私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ と車椅子( 452 )

新しいアイロン台

まるひろ

ある日の事。

妻がいきなり言ったんです。
妻「アイロン台、替えない?」
ま「( ゚Д゚)は? アイロン台を、替える?買い替えるってこと?」

妻「だって、あのアイロン台ぼこぼこでしょ?」
ま「”でしょ?”って、毎日使っているのは私で、
  別に今のところ何も困ってないけれど???」

妻「あのね・・・・」
と、見せてくれたのは”通販生活”。

そこにこう書いてあるんですよ。
「アイロン台を替えただけで、アイロンが上手くなる」

ま「・・・(._.)いやーなんかわかる気もするけれど、
  本当に不都合は感じてないし~
  Yシャツも最低限、綺麗にできているつもりだし・・・・
  ハンカチとか、妻のシャツとかにアイロンかける時も、
  一応綺麗にできている、、、つもりなんだけど・・・・
  
  ど~・・・・・

  ・・・・・・・(._.)
  

  まあ、ちょっと・・・・ガタガタするよね。。。

  まあ、そういえば・・・・・あまり念入りにかけると、
  そのボコボコの所の形通りに仕上がってるな~なんて・・・

  それに、そーいえば・・・・・ ちょーっと何かのインクが
  垂れたのか、下手にかけると色がついちゃうゾーンがあるんだよね~


  ・・・・・・・替えましょう。( ゚Д゚)」


ってな訳で、やってきました新!アイロン台!
大きな箱が届くや否や、群がる娘達。
そんな二人と、あーだこーだやりつつ開けてみると。。。。
f0112574_21122472.jpg
3人で、「おー( ゚Д゚) フカフカする~~~」
と、ひとしきり感動(^◇^)な感覚、触感☆

娘達も感動したのか、それともただ単純に新しもの好きな
だけなのか「アイロンかけたい!かけたい!!」というので、
3人で私のYシャツにアイロンをかけてみました! すると、、、、


(._.) 慣れ、、、かなぁ~ 個人的には以前の方が
やりやすいような気もしたのですが、それでもまあ
別にダメなわけでは決してないので、取りあえず
使ってみようとしていると・・・・・・・

気がついたのです!!!

( ゚Д゚) こ、このアイロン台! 
本を読むのにぴったりだ!!!
f0112574_21123612.jpg
上記の写真のように、このクッション性が
本を立てかけるのにピッタリ!!!

適度な角度で保ってくれる優れもの!

さらに!!!!
それだけじゃない!

本を読み疲れたなら、そのまま倒れ込むと極楽!
f0112574_21124435.jpg
適度な高さ、フカフカさが疲れた心も脳もしっかりと癒してくれます!


・・・・・新しいアイロン台でした(-_-;)

by buinnX | 2017-10-29 21:58 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

”熱い”と一言でいっても・・・・ 犯人は鍋の蓋

まるひろ

さて、話はひび割れたキッチンです。

”~神田山陽風~”
新築時はすてきな真っ白、システムキッチン。
しかし、その実、熱に弱いの人工大理石。
でもね、熱さに弱いったって、ここはキッチン、火の元近く。
炎の温度は、大体300~1600℃(知恵袋より)。

とはいえ、やっぱりキッチンなんだから、何か鍋の底に敷けば
大丈夫でしょ?と思っていたのですが、所がどっこい、広がる傷跡。
これは熱か?応力か?割れた原因を探る間もなく、
まもなくキッチン真っ二つ。

あ~こまったこまったお願い助けてタカラさん。
こんなとき、どーしたらいいでしょ~っか!

・・・・・・

という訳で、広がってしまったヒビです。

取りあえず、もう一度タカラさんに連絡をとると

タ「ヒビの状態は変わってませんか?(-_-)」

との質問が、まあ当然やってきまして・・・

ま「え~っと、ちょ~~っと広がったかな~~(-_-;)」
タ「どのくらいですか?(-_-)」
ま「ちょ~~~っと(-_-;)」
タ「写真を送ってください(-_-)」
ま「・・・・・はい・・・・(-_-;)」

後日・・・・

タ「修理に5万円くらいですね。(-_-)」

2万上がっとる!( ゚Д゚)
でも、まあ、確かに仕方ないよね・・・・
このままだと、キッチン真っ二つだし(多分)。

ま「お願いします(>_<)」

・・・・・そんな訳で、
業者の方に来てもらい直してもらう手はずは整いました。
この後は、妻から聞いた話なのですが・・・

妻「あのね。井上雄彦さんの”リアル”に出てくる野宮君
  みたいな人が来てくれたよ。」
ま「”リアル”って、あの車椅子漫画の?
  あの、本人は色々から回りしてるんだけれど、
  けれど、周りの人は自然と救われていく、野宮君?」

妻「うん、そう。見た目も高校生から年齢が上に見られていたみたいだし、
  それになんでも、野宮くん(仮)は喘息があってお父さんがタバコをやめたのに、
  自分がタバコを吸って、お医者さんに”親父がお前のためにタバコを
  辞めたのに、お前が吸ってどうする!!”って怒られたらしくって・・・」
ま「なんだろう、そのエピソードなんだか泣けるね。野宮君ぽいし・・・
  って、それはいいとして、キッチンはどうなったの?」

妻「うん、キレーに治ったよ。粉もあまり広がらないように上手に
  やってくれたよ☆(^◇^)」
ま「さすがプロだね~」

妻「んで、やっぱり”熱いものはダメ”って言われた。」
ま「熱いってどのくらいなの?」

妻「なんでも、鍋つかみの布を敷いたくらいじゃダメなんだって。」
ま「え? ダメなの?」

妻「素手で触れない暑さはNGなんだって」
ま「火の近くなのに?!」

妻「うん。極めつけは、彼も5件目で分かったらしいんだけれど・・・・
  たまに、洗面所の人工大理石が割れる方がいるらしくてね、
  なんでかな~っておもってたら、自分が使っていたヘヤーアイロン(?)
  を置いたら”割れた”って人がいたらしくて・・・・」
ま「そのレベルでNGなの!?」

妻「そうみたい・・・・んで、私も気をつけていたつもりだったから
  そのレベルで何か熱いもの置いたかな~って考えてたら・・・」
ま「何が思いついた?」

妻「蓋。」
ま「ふた?」

妻「そう、鍋の蓋・・・」
ま「・・・・・ジーザス( ゚Д゚)」
f0112574_20524872.jpg
※キッチンは綺麗に治りました。野宮くん(仮)ありがとうございます。

by buinnX | 2017-09-19 23:51 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

”熱い”と一言でいっても・・・・

まるひろ

始めは30cmくらいだったんです。

なんの事かと申しますと、それは、
わが家の人工大理石で出来たキッチンの事で、
かれこれ入居してから10年以上もたっていますから、
まあ色々と疲れが出て来ています。

つまり、今まさに、マンションの大規模修繕とか
そういった話題が目白押しな時期です。

大規模修繕の話題は、マンション住人からすると家外の話題ですが、
家の中でも水道の水漏れとか、ウォシュレットの交換とか、
ちょこちょこやってきました。

しかし、実は、それとは別に見て見ぬふりをしていた問題があるんです。
それは、これ↓
f0112574_21110911.jpg
先にも書きましたが、キッチンの人工大理石の割れです。

始めは小さなヒビだったのですが、徐々に大きくなり、
30cmくらいの長さになったころ・・・
「これ、やばいんじゃね?(-_-;)」的な危機感を覚え、
”困った時のスーパーDIY・親父”に相談しましたところ・・・

親父「あ~ 調べたんだけど、あれは素人には無理!
   割れたところを削って、埋めるんだけど、削る時に
   粉がメッチャでるみたい。俺には綺麗にできないよ。」

という事で、私も調べてみますと、、、確かに舞っている粉が
凄そうな写真が出てきまして・・・納得(-_-)。

そのついでに、人工大理石の割れを修復する業者のHPなどを見てみると
どうやらこの割れを直すのにかかる費用は3万円ほど・・・・はうっ(-_-;)
予想はしていましたが、実際に金額を見ると凹みます。

さらに、販売元のタカラスタンダードへ連絡を取ってみると、
やはり金額は3万・・・・はうっ(-_-;) 
(これ、絶対に同じ業者だと思います。)

さらに、妻の知り合いの方が、たまたまうちに来てくれた時に、
ヒビを見て、、、「ああ、うちも直したのよ~ 結構かかったのよね。」

・・・という事で、つまり金額的には仕方なしなようで。。。
はあ(-_-;)

ならせめてこの状態でも、もう少し長く使えないかな~
なんて考えていたところ、思いだしたんです。

業者さんも、販売元も、妻の知り合いも、一様に言うには、、、、

業者&販売元&知り合い
「(-_-)熱いものを、置くのはNG」

との事を!!!!!( ゚Д゚)

これだ! 私のテキトー心に従えば、ヒビの応力集中とか色々あるけれど、
まあ、気をつけて熱いものを置かなければ大丈夫なのかな~・・・
ということだ!

と思い。

熱いものを置かないように、と妻にも周知し、
気をつけて使っていたところ・・・・

1年後。。。。。
f0112574_20524295.jpg
ヒビが、80cmを超えました( ゚Д゚)!!!!!

写真では分かりにくいですが、完全に端まで到達しています!
ヤバいです!割れます!キッチンが割れます! 

もし、このまま、この上でカボチャとかを切ったひにゃ
キッチンがまるで空手の瓦割りのように真っ二つです。

真っ二つの瞬間は、結構、絵と話題と笑いにはなるけれど、
その後からのご飯が作れません!

まずいです!のっぴきならない状態です!
さすがに、やばいので、もう一度タカラスタンダードさんに連絡!!!

すると、以前の担当者さんは移動されたいたのですが、
やり取りは記録されていたようで、次の方にもすぐに
話は通じましたが、そんな彼が一言。。。。


タカラ「熱いものは、置くのはNGですよ(-_-)」


( ゚Д゚)・・・・・・ま、またか。。。
・・・・・(-_-;) き、気をつけてたんです!
これでも!!!!。。。。

ってか! 熱いって、どのくらいなの????
キッチンなんだから、、、、火の近くなんだから、、、、

( ゚Д゚)熱いって!? どのくらいなんだよぉぉぉぉぉぉ・・・



答えは次回へ・・・・・つづく。

by buinnX | 2017-09-17 21:42 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

どなたか、私の官足法を受けてみます?(笑)

まるひろ

アゲハ蝶の投稿を待ちわびていらっしゃる皆さま。

大変長らくお待たせしております。
一応、妻aは続きを書こうと努力しておりますが、
正確を期すために、当時アゲハを育てるのに
使っていた資料をもう一度手元に戻してから続きを
書くつもりなのだそうです。

申し訳ないのですが、もうしばらく私の他愛もない
話にお付き合いください。。。


さて、暑いです。
雨の降らない梅雨を過ごし、
暑くない7月後半から8月の頭を過ごし、
「ああ、このまま今年は涼しいのかな?」
なんて期待した私がおろかでした。

暑いです。
連日暑いです。

しかし、自分でも不思議なことに、今年は
「夏バテしてるな・・・・」的な感覚に襲われておりません。
はて?なんでだろうと考えていると、思い当たったのがこれ!
f0112574_22283014.jpg
イワユル「足裏マッサージ」の元祖である”官足法”です!

お菓子担当のRちゃんから借りている本にも関わらず、
じーっくり読んで、毎日毎日毎日足裏をもんでます。

朝起きたら、布団の上で”官足法”!
娘達とお絵かきしながらも、片手は”官足法”!
お風呂の中でも”官足法”!
もちろん、新聞読みながらも・・・・”官足法”!

さらに本には、「痛いほどいい」と嘘かほんとか書いてあるので、
一応、書いてある通りに、、、、、

( ゚Д゚)うりゃ~~~~~~~おせ~~~~
(>_<)うぎゃ~~~~しぬ~~~~
( ゚Д゚)いや大丈夫! マッサージでしんだりしない!
(>_<)いや!でも、そこはまずいでしょ~~~~
( ゚Д゚)腸だ! 脳だ! 膀胱だ! 押せ押せしこりをつぶせ~~~
(>_<)ぎぃぃぃぃやああああああああ・・・・・あっ(o|o)

(^◇^)すっきり~☆

ってな、一人漫才を毎回やっております。

そんな、姿を見た妹ムスメ。
近寄ってきて、本を見て、、、、
f0112574_22284095.jpg
妹「このひぃと。 なんで、びっくりしてるのぉ?」
ま「(-_-;)いや、びっくりしてるんじゃなくて痛がってるんだよ」
妹「(-_-)ふ~ん。」

この後から、娘二人に「私もマッサージして!」とせがまれるようになりました。

(-_-;)君たちの足は・・・・柔らかいよ。大丈夫!

by buinnX | 2017-08-26 21:59 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

噴いたらおしまいだけど、「拭いたら」とは考えてなかった

まるひろ

ヤカンに水が入っています。
私は、食器を洗っています。

というか、ぷくぷく音がしているので、既にお湯です。
プクプクプクプクプク・・・・
ブクプクブクプクブクブクブクブク・・・・

音からして、沸いたようなので、
お湯を必要としているとおもわれる、妻に声を掛けました。。。

(._.)「お湯沸いたみたいだから、火をとめていい?」
f0112574_21413500.jpg
洗面所にいる妻が答えます。
「ううん。 そのままでいい~」

(._.)? ふしぎです。
水の沸点は、平地なら100度で、それ以上にはなりません。
後は気体になるだけです。

もしかしたら、なにか聞こえなかったのかも知れないので、
もう一度聞いてみました。

(._.)「・・・・・おーゆー・・・わ・い・た・よー」

妻「そのままでいいよ~」

(._.)「・・・・・・?」
 
そうこうしていると、お湯が完全に沸騰して、
ヤカンの口から噴いてきました。
f0112574_21414381.jpg
(._.)「・・・・お湯・・・・噴いてるけれど・・・・
   火・・・・止めなくていいの?」

妻「いいのー」

何故?( ゚Д゚)

・ヤカンのお湯は、沸騰している。
・お湯は、沸騰以上になっても温度は上がらない。
・一時期、白湯で、数分間沸騰させることをしていたけれど、
 近頃やってないしなー

ああ、また噴いてます。
いいのかな~ なんだか水とか、ガスとか色々と
勿体ない気がするけれど・・・・いいのかな~

と思っていると、妻がキッチンに帰ってきました。

つまみを掴んで、”ガッチャン(._.)”
火をやっと止めました。

ヤカンは沸騰。
ヤカンの口の下にはお湯が溜まってます。

妻「あのね、この量の水をヤカンに入れて、沸騰させると、
  これくらいこぼれるの。
  んで、このこぼれた熱湯を使って、そのままコンロの周りを
  ふくと~~~

  ほーらきれー(^◇^)

  ”噴いたら”それでおしまいにすると、効率的~~~( *´艸`)」

(._.)「こ・・・・効率的?(-_-;)」

・・・・・何だろう
・・・・何か腑に落ちない気がするのは、なんでだろう?

その後、妻は自身満々に嬉し楽しそうに
”噴いたら(拭いたら)おしまい” ”噴いたら(拭いたら)おしまい”
と連呼しておりました。


by buinnX | 2017-08-11 22:41 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

”テレレレ~テ~レ~テッテレ~” 包丁の研ぎレベルが3に上がった・・・・気がする。

まるひろ

相変わらず、包丁磨いでます。

そして、レベルアップの為には取りあえず数や!
とばかりに、わが家のみならず、Rちゃんの包丁
はたまた、Rちゃんのお母さまの包丁まで磨いで
おりましたところ、ある日言われたのです。

R「あのー 包丁はよく切れるんですけれど、
  なんか、刃が流れるんですよね。。。」

えーっと、Rちゃんが言わんとしたことは、
パンなどを切っていると、真っ直ぐ下に切れない
という事らしく・・・・

そして、同時期に妻も同じことを言っており・・・・

つまり・・・・(^▽^;) 私のせいです・・・・


その後、”なんで刃が横に流れるのか”に対して、
色々と仮説を立て、検証し、納得がいった解決策がこちら!

>>>>>>>>>>>>>>>>

え~、この包丁を磨ぎます。
f0112574_23365871.jpg
まず、刃こぼれなどが無いかと、現在の切れ味を確認。

そして、、、刃の根本から切っ先の頂点を作っている
左右の面の折れ始めを確認します。。。
f0112574_23370858.jpg
ん、この刃は一応調整した後なので、写真上での矢印の高さは
大体一緒です。
刃こぼれはありませんが、自分の爪に刃を立てても、滑っていく状態です。

さーって、それを左面から磨いでいきます。
f0112574_23371432.jpg
磨ぐ順番は、右からでも左からでも、どちらでもいいのですが、
個人的に左の方が苦手なので、右面で調整しやすい為こちらから・・・

ジャーコ ジャーコ ジャーコ ジャーコ ・・・・

取りあえず、バリ(カエリ)が出る程度に磨ぎました。
磨いだ面を根本からみると・・・・
f0112574_23372097.jpg
こんな感じ。
右の面の折れ始めが下に下がっています。

この状態で、左面を”バリだけ”取る分だけ磨ぐと・・・・
Rちゃんや妻が困ってしまった”真っ直ぐに切れない包丁”になるんですね。

なので、ここから左右の矢印の位置が合うように左面も磨いでいき・・・
f0112574_23372724.jpg
こんな感じ。
仕上げに細目の砥石で表面をさらって・・・・
f0112574_23373485.jpg
出来上がり。
まだまだ”どんな角度”がいいのか?や
”どの位置でも切れ味が同じ”ようにするには
経験不足を感じますが、取りあえず曲がる事は
無くなったようです。

レベル4を目指してがんばります。

by buinnX | 2017-06-20 23:39 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

このループを抜け出すのに、1年かかりました。

まるひろ

えー こんな調子でなんとなーくブログを書いておりますと、
「えっ あれから1年もたったの?」なんて自分の事なのに
自分でびっくりする事があります。

包丁の砥石の事です。

以前”包丁磨いでます”を投稿したのが2015年11月16日。
つまり、それから1年が経ったということに先ほど気がつきました!
ちょっと嬉しいです。

ちなみに、なぜそんな砥石の事を再確認したのかといいますと、
実はそんな1年間の間に砥石の面直し用の砥石も
買いそろえておりました。

けれど、色々と右往左往しまして、それがやっと解決したので
それまでの経緯というか、私の小さな苦悩を読んでいただけたらと
思い投稿いたしました。では以下よりどうぞ。


砥石って、どうしても真ん中の方が減りやすいので、
徐々に反り返っていくんです。ですので、この面直しで
砥石の反りを直すんですが・・・・
f0112574_22274065.jpg
写真の真ん中の大きな溝があるのがソレ。
ね~ なんだかゴリゴリと砥石を綺麗にしてくれそうでしょ~

そんな訳で、早速砥石を置いて、面直しを持って~~~
うりゃ~~~(/・ω・)/ ごーり ごーり ごーり ごーり
f0112574_22274777.jpg
するとですよ~ 砥石の反りが・・・・・・直ってない・・・・

オカシイ。

”面直し”って言うくらいなんだから、砥石の面を直してくれなきゃオカシイ。
しかも、購入したAmazonのでも”はやく買っておけばよかった”的なコメント
があったんだから、あっっという間に治らないとオカシイ!

よーし、気を取り直してもう一度!

ごーり ごーり ごーり ごーり・・・・・

これはあれか。
私の目がおかしいのか?
反りが残っているように見えるけれど、
実はそれが間違いで、いつの間にか私の目は直線が分からなくなったのか?
いやいや、平らなところに置いてみよう。
そっているなら、隙間ができるはず・・・ あるよ。隙間あるよ。

じゃあなにかい?
平らなところに置いて見えてくるこの隙間も間違いなのかい?

あれ? でも、細目の砥石は一応平らになってる・・・
あれ~ もしかして、この面直しは細目専用?!
そんなバカな!? 面直しの為に、2種類必要なの? ほんと?!

いや、まてまて。
きと自分の気力の問題だ!

”はやく買っておけばよかった”の人は、きっとものすごい腕力と
体重をもって、ぐぐ~っと押し付けて、ごりごりごりごりごりごりごり!
とやってるんだ。うん、そうだ、きっとそうだ。よし俺も頑張ろう!

ごりごりごりごりごりごりごりごりごりごりごりごり・・・・・

・・・・・・・・ホント? ほんとに? 

これ面が直るころには、私の上半身マッチョよ?
あれー おかしいな~ だって、外のコンクリートで
砥石をゴリゴリした時は、結構あっという間に・・・・

(面直しを裏返してみる)
あ~ そうそう、コンクリートの面ってこんな感じよね。
え~ もしかして、こっちの面だったりして? まさかぁ~

まあ、取りあえずダメ元で・・・・ごーり ごーり ごーり・・・
f0112574_22275392.jpg
・・・・・面・・・・直ってるよ・・・・・ 直ってるよ!?
うお!? すっげー楽! あっという間だ!

うお~ やっとアマゾンにコメントした誰かさんの言葉が理解できる!
「はやく買っておけばよかった!」ほんとやほんとや!?
すげー 直る、どんどん 直る!うひょ~

・・・・ でも待てよ。
この使い方でいいなら、なんでこんなおっきなスリットがあるんだ?
デザイン?

ざんし~ん!

そんな訳あるか!?
・・・・・ネットさまに聞こう。。。

Q 面直しの溝は何のためにあるんですか?
A 削りカスを流すためです。

(´・ω・`) へ~~~・・・・・じゃあ最初の使い方で合ってるのか?

D.C. = ダッカーポ = 初めに戻る

by buinnX | 2016-11-28 22:46 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

♪ テレレ テッテッテ~ ♪ レベルが上がった・・・気がする

まるひろ

以前ご紹介しました包丁磨ぎですが、飽きもせず続けております。

1~2ヶ月に一回くらいのペースに落ちましたが、
粗目から研ぎ、日々のメンテナンス程度には細目だけでも
大丈夫な事に気がつきました。

これ、結構重要なんです。
日々のメンテナンスくらいで粗目から研ぐと15分はかかるのですが、
ちょっと綺麗にするつもりで細目だけなら5分で終わるんです。
しかも当然ですが、頻度が高ければ切れ味もそうそう落ちない。

これなら毎日(本当に毎日は無理だけれど)でもできる!

と、そんな訳で続いております。

そしてまあ、どんなでも研いでいると、
自然と色んな包丁の刃先が目に入ってきます。
まだ何がいい刃先なのか分かるよーな、分からないよーな、
なのですが「むむ、あれは切れそうだ。。。」とか、
「・・・・あれは、切れないだろうな・・・」なんて勝手に
思ったりして楽しんでおります。

しかし、そんなふうに見るとも見ないとも見ていたある日、
ここにも何度も登場しております、お米を作ってくださている
新井さんのお宅で拝見した包丁が・・・・

綺麗だったんです。(ちょっと敗北感)

一見して研ぎ方がいい事がわかりました・・・・
”一見して”と言いましたが、その時は何がいいのかはっきり
しなかったのですが、よくよーく考えてみると、まず・・・

1.研がれた面が綺麗に均一
2.研がれた面の幅が均一

なのだと気がついたので、
そこからは自分もそれができるように練習して・・・

取りあえず、1の面の均一と ↓
f0112574_23114992.jpg
2の幅の均一の調整も ↓
f0112574_23115789.jpg
出来るようになってきました(*^^)v

包丁磨ぎもレベル2になる事ができたかな?
きっと、できたよね?

取りあえず、砥石がすり切れるまで気長にがんばります。

by buinnX | 2016-11-05 23:36 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

エクアドルの子と文通

まるひろ

エクアドルの子どもの文通支援を始めました。
f0112574_05316.jpg

去年、エクアドルのコーヒー農園を見学に行くときにお世話になりました
SANE(エクアドルの子どものための友人の会)の活動の一つに中・高校生を
対象とした奨学生プログラムがあります。

ユニセフに限らず、世の中には発展途上国に対する数々の支援がありますが、
これまで”出来る事はしてあげたいな~”程度には思っていても、中々実感がわかず
関われなかったのですが、今回エクアドルで実際に教育の現場や、支援を受けている
子ども達と話したり、お宅に訪問させてもらう事で”してあげたいな~”から
”したい!”に変わったわけです。

支援の詳しい話を代表の杉田さんにお聞きすると、奨学生への支援は
月々1000円~3000円まで選べ、希望すれば対象の学生と文通ができるとのこと。
(ちなみに、私は1000円の会員に登録しました。)
エクアドルで使う公用語はスペイン語ですが、文通は別途翻訳をしてくださる
ボランティアの方が入り、こちらには元のスペイン語と日本語訳のある手紙が届き、
こちらからは日本語を翻訳してもらい、日本語とスペイン語訳の手紙が奨学生の
元に届くというシステムです。

そして、早速1通目を受け取り、こちらからも返信したところです。
月に1度のやり取りですが、さて、どんなつながりになるのでしょうか。

ご興味のある方は、是非SANEのHPをご覧ください。
f0112574_22365369.jpg


<エクアドル旅行記>
エクアドルは遠かった <その1>~エクアドルに着いたら、君はいなかった~
エクアドルは遠かった <その2> ~歌は万国共通です~
エクアドルは遠かった <その3> ~鶏、豚、牛 僕の肉体改造計画~
エクアドルは遠かった <その4> ~馬初体験~
エクアドルは遠かった <その5> ~深夜、気がつけばツアーメンバーはみんな、満天の星空を眺めていた~
エクアドルは遠かった <その5のその後> 
エクアドルは遠かった <その6> ~コーヒー園~
エクアドルは遠かった <番外編> ~味はご想像にお任せします~
by buinnX | 2016-01-20 21:35 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)

包丁磨いでます

まるひろ

急に妻が言いだしたんです。

妻「包丁の磨ぎ方を教えてくれるセミナーを、カフェブラウンで出来たらいいなぁ~」
ま「( ゚Д゚)・・・・ほうちょう? なんのお話しでしょうか?」

妻「あのね。この有元葉子さんの本の中で、有元さんが包丁の正しい
  磨ぎ方を知りたくて”セミナーを自分の教室で開いてもらった”という
  話があってね~ いいな~と思ったの。」
f0112574_2385354.jpg

ま「ふ、ふ~ん(^^;)」

妻「だってね、この講師として呼んだ人の話によると、
  今まで私が考えていた包丁の磨ぐ向きが逆らしいのよ。」
ま「逆? だって、包丁を磨ぐときって、、、、こう、刃が外向きでシャーシャー
  ってやるんでしょ?」

妻「どうも、それが逆みたいなのよ。」
ま「えっ? だってバガボンドでも、刀を研ぐときは刃が外に描かれているよ!?」

妻「読んで御覧なさい。」
ま「・・・・・・・・・・・・・・ほ、本当だ・・・・・・ 
  そして、なんだこれ・・・・ バリが出るまで磨げって・・・・
  バリって、あれだよな。金属加工する時に出る引っ掛かりの事だ( ゚Д゚)。
  ううう、分かる、分かるぞ!!!(ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ調)

  面白そう。やりたい。砥石買っていい?」

妻「( ̄ー ̄) いいよ。」
f0112574_23933.jpg

藤次郎 ホームコンビ砥石 #220/#1000 F-432

そして、本に書かれている通りにやってみと・・・・・。
シャーコー シャーコー シャーコー シャーコー シャーコー シャーコー

ま「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(無心)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

10分経過

ま「・・・・・あっ・・・(バリってこれね?おばさま!
    ”リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ調”)・・・・・・・・・・・」

20分経過

ま「・・・・・・・・・(あっ 指が切れた)・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

30分経過

ま「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

40分経過

ま「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・できた。

  これが、今の私にできる最高の研ぎだ!
  しかし、本にはこう書いてあった
  ”出来るなら、毎日磨いだ方がいい”と・・・・・

  これは、私への挑戦だ。
  包丁の研ぎ。上手くなってやろうではないか!
  毎日磨げば、1年後には結構面白い事になっているはず。
  ぬふふふふふふふ( *´艸`) 今から未来の自分が楽しみだ!
  ぬはははははははは( `ー´)ノ

  見ろ! 包丁が光のようだ!(ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ調)」

 ピッカー~ン☆

 「うぅっ!! 光過ぎて、目がぁ~目がぁぁぁぁ (ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ調)」

そんな訳で、今は出来る限り毎日包丁を磨いでおります。
そして一番喜んでいるのは・・・・

「よく切れる包丁だと、料理が楽しい!( *´艸`)」
f0112574_2391218.jpg

と言っている妻なのは明白。

上手く私は、乗せられたようです。
しかし、この楽しさを知ってしまうと、もう戻れないのであります。


ちなみに、磨ぎにより削れてしまった砥石は、本の中で
”コンクリートで擦って直す”と書かれていたので・・・・
f0112574_2393113.jpg

こんな感じで、平らに直して使っています。
※写真の砥石は、昔使っていた小さいタイプです。

お店のも、週1回磨ぎなおしているので・・・・ Rちゃんも喜んでおります。
by buinnX | 2015-11-16 22:25 | まるひろ と車椅子 | Comments(3)