私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最近の練習で感じること~ドレミファソラシド~

部員エクース@就活中です。

最近の練習で感じていることをさらっと書いたのでこっちの
ブログにも転載しときます。


以下転載


最近合唱でやってる練習の話です。

一応曲を使った練習もしてるのですが、
メインの練習は音階練習っていうんですかね。

適当に調を決めてその調の中でこれまた適当に
歌うんです。もちろん適当に歌うと言っても
4度の練習とか、6度の練習とかある程度の
目標をもって音階を作ってますが。

ここで基本となるのがドレミファソラシドの
イメージですね。

普通の教育を受けてきた日本人ならたぶん
ドレミファソラシドの感覚があるんですよね。
俺ももちろんあります。
C全D全E半F全G全A全B半Cという音の並び(長調)を
精度の差があれこそ持ってるんです。
っていうことは適当に音を決めてドにすれば
そこからCDEFGABの並びで歌えるはずなんです。

そんな練習を最近やってます。

でも・・・
単純そうに見えてめちゃくちゃ難しいw

まず難敵が半音階w
ミとファの関係なんですが・・・たったそれだけなのに
半音階が入ると一気に難しくなる!!
ド~ソの間には半音階は一つです。
半音階が入ってると言ってもドからソは案外すんなり
取れるんです。5度の関係は歌いやすいですからね。
でも・・・・
「ファ」という音が入るととたんにムズイ!!
これは合唱やってる人ならわかると思うんですよね。

あと5度と減6度の関係もわかりづらいです。
まぁそんなこと言ってたら歌えないですがw

んで、こういう練習がすんなり出来る人は
「ドレミファソラシド」の音階がしっかり身についてる
人だと思うんです。昔っからピアノ弾いてるとかね。
ぶっちゃけ経験がモノを言うと思います(もち才能も)。

俺なんか音楽の授業適当にやってましたし、ドレミファソラシドに
触れ合う機会の絶対数が少ないから大変ですわw

感覚的には九九みたいなもんだと思います。
程度の差があれみんな計算できるものなんです。
ド→ソは九九で言えば5×5で、難しいやつは
8×7とか7×8とか一瞬迷うやつです。
さらにいうとドミソの和音とかも二桁の掛け算みたいな
もんで、セブンスとかは難しい二桁の掛け算って感じです。

和音が頭のなかでイメージできるようになるにはとにかく
聞かないとだめなんだと思います。ひたすら反復。
1回聞いただけでイメージできるわけが無いですから。

楽譜みただけでどんな音が鳴り、曲のイメージが
沸くようになるには・・・w


俺はとりあえず、和音の中での自分の役割を把握する
ことを目標にしたいと思います。
ドミソでミなら低め、みたいな。というか根音から
何度離れているか、隣のパートと何度離れているのか、
などを意識していきたいですね。
合唱やってるひとならわかると思うんですけど、
自分とオクターブのパートを探して、それを意識
するだけでかなり歌いやすくなるんですよね。

こういう基本的なことが出来るようになって、
それでいていい発声で歌えばかなりいい音楽が
できると思うんですよね~~。

まぁ、まだまだ先は長いですがw

意識するだけで違うはずです。

これからも頑張っていきますわ!!
by buinnx | 2009-03-30 23:03 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(1)

今月の合宿が終わりました

√だます

もちろん仕事直前に書いてます。

土日はバスケの合宿だったわけですが、
そのため手を握るのもつらい状況でPCを打ってます。

選手権(5月)に向けて、毎週のように試合か合宿があるわけですが、
何とかベスト4に入れるようにがんばります。


^^^^^^^^^^^
上記の文章は時間がなかったので、すんどまりになってしまいました。
スミマセン


やっと車椅子バスケも一年と3ヶ月ほどになりましたが、
すこしだけ、バスケットというスポーツを理解できてきたのか
チームメイトとの話もコーチの言っている内容もずいぶん理解できてきたのが
まいどのことながらうれしい限りです。そうやって少しづつ深いところで
話し合えるようになって、最終的にはチーム全体がコーチのバスケを
理解できるまで行きたいですね。

ちなみに、足の状態も、どんどんよくなるのはあいかわらず。
比例するようにプレースタイルもどんどん変化していけるの
で苦しみながらも楽しいバスケをつづけています。
まさか、ここまで回復するとは思っていませんでした。
どこまでか?は、内緒。。。

今後のバスケ予定
5月の選手権ではベスト4目指して
7月のジュニア選手権では優勝をめざして
9月(10月)の関東選抜に選ばれるように

まだまだいろいろと難しいですが、がんばっている次第です。


課題がいっぱいですが、あせらずあせらずに。
29歳になるまでにはJANEXに入りたいな。


・・・・・結局へんな投稿になちゃったな。
by buinnx | 2009-03-30 08:14 | まるひろ と車椅子バスケ | Comments(1)

20日の練習報告

√だます

仕事が始まる直前のひとときに書いてます。

先日の練習では、欠席者が目立ったため、
エチュードもやりましたが個人的には後半の

ハンドサイン
レターサイン

の練習がメインとなりました。
それにちょっと 和音あてクイズをおこなったわけです。

ハンドサインの方は、団員に浸透したようで皆かなりいい感覚で
出されたサインに従い曲を歌えるようになりましたね。さらには、
大体次にこれがくるかな?といった予想も出来るようになってきました。

私も、大体うたいながら3度と5度くらいは次の音として想像して
対応できるようになってきたのは、自分でうれしいです。


逆にレターサインはまだまだですね。
ハンドサインの中にある音の高さの情報が無いので、書かれるだけだと
音のイメージが甘くなる。
正直、久しぶりだったののであんなにハンドサインとの差があらわれるとは
思いませんでしたね。新しい発見で楽しかったです。

最後に、和音あてクイズ
相変わらず、私はこれが苦手です。
さわっちが意外にも得意なのが本当にびっくりしました。
負けてたまるか~


人数も少なかったので、一人ひとりの声が聞けましたが、
ひらめの声があんなに良くなっている事にもびっくりしました


では、お仕事がんばります
by buinnx | 2009-03-24 08:18 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(1)

シルクドソレイユを見てきました

√だます

話題のシルクドソレイユのZEDをみてきました。
障害者割引もばっちり聞かせて、二人で大体4割引くらいで見てきました。

いや~すごかったです!
決してシルクドソレイユの宣伝部長でも 「も~〇」でもありませんが、
人間の限界を超えてますね。

はじまりから、終わりまで決して飽きることなく、手に背中に汗が流れるほど
緊張感のある演目がつぎつぎと進み、「人ってあそこまでいけるんだ。」
と突きつけられました。
本当に自分の目標としている事の小ささ
鍛え抜くことに対しての甘さを痛感しました。
あまりにも、自分のやっている事の
甘さ、ねじ込む力の弱さ、ばかばかしさなど感じました。

そして、何もしらない観衆をとにかく納得させるためには、
”あそこまでやらないといけない”ということも知り、
エンターテイメントとしての合唱の排他的な考えは、やっぱり間違っていると
思わざるをえなくなりました。

音楽にも、何も知らない観衆を”こっち向け!”と引っ張る力があるはずだと。

芸術をしている人には、
決して排他的にならずに、厳しく突き詰めていってほしいです。
f0112574_2236142.jpg

by buinnx | 2009-03-22 22:35 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

アンジェリカの演奏会に行ってきました

√だます

こんばんは。
どーにも今日はおなかの調子が悪いと思っていたら、
どんどんだるくなり、のども痛くなり、頭もボーっとしてきてしまいました。

風邪のようです。

それでも、用事があったので定時後それを済ませてやっと帰宅。
胸が痛いです。


まあ、それはとりあえずおいといて、題目の内容です。
いってきました。

耕さんが急遽振る事ができなくなったため、浅見佳奈子と蟹江はるかさんで
おこなった演奏会でしたが、(きっと団員はいろいろと大変な中での演奏会になってしまった
のではないでしょうか)演奏会の”でき”としては大変楽しかったです。

全曲初演の演奏会にしては
かなりまとまった印象を受けたステージでした。
個人的には、Kostiainenの”Veni,Amica mea”と
Cayabyabの”Salve Regina”は、女声の曲ですが自分も歌ってみたい
と思わせる曲でした。

ほかにも、福士 則夫さんが作曲した”BREZZAD' UMBRIA”は聞いていて
楽しかったですが・・・・・
後ほど解説やら歌詞やらを見てびっくり・・・ この曲単語の羅列だったんですね。
え~っと 解説にはこう書かれています
「・・・この作品を急に思い立ったわけで手元に詩集などテキストになるような物がなく
、持ち合わせていたトラベル会話帳の辞書を利用し例えば「駅」という単語の場合、
スティション(英)、スタシィオン(仏)、・・・という具合に旅で使用する4ヶ国語からなる
言語をテキストとして利用しました。」
ということです。まあ、聴く分にはいいですけど、歌う側は大変かも・・・?
あっ でも、私なんかは外国語の曲はなんでも、発音を丸暗記なので関係ないかも知れませんね。


耕さんの”Salvum me fac Deus”は、OGも入ったせいか
迫力と音圧が段違いで、ものすごかったです。
聴いていて、耳元がびりびりしました。
(演奏した方も、歌っていてびりびりしていたみたいです。)
相変わらず難しそうな曲でしたが(苦笑)、再演をしてくれるなら是非聴きにいきたいです。

最後、アンコールの2曲はずるいです。
目頭が熱くなりました。

ずうずうしくも打ち上げに参加させていただきましたが、
アンジェリカはいい合唱団だとつくづく感じましたね。
勝手に応援しています。



P.S

花見情報
天覧山の花はまだつぼみでした。
by buinnx | 2009-03-17 21:09 | 合唱団”結”関係 | Comments(4)

ヴォイトレと明日のアンジェリカ演奏会

√だます

こんばんは。
近頃は、市民体育館でトレーニングを始めました。
今日も、練習中に破裂したタイヤのチューブ交換とトレーニングをしてきた
わけですけど、さすがに帰りの車のハンドルがつらかったです。


さて、先日の火曜日は亜先生のヴォイトレに参加していました。
参加者6人とまあまあななか、声の出し方より横隔膜の感じ方云々を
やってもらいました。
横隔膜云々は歌の基本ですが、何年やっても見えないから これでいいのかな?
って思いがぬぐえません。
それに、横隔膜云々といいますが、本当に確認できるわけではないので、
もしかしたら、使ってないのかも? なんて意地悪な思いも浮かびます。

とりあえず、さわっちの報告から引用すると
「ストローを吸うように軽くいきを吸いながら力を抜くと、みぞおちのところにビニール
(袋)に水を入れて下から押した時のような「溜まり」ができる。
これが唄う時の支えなんだそうです」
「これを膨らませも、凹ませもしないように遠くに息を飛ばす・・・・」

といった感じで横隔膜との意思疎通をはかっているわけです。
とりわけ、亜先生が注意を払っているのが、横隔膜を使いながら、
みぞおちから上は力を抜き、声が響くようにすることの意識を注意されますね。

練習中、歌いながら意識するのは難しいといった意見もありましたが、
人間体で覚えればできるようになるもんですから、覚えるまでがんばりましょう。


1時間30分のヴォイトレはメニューとして長いようで、
次回からは、エチュードも取り入れてやるみたいです。
特に、直前の練習でやったエチュードの内容はちゃんと歌えるようにしておいた
方が無難ですよ。


P.S
明日は、国立音楽大学 アンジェリカの演奏会です。
全ステージ 初演とブルジョワな演奏会ですね。楽しみです。

P.S.P.S
せっかく都心に電車で行くので、高円寺にでもよっていこうかな???

P.S.P.S.P.S
日曜は夢の島で 車椅子バスケ  東京カップに参加してきます。

P.S.P.S.P.S.P.S
花見の参加人数結構集まりそうです。
詳しくは、関係者にメーリスで流します(とっきーも何故か関係者?)
by buinnx | 2009-03-13 22:21 | 合唱団”結”関係 | Comments(3)

練習報告

√だます

こまったことにPCがクラッシュしました。
なので、一応ずっと考えていた俗にいうインターネットPCを購入しました。

PCを直すまでは、これで対応します。


さて、練習報告ですが、とうとうエチュード3巻の終わりも近づき・・・
1巻に戻ろうかと思います。
二週目になり、どんな変化が見られるのか今から楽しみです。

次回の練習までに、移動ドをあらかじめふって参加してくださいね。
多分、移動ドを書く時間はありませんから。

それにしても、FURUKAWAさんが早く定期的に参加できるようになってほしい
です。やっぱり男性が一人増えると本当に違って楽しい!
金曜が休みになるように、がんばってください。
それがわからないと曲もね・・・・・ 


さらに、先日の土曜にはヴォイストレーニングも行われましたね。
参加できた人にはラッキーなことに、両先生が参加したヴォイトレでしたので
時間に無駄のないいい練習になったのではないでしょうか?
(ひらめさん 練習報告ありがとうございました。)


P.S

私はというと、さすがに5月に選手権なので、あまり練習もやすめず
ボールを追っている日々であります。

あと、4月4日に花見しませんか?
できれば、その後みんなで曲決め。 だめかな?
by buinnx | 2009-03-08 20:56 | 合唱団”結”関係 | Comments(4)