私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ とイクメン( 335 )

出生届けをだしてきました

まるひろ


生まれた日より2週間以内に、
届けを出さないといけないので、昨日が最終日。

リハビリに行く前に出してきました。
出生届けを出すだけで終わるのかと思っていたら、
医療関係や、”子供手当て”の手続きもあるんですね。
(考えてみれば当たり前だけど。)

”子供手当て”なんて、今まで関係が無かった話題だけに、
出生届け以上に「あっ 親になったんだ」と実感してしまいました。

それと同時に思ったのですが、これって何か違和感のある制度ですね。
子供が”いる”ってだけで、お金がもらえるって・・・・

うまく言い表せないですけど、変に思えます。

f0112574_22423913.jpg


飯能市からいただいたお祝いの品(木製の写真立て)
飯能は森林文化都市宣言を出しているくらいですから
多分、飯能の木でしょう。

結構綺麗です。小さな絵を入れてもいいかもな・・・
by buinnx | 2011-12-15 12:39 | まるひろ とイクメン | Comments(1)

乳幼児の1日の生活のしかた

まるひろ


父親ってなんなんですかね?
生まれたばかりの赤ん坊にとって、
これほど役に立たない存在も無いのではないでしょうか。

母親の忙しさ、大変さと真逆な状態。
「こんなんでいいはずが無い」
という焦燥感さえあるので、風邪っぴきで隔離されている
状態を使い育児の勉強中です。

f0112574_130048.jpg

「イラストでみる 乳幼児の1日の生活のしかた」 
著者 河添邦俊・河添幸江
ささら書房

今、半分程度読んだところです。
乳幼児の1日の中で、どんなことを、
どの時間帯にするといいのかって事が書かれています。

いわゆる子供に”正しい生活習慣”を身につけさせる本です。

はじめは何の気なしに読んでいましたが、
途中でハタと気がつきました。

自分では正しい生活習慣を送っているつもりですが、
子供に伝えるとなると・・・・よく分かっていないのかも。

漠然と
朝、うがいをして、顔を洗って、トイレに行って、ご飯を食べて、歯磨きしていますが、
この本を読むと、それが必要である意味が分かります。

それに、意外と”へ~”って内容が多かったです。


子供に伝える時に、こっちがあやふやじゃあ子供が混乱するしょうからね。
もっと勉強して、ちゃんと伝えられるようにならなきゃな。
by buinnX | 2011-12-11 20:28 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

生まれました

まるひろ


予定日の12月1日に入るやいなや陣痛が始まりました。
深夜2時に助産院に入り、貫徹の状態で陣痛に耐える妻。

私はといえば、はじめこそ痛がる妻を横目に
すやすや眠っていましたが、
「このまま眠っていたら、一生恨むよ!」
という言葉で跳ね起き(当然です。)、
午前6時ごろからは本格的に陣痛が強くなってきた
妻の腰や肩などのマッサージに明け暮れました。

さらに、妻は陣痛が始まり9時間くらいから、
いわゆる相撲の”しこ”のような形を楽と感じたようで、
私は彼女の前に回り、首の根元で彼女の頭を受けて、
お互いの腕はお互いの肩へ。

多分、私と妻がレスリングで言う”組んだ”状態ですね。

助産院の先生には、
「この形が楽って言う人も珍しいわね~」
なんて言われましたが、見ている限りは”出す”のに
とっても合理的な形だと思いました。

とはいえ、最後までその形では取り出すのが大変ですので、
最終的には”二人乗りのボブスレー”の形に。
(もちろん、私が後ろ、彼女が前。)

後ろから前に投げ出された私の足が、
いきむ時に掴むと丁度よかったようです。

そのままいきみ続け、ギリギリまで破水も無く、
11時50分頃、無事に出産いたしました。

f0112574_2262384.jpg

2952g 女の子。
見ている目が溶けてしまいそうです。


途中、色んな方からメールをいただきました。
本当にありがとうございました。
これからも、がんばります。
by buinnX | 2011-12-01 22:52 | まるひろ とイクメン | Comments(3)

布オムツ

まるひろ


「気が早い」や「親ばか」は、この時期の特権ですね。
なんと言われようと、わが子はかわいい。

そんな訳で、家に帰ったらこんな本がありました。
f0112574_2229820.jpg

「はじめてみませんか 布おむつ&おむつなし子育て」
著 岸下未樹 主婦の友社

よく女性の使うナプキンなども、布ナプキンの方が
身体にいいとか、生理痛がやわらぐ人がいるとか聞きます。

これも基本的には同じ流れです。
何が使われているのか分からないものは極力使わないで、
自然なものを使おうよ、という話です。

私の親の世代から言わせると、この本の内容全体が
「あたりまえじゃん」
と一蹴されるような内容のようですが、
いざ私が「布オムツにしよう!」と思っても、
まず形から分からない。
どれくらいの数あればいいのかも、不明。

そのへんの事が書かれています。


世の中のお母さんは、「赤ちゃんのウンチは汚くない。」
といいますが、多分、自分もそう思うとおもいます。
だって、私も入院中からオムツと摘便にお世話になり、
そういった物に対する免疫はずいぶん出来ましたから。
(そうでなくても、実家の4匹の犬に鍛えられまいしたけど・・・)

ましてや自分の子供のものなら、何とも思わないんじゃないかな?
ぴっぴ(うちの子の愛称です)のオムツは俺が洗うぞ!

(内容にはまったく関係ないのですが、
本の中のシャベルをもった女の子が、地
面をザックザックしている写真にやられました。)

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
ブックオフオンライン
エノテカ/母の日
by buinnx | 2011-06-14 17:38 | まるひろ とイクメン | Comments(2)

パパが読む 妊娠生活 心得BOOK

まるひろ


産婦人科で、こんなものがありました。
f0112574_22304876.jpg


妊娠した本人の女性と違って、男性には実感を伴う
変化なんてないので、こういった本はそこの溝を
埋めるべく多々見つかります。

私も、妊娠関係の本は出来るだけ読むようにして、
妻の経験を想像するようにしていますが、
やっぱり女性でないと分からない感覚があるんでしょうね。

この冊子も、私にとってはフムフムと読む一つの情報でしたが、 
妻にとっては「そんなの当たり前じゃない」の連発。
夫が妊娠に見立てた重しを付けて、妊娠生活を体験
している写真では爆笑。

私にとってはむしろ、妊婦の大変な作業1位である
「靴下をはく&足のつめ切り」を読んで、
「ああ、脊髄損傷の人と一緒だな~」
なんて、妙に親近感を覚えていたくらいなのに。

やっぱり、基本的に違いはあるんでしょうね。

遠藤周作の「ぐうたら愛情学」という本の中でも、
「赤ん坊を生んだ妻はその瞬間から、もう母親に変化している。
その変貌の早さに男はついていけない。」
とありますけど、多分そのとおりなんだろうな。
by buinnx | 2011-06-09 19:24 | まるひろ とイクメン | Comments(2)