 23:43 | まるひろ とボードゲーム | Comments(2)

ドミニオンとゴキブリポーカー

√だます

雨が続きますね。6時過ぎてくると毎日のように雨。
車椅子での移動はつらいところです。

近頃はバスケ車も故障してしまったので、その部品が届くまで暇に
なってしまいました。そんな訳で、時間を利用して今映画で話題と
なっている「天使と悪魔」を読んでみました。現在 中巻です。
「ダヴィンチ・コード」も本で読みましたが、著者の知識がすごいですね。
まだまだ「天使と悪魔」途中ですが、現在製作中の3作目も楽しみです。


さて、題目のボードゲームにうつりましょうか。

先日の土曜日に12時半から7時まで相変わらずバカな集まりをやってました。
今回は、前回盛況だったドミニオンを再びおこなったわけですが・・・


ドミニオンというゲームは
基本カードゲーム型のゲームです。
はじめ、皆同じ少ない領地とお金の手札からスタート
自分の山札から手札の5枚を引き、その中のカードで自分のターンに何を
するか?を考えていくゲームです。

始めは、自分のターンの手札にはお金しかないので、お金を使って
場に出ているおよそ16種類のカードの中からどれを購入するかを考えていきます。
購入したものは、自分の山札に入れていき、それを繰り返していく。

結果的に、山札が自分好みにチューンアップされていくわけです。

購入するカードは、自分を補助するものや、相手を邪魔するもの、さらに価値の
高いお金(変ですが、お金をお金で購入します)そして、最終的に勝利点となる
領地カードまであるわけですが、これをどの順番でどのタイミングで買っていく
かが本当に難しい。

私なんか、同僚のとっきーと昼休みにご飯をむしゃむしゃ食べながらあれやこれや
考えているバカぶり。その考えを今回試したわけですが、成功したもの、失敗したもと
いろいろあり、また考えさせられるわけです。

個人的に好きなカードは 「工房」 「金貸し」
でも、このカードばっかりに目を奪われて負ける事もしばしば・・・ 

一回のゲームとしての回転も速いので、盛り上りもいい感じ・・・・ですが。
前回少しおもたっのは、さすがに5時間くらいぶっ続けでやるには疲れるかも知れません。
一回が短いと、その間の感情の浮き沈みも激しく、盛り上がったら→終わる→また盛り上がる

という流れは、長時間はしんどいかも・・・ とおもってもいます。
総合的にみて、私はモダンアートがやっぱり好きかも。


ん~ それぞれの個性があるのでなんともいえませんが。



さて、次は「ゴキブリポーカー」

これは、相手が出してくるカードが
「ゴキブリ ハエ カエル クモ カメムシ サソリ コウモリ ネズミ」
のどれかを 勘と状況から当てていく ダウトのゲームです。

「これは ハエ です」
といって出されたカードに対して 
「はい これはハエです」
と答えるか
「いいえ これはハエではありません」
と答えるか選ぶわけですが、
どちらにせよ、間違えるとそのカードが自分のミスポイントとして自分の前に溜まって
ゆきます。
同じ種類のカードが4枚溜まるとその人の負け。

まあ、つまりは、出されたカードを見破れないと負けるゲームです。

やっていて思ったのは、難しいですが、意外に難しくないといった印象。
相手人間ですから、意外と状況に対してナンかしら考えを持った手を出してしまうもの
見たいです。

ですので、自分の状況、周りの状況、相手の状況を考えると・・・・・・
あれっ これは 嘘 いってるな・・・
といった勘が働いてくるみたいです。

いろんなメンバーとやってみたいですね。


まだ、やっていないゲームもありますので、それはそのうちコメントします。


P.S

明日は所沢北高校の演奏会ですね。
会社は早めに切り上げて聞きにいこ~っと☆
by buinnx | 2009-06-17 20:35 | まるひろ とボードゲーム | Comments(3)

雨ですね・・・あっ 公民館のエアコンが新しくなりました

√だます

先日のヴォイトレお疲れ様でした。
また、あゆ先生ありがとうございました。

個人的にも、結の団できにもヴォイトレの効果はかなり出ているきがします。
やっぱり、音楽的な理解と知識、そしてテクニックも当たり前ながら、
音を出すのは声って事ですよね。
声を二つの方向からアプローチすることが重要と改めて実感しました。

前回、横隔膜の張り方についてのレッスンがありましたが、改めて考えてみると
私のやり方は「下腹部を加圧することで結果的に横隔膜を張る」という方法
をとっている事を実感しました。
肺に入った空気の圧力を下の方に集中させることで、内臓方向に力を集中させ、
その力に耐えられず下腹部が出っ張る感じです。

先生のおなかの感触を確かめさせてもらいますと、下腹部よりも高い位置で
息が張れていて、下腹部は文字通りポンプのように吐き出す為の引き締まり
を持っているように感じました。

自分の方法と比べると、同じ横隔膜を張るでも、使える範囲がかなり広いような
印象です。自分のは、同じ肺でも下の方しか使えておらず、先生のは全体を
余すことなく使っている印象。

折角つかんだ印象なので、ヴォイトレの最中に試してみるものの、いままでの方法に
比べると、下腹部からくる反力に対して大変繊細な力加減が必要となり、ぶっちゃけ
「息が上がる」気がしました。

勝手な印象では、袋に入った水面を押す気分です。力を入れても水面は押せない・・・
けれど、押して水が入っている袋をめいいっぱい張る感じ・・・かな?

今までは、水面でなく、直接袋の下を押している感じかな・・・?
自分で印象を伝えようとしても、よく分かりません。
たぶん読んでも分からないでしょうね。

まあ、そんな感じで日々進んでいるわけです。
あんまり文章が長いと誰も見てくれないので、この辺で・・・(もう十分長いけど)

次回の練習が今から楽しみです。
では~
by buinnx | 2009-06-16 19:32 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(2)

錦城高校の演奏会

√だます

こんばんは。
先日は、近くのカフェバー えびすにて第2回ゲーム大会をしました。
前回に引き続き参加してくれたメンバー、新規に参加したメンバー
ともに楽しんでもらえたようなのでよかったです。

特に店の方は2回目とあってノリノリ。
本当は9時に終わる予定でしたが、半ば強制的に続けさせられて、
結局10時半に終了~

本当に楽しかったです。



さて、タイトルの通り、火曜日に錦城高校の定期演奏会に行ってきました。

場所はルネ小平
7時からでしたが、5分ほど押してスタート。

プログラムは・・・全部載せるのは面倒なので、ピックアップ

1部ラストに 「竹のように」  信長貴富 作曲 

2部に     「安里屋ユンタ」 松下耕  作曲  
        Cantique de Jean Racine  Gabrierl Faure 作曲 

4部に     みち1・3・6・7・8・9・12  寺島陸也 作曲

などがありました。
特に2部のCantique・・・ は所沢北高校も参加の大人数でやってましたので、
見ごたえがありました・・・ 見ごたえ。。。

そうなんですよね。 本番後、所沢北高校の先生と話していたのですが、
懸念されるのが、音量の無さ。
音や和音はなっているのに、客席まで単純に声を聞かせるパワーが全く無いのが
本当に残念。

なぜ声が届いてこないか?
先生の推測では、普段の練習で体を鍛えてないからでは?
という事でした。

合唱が好きで集まった部員は、その好きさと比例して運動が嫌いなようで・・・
走ったり、筋トレしたりが苦手なご様子。
ん~ でも、いい声を出すには体を鍛える事も重要な要素ですよね。
折角いい先生に曲の構成や、和音について学んでもそれを出す楽器をおろそかでは
最終的にいい音は出ないですよね。

本人達はそんなつもり無いと思いますが・・・ できれば練習前に2キロ走るか、縄跳び20分
をするだけでも変わると思うんです。単純に生活に対する体力という面だけでも、運動を
取り入れることを強くお薦めします。


P.S

結 次回は先生不在のためヴォイトレです。 スーペルの練習はしておきましょう~

P.S。P.S

近所の 麦 (MUJI)というパン屋に行ってきました。
手作りの釜の中を見せてもらいました。余熱が何日も残っている事に感動。
パンも(私はパウンドケーキが特においしかったです)本当に素敵でおいしかったです。
多分 HPがありますので、探してみてください。
by buinnx | 2009-06-10 22:39 | 合唱団”結”関係 | Comments(1)

スーペルは難しい

√だます

こんばんは。
今週は、疲れがたまっていたようで、ドミニオンのゲーム大会後は
起き上がる事も出来ないほど疲労こんぱい状態になっていました。

一緒にいたEMIさんに「一時間前と同じ人とは思えない・・・」なんていわれてました。
さすがに、毎週のようにバスケで遠出して、さらにその夜にボードゲームはハードでした。
でも、ドミニオン・・・ 前評判どおりに楽しいゲームでした。
何とか時間を作って、今月もう一回やりたいな~ でも、合宿と名古屋が控えてるから、
難しいな~



さて、練習報告です。

前回は、団員からいろんな連絡がある中の練習となりました。
家庭の事情やら仕事の事情やら・・・
でも、こんな時だから集中して練習やってきました!

いつもどおりの基礎練習では、ハイドンの曲を使ってハンドサインにレターサインと
続き、そして聞き取りに和音あてクイズ。。

相変わらず聞き取りは得意な私。
レターサインの得意な京子さん
ハンドサインは誰が得意なのかな?

ってな状況でやってました。
和音あてクイズは久しぶりだった気がします。
私はどーしてもこれは駄目。

長3和音 短3和音 減3和音 増3和音 さらに その転回系まで
和音から当てるわけですけど・・・・

減3和音は サスペンスな感じで
増3和音は 緊張した感じ    らしいですが・・・・ 私には、どれも一緒に聞こえる訳で。

ホント、こういうとき音楽の世界に入らなくて良かった~って思いますね。
「絶対止めろ」といってくれた音楽の伊藤先生に大感謝です。
もちろん、歌いながら和音構成がちゃんと分かるようになれば
自発的にハモらす事も出来るわけですから、勉強は続けますし、
分からないながらに、曲の最中、自分に入ってくる音楽の情報の増加量を考えれば
これまでの練習も意味も見えてくるってもんです。


発声という面では、ちょっとヴォイトレが空いたせいか、全体的に皆よくなかった気がします。
やっぱり定期的に(最低でも2週間に一回)ヴォイトレをしていると全然違うものですね。
<鮎か>先生に大感謝です。


曲はスーペルをしたわけですけど、・・・

これって、去年コンクールで歌った曲だったんですね・・・・・・・・
かなり下手になったのか?それとも、元々下手だったのか?
はじめはかなりひどいものでしたね。
特に後半は私もアップアップになる始末。

言い訳ですけど、この曲、なんか折角試合前にアップして温まった体を
ところどころにある休憩が体を冷やしていく感じで、全体を通して
それほど歌ってないのに、疲れ方は半端じゃない気がします。

ようは、休憩時間をどうつかって体を冷やさないようにするかがキーポイントなんでしょうけど、
まだまだ実験していかないときつそうです。


まー来週もこの曲なので、
もう少し、ましになるよう頑張りますわ。
by buinnx | 2009-06-01 21:43 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(3)