私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ とイクメン( 357 )

「あおむしとアゲハとわたし」第3話 ~幼虫とかくれんぼ~

まるひろ

妻が、合宿に行きました。

さて、残るは私と、姉ムスメと、妹ムスメと、6匹の幼虫。。。

オカシイです。
元々の予定では、娘達2名だったのですが、面倒を見なければ
ならない生物が増えてます。しかも6匹も。

ちなみに、妻に言われました。

妻「あのね。アゲハ蝶の幼虫は、、、、

1.水に濡れると死ぬ
2.人が指で触ると死ぬ
3.ツルツルしたところでサナギになると後々落ちて、死ぬ
4.ご飯は、このパセリと山椒のみ、
  しかも新鮮でないと食べない(そしてやっぱり死ぬ)。

らしいよ。
んで、そろそろサナギになると思うんだよね。
ほら、この子たち動きが遅いでしょ?
あー なんかこの子たち、はじめは嫌だったけれど、
面倒みていたらムスメ達みたいで、かわいいんだよね。
もーこうなったら、何としても家で死なすわけにはいかないよね!

じゃあね、そんな訳で、私行ってくるね~~~~」

・・・・・・( ゚Д゚)・・・・・・・・

まさかの、丸投げです。
多分一番重要な時期を丸投げされたような気がします。
しかし、妻があれだけ可愛がっている幼虫たちです。
もし仮に、私が面倒を見ている2日間の間に死んでしまう
事があれば妻からの非難轟々は免れません。

まずは、パセリです。

新鮮な奴を冷蔵庫から出して、まとめて、
根本に水で濡らしたティッシュを巻いて、
そしてそのティッシュで濡れないようにサランラップを巻いて、
”さあ、ごはんだよ~”と彼らを箸でつまんで移動させます。

ま「ほら、ほら、こっちだよ。この新鮮なパセリに移動しようよ(´ー`)」
幼「もぞもぞもぞもぞ・・・ブシュッ!!」

ま「うお( ゚Д゚) なんか下痢した! 大丈夫か?いきなり死ぬのか?」
姉「ああああ(ノД`)・゜・。 おとーちゃん、幼虫大丈夫?死ぬの?」
妹「しぬの?」

ま「いや、分からん。取りあえず、パソコンで調べてみよう!( ゚Д゚)
  むむ!、おお喜べ娘達! アレは、サナギになる直前の行動だ!
  きっと、あの子たちはこれからサナギになるんだ!」
姉&妹「( ゚Д゚)・・・・サナギになるの?!」

ま「よーしじゃあ、取りあえずサナギになりやすい環境をつくってあげよう!」

と、適当な段ボールを用意して、それに私の使わなくなったクレープ生地の
シャツを巻いて、サナギになっても大丈夫なザラザラ感を確保!
そして、彼らをその上に移動させたのが、下の写真。。。
f0112574_22411848.jpg
※幼虫をお嫌いな方もいらっしゃると思うので、遠目に撮影しております。
※ちなみに、手前の幼虫は妹ムスメです。

さて、下痢をした幼虫ちゃんも含めて、全員を板の上に移動させました。
よーし、いつでもサナギになれ!
そしてできれば、これから私達は私の実家にお泊りに行くのだけれど、
その前にサナギになってくれれば、食事やらサナギになる環境やらを
心配しなくていいのでベスト!

さあなれ!
サナギになれ!

・・・・・・・待つこと30分・・・・・・・

ならない!
というか、全員板から脱走中!

うお!どこ行った!?
ああ、壁をよじ登ってる! まてそっちじゃない!

姉「おとーちゃん!( ゚Д゚) 椅子の裏にもいるよ!」
ま「なに~~~~ あ~そーかいそーかい。
  お前らは、実はまだまだサナギになる気はないんだな!?
  ちくしょー( ゚Д゚)
  
  だったら、もう一度虫かごに入れてやる!
  でもどうせ、もうご飯は食べないんでしょ!?もう~~~」

・・・・・・30分後・・・・・・・

パセリ、ぜーんぶ無いし( ゚Д゚)
まだ食べるんかい!

さっきの下痢はどういうこと?!


そんな訳で、姉ムスメと、妹ムスメと、
6匹の幼虫とパセリを持って実家に向かった私です。。。。。 つづく

by buinnX | 2017-07-27 22:46 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

「あおむしとアゲハとわたし」第2話~パセリだけみつめてる~

a

こんにちは~暑いですね~。
昨日の夕立、久々にキターーー!!って感じでしたが、
皆さまのところはいかがでしたでしょうか。
今日も来ないかな~雨。
アネの幼稚園は、明日で1学期がおしまいです。
毎日幼稚園の”おおそうじ”をしているらしく
(ほんとにきれいになってるのかな(-_-;))
張り切り過ぎてお疲れ気味のアネ。
今日はどんなテンションで帰ってくるのかな~。

さてさて。
幼稚園から帰って来たいもむしちゃんたちは、
自分たちのおかれている状況もものともせず、
元気いっぱいシャクシャクシャクシャクシャク・・・・・・
6匹全員がはらぺこくんたちなので、
ものすごい勢いでご飯がなくなっていきます。

はっ・・・・
このままでは、ものすごく近い未来に食糧難がやってくる。

まずい。非常にまずい。

わたしが最も恐れること、それは我が家で生き物が死ぬことです。
だからペットも飼いたくないのよ(+_+)
なのに、なのに!!!
目の前には、防御能力のきわめて低い子が6匹。

今すぐ、食料を確保しなければ!!!

アゲハのいもむしちゃんたちはとってもグルメなので、
好きなものしか食べません。
(基本弱い。)
1匹は山椒の葉っぱのみ、
あとの5匹はパセリのみ。
他に、ミカンとかユズに付く子もいるみたいですが。

”アゲハの幼虫は、非常に食欲旺盛で、
 新鮮なものしか食べません。
 いつも新しいエサを用意しましょう”

・・・・きみたち・・・
アントワネットと呼んでいいかい?
いや待てよ、アントワネットですら
「パンがなければブリオッシュを食べればいいじゃない」
と宣ったと言われているくらいだから・・・
新鮮なパセリか山椒しか食べない君たちは、もはやフランス王妃以上だ。


仕方ない。妃殿下のご要望だ。
パセリを買いに行こう。
そして、山椒の木は、母に責任持って持ってきてもらおう。
(はっ!!
 よく考えたら、この時点で実家に帰ってもらえばよかったのか!!( ゚Д゚))

エサ別に、山椒組とパセリ組に分れておうちに入ってもらって・・・
ケースの下には新聞紙を敷き、
パセリと山椒には水にぬらしたティッシュを巻いて、
上からラップでくるみます。

というのも、山椒なんてコップに水を張って刺しとけばいいようなものですが、
妃殿下たちは水に非常に弱く、
万一水に落ちると、すぐに救出しても生きていけないんだそうな(+_+)
(弱い。)

なので、彼らに水がかからないように注意しつつ…
っていうか、自然界で雨が降ったらどうするんだろう。
葉っぱに隠れるくらいで、雨をしのげるのでしょうか。

娘らを連れて、コープにGO。
売ってた。
良かった(+_+)
3束も買えば、とりあえずはいいよね。

山椒も、母が持ってきました。

というわけで、
新しいパセリの森と山椒の木に移っていただきましょう。
指で持っちゃ、ダメなんだよ。
人間の脂がつくと、脱皮できなくなっちゃうことがあるんだって。
(弱い、弱すぎる)
だから、新しいのを顔の前に持って行って・・・

「ほらほら、新しいパセリだよ~。行きな~。
 ほらこっちの方がおいしいでしょ~。
 だから~そっちじゃないって!!こっちだって言ってんじゃん!!!
 あ~もう後ろの足も移るの!!!!!」

 注※頭から足までが長いので、頭だけ移っても全体が移るまでに時間がかかる

みたいな会話(?)を繰り返すこと、6回・・・(+_+)

あっという間に時間が過ぎる・・・・
f0112574_21223956.jpg
はあ。

先が思いやられるわ・・・・

なんてったって、今日は木曜日。
明日は金曜日。
明後日は、土曜日でその次は日曜日。

この土日は、合唱団の、合宿((+_+))

私は軽井沢、娘らとまるひろは、まるひろの実家にお泊り。

・・・、軽井沢には、ちょーっと連れて行けないよ????

っていうか、君たちそろそろサナギになるってほんと????

・・・・、どこで???

つづく。((+_+))





by buinnX | 2017-07-19 21:23 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

「あおむしとアゲハとわたし」 第1話~帰ってきたあおむし~

a

皆さまお久しぶりでございます。
aです。暑いですね。
最近、お風呂のお湯を翌日まで取っておいて、
朝起きたらドボン、ちぃちゃんお昼寝前にドボン、
姉ムスメ幼稚園から帰ってきたらドボン。
プール代わりに朝から遊んで、やっとお湯(だったもの)を抜いて、
遊んでいる横で床とかも掃除して、さらに寝る前にお湯に入る
という、1日4回も風呂にいる生活です。
洗濯機を買い替えたら、なぜか風呂水が使えず(+_+)
まあ、これだけ入ればもったいなくないよね。
昔、私と弟と、幼馴染みのNくんは、
この残り湯のことを「ぬるつめ」(ぬるくてちょっと冷たい)と呼んでいたなあ。


さてさて。
事件はいつも突然起こる。
それは木曜日の朝だった。

ハミガキして、名札と汗ふきタオルつけて、お箸とコップとタオルとお弁当と(-"-)
と、最も忙しい朝08:20に現れた母(ばあば)と、
なにやらうごめく生き物たち(複数)。
母は楽し気に、娘に生き物を差し出したのであります。

「ほら~~~アゲハの幼虫だよ~~( *´艸`)」
f0112574_21162516.jpg
ぎょぎょぎょ。
しかも6匹も!!!

私がそういうの苦手なのは知っておろうに!!!

「だからさ~、今ならそのまま幼稚園に持っていける時間だと思って、
 お父さん(じいじ)を駅に送っていくついでに持ってきたのよ~~( *´艸`)」

・・・立派だ。
みんなまるまる太って立派な子たちだ。
きっと幼稚園でもかわいがってもらえるに違いない。

それならば、そのまま我が家は素通りしていただきましょう。
未来のアゲハよさよなら。
二度と会うことはあるまい。元気でね。

というわけで、姉ムスメと一緒に、
バスに乗って旅立っていった、ハラヘリあおむしくんたち。

ちなみに、
緑の子が1匹、
黒と緑のハデハデしま模様+オレンジの水玉ちゃんが、5匹(-_-;

緑の子は庭の山椒の木に、
ストライプちゃんは、父が植えたパセリにいたそうな。

元幼稚園の先生だった母は、
そういう手合いを見ると「これは持って行ってあげなきゃ!!!('◇')ゞ」
と、昔の血が騒ぐらしい(-_-;)

でもま、もう幼稚園に行っちゃったし、
私はかんけ―ないわ~


と思っていたのでありますが・・・・・・


午後。
バスで帰ってきた娘の手には、ウチのではない飼育ケースが2つも!!!
その中に一体何が入っているんですかムスメよ???!!!!
f0112574_21163320.jpg
「あのね、せんせいが もってかえってね っていった」

オーマイガ・・・・・・・・

なぜ、なぜですか先生・・・
ふつう、そういうのって”みんなで飼いましょう♪”ってなるんじゃないんですか????

NO--------------------!!


・・・かくして、「あおむしアゲハとわたし」の濃厚な日々が始まったのであります…


つづく。

by buinnX | 2017-07-16 21:27 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

ちなみに、コップはお風呂用おもちゃになりました。

まるひろ

え~っと、若干予告的にアゲハチョウの幼虫の事は書きましたが、
そちらの方は、依然サナギです。

まあしかし、その幼虫にしても子どもが居るってのは
大人だけでは起こらない摩訶不思議な事が起こるもんです。

小さい事では、今、片づけた部屋が、次の瞬間
私にはガラクタに見えるおもちゃでいっぱいになっていたり。

コップに注いだはずの水を、床が飲んでいたり。

トイレに行く途中に、何か言いたい事を思い出したんでしょうね。
ズボンを下げて、ぷりっぷりのお尻を出したまま、今日の出来事を
教えてくれたり・・・・

まあ、異次元です、宇宙人です、意味不明です、ハチャメチャです。

そんな訳で、この日もお仕事を終えて家に帰ったら、
目に飛び込んできたのは・・・・ 色とりどりのコップ( ゚Д゚)
f0112574_21275856.jpg
ま「え~っと(^▽^;) これ何?
  確か今日、同窓会だったよね?」

妻「(-_-) うん。同窓会で使ったコップなんだけれど、、、、、
  ”姉ムスメが欲しい”って言うから”じゃあ独身のお姉さんに
  欲しいからください”ってお願いしておいでって伝えたらね。。。」

ま「うん、うん(´・ω・`)」

妻「姉ムスメが色んな人に聞いて回ってね。。。」

ま「う、うん、うん(-_-;)」

妻「それで、そもそも要らない人や、余ったものなど
  をもらい受ける事になってね。(-_-;)」
  
ま「こうなったのね?(-_-;) 
  よく持って帰って来たね。
  これ・・・・・いくつあるの?」

妻「・・・・5、60個くらい?(-_-;)」

ま「姉ムスメは、何にするつもりなんでしょうか?」

妻「さぁ~(-_-;)」


(゜.゜)・・・私の頭の中には、懐かしい光GENJIの
「パラダイス銀河」が流れていました。。。

♪お~となは みえな~い
 しゃかりーき コロンブス
 ゆめのー しーままーでは~
 さーがせなーい~~~~ ♪

彼女達の行動や、思考は、いつだってパラダイスです。
きっと、君たちの夢の島と、私の島は違うのだろうと思います。
f0112574_21280379.jpg
↑ シャチホコな姉ムスメ、妹ムスメ。

by buinnX | 2017-07-08 21:50 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

毎日が駆け引きだ。 その3

まるひろ

一応無事に、父の日の豆腐を購入しました。
※意味が分からない方は、その1、その2からご覧ください。

丸広百貨店では、ダッシュの甲斐あり、
無事に二人のトイレが済みまして、
そのまま豆腐を選び、購入し、
やっと実家に行くべく車に乗り込んだ訳です。

あとは、お昼ご飯を実家ですませば、
今日のノルマ(?)をほぼ達成。
ふーっと息を吐き、車の座席に座り、
娘達のシートベルトを締め、いざ出発!

すると、ものの5秒ほどで
「豆乳飲みたい!」コール発動です。

ええ、そんな事予想済みです。

すぐにムスメ達に先ほど購入した豆乳を渡して、
「あ~これで後はなんとかなる。」
と安堵しているうちに、彼女達は飲み干し、
車は丸広の駐車場を出発。

ブルルルルルルルル・・・

(._.)・・・・
何だか今日は、いつもと違うルートで行きたい気分です。
いつもなら、飯能駅を迂回して、青梅の方に向かうのですが、
この日はなぜか飯能駅の前を通り、クリーンセンターの方から
行きたい気分に・・・・

そんな訳で、車は順調に飯能駅から西へ、中央公民館の前の
交差点にやってきました。すると、後ろから・・・・

妹「・・・・・トイレ( ゚Д゚)」
ま「は?(゜.゜) さっき、5分前に行かれましたよね?」

妹「トイレ!!!( ゚Д゚)」
ま「だ~か~ら~ 5分前に行ったよね? うそでしょ?」

妹「トイレーーーー( ゚Д゚)」
姉「おとーちゃん、よかったね(^◇^) 公民館前だから
  トイレにすぐ行けるよ☆」
ま「なーんすか、そのぽじてぃぶー(゜.゜)・・・・
  まあ、仕方ない、行きましょう。」

ブルルルルルルル(車を駐車場に停車)

ま「まあ、じゃあ、取りあえずもう一度いく?」
姉&妹「うん(._.)」

3人で車を降りて、中央公民館の方に挨拶して、トイレへ・・・

妹:ジョジョジョジョジョジョジョジョ・・・・・

ま「(本当にでた(゜.゜) さっき、トイレにいったよね?)」

姉:ジョジョジョジョジョジョ・・・・

ま「(君も!?(゜.゜) いったよね? さっき?)」

まあ、取りあえず、色々ふにおちませんが、トイレが済みました。
そして、かえりに姉ムスメは飲み終えた豆乳のパックをゴミ箱に捨てて・・・
というのを、なぜかじーっと見ている妹ムスメ(._.)。

ま「(?(゜.゜))」

車に戻ります。
二人とも、座席につきます。
シートベルトを締めます。
エンジンを掛けます。

いざ、出発しようとすると・・・・・

妹「豆乳のパック・・・捨てたい(._.)」
ま「は? もしかして、さっき姉ねが捨ててたから?」
妹「うん(._.)」
ま「えー いいよ、もう出発しようよー」
妹「やぁ~だぁ~( ゚Д゚) すーてーたーい~」
ま「いいでしょ!そんなの!( ゚Д゚) 
  もうシートベルトも締めたし、ばあばの家で捨てよ!ね!」
妹「やぁ~ だぁ~~~~~~~( ゚Д゚)」

”ぷっつん”

ま「あ~~~~~~~~~~~~~~~~もう!なんなのよ!( ゚Д゚)
  おとーちゃんは出発したいの!!!今更メンドクサイの!
  もう、充分色々とあたまも体も使って許容量オーバーなの!!!
  行くの!行くの!行くの!行くの!!!!(怒怒怒怒)( ゚Д゚)」

と、振り返ると、なぜか・・・・妹ムスメの・・・・
座席が・・・・濡れてる・・・・・

( ゚Д゚)!!!!!!

ま「ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちぃちゃん?(-_-;)
  オシッコした?」
妹「・・・・(T_T) うん。」

ま「どーーーーーしてそうなるの!?( ゚Д゚) さっきトイレいったでしょ?
  なんで? どうして? あーもういい!そんなこたーどうでもいい!
  着替えるよ! もう一度公民館のトイレを借りるよ!( ゚Д゚)」
妹「うぇぇぇぇ・・・・・(ノД`)・゜・。」

まったく、泣きたいのはこっちです。
なぜ、数分前にトイレに連続で2回も行っているのに、
おもらしをするのか、さっぱりわかりません!

取りあえず、姉ムスメには「ちょっとまってって!」
と告げて、妹を再びトイレへ連行!

お尻を拭き、パンツ、ズボンを替えて、上の服が濡れてないのを
確認してから、一応妹ムスメの要求にあった”豆乳のパック”を捨てていると・・・

なにやら、、、、今度は、、、、とぉーくの方で・・・・・ 泣き声が・・・・

(゜.゜)・・・・あれは・・・・・え~っと、姉ムスメ?


・・・・・着替え終わった妹ムスメを連れて、
車に戻ってくると、車の外、ドアの前で泣いている姉ムスメ。。。

(゜.゜)え~っと、どうしたの? 寂しかったの?

姉「えっく(:_;) えっく(:_;) あの、ね、、、 まってたらね、、、、
  トイレにね、、、、、、えっく(:_;) いきたくなってね、、、
  えっく(:_;)、、、、車をおりたんだけれど、、、、えっく(:_;)、、
  ドアがね、、、、えっく(:_;) 閉められなくてね、、、、えっく(:_;)、、
  ここでね、、、、えっく(:_;)、、、、、 ズボンは濡らしちゃいけないと
  えっく(:_;)、、、、 おもったからね、、、、えっく(:_;)、、、、
  ぬいで、、、、、えっく、、、、したのぉぉぉぉ・・・・・(ノД`)・゜・。」

ま「(゜.゜)え~っと、つまり、君もトイレに行きたくなったけれど、
  車のドアが閉められなくて(※今ちょっと壊れてて、閉めにくいんです)、
  この道路から丸見えなここで、ズボンとパンツを脱いで、オシッコしたの?」
姉「うん(:_;)・・・・」

よく見ると、下には水たまりが・・・・・



・・・・・・・・・・・(゜.゜)・・・・・・・・・・・・・

いつの間にか、私の前に、一匹のクワガタが。。。。

大きなクワガタでした。
カシャカシャと、機械のように正確に、しかし確実にまえに進むクワガタ。
私は特別昆虫に興味はないのだけれど、きっと好きな人が
見たら狂喜乱舞するのだろう。

クワガタよ。

お前はなぜ、そんな立派な角があるのか?
お前はなぜ、思いの外ゆっくり歩くのか?
ここは、アスファルトのうえ。
君が求める木や森はずっと先。

クワガタよ。

君にとって迷惑なのは分かっているのだけれど、
すこしだけその背中を触らせてくれ。
きっと誰かにとっての宝石である君。
その君の輝きを、ほんのひとかけでも僕に分けてくれないだろうか。
そしたら僕はまた父親になれるだろう。

クワガタよ。

どこまでも歩いて行け。
僕はもう、君と会うことはないだろう。
もしかしたら、次の瞬間には自転車や人に
踏まれて死んでしまうかも知れない君よ。
それでも、君は確かに今、僕の天使だった。


・・・・・・・・・・よし。。。。


ま「二人とも、ゴメンね。
  色々おとーちゃんが悪かった。
  野菜ジュース飲ませて、豆乳も飲めば、トイレも近くなるよね。
  怒ってごめんね。
  おもらしも、ここでの放尿も気にしなくていいよ。大丈夫。
  さあ、ばあばの家へ行こう。お昼ご飯を一緒に食べよう。。。」


そしてその後、無事にばあばの家について、
お昼ごはんを食べると、妹ムスメが再び
トイレに座る直前におもらし・・・・

でも、大丈夫。
私にはもう、クワガタの心があります。
もう一度、着替えさせて、汚れた服を洗って、干して。。。


・・・・・・・・・・・・・・予定通り妻と合流・・・・・・・・・・


ま「・・・・って、事があったんだよ~ 大変だったー(-_-;)」
妻「ふーん・・・・。。。
  でも、、、、そんなの、毎日だよ。(-_-)」


( ゚Д゚)・・・・ま、毎日、、、。。。

クワガタの心は、やっぱりクワガタ。
妻の心は、途方もなく広かった。


”毎日が駆け引きだ。” ~完~
f0112574_23042447.jpg
”大根と、豆乳のパックを捨てたかった妹ムスメ”


by buinnX | 2017-06-29 23:04 | まるひろ とイクメン | Comments(4)

毎日が駆け引きだ。 その2

まるひろ

その2です。
(いきなりで、意味の分からない方は、その1をご覧ください)

無事に電気屋さんをでました。
しかし、出たらでたで案の上「お腹すいたー」の大合唱。

あーメンドクサイ!
と思いながらも、なんとか丸広百貨店まで着きたい私。
そんな3人を載せた車が近くにあるベルク(スーパー)を過ぎようとすると、
妹ムスメが「あっ 豆乳やさんだー」と言う訳です。

わが家では、最寄りのベルク(スーパーです)では、
有機豆乳”しか”買わない為、妹ムスメには
ベルク=豆乳屋さん
だとインプットされていたようで、、、、

次の瞬間からは
「豆乳のみたい!( ゚Д゚)」
の大合唱!※野菜ジュースはすでに飲み終えている。

あーメンドクサイ(^▽^;)。
けれどなんでしょうね。

”ジュース”と言われたら”ダメ”と言えるけれど、
”豆乳”と言われると、なんとなーく”ダメと”言わなくても
いいような気さえしてしまい・・・・

私「じゃあ、丸広百貨店で豆乳を買ってあげるから!」
娘達「やったー(^◇^) 小さいのね!」
※大きい1Lタイプでは無くて、ストローで飲む小さいやつ
 が欲しいという事です。

あ~もう、こうなりゃ仕方ありません。
「いいよ。いいよ。。 豆乳買ってあげるから(^▽^;)」


・・・・と、着きました丸広百貨店。
いつものように、地下の駐車場発券機の前にいらっしゃる
シルバーのおじさんに「こんにちは~~~~(^◇^)」
と、おーーーきな声で娘達は挨拶をかわし、1階の食品売り場へ。


着きました1階です。
早速、私が親父に渡す父の日用の豆腐を選びに・・・
となる訳もなく、娘達の「豆乳!!!!( ゚Д゚)」
の力強い口撃!

あーメンドクサイので、まずは豆乳を選びます。

一応裏を見て、調整されていない、豆だけのやつを選び、
二人に持たせて。さあ!いざ、父の日ようの豆腐を買うべく売り場へ!


しかし・・・・、実は豆腐売り場は豆乳などが売っている
飲みもの売り場の真反対にあるので、その間には
トラップがいっぱい。


まず、パン売り場。
※パンが好きなので、見せるとこちらも買ってほしいの大合唱に
 なるので面倒。。。
彼女達の視線がそちらに行かないように、ダッシュする私。


次に、お菓子売り場。
※もちろん買いません。
少し大回りですが、わざとお惣菜売り場を回って・・・

さらに、試食コーナーは。。。
※食べつくす勢いで、お姉さんからもらおうとするので、私がはずかしい。
わざとお酒という、彼女達にとって関係の無い棚を通り抜け、、、

さあ、後は野菜売り場を抜けて目指すは豆腐だ!
と、思いきや、気がつくと姉ムスメ、妹ムスメがいません。。。(^▽^;)

あれ、と後ろを振り向くと、
シジミやアサリ、ハマグリ売り場のおばちゃんと会話中。。。。

姉「おばちゃん! これ生きてるの!!?(^◇^)」
お「うん、そうだよー ほら☆ 今、水を吐いたでしょ?」
私「・・・・・(゜.゜)」

なんつーか、ダメとは言えないけれど(生物の授業?)、
早くこの誘惑の多い買い物を終わらせたい私としては、
なんというか・・・・ ヤメテ!

それでも、一通り姉とおばちゃんの会話が済むのを確認してから
腕をとり、あ~~やっと豆腐売り場へ!(^▽^;)

ついた事の安堵をしつつ、あとは腐を選ぶだけだと
思っていると・・・・・

姉「・・・・おとーちゃん。。。トイレ(-_-)」
妹「・・・・・オシッコ」


・・・・今か!?( ゚Д゚) このタイミングなのか!?

読者の皆様のためにご説明します。
この1階には、トイレありません。
今、二人は未購入の豆乳持っております。
さらに・・・・この二人を連れて、車椅子である私は
エスカレータに乗れない!ので、、、つまり、エレベータがある・・・・

”豆乳売り場”まで戻らないといけないという事なんです!!!!!


( ゚Д゚)うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ( ゚Д゚)
おとーちゃん、全力! リミッター解除! 120%!!

素早くトイレトレーニング中の妹ムスメを膝にのせ!
姉ムスメには「ついてこ~~~~い!( ゚Д゚)」
と号令を掛けて、だ~~~~しゅ!

車椅子バスケで鍛えた車いすスキルを
最大限に発揮し!加速、加速、加速、加速!!!

野菜売り場を通り抜け、シジミを通り抜け
お酒売り場を通り抜け、お惣菜を通り抜け、
パン売り場を通り抜け、豆乳売り場に到着し、
ブレーーーーキ!!!!

ギュギュギュギュギュギュギュギュギュ・・・・・・

私「よーし、じゃあ、いったん豆乳は棚に返そうね!!( ゚Д゚)」
姉「・・・う、うん(._.)」
  <大人しく返してくれる姉。。>
妹「いやだ~~~( ゚Д゚) かえしたくないーーー」
  <手から放してくれない妹。。。>

私「Noooooo!!( ゚Д゚) チガウ! 買わないとか言ってるんじゃない!
  いやとか言ってる場合じゃないでしょ?
  じゃあ何? 君はここで残ってる!?
  トイレに行きたいのはダレと誰?! あああああああ~~~」


・・・・・・・・・・・

豆腐を買うだけで一苦労です。
この話題、まだまだつづきます。 その3へ
f0112574_23463320.jpg
豆乳を離してくれなかった妹ムスメ。
統計学を勉強中?

by buinnX | 2017-06-26 23:00 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

毎日が駆け引きだ。 その1

まるひろ

今日は、妻が朝から仕事でいない日曜日です。

折しも、父の日だったので、実家に行くついでに
スーパーDIY親父のために何かを持っていこうと思い、
前日に母に「おとーさんは何が欲しいかな?あっ安いものね。」
と伝えると「豆腐がいい」と何故か母からの即答。

私「え? 豆腐なの? どら焼きとかじゃないの?」
母「お父さんは、いまダイエット中だから豆腐がいい。」

という事で、色々と”これでいいのかなぁ?”と
おもわなくも無いのですが、実家に行く前に
豆腐を買っていく事になりました。

そんな訳で、この日の大雑把な流れはこんな感じに・・・。

1.妻を最寄りの駅まで送る。
2.ムスメ達と一緒に、お店に行き植物に水をあげる。
3.近くの電気屋さんにプリンターのインクを買いに行く。
(前日に切れたんです)
4.近くの丸広百貨店に行き、最高級の豆腐を購入。
5.私の実家に行き、お昼ご飯。
6.適当に娘達を遊び、妻を駅で拾うタイミングで帰宅。

です。
ちょっといつもよりも立て込んでおり、多分、娘達の我慢は
電気屋さんくらいで一次爆発が予想されます。ですが、私は
そんな時の為に虎の子の”野菜ジュース”と妻の手作り”お菓子”
をもっておりますので、準備は万全です。

ちなみに、この日の持ち物はコチラ

1.水(各自水筒に入れています。)
2.手拭き
3.野菜ジュース
4.ズッキーニのマフィン
5.着替え(妹ムスメがパンツトレーニング中なため2着)
6.ボードゲーム(ネコとネズミの大レース)

ってな所です。
まあ、6以外はいつもの標準装備です。
では、出発!
f0112574_22114957.jpg
一応申し上げますが、この日は晴天。
傘なんぞまっっったく必要無いのですが、二人とも傘持参。
もう邪魔だから置いてって!と言うのも疲れました。

そして、車に乗って無事に妻を駅に送り、
お店まで行き、植物に水をあげてとまずまずな出だしです。

いつもならお店に着くなり「お腹すいたー」と
”朝ごはんなんぞ食べたことが無い”風な様子で
空腹を訴える二人ですが、今日はなんたって
”野菜ジュース”があります。

私「後で野菜ジュースのんでいいから、ここでは駄目!」
と告げ。(しかし、彼女達の批難は収まってませんが)
電気屋さんへ。

と思ったら、妹ムスメが「オシッコ!」発言。

でました。

家を出る直前にトイレに行ったはずなのに、
どーしたらこのタイミングでまたトイレに行きたくなるのか
聞きたいくらいですが、言われたからには捨てておけません。

でもこれは、若干2歳児の罠です。
彼女は既に知っています。
大人はこの”魔法の言葉をいえば従う”という事を。

なので彼女は使うのです、魔法の言葉
「オシッコ!」
この威力は尋常じゃありません。
私達にとって、どんな状況であっても無視することは
リスクが高すぎます。最悪、むりやりその現象を起こす
ことも可能なのですから・・・

なので、仕方なしに連れて行くと

やはり、出ません。

そりゃーそうです。
15分前に行ったんですから。
それでも取りあえず、最悪の事態でないことに
一定の安堵をし、そして彼女達のここぞとばかりに
高められた「お腹すいたー」大合唱を浴びるわけです。

しかし負けてはなりません。

ここで彼女達の要求に組み入る事は簡単です。
しかし、それにはお昼ご飯を食べなくなるというリスクも
追う訳です。そして、お菓子を食べ、お昼ご飯をちゃんと
食べない彼女達が、後々体調を崩す事を私は経験的に知っています。

ですので、親は非情です。否、非情なのではなく
結果的に困るのは体調を崩した二人を看病する私だ!

だから、これは未来の日常を守るべく必要な行動であるため
「お昼ご飯を食べられなくなるからダメ!」とだけ告げ、
二人の口撃をいなし、とりあえず、次の目的に”電気屋さん”に到着。

さて、彼女達の奇行はまだまだ続きます。

電気屋さんに入るなり、取りあえず、
入口付近の特大テレビにくぎ付けな二人。

むしろこれは好都合。
私「(しめしめ、今のうちにインクを購入してこよう)」
と、ささ~っと行き、店長に要件を告げ、カウンターに戻ると・・・・

何故か、二人がレジのお姉さんと話してます( ゚Д゚)。
そして、何やら三角形なブーメランのようなものを回してます(^▽^;)。

私「え~っと、これは何ですか?」
店員のお姉さん
 「え~っと、ストレス解消に使うものです(^◇^)」
私「・・・・ストレス? この二人にストレス?」

という、複雑な思いを抱きながらも彼女達を見ると
”ハンドスピナー”というものをギュンギュン回して
楽しそうです。

動きません。

楽しそうに回してます。
私は、次の丸広百貨店に行きたいんです。

催促しますが、案の上動きません。

だったらいっその事と、私も
”やってみたくなってみました。”

私「ねえ。おとーちゃんもやりたい!貸して!」
姉「やだ!」
妹「やぁだ!」

私「え~ いいじゃん、貸してよ( ゚Д゚)」
姉「やだぁ~(持って走る)」
妹「やだぁー(ついて走る)」

そのまま外へ。

私「(´ー`)ちょっとまって! 
  お店の外までもっていかないで~~~( *´艸`)」

ふふふ、これでこちらの作戦通りに電気屋さん終了☆
さてこの時点で、予定の6分の3が終了。
それなりに順調です。

このまま、無事に一日が過ぎてくれればいいのですが・・・・・


その2に続く。

by buinnX | 2017-06-24 22:57 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

目、口、鼻、耳、ほっぺ、あご、、、、きっとそれ以外にもなにか

まるひろ

ある日、家に帰りましたら姉ムスメがこんな絵を描いていてくれました。
f0112574_22524281.jpg
どっからどー見ても”おとう”です。
かわいいほっぺがあります。
スカート?のように見えます。
胸のあたりは、汚れ?ています。

しかし、どっからどー見ても”おとう”です。
カワイイです、嬉しいです。


さて、その絵を見て、触発されたのか
妹ムスメも”おとう”にチャレンジ!
f0112574_22525087.jpg
なかなか独創的な感じな”おとう”を予感させます。
しかし、彼女の中には見えない何かがあるのでしょう。

芸術家的なものでしょうか?

じーっくりなやんで・・・

f0112574_22525979.jpg
完成(ポーズ付)
f0112574_22530518.jpg
うん、なんだかとっても嬉しいのですが・・・・

芸術家の心を理解できるとは思っておりませんが・・・・
描かれた私の顔は、なんかこう・・・顔のパーツとして。。。。

多過ぎない?
・・・・シワ?

by buinnX | 2017-06-16 23:11 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

朝の風景

まるひろ

近頃は、”朝”に新聞を読んでいます。

以前は、”夜”新聞を読んでいたのですが、
日によって時間がなかったり、まあそもそも
”新聞”なのに夜読んでは”新”じゃないし・・・

なんて理由もあって、だったらいっその事
その分の時間を朝にずらしてみればいいんじゃない?
となった訳です。

・・・・・・

6時起床

顔を洗って、寝癖を直して、
シャツにアイロンをかけて
服を着て、、、、

さあ、新聞を取りに行こうか。

と、すると「私も~」「わたしもー」
と来ました予想外な愛娘達。

まあでも、下に新聞を取りに行く間、
妻の準備もはかどるし、これは一石二鳥です。

ま「よーし、じゃあみんなで新聞を取りにいこうか?」
娘達「やったー(^◇^)」

と、なんでそんなに嬉しいのかワカリマセンが、
なにやらイベントなようです。
三人で下の階にある新聞を取りに行き、
ポストを開けて、戻ってきます。

ただそれだけなのですが、
いつもよりもちょっとだけ早い朝の空気は、
確かにちょっといい感じ。

ま「うんうん(´ー`) これはなかなか気持ちがいい」

そして、新聞を予定通りゲットし、
読み始めますと、何やら背中に重いものが・・・・・
f0112574_20350219.jpg
そして、何やら今日の新聞記事は、かわいい顔がカラーで、
ドアップで、3Dで印刷されているようで・・・・
f0112574_20351089.jpg
・・・・・やはり、朝には朝の苦労があるようです。

by buinnX | 2017-06-09 21:04 | まるひろ とイクメン | Comments(1)

みんな食堂 Nora-bouno

まるひろ

今年の4月に、東飯能駅近くの生活クラブのクラブルーム内に
近頃話題の”子ども食堂”ができました。

その名も”みんな食堂 Nora-bouno”。

弊店のお客様や、私が団長をしています合唱団”結”の
団員も協力しているので、是非応援したいなーとは
思っていたのですが、”応援”といっても具体的に
何をすればいいんだろう・・・・

と、思っていたら、ある朝、妻が
「今日の夕飯、みんな食堂ね(^◇^)」
と、既に決定通告。( ゚Д゚)

「え!? そんなふらーっとお邪魔していいの?」
と”もぞもぞ”している私なんぞ見えないかのように、
「じゃあ、5時にクラブルームで待ち合わせね!(´ー`)」
と、朝の朝食会議終了ー

( ゚Д゚)行くしかありません。

なんか、こーどういう雰囲気の食堂なのか分からないのですが、
取りあえず”毎月最終金曜日 17時~19時 
大人は300円で子ども100円”らしく、
娘達は既にお友達と一緒にご飯が食べられる
事に狂喜乱舞しているので。。。。

お邪魔してみました☆
f0112574_23364989.jpg
”こども食堂”をボランティアでできるくらいの方たちですので、
やはり、日頃から地域の活動を積極的に参加されている方たちが
中心となってご飯を作ってくれており、沢山のおいしそうなご飯
が所せましと並べられていて・・・・

ほんとーにおいしそう・・・(._.) 
早く食べたい・・・・
というか、本当にこれ300円でいいの?
という感じ。

話を伺うと、前日から準備をしていて、
当日もお昼前に私がクラブルームの前を通った時には
忙しそうな雰囲気でした。
料理を目の前にすると頭の下がる思いです。

他にも、食材を分けてくださった農家さんの
野菜などもあり、和気あいあいと食べられる空間
あり、食材あり、美味しいご飯ありで・・・・

なんだかいいのだろうか?とさえ思う私を押しのけて、
妻は野菜購入(お金は募金箱に入れます)
f0112574_23365494.jpg
ちなみに、この日のご飯はこんな感じ。
f0112574_23370313.jpg
皆で大きなテーブル囲んで、ご飯食べて・・・
おいしかったし、楽しかったし、大満足な妹ムスメと。。。
f0112574_23371013.jpg
姉ムスメ(カメラの方向を間違えている)でした!
f0112574_23371798.jpg
次回は6月30日!
今月も食べに行きまーす☆

次は、食材を分けてくださっている方の
事をここに書けたらいいな~

by buinnX | 2017-06-06 23:37 | まるひろ とイクメン | Comments(0)