私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

座学~純正律と平均律その2~

続いて平均律についてです。
スミマセン、ソとミの色と線が逆になってしまいました。
まぁ波形を見ればわかると思います。

(平均律の画像はここをクリック→平均律

まず画像を見てもらえればわかると思いますが
横軸が1の時にちょっびとミがずれているのが
見てとれると思います。ドとソはほぼ一致しています。

つまり、平均律はハモリにくい、というか平均律で調律
してあるピアノで音取りをするとき、ほんの少しだけ人間側で
高さ調整するといい感じにハモルんです。(たぶんこの表現でわかるはず)

エクセル上の横軸が0の時の値を見ると、
ドは10^-15でほぼゼロ
ミは-0.12
ソは-0.021
となっています。
ちなみに純正律のときの値は
ドは10^-15
ミは10^-14
ソは10^-14
とほど全部ゼロとなっています。

平均律は思った以上に差がありましたがミスの可能性もあるので
数字で出してますけどあくまで定性的にということで。

とまぁエクセルで平均律と純正律の違いを示してみました。
わかりますかね?

ちなみに、エクセルでは波の合成などいろいろな遊びができるので
暇なひとはいろいろやってみても面白いかも知れません。
倍音がなんで鳴るのかなどは合成(重ね合わせ)してみて、
発生する音の波形をみればわかりますよ。もちろんどの音が
聞こえるかなど判別することができます。

個人的にはこんな感じで理論を理解するのは非常に大切なことだと
思っています。なんで音と音が重なり合ってハモルのか、など理解すると
成長が早いかと思います。

まぁ楽譜みてすぐに歌えるような人間ではないので精一杯の
努力ですね。

ではでは。

あ、間違ってたりしたら指摘してください。
by buinnx | 2008-12-13 16:45 | 合唱団”結”関係 | Comments(4)

座学~純正律と平均律~

昨日の合唱で音楽の座学を行いました。

内容は基礎の基礎(たぶん)で、純正律と平均律の
違いを中心に行いました。

まぁ簡単に説明しますと、平均律は1オクターブを12等分したもので
純正律はドを2としたとき、ソが3になるように分けたものです。
詳しくは自分調べてください。

で、エクセルで作ってみました。(純正律の画像はここをクリック→純正律

画像見ながら読んでください。
純正律の方はドが二周期するときにソが二回、ミが一回X軸が0のとき
ぴったり重なっています。これがハモッてるという意味です。つまり、ドと
ハモリ易い音はソ→ミという順番になります。これはみなさん経験的に
わかっているかと思われます。

このグラフは横軸を100個刻んだもので、1の時のドミソのずれは10^-15と
なっています。まぁほぼ無いってってことです。

ちなみに一番ハモリ易いのはオクターブ上の音です。
ドが2のとき4、まぁ1:2の関係ですね。
ドとソだと2:3、ドとミだと4:5になります。
つまりハモリ易い音は簡単な整数比になっているということになります。
これが純正律の特徴と言えると思います。

では次の記事で平均律について説明します。
by buinnx | 2008-12-13 16:34 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(0)

飯能市合唱祭2008を振り返る

どうも部員エクース@toyo-uniです。
簡単に振り返りつつ、今後の目標を書いてみようと思います。

まぁ振り返るというかまぁ配布された音源を
聞いただけなんですけどねw

とりあえず俺が一番不安だった部分、言い換えると
苦手な部分ですが、見事にピアノに隠れてましたw
よかったバレテないですwたぶんねw

「泣けばいい」はなかなか雰囲気出ててよかったんじゃないかと
思いますね~。渋い音楽というか、カッコいい音楽ですね。
「信じる」も大きな事故もなく終わっている気がします。
改めて聞くといいメロディーですねホント。個人的にはユニゾンの
多い曲は好きです。合わせやすいし、一緒に歌ってるんで楽しいですから♪
前半メロディのテナーとソプのユニゾンが意外と決まってて
一安心です。

さて
録音した音を聞くことで発見することがかなり
あるので、団員のみなさんは必ず聞くことをお勧めします。
具体的に言うと和音の完成度や構成がおぼろげに見えてくると
でもいいますか。当然必ず決めなければイケない和音に注目
することはもちろんですが、流れの中になる一瞬だけ響く和音も
見逃してはいけないと思います。

作曲者は決めの和音にいく過程の中で勢いをつけて行くと勝手に
解釈してるんですが、その勢いは流れの中の和音で推進力を作り
出すはずです。なのでやっぱ丁寧に和音を作ってく必要がありますね~。
まぁまだまだ程遠いわけですがw

さて音源を聞いてて思ったんですが・・・

俺の声がそんなに聞こえねぇ・・・・w
見事に相方・さわっちと混ざって一つの声であるかのように
聞こえます!これはなかなかすごいのではないかとw

まぁ個人的にはもっと自分の声が聞こえると思ってたんですが・・・w

合唱的に見れば混ざってて(声の方向性が似てる)正解なんですがね。
方向性、すなわち声の質をパート内、そして各パートごと揃えていき、
最終的に一人が音域の違う音を出してハーモニーを作りだす!!ように
聞こえる。

これが目標ですね。

そのためには発声法が大切になってくるわけです。

そう!!

いま結で目下取組中のボイストレーニングですよ!!w

みんなの発声が安定することによって完成度が高くなることは
間違いありません!!

頑張りましょう!!

以上音源を聞いての感想でした

ではでは
by buinnx | 2008-12-01 13:56 | 合唱団”結”関係 | Comments(2)