私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ とイクメン( 352 )

カフェブラウンにショートケーキはありません。

まるひろ

ハッキリ申しまして、どうしてこうなったのかよく覚えていないのです。

が、状況から予想するに・・・

きっと、姉ムスメが家でお店やさんごっこをしていた時、、、、
たぶん、そのお店の”OPEN" ”CLOSE” となるものを
    姉ムスメがA4用紙で自作していて、、、
おそらく、その紙に描かれた絵をみて、私は”かわいいじゃん”
    と言ったのだと思います。

そこで、どうやら姉ムスメは
    「じゃあ”かふぇ ぶらうん”にも作ってあげる(^◇^)」
    とか言ってくれて、、、
私は、思わず「いいね、お願い☆」と答えたのだと、思います。

そして、翌日。。。。。

家に帰ると、テーブルの上に可愛い4A用紙が・・・・(-_-;)

うっすらと、きっと、たぶん、おそらくな記憶を手繰り寄せると、
どうやらこれはお店で使ってほしいのだと思えるので、
お願いした”ような”手前、むげに捨てるほど非情にはなれず、
そして、ちょっとこの看板可愛いなと思ってしまった自分もいたので・・・・

今、使用しています。
f0112574_22464948.jpg
オープン時はコレです。
横のショートケーキらしきものについては、姉ムスメに
「うちでショートケーキは無いよ?」と言うと
「クッキーは横から書いたら線(たいら)になっちゃうから描けないの!( ゚Д゚)」
と、怒られたので、ありもしないショートケーキが描かれています。


ちなみに、クローズは・・・・
f0112574_22470050.jpg
・・・・(-_-;) いや、確かに週末開いていないお店なので、
ごめんなさいですが、なんというか、その、、、ごめんなさい。

取りあえず、何かしら問題が無い限り、
そのまま展示(?)している予定です。

・・・よろしくお願いいたします(-_-;)。
f0112574_22493531.jpg
<エキセントリック姉ムスメ>
頭に乗せているのは、UFOなのだそうです。
帽子のようにかぶっているくらいですから、きっと彼女は宇宙人です。
親としても、彼女のエキセントリックさを考えると、とても地球人とは
思えないので、ある意味納得です。

という事は、きっと妹ムスメも宇宙人です。
毎朝、毎晩、寝ている時でさえ喧嘩しているくらいですから
そりゃあもう、確実です。
むしろ、仲良く遊んでいる時間が奇妙にさえ思えます。

なのに、どうしてか、そんな宿敵が泣いている時、
助けに行く姉と、泣きじゃくりながら姉に抱き着く妹という
構図をみると、私は無性に感動します。

by buinnX | 2017-09-13 22:50 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

「あおむしとアゲハと私」第7話  ~アポトキシンって名前が見事ですA山G昌さん。コナンも真っ青アゲハの蛹化~

a

こんばんは~
涼しい、を通り越して、さむい。
毛布を出しました(私とまるひろだけ)。
長そでを着ました。
靴下を、いつものシルク5本指の上にコットンをはきました。
もはや秋・・・・

なのに・・・・
へそ出しルックで寝ている娘ら。
掛けてもかけても、ガーゼケットから這い出して来るのはなぜですか。
そして、鼻をびーびーかんでいるアネよ。
腹巻でもしたらどうかね。



さてさて、やっと図書館に行けました。
借りてきましたアゲハの本。
たった1か月前の事なのに、懐かしいです。
がんばったなああたし。

(↓飼育中一番お世話になった本ですが、
 ただいま貸し出し中でした(+_+))

アゲハ いのちのかんさつ 少年写真新聞社


前回____
無事に5匹が蛹化し、残るはさいやちゃん1匹。
さいやちゃん、なんていうかほら、早くさなぎになろうよ。
もうみんな眠ってるよ?

さなぎって謎ですよね。
合唱団の練習中に
「幼虫は一度さなぎの中でドロドロになって、新しく蝶に組み替えられる」
というような話が出て、
それは私も以前聞いたことがあるけれども本当なのか?!
っていうかドロドロって超シュールだよ??
このなさぎの中でいったい何が起こっているのか…???

「細胞の自殺(アポトーシス)
 蛹化したばかりのサナギの身体の外側には、
 チョウの、はねやあしや口ができています。
 内側では、幼虫のときだけに必要だった細胞が
 どろどろに溶けて、チョウの身体の材料に変わります」
(ドキドキワクワク生き物飼育教室1 かえるよ!アゲハ  
      アトリエモレリ・絵 久居宣夫・監修 リブリオ出版 p35より)



????!!!!
じゃあ、サナギになった時に、もう羽とか足とかはできてるって事は
羽足口はいつできるんですか先生?!

「蛹化する場所を決めてからの幼虫の動きは、ゆっくりしています。
 幼虫の皮の下で、成虫の体へのつくりかえが、進んでいるからです。
 最後のフンをしてから、糸の輪に身を任せて前蛹(注※幼虫が枝などに体を固定して、
 サナギに変わるために、身体の変化を待つ間の独特の形)のすがたが完成するまでに、
 25度以上の安定した室温で、10時間くらいかかります」 (同上 P33より)

つまり・・・・
幼虫の姿で糸固定の時、すでに作り替えてるんですね??!!
私、暇さえあればこの子たちを見ていたつもりでしたけど、
よる、最後に見た時は普通に幼虫で、
だいたい朝起きるとサナギになってたような・・・

でも前蛹は10時間、なら、まあ、起きたらサナギ、か・・・・

ドロドロって、どんな気持ちなんでしょう。
その時って、何考えてるのかな。
でも、既に羽足口はあるって事は、
サナギの中身がぜーんぶドロッドロになっちゃうわけではなく・・・

ああっ!!!

謎すぎるよアゲハ。
君たちの内側で、そんなものすごいドラマが起こっていたなんて、全然知りませんでした。

しかもですよ。
10時間も、幼虫の形で動かず、
脱皮してサナギに変化するのに20分、
サナギになってからチョウになるまで約1週間から10日。
出てきたら出てきたで、羽が乾いて飛べるようになるまで1時間休憩。

狙われ放題じゃないですか(*_*;
無防備すぎるよこの設定。
かみさま。もうちょっと、もうちょっとでいいから、
無防備時間を減らしてくれればよかったのに。

そりゃ、100こ卵を産んで、大人になれるのが1匹だよ。
そりゃ、ハチがサナギとか幼虫に卵産んじゃうよ(*_*;
(ハエやハチに寄生されていたサナギからは、当然チョウは出てこない。
 ヤドリバエ、アオムシコバチ、アゲハヒメバチなど。)

お願いです。
無事に蝶になって下さい。
そしてさいやちゃん、早くさなぎになってください。
お願いします。

沈黙の6匹の運命は・・・・・

つづく

by buinnX | 2017-09-02 21:38 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

今一番の心配は、そのうち娘に本気で”大丈夫?”って言われないかである。

まるひろ

伝統的な民族楽器

それは、ローカルな集まりを鼓舞するものであり、
その形状、その材質などの数々の要素一つ一つが
精神世界とつながる意味をもっている。

時には、動物の骨。
時には、竹などの植物。
時には、石などの鉱物。

どれも共通していることは、地球上にある物質でありつつも、
それ自体の保持している時間は、エーテル体と肉体によって
維持されている我々よりも長い時間と波長の中にあるということである。

波長の長さは、短いほど精神的なものになり
逆に長いほど、物質になると言える。

つまりは、波長そのものはすべての根源であり、
人間の肉体でさえ、認識できないレヴェルの波なのである。
その為、人は意識的にも、無意識にも、音または音楽
というものにおおきく影響されるのは無理もない。

よって民族楽器は、どんなローカルな集まりにとっても
意識の統合にとって大変重要な要素なのである。
ローカルな集まりというのは、行きつくところ
自分と他人という関係の最小単位、つまり家族である。

民族音楽というと、まるでどこかの森の中にしかない
もののように思われるが、そんな事はない。
家族または、恋人という2人しかいない空間でも
ローカルなルールは作られる。

例え、他の家族から見ると「え?なにそれ?」と思われる
ような音楽やルールでさえ、その世界の内側で活動している
ものにとっては”当然”な事柄であり、その異様さに気がつく
はずもない。

それは、”青”信号といいながら実は緑色している信号機の光を
はじめて見た人は「え?なんで”緑”信号って言わないの?」
という事実と同じである。
私達にとって、信号機の”青”はたとえ実際は”緑”に見えても
”青”なのである。

さて、つまり私がここで伝えたいのは、家族としての意識を
統合し、鼓舞し、一つの共同体としての認識をつくる上で、
個性的な家族音楽というのは大変有効であるということである。

私は勇気をもって、伝えたい。

私が作った、私から始まる我が家の伝統音楽。


・・・・・それが、これだ!
f0112574_23142270.jpg
詳しくは秘伝となる予定であるため、言えないが、
実はこれは、とある物の芯として使われていた物をつなぎ合わせ、
そこに息を拭きいれる楽器だ。

耐久性に難があり、また正直、この地球環境で、人間の五感に
伝わってくるものは皆無に等しいが、演者にとっての精神的な
昂揚感と満足感は抜群である。
今、地球上にある楽器のほぼすべてが苦手な私でも、
表情と、雰囲気一つで名演奏である。

私が全宇宙エネルギーを込めて一吹きすれば、
何枚かの板が高速で回っているヒマワリのようなもの
(多分、これは風神の力を宿している)も、大荒れに
荒れさせることも可能だ!
実際、写真の中でも、私の後ろで強い風を送り出している。

さあ!娘よ、見よ!
父の雄々しき姿を!(うむ、そろそろ耐久性に限界がきているが。。)
f0112574_23142972.jpg
父は吹く!
家族の団結のために吹く!
家族の平和のために吹く!
例え、娘に「なにしてるの?大丈夫?」と思われても!

by buinnX | 2017-08-14 23:14 | まるひろ とイクメン | Comments(1)

「あおむしとアゲハと私」 第5話 ~蛹化する場所かんがえようか?~

a

楽しい合宿もあっという間に終わてしまいました。
でも合宿中気になっていたのは、娘ではなくもちろん夫でもなく、
一人では生きて行けない6匹のアゲハちゃんたちです。

出発前、遅ればせながら、図書館で「アゲハ」と、そのものズバリの本を借りたわけです。
もっと早く借りるべきだった。
ネットでちゃらっと調べてOK、の内容ではありませんでした。
そりゃそうですよね、
妊娠した時にネットで済ませないし。
「10か月の全てがわかる!!」みたいの、買ったし。
手元に来た時点で、妊婦で言う9カ月くらいの様子ではありましたが、
考えてみれば、ここからが正念場ではないですか。
なんてったってこれからサナギになって、羽化して、
無事に羽ばたいて行っていただかなくてはならないのですから!
しかも6匹!!!

「虫」の棚に、自発的に目的があって本を探しに行ったのって、
人生初かもしんない。
昆虫とか、虫とか、生き物、とか(-_-;)
勉強になるわ~。


で、帰ってきました。
は~疲れた、と思う間もなく、マンションの前で赤い車(うちの)の遭遇…
わ―キャー言う娘ら。

「あのね~せいやちゃんとセイラちゃんがサナギになったよ!!」

まじ?

っていうか、やっぱり?

本によると、あの幼虫の姿は最終形態らしく、
あの姿になると1週間くらいで蛹化(ようか:さなぎになること)する、らしい。
(蛹化、とか言っちゃってる時点ですごい学習)

つまりうちに来たのが木曜日で、今日が日曜日なので、
3匹くらいサナギになっていてもおかしくないのです。
だからわりと、予想範囲内、ではあったのですが、

しかーし!!!
なんで飼育箱のふたでサナギになったのよ~~~(+_+)
しかも2匹(+_+)
だめだよ~~
羽化(うか:サナギから出てきて蝶になること)するときに、
足がひっかけられないと、落ちちゃって、
羽が変形して飛べなくなって死んじゃうんだよ~~~(*_*;

しかも!
家に帰ってきたらあにいも飼育箱のふたで蛹化してる~~~(*_*;
なんでやねん!!
わりばし、入れといたじゃん!使いなよ!!!
f0112574_23370750.jpg

そして!
(やっとここまできました)1匹行方不明(+_+)
がんばって作った蛹化台で、
おとなしくサナギになってるはずだったのに~~

♪さがし~ても~みつか~らな~ぃ
 まーいーごーのこー♪
(トトロの、メイちゃんが迷子になった時のうた)

いくら狭いマンションとはいえ、幼虫1匹探すのはけっこうしんどいわけで(-_-;)

諦めました。

だって、むりでしょ、さがすの。

ま、いくら何でもリビングからは出ていないでしょうから、
カーテンの裏とか、テレビ台の下とか、本棚の棚の下とか・・・?
どこかでサナギになってるでしょう・・・


と思ったら!!!!!

ピアノの前あたりに出没!!!!

ぎゃ~~~~~!!!!!!(+_+)(+_+)(+_+)
危うく踏んでしまうところでした・・・・・

よかった見つかって。
変なところで蛹化しなくて。
踏まなくて。
生きてて(-_-;)

というわけで、無事捕獲。
さ~、おうち(飼育箱)に帰ろうね~

現在、
あにい(山椒の子)…蛹化
せいや…蛹化
セイラ…蛹化
あいや、他2匹…幼虫

こうなったら意地です。

後の子は、絶対に安全な場所で蛹化させて見せる!!!

研究の末分かったこと。
・後ろ斜めに60~70度の傾斜
・足がかけられるざらつきのあるところ(本来は木の枝とかなので)
で蛹化しなければならない。

なぜサナギが、おしりを固定して、身体を枝から浮かせて糸で止めているのか。
それは、羽化した時に、彼らは足が長いので、
脱いだサナギを踏み台にして上に登って行ったときに
足がかけられるスペースが必要なのです、たぶん。

蛹化する前は、
・ほとんど食べなくなる
・ゆるゆるうんちをして体の中を空っぽにする。
・さなぎになるのにちょうどいい場所を探してうろうろする

らしいので、そんな兆候があったら!!

・・・・・わりばしに登らせよう。

つまりけっこう四六時中気にかけるのです。
・・・がんばれ私。

つづく

by buinnX | 2017-08-04 23:37 | まるひろ とイクメン | Comments(2)

「あおむしとアゲハとわたし」第4話 ~幼虫 VS まるひろ~

まるひろ

私、実家へ車で移動中です。

第3話でお話ししましたが、もともと生き物が苦手な妻が、
色々あって面倒を見る羽目になったアゲハチョウの幼虫たち。
その幼虫達を観察しているうちに、なぜか妻の母性本能が活動し、
「こうなったら、私の家で死なせるわけにはいかない!!( ゚Д゚)」
と、本気で幼虫達を蝶にすべく、その方法を調べ、面倒をみて、
今まさにサナギになるのか?というタイミングで”Go to 合宿”・・・・

6匹の命を残して、旅だった訳です。

そして、絶対に失敗するわけにはいかない(後々まで妻に恨まれるから)
超ハードモードの育成シミュレーション(?)が振ってきた私です。
もし私の不注意で死なせたりしたら、家庭内不和必須。

内容ほどに余裕はありません。
命に大小はないのです。

そして、いま私は、ムスメ二人と、4匹を連れて実家へ移動中。。。
6匹が4匹になっておりますが、ご心配なく生きてます。

1匹は、あからさまに”もうサナギになります”的な感じで
虫かごの中の結構いい場所で、止まった子がいましたので、
一応、餌だけ残して自宅にそのまま放置。
「ふむふむ、この子はきっと大丈夫!」と信じて置いてきた訳です。

もう1匹は、私が製作した”サナギに最適と思われる板”にとどまって
一向に動かない子を、そのまま放置。
「まあ、ちょーっと心配だけれど、きっとこの子は全く動かないから
 このままサナギになるんでしょう・・・」と信じて置きてきたのです。

そんな訳で、今実家へ向かう車の中です。

4匹の入った虫かごは助手席の足元に置き、
その中でモゾモゾと動き続けている緑色の子たちを
なんとなーく意識しながらも・・・・

・・・・・実家へ到着しました。



ついてそうそう、まずは虫かごの掃除です。

彼らを、適当なパセリでおびき寄せて、
その間に虫かごを新聞紙の上でひっくり返し、
大量のフンと、かわいそうな姿になったパセリを除けます。

虫かごの中に、新しい新聞紙をひき、パセリを用意し、
彼らを虫かごの中に戻します。

合宿に行く直前の妻にレクチャーされたんです。
その通りに実行してみたところ・・・・
なんでしょうね、、、、、

さっきまであんなにメンドウだった4匹が、、、、、
かわいく思えてきました。

新しパセリをもしゃもしゃ食べてます。
綺麗なお部屋になって嬉しそう(な気がする)。
見た目ももっちもっちしてかわいい(気がする)。
たまにパセリの先端で”あれーこれ以上食べ物ないの~”
という感じで、上半身(のように見る部分)を持ち上げて
ゆーらゆーらしている。おバカです。

しかし、なんというか。
おバカだからこそ、かわいい訳です。

この子たちを死なせる訳にはいかなくなりました。

こうなると、人間の我が子よりか弱い分だけ真剣です。
寝ても覚めても私の頭を占めるのは4匹の事。
母に「この子たち、よく見るとグロテスクだね」
なんて言われた日にゃ「そんな事ない!( ゚Д゚) この模様が個性なんだ!」
と反論しつつ。

・・・・翌日・・・・・

取りあえず、神経をすり減らしながらも実家での一泊を終え、
家に帰ろうとしたとき、虫かごを覗くと・・・・・

( ゚Д゚)「一匹、、、、虫かごの上の方で、、、、動いてない・・・・
    これはもう、、、今度こそ、、、、サナギになる直前だ!!!」

こうなると、問題は帰りの車です。
もし、もしですよ、このサナギになろうとしている子が、
車のアクセルやブレーキの反動で落ちてし合ったら・・・・・・死。。。

( ゚Д゚)ぎゃ~~~~~~ それは無理無理ダメ~~~
よーし、全力で安全運転だ! 

後ろの人に嫌がられようと時速30キロで運転だ!
アクセルも、ブレーキもそ~~~~っとやるぞ!

ブルルルルルッルルルルルルルル・・・・・・・

順調な感じです。
元々交通量が多くないので、遅い運転でも特に問題なし。
というか、元々ここは制限速度30キロだし。
もし、後ろからぷーぷーってされても、こっちが法定速度
だもんね~~~

なんて思いながら、助手席の虫かごをみると、、、、
何やら様子がおかしい。。

今まさにサナギになろうとしている子(幼虫A)に、、、
ちょっかいを出している野郎(幼虫B)がいる!!!

( ゚Д゚)「こらーB! なにしょっとね!!!!!」

Bが近くに来るたびに、ちょー迷惑そうに体を震わすA!

( ゚Д゚)「ほら!B! Aが怒ってるでしょ?! なにしてんのよ!
    近づくなよ! 今、まさに安心してサナギになろうとしてんのよ!?
    なに ”よーよーAちゃん~もうサナギになっちゃうの~” 的な感じで
    近づいてんのよ! 離れろ!」

しかし、なおも離れては近づくB! その度にぶるぶる震えるA!

( ゚Д゚)「こら!!B!!! この野郎!!!!
    こっちが運転中で手が出せない事をいいことに、Aちゃんに
    ちょっかい出しやがって! 」

なおも調子にのるB。震えるAの上に覆いかぶさるように邪魔をしだして・・・・

( ゚Д゚)「殺す! いや、それはダメだ!
   あ~~~でも! 次の赤信号まで覚えてろよ! 
   あ~~~でも、出来ることない!」

Bはぐるぐる同じ所を回りながら(その軌道上にA在中)、定期的にAに
ちょっかいをだし・・・・

( ゚Д゚)「ぐんぬぬぬぬぬぬぬ。
    運転中だが、前が見てられん!
    Aを助けたいが、Bも死なせてはならない子なのだ。。。
    ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ・・・・・・

    ふぉぉぉっぉおっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・」

・・・・・・・・30分後 自宅に到着!・・・・・・・・

( ゚Д゚)「よーし、もう対処できるぞ!
    A! 今助けるぞ!
    B! 取りあえず、お前に罪はないとして、今安住の地を与えるぞ!」

と中を覗くと・・・・・
Bも、サナギになろうとしている( ゚Д゚)!!!!!!

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・(ノД`)・゜・。
なんだか、こんちくしょー

と、そのタイミングで、合宿から帰って来た妻と合流し。
色々と煮え切らない想いをかかえつつ「そーいえば、
家に残してきた2匹はどうなったのかな~」

と部屋に帰ると、山椒の1匹は案の上サナギに変身!
姉ムスメの命名で、名前は”あにい” 
f0112574_22551112.jpg
そして、もう一匹は・・・・・・・いない・・・・・

脱・走・・・・・・・( ゚Д゚)
サナギになるんじゃなかったの?!

親の心、子知らず。
人間の心、幼虫が知るわけもなく。。。

その後すぐに、家族全員で幼虫捜索が始まりました。


つづく・・・・

by buinnX | 2017-08-02 22:55 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

「あおむしとアゲハとわたし」第3話 ~幼虫とかくれんぼ~

まるひろ

妻が、合宿に行きました。

さて、残るは私と、姉ムスメと、妹ムスメと、6匹の幼虫。。。

オカシイです。
元々の予定では、娘達2名だったのですが、面倒を見なければ
ならない生物が増えてます。しかも6匹も。

ちなみに、妻に言われました。

妻「あのね。アゲハ蝶の幼虫は、、、、

1.水に濡れると死ぬ
2.人が指で触ると死ぬ
3.ツルツルしたところでサナギになると後々落ちて、死ぬ
4.ご飯は、このパセリと山椒のみ、
  しかも新鮮でないと食べない(そしてやっぱり死ぬ)。

らしいよ。
んで、そろそろサナギになると思うんだよね。
ほら、この子たち動きが遅いでしょ?
あー なんかこの子たち、はじめは嫌だったけれど、
面倒みていたらムスメ達みたいで、かわいいんだよね。
もーこうなったら、何としても家で死なすわけにはいかないよね!

じゃあね、そんな訳で、私行ってくるね~~~~」

・・・・・・( ゚Д゚)・・・・・・・・

まさかの、丸投げです。
多分一番重要な時期を丸投げされたような気がします。
しかし、妻があれだけ可愛がっている幼虫たちです。
もし仮に、私が面倒を見ている2日間の間に死んでしまう
事があれば妻からの非難轟々は免れません。

まずは、パセリです。

新鮮な奴を冷蔵庫から出して、まとめて、
根本に水で濡らしたティッシュを巻いて、
そしてそのティッシュで濡れないようにサランラップを巻いて、
”さあ、ごはんだよ~”と彼らを箸でつまんで移動させます。

ま「ほら、ほら、こっちだよ。この新鮮なパセリに移動しようよ(´ー`)」
幼「もぞもぞもぞもぞ・・・ブシュッ!!」

ま「うお( ゚Д゚) なんか下痢した! 大丈夫か?いきなり死ぬのか?」
姉「ああああ(ノД`)・゜・。 おとーちゃん、幼虫大丈夫?死ぬの?」
妹「しぬの?」

ま「いや、分からん。取りあえず、パソコンで調べてみよう!( ゚Д゚)
  むむ!、おお喜べ娘達! アレは、サナギになる直前の行動だ!
  きっと、あの子たちはこれからサナギになるんだ!」
姉&妹「( ゚Д゚)・・・・サナギになるの?!」

ま「よーしじゃあ、取りあえずサナギになりやすい環境をつくってあげよう!」

と、適当な段ボールを用意して、それに私の使わなくなったクレープ生地の
シャツを巻いて、サナギになっても大丈夫なザラザラ感を確保!
そして、彼らをその上に移動させたのが、下の写真。。。
f0112574_22411848.jpg
※幼虫をお嫌いな方もいらっしゃると思うので、遠目に撮影しております。
※ちなみに、手前の幼虫は妹ムスメです。

さて、下痢をした幼虫ちゃんも含めて、全員を板の上に移動させました。
よーし、いつでもサナギになれ!
そしてできれば、これから私達は私の実家にお泊りに行くのだけれど、
その前にサナギになってくれれば、食事やらサナギになる環境やらを
心配しなくていいのでベスト!

さあなれ!
サナギになれ!

・・・・・・・待つこと30分・・・・・・・

ならない!
というか、全員板から脱走中!

うお!どこ行った!?
ああ、壁をよじ登ってる! まてそっちじゃない!

姉「おとーちゃん!( ゚Д゚) 椅子の裏にもいるよ!」
ま「なに~~~~ あ~そーかいそーかい。
  お前らは、実はまだまだサナギになる気はないんだな!?
  ちくしょー( ゚Д゚)
  
  だったら、もう一度虫かごに入れてやる!
  でもどうせ、もうご飯は食べないんでしょ!?もう~~~」

・・・・・・30分後・・・・・・・

パセリ、ぜーんぶ無いし( ゚Д゚)
まだ食べるんかい!

さっきの下痢はどういうこと?!


そんな訳で、姉ムスメと、妹ムスメと、
6匹の幼虫とパセリを持って実家に向かった私です。。。。。 つづく

by buinnX | 2017-07-27 22:46 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

「あおむしとアゲハとわたし」第2話~パセリだけみつめてる~

a

こんにちは~暑いですね~。
昨日の夕立、久々にキターーー!!って感じでしたが、
皆さまのところはいかがでしたでしょうか。
今日も来ないかな~雨。
アネの幼稚園は、明日で1学期がおしまいです。
毎日幼稚園の”おおそうじ”をしているらしく
(ほんとにきれいになってるのかな(-_-;))
張り切り過ぎてお疲れ気味のアネ。
今日はどんなテンションで帰ってくるのかな~。

さてさて。
幼稚園から帰って来たいもむしちゃんたちは、
自分たちのおかれている状況もものともせず、
元気いっぱいシャクシャクシャクシャクシャク・・・・・・
6匹全員がはらぺこくんたちなので、
ものすごい勢いでご飯がなくなっていきます。

はっ・・・・
このままでは、ものすごく近い未来に食糧難がやってくる。

まずい。非常にまずい。

わたしが最も恐れること、それは我が家で生き物が死ぬことです。
だからペットも飼いたくないのよ(+_+)
なのに、なのに!!!
目の前には、防御能力のきわめて低い子が6匹。

今すぐ、食料を確保しなければ!!!

アゲハのいもむしちゃんたちはとってもグルメなので、
好きなものしか食べません。
(基本弱い。)
1匹は山椒の葉っぱのみ、
あとの5匹はパセリのみ。
他に、ミカンとかユズに付く子もいるみたいですが。

”アゲハの幼虫は、非常に食欲旺盛で、
 新鮮なものしか食べません。
 いつも新しいエサを用意しましょう”

・・・・きみたち・・・
アントワネットと呼んでいいかい?
いや待てよ、アントワネットですら
「パンがなければブリオッシュを食べればいいじゃない」
と宣ったと言われているくらいだから・・・
新鮮なパセリか山椒しか食べない君たちは、もはやフランス王妃以上だ。


仕方ない。妃殿下のご要望だ。
パセリを買いに行こう。
そして、山椒の木は、母に責任持って持ってきてもらおう。
(はっ!!
 よく考えたら、この時点で実家に帰ってもらえばよかったのか!!( ゚Д゚))

エサ別に、山椒組とパセリ組に分れておうちに入ってもらって・・・
ケースの下には新聞紙を敷き、
パセリと山椒には水にぬらしたティッシュを巻いて、
上からラップでくるみます。

というのも、山椒なんてコップに水を張って刺しとけばいいようなものですが、
妃殿下たちは水に非常に弱く、
万一水に落ちると、すぐに救出しても生きていけないんだそうな(+_+)
(弱い。)

なので、彼らに水がかからないように注意しつつ…
っていうか、自然界で雨が降ったらどうするんだろう。
葉っぱに隠れるくらいで、雨をしのげるのでしょうか。

娘らを連れて、コープにGO。
売ってた。
良かった(+_+)
3束も買えば、とりあえずはいいよね。

山椒も、母が持ってきました。

というわけで、
新しいパセリの森と山椒の木に移っていただきましょう。
指で持っちゃ、ダメなんだよ。
人間の脂がつくと、脱皮できなくなっちゃうことがあるんだって。
(弱い、弱すぎる)
だから、新しいのを顔の前に持って行って・・・

「ほらほら、新しいパセリだよ~。行きな~。
 ほらこっちの方がおいしいでしょ~。
 だから~そっちじゃないって!!こっちだって言ってんじゃん!!!
 あ~もう後ろの足も移るの!!!!!」

 注※頭から足までが長いので、頭だけ移っても全体が移るまでに時間がかかる

みたいな会話(?)を繰り返すこと、6回・・・(+_+)

あっという間に時間が過ぎる・・・・
f0112574_21223956.jpg
はあ。

先が思いやられるわ・・・・

なんてったって、今日は木曜日。
明日は金曜日。
明後日は、土曜日でその次は日曜日。

この土日は、合唱団の、合宿((+_+))

私は軽井沢、娘らとまるひろは、まるひろの実家にお泊り。

・・・、軽井沢には、ちょーっと連れて行けないよ????

っていうか、君たちそろそろサナギになるってほんと????

・・・・、どこで???

つづく。((+_+))





by buinnX | 2017-07-19 21:23 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

「あおむしとアゲハとわたし」 第1話~帰ってきたあおむし~

a

皆さまお久しぶりでございます。
aです。暑いですね。
最近、お風呂のお湯を翌日まで取っておいて、
朝起きたらドボン、ちぃちゃんお昼寝前にドボン、
姉ムスメ幼稚園から帰ってきたらドボン。
プール代わりに朝から遊んで、やっとお湯(だったもの)を抜いて、
遊んでいる横で床とかも掃除して、さらに寝る前にお湯に入る
という、1日4回も風呂にいる生活です。
洗濯機を買い替えたら、なぜか風呂水が使えず(+_+)
まあ、これだけ入ればもったいなくないよね。
昔、私と弟と、幼馴染みのNくんは、
この残り湯のことを「ぬるつめ」(ぬるくてちょっと冷たい)と呼んでいたなあ。


さてさて。
事件はいつも突然起こる。
それは木曜日の朝だった。

ハミガキして、名札と汗ふきタオルつけて、お箸とコップとタオルとお弁当と(-"-)
と、最も忙しい朝08:20に現れた母(ばあば)と、
なにやらうごめく生き物たち(複数)。
母は楽し気に、娘に生き物を差し出したのであります。

「ほら~~~アゲハの幼虫だよ~~( *´艸`)」
f0112574_21162516.jpg
ぎょぎょぎょ。
しかも6匹も!!!

私がそういうの苦手なのは知っておろうに!!!

「だからさ~、今ならそのまま幼稚園に持っていける時間だと思って、
 お父さん(じいじ)を駅に送っていくついでに持ってきたのよ~~( *´艸`)」

・・・立派だ。
みんなまるまる太って立派な子たちだ。
きっと幼稚園でもかわいがってもらえるに違いない。

それならば、そのまま我が家は素通りしていただきましょう。
未来のアゲハよさよなら。
二度と会うことはあるまい。元気でね。

というわけで、姉ムスメと一緒に、
バスに乗って旅立っていった、ハラヘリあおむしくんたち。

ちなみに、
緑の子が1匹、
黒と緑のハデハデしま模様+オレンジの水玉ちゃんが、5匹(-_-;

緑の子は庭の山椒の木に、
ストライプちゃんは、父が植えたパセリにいたそうな。

元幼稚園の先生だった母は、
そういう手合いを見ると「これは持って行ってあげなきゃ!!!('◇')ゞ」
と、昔の血が騒ぐらしい(-_-;)

でもま、もう幼稚園に行っちゃったし、
私はかんけ―ないわ~


と思っていたのでありますが・・・・・・


午後。
バスで帰ってきた娘の手には、ウチのではない飼育ケースが2つも!!!
その中に一体何が入っているんですかムスメよ???!!!!
f0112574_21163320.jpg
「あのね、せんせいが もってかえってね っていった」

オーマイガ・・・・・・・・

なぜ、なぜですか先生・・・
ふつう、そういうのって”みんなで飼いましょう♪”ってなるんじゃないんですか????

NO--------------------!!


・・・かくして、「あおむしアゲハとわたし」の濃厚な日々が始まったのであります…


つづく。

by buinnX | 2017-07-16 21:27 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

ちなみに、コップはお風呂用おもちゃになりました。

まるひろ

え~っと、若干予告的にアゲハチョウの幼虫の事は書きましたが、
そちらの方は、依然サナギです。

まあしかし、その幼虫にしても子どもが居るってのは
大人だけでは起こらない摩訶不思議な事が起こるもんです。

小さい事では、今、片づけた部屋が、次の瞬間
私にはガラクタに見えるおもちゃでいっぱいになっていたり。

コップに注いだはずの水を、床が飲んでいたり。

トイレに行く途中に、何か言いたい事を思い出したんでしょうね。
ズボンを下げて、ぷりっぷりのお尻を出したまま、今日の出来事を
教えてくれたり・・・・

まあ、異次元です、宇宙人です、意味不明です、ハチャメチャです。

そんな訳で、この日もお仕事を終えて家に帰ったら、
目に飛び込んできたのは・・・・ 色とりどりのコップ( ゚Д゚)
f0112574_21275856.jpg
ま「え~っと(^▽^;) これ何?
  確か今日、同窓会だったよね?」

妻「(-_-) うん。同窓会で使ったコップなんだけれど、、、、、
  ”姉ムスメが欲しい”って言うから”じゃあ独身のお姉さんに
  欲しいからください”ってお願いしておいでって伝えたらね。。。」

ま「うん、うん(´・ω・`)」

妻「姉ムスメが色んな人に聞いて回ってね。。。」

ま「う、うん、うん(-_-;)」

妻「それで、そもそも要らない人や、余ったものなど
  をもらい受ける事になってね。(-_-;)」
  
ま「こうなったのね?(-_-;) 
  よく持って帰って来たね。
  これ・・・・・いくつあるの?」

妻「・・・・5、60個くらい?(-_-;)」

ま「姉ムスメは、何にするつもりなんでしょうか?」

妻「さぁ~(-_-;)」


(゜.゜)・・・私の頭の中には、懐かしい光GENJIの
「パラダイス銀河」が流れていました。。。

♪お~となは みえな~い
 しゃかりーき コロンブス
 ゆめのー しーままーでは~
 さーがせなーい~~~~ ♪

彼女達の行動や、思考は、いつだってパラダイスです。
きっと、君たちの夢の島と、私の島は違うのだろうと思います。
f0112574_21280379.jpg
↑ シャチホコな姉ムスメ、妹ムスメ。

by buinnX | 2017-07-08 21:50 | まるひろ とイクメン | Comments(0)

毎日が駆け引きだ。 その3

まるひろ

一応無事に、父の日の豆腐を購入しました。
※意味が分からない方は、その1、その2からご覧ください。

丸広百貨店では、ダッシュの甲斐あり、
無事に二人のトイレが済みまして、
そのまま豆腐を選び、購入し、
やっと実家に行くべく車に乗り込んだ訳です。

あとは、お昼ご飯を実家ですませば、
今日のノルマ(?)をほぼ達成。
ふーっと息を吐き、車の座席に座り、
娘達のシートベルトを締め、いざ出発!

すると、ものの5秒ほどで
「豆乳飲みたい!」コール発動です。

ええ、そんな事予想済みです。

すぐにムスメ達に先ほど購入した豆乳を渡して、
「あ~これで後はなんとかなる。」
と安堵しているうちに、彼女達は飲み干し、
車は丸広の駐車場を出発。

ブルルルルルルルル・・・

(._.)・・・・
何だか今日は、いつもと違うルートで行きたい気分です。
いつもなら、飯能駅を迂回して、青梅の方に向かうのですが、
この日はなぜか飯能駅の前を通り、クリーンセンターの方から
行きたい気分に・・・・

そんな訳で、車は順調に飯能駅から西へ、中央公民館の前の
交差点にやってきました。すると、後ろから・・・・

妹「・・・・・トイレ( ゚Д゚)」
ま「は?(゜.゜) さっき、5分前に行かれましたよね?」

妹「トイレ!!!( ゚Д゚)」
ま「だ~か~ら~ 5分前に行ったよね? うそでしょ?」

妹「トイレーーーー( ゚Д゚)」
姉「おとーちゃん、よかったね(^◇^) 公民館前だから
  トイレにすぐ行けるよ☆」
ま「なーんすか、そのぽじてぃぶー(゜.゜)・・・・
  まあ、仕方ない、行きましょう。」

ブルルルルルルル(車を駐車場に停車)

ま「まあ、じゃあ、取りあえずもう一度いく?」
姉&妹「うん(._.)」

3人で車を降りて、中央公民館の方に挨拶して、トイレへ・・・

妹:ジョジョジョジョジョジョジョジョ・・・・・

ま「(本当にでた(゜.゜) さっき、トイレにいったよね?)」

姉:ジョジョジョジョジョジョ・・・・

ま「(君も!?(゜.゜) いったよね? さっき?)」

まあ、取りあえず、色々ふにおちませんが、トイレが済みました。
そして、かえりに姉ムスメは飲み終えた豆乳のパックをゴミ箱に捨てて・・・
というのを、なぜかじーっと見ている妹ムスメ(._.)。

ま「(?(゜.゜))」

車に戻ります。
二人とも、座席につきます。
シートベルトを締めます。
エンジンを掛けます。

いざ、出発しようとすると・・・・・

妹「豆乳のパック・・・捨てたい(._.)」
ま「は? もしかして、さっき姉ねが捨ててたから?」
妹「うん(._.)」
ま「えー いいよ、もう出発しようよー」
妹「やぁ~だぁ~( ゚Д゚) すーてーたーい~」
ま「いいでしょ!そんなの!( ゚Д゚) 
  もうシートベルトも締めたし、ばあばの家で捨てよ!ね!」
妹「やぁ~ だぁ~~~~~~~( ゚Д゚)」

”ぷっつん”

ま「あ~~~~~~~~~~~~~~~~もう!なんなのよ!( ゚Д゚)
  おとーちゃんは出発したいの!!!今更メンドクサイの!
  もう、充分色々とあたまも体も使って許容量オーバーなの!!!
  行くの!行くの!行くの!行くの!!!!(怒怒怒怒)( ゚Д゚)」

と、振り返ると、なぜか・・・・妹ムスメの・・・・
座席が・・・・濡れてる・・・・・

( ゚Д゚)!!!!!!

ま「ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちぃちゃん?(-_-;)
  オシッコした?」
妹「・・・・(T_T) うん。」

ま「どーーーーーしてそうなるの!?( ゚Д゚) さっきトイレいったでしょ?
  なんで? どうして? あーもういい!そんなこたーどうでもいい!
  着替えるよ! もう一度公民館のトイレを借りるよ!( ゚Д゚)」
妹「うぇぇぇぇ・・・・・(ノД`)・゜・。」

まったく、泣きたいのはこっちです。
なぜ、数分前にトイレに連続で2回も行っているのに、
おもらしをするのか、さっぱりわかりません!

取りあえず、姉ムスメには「ちょっとまってって!」
と告げて、妹を再びトイレへ連行!

お尻を拭き、パンツ、ズボンを替えて、上の服が濡れてないのを
確認してから、一応妹ムスメの要求にあった”豆乳のパック”を捨てていると・・・

なにやら、、、、今度は、、、、とぉーくの方で・・・・・ 泣き声が・・・・

(゜.゜)・・・・あれは・・・・・え~っと、姉ムスメ?


・・・・・着替え終わった妹ムスメを連れて、
車に戻ってくると、車の外、ドアの前で泣いている姉ムスメ。。。

(゜.゜)え~っと、どうしたの? 寂しかったの?

姉「えっく(:_;) えっく(:_;) あの、ね、、、 まってたらね、、、、
  トイレにね、、、、、、えっく(:_;) いきたくなってね、、、
  えっく(:_;)、、、、車をおりたんだけれど、、、、えっく(:_;)、、
  ドアがね、、、、えっく(:_;) 閉められなくてね、、、、えっく(:_;)、、
  ここでね、、、、えっく(:_;)、、、、、 ズボンは濡らしちゃいけないと
  えっく(:_;)、、、、 おもったからね、、、、えっく(:_;)、、、、
  ぬいで、、、、、えっく、、、、したのぉぉぉぉ・・・・・(ノД`)・゜・。」

ま「(゜.゜)え~っと、つまり、君もトイレに行きたくなったけれど、
  車のドアが閉められなくて(※今ちょっと壊れてて、閉めにくいんです)、
  この道路から丸見えなここで、ズボンとパンツを脱いで、オシッコしたの?」
姉「うん(:_;)・・・・」

よく見ると、下には水たまりが・・・・・



・・・・・・・・・・・(゜.゜)・・・・・・・・・・・・・

いつの間にか、私の前に、一匹のクワガタが。。。。

大きなクワガタでした。
カシャカシャと、機械のように正確に、しかし確実にまえに進むクワガタ。
私は特別昆虫に興味はないのだけれど、きっと好きな人が
見たら狂喜乱舞するのだろう。

クワガタよ。

お前はなぜ、そんな立派な角があるのか?
お前はなぜ、思いの外ゆっくり歩くのか?
ここは、アスファルトのうえ。
君が求める木や森はずっと先。

クワガタよ。

君にとって迷惑なのは分かっているのだけれど、
すこしだけその背中を触らせてくれ。
きっと誰かにとっての宝石である君。
その君の輝きを、ほんのひとかけでも僕に分けてくれないだろうか。
そしたら僕はまた父親になれるだろう。

クワガタよ。

どこまでも歩いて行け。
僕はもう、君と会うことはないだろう。
もしかしたら、次の瞬間には自転車や人に
踏まれて死んでしまうかも知れない君よ。
それでも、君は確かに今、僕の天使だった。


・・・・・・・・・・よし。。。。


ま「二人とも、ゴメンね。
  色々おとーちゃんが悪かった。
  野菜ジュース飲ませて、豆乳も飲めば、トイレも近くなるよね。
  怒ってごめんね。
  おもらしも、ここでの放尿も気にしなくていいよ。大丈夫。
  さあ、ばあばの家へ行こう。お昼ご飯を一緒に食べよう。。。」


そしてその後、無事にばあばの家について、
お昼ごはんを食べると、妹ムスメが再び
トイレに座る直前におもらし・・・・

でも、大丈夫。
私にはもう、クワガタの心があります。
もう一度、着替えさせて、汚れた服を洗って、干して。。。


・・・・・・・・・・・・・・予定通り妻と合流・・・・・・・・・・


ま「・・・・って、事があったんだよ~ 大変だったー(-_-;)」
妻「ふーん・・・・。。。
  でも、、、、そんなの、毎日だよ。(-_-)」


( ゚Д゚)・・・・ま、毎日、、、。。。

クワガタの心は、やっぱりクワガタ。
妻の心は、途方もなく広かった。


”毎日が駆け引きだ。” ~完~
f0112574_23042447.jpg
”大根と、豆乳のパックを捨てたかった妹ムスメ”


by buinnX | 2017-06-29 23:04 | まるひろ とイクメン | Comments(4)