私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ とアルコール( 207 )

今は、マデイラ酒も並列処理しております。

まるひろ

久々にアルコールネタです。

何故に久々かと言いますと、何度も投稿しようとたくらむ度に

妻に「はっきり言って、お酒ネタは読者に期待されていない!」

とバッサリ否定されていまして・・・・(T_T)

ま「いや、だって、君だって以前
  ”授乳が終わって、飲めるようになったらブログに投稿されたものを追っていこう☆”
  って、いってたじゃん? そうなるとだよ、ちゃんと投稿しておかないと追えないよ?
  お菓子の家からだって、パンくずが無いと帰れないんだよ?!」

妻「でもさぁ。 愛ムスメネタの方が期待されているよ。」

ま「うっ( ゚Д゚) いや、そりゃあそ~なんだけど、でも・・・・書きたいんだよ~
  書かせてよ~ そうこうしているうちに、写真だけ溜まってるんだよ~
  書かせて!書かせて!書かせてよ~~~~!!!!( ゚Д゚)」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、言う訳で。

今、久々に、妻には内緒で書いています。

実は、今ウイスキーと並列処理する形でシェリーにも手をだしています☆
理由は、ウイスキーによく使われている”シェリー樽”の個性を知りたいがために、
シェリーってどんな味なの?という好奇心から。

といっても、シェリーなんて全然分からいので、
こんな時は、またしても近くの酒屋”丸屋酒店”さんへ。

ま「社長~ ウイスキーに書かれている”シェリー樽”というものの
  味が気になるので、何か入門編ありますか?」
社「お゛ぅお゛ぅ そ゛れなら、これだねぇ゛」
f0112574_2211086.jpg

ティオ・ペペ 750ml 15度

早速飲むと、、、、

ま「ほほ~ これがシェリーですか!?
  お、確かにこの味、カナディアンクラブのシェリーカスクにある!
  でも、思ったより辛いぞ! ほうほうほうほうほう(^^♪」

と、翌日。
お菓子担当のRちゃんに、その事を言うと・・・

R「まるひろさん シェリーの甘い物って飲んだことあります?」
ま「? もちろんないけど?」
R「あの、以前お世話になった方(外国の方)が、奥さんの事を”僕のシェリーちゃん”
  と言っていたんです。マイハニーみたいに。
  だから、シェリーって、甘いのかな?と思っていたんです。
  その後、お酒が飲める年になってからバーテンダーさんがオススメする
  シェリーを飲んだら、それが辛くって!( ゚Д゚) とても、ハニーの代替にはならない。

  ・・・・・だから、甘いシェリーってどんなかなぁ~って好奇心があるんです。」
  
と、言うので・・・・・

翌週

ま「社長~~~ 次のは、甘いのがいいです!」
社「じゃあ゛、これだねぇ゛。」
f0112574_22111192.jpg

サンデマン ミディアムドライ 15度 750ml

ま「ほうほうほうほう。 なるほど、甘い。 こってり甘い。 濃厚に甘い。
  ・・・・こうなると、もう少し辛いのも知りたい☆」

翌週

ま「次はもう少し辛いの!」
社「これ゛。」
f0112574_22111984.jpg

サンデマン ドライ セコ 15%/750ml

ま「ほうほうほうおうほうほうほう・・・・・・」

翌週

ま「さらに辛いの!」
社「これ゛。」
f0112574_22112764.jpg

サンデマン ドン フィノ 750ml

と、一通り目ぼしいのを飲み、そもそも、シェリーってなんだ?
と、遅まきながら調べてみると、載っていた本は、、、
ワイン完全ガイド

シェリーってワインの一種じゃん( ゚Д゚)
酒精強化ワインって書かれているけれど、れっきとしたワイン!

つまり、妻のワイン禁止条約を実は犯している?!
まずい・・・・(゜.゜) まずいよ・・・・・・ 

しかし、知られてしまう前に、申告した方が罪はかるいかも。
今なら「知らなかったんです」で済むかもしれない。。。。。

そして、おずおずと妻に「あの~ シェリーって、ワインの一種でした・・・・てへ(^▽^;)」
とお伝えすると、意外にも妻は「ふ~ん、でも味が想像できないから、いいよ」と、
仏のような許容力!

ま「おおおおおおお(T_T)!! ・・・・じゃ、じゃあさ・・・・ 酒精強化ワインなら・・・・飲んでいい?」
妻「・・・・いいよ。」

ま「うおおおおおおおおおおおおお( ゚Д゚)!!!!」

と、言う訳で、つまりは、”ポートワイン” ”マデイラワイン” が許された訳です!
さらに、シェリーも、フィノ、アモンティリャード、マンサニーリャ、オロロソと4タイプ
あるらしいので・・・・・

夢が広がります☆
by buinnX | 2015-10-07 21:26 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

酒は飲んでも飲まれるな。

まるひろ

ウイスキーを一緒に楽しんでくれる仲間を探している最中なのですが、
やっぱりウイスキーはアルコール度数が高いお酒ですので、
私の周りでは、結構敬遠されているんです。

そんな時、あまりウイスキーをお好きでない、結のメンバーに言われたんです。

結「以前、仕事の付き合いでウイスキーを勧められて飲んだんですけど、
  その時は”うぉ これ人の飲める強さじゃないっす”って思ったんですよ。
  でも、先日イチローズモルトを飲ませてもらったら・・・・
  これは、飲みやすくておいしいって思ったんです。」

でた~ 今話題の秩父生まれのウイスキー”イチローズモルト”( ゚Д゚)!

そりゃあいいウイスキーですもの、美味しい”はず”です。
しかし、つまりですよ、この会話の成す意味は・・・。

”イチローズモルトの味と似た方向性の飲みやすいウイスキーを
探し出せば、彼女は一緒に楽しんでくれるかもしれない”

と、いう事な訳であり、つまりつまり、未来の仲間の種がそこにある(のかも知れない)。
と、いう事なので、彼女の好みを知るべく、その時に持っていたウイスキーの中で、
一番飲みやすいと思われる”シーバスリーガル12年”をお出しすると・・・・

結「ん~ やっぱりイチローズモルトの方が飲みやすいかな・・・」
と、いう反応をいただき、さてどうしたもんかと考えた矢先・・・・

はたと思ってしまったんです。

”飲みやすい”って何ですか?

確かに、ブレンデッドウィスキー大全などを出版されている
土屋 守さんの味の表現の中には”スムーズ”なる言葉も入っていますが、
”飲みやすい”=”スムーズ”ではない気がする。
ましてや”飲みやすさ”=”アルコール度数が低い”では、元も子もない。

しかし、あえて言うなら・・・・

”飲みにくさ”=”癖がある”ではある気がするので。。。
まあ、そのルールから妥協点として、
”飲みやすい”=”癖がない”という意味でとらえると、私の頭の中に浮かぶ名前は。。。
f0112574_237369.jpg

カナディアンクラブ クラシック12年 750ml
ライ麦を使ったカナディアンウイスキーの代名詞。
カクテルなどにもよく使われて、個性が弱くアレンジ向きとされる一本。
勿論私も初めて飲みますので、早速味わってみましたところ。。。。

ん~~(^▽^;)
確かに個性としては弱く、癖もあまりなく、
爽やかな甘味があるけれど・・・・これ、結構刺激的(^▽^;)

カクテルに最適なのは分かるけれど、ちょっと”飲みやすい”とは違う気がします。
となると、他に考えられるのは”飲みやすい”=”軽い”といった所なのかと思い、
パラパラ本をめくっていると飛び込んできた単語は”ウルトラライト”。

( ゚Д゚)!!

これだ!きっとこれだ、ここに飲みやすさの道があるに違いない。
そして、そこで紹介されていたのが・・・・・
f0112574_2365253.jpg

パディ
なるほど納得のアイリッシュ。

そうかぁ。確かにアイリッシュならあるかも知れない☆
”飲みやすい”の答えがここにあるかも知れない!

と、はやる気持ちを抑えつつ、飲んでみると・・・・・

・・・・( 一一)まあ、確かにライトですよ。
スムーズに飲めるし、難しくないし、甘く、オイリーでバランスもよく
いいお酒なんだけど・・・・

な~んか、違う気がする。

多分・・・・、その理由はアルコール度数。
結局、ウイスキーって強いお酒なんですよ。
このアルコールの強さってのはどうしようもない訳で。。。

この強さに慣れない限りは、”飲みやすい”って無い気がするんだけどな~
しかし、彼女はイチローズモルトが飲みやすかった訳で・・・・

ま「”飲みやすい”って難しいなぁ~ 
  飲まれたイチローズモルトは、どんな味だったんだろうな~」

と、途方にくれていると、後日言われたのは。。。

結「この前、”しらふ”でイチローズモルトを飲んだら、やっぱり飲みにくかった☆」

んん?! 今回”しらふ”って事は・・・・前回は・・・・・・

( ゚Д゚)!!!!!

・・・・・・・・・じょ、状況って、、、大事ですよね。。。。。。(^▽^;)
by buinnX | 2015-08-04 22:59 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

妻に見つかりました <後編 ~ちょっと調子にのりました~>

まるひろ

最初っから告白していれば、罪は軽かったのでしょうか?

<前回までのあらすじ>
近頃、あまりにいいペースでウイスキーを買っている私。
流石にこれ以上買って帰ったら、怒られるかなぁ(^▽^;)・・・と、推測されるレベルに達した所で、見つけてしまったのは、探していた垂涎のウイスキー”フロム・ザ・バレル”。1ヶ月悩んだ末に買ってしまったものの、そのまま家に持って帰る訳にはいかず、お店にウイスキーを隠し、時が来るのを持っていた・・・がしかし、欲望に勝てずホンのすこ~し飲んでみると、これまたとても旨いことが判明。とても旨かったので、この系列のウイスキーがもう一本欲しくなり”ニッカ ザ・ブレンド・オブ・ニッカ”購入したところ、それを見た妻から驚くべき言葉が飛び出した・・・・
妻「あれ?そのボトル、お店で見たことがあるけれど・・・なんで?(´ー`)」

既に、私のフロム・ザ・バレルは見つかっていた・・・・・・!


私「え~っと、え~っと。。。。 勘違い?」
妻「いや、確かにみたよ。 これは、お店にあったもの?」

瞬時に私の脳味噌はマイナス30℃まで冷え上がり、
氷付き、しかし湧きあがる恐怖を振り払うように、瞬時に考えたのです。

いっその事、この”ザ・ブレンド オブ ニッカ”はお店に置いてある
”フロム・ザ・バレル”だと言い張ってしまおうかと。。。

しかし、そんな私に天使がささやいたのです。

ま天「だめだよ。そんなウソをついたところでどうするの?
   ちゃんと話せば、分かってもらえるよ。」

すると、私の悪魔もささやいたのです。

ま悪「いやいやいや。そんな事をいってみろよ。
   ”ええ、またウイスキー買ったの? キッチンにこんなにあるのに!?”
   と言われて、最悪は”ウイスキー禁止”なんて事になるかも知れないぜ( 一一)」

ま 「( ゚Д゚) それは、困る。ただでさえ、ワイン禁止令が発令された為に
   開拓してきたウイスキー。ここも禁止にさたら・・・・・・次はどこにいけばいいのか?!」
   
ま悪「ブランデーなんて、どうよ(*'▽')」

ま 「ブランデーか・・・・(゜.゜)  ちょっといいかも(^◇^)」

ま天「ダメダメ。そんな次の事にワクワクしてる場合じゃないよ。
   まずは、ウイスキー死守! だって、今結構色々分かってきて楽しいところでしょ?
   折角ここまで来たんだから、ウイスキーを死守しなきゃ。
   その為にも、まずは話そうよ。1っヶ月もガマンしたんだよ。
   たった2000円の買い物を!?」

ま 「そ、そうだよね。 2000円だもんね。。。
   それに、きっとあの狭いお店でウイスキーを隠し切るなんて無理な事。
   だったら、ちゃんと自分の熱い想いを妻にぶつけて、理解してもらおう!」

そして・・・・

ま「あの~ 実は、これは・・・・・ お店の奴とは違うもので・・・・
                         カクカクシカジカで、買いまして・・・」
妻「ふ~ん そうなんだ~・・・・ 
  まあ、いいよ。ビンもセンスいいしね。」

ま「(・・・・・・・・・・・よかった・・・・・ 本当によかった(T_T))」

悪魔に耳を傾けなくてよかった、私の想いは妻に通じたのだ!

それに、ビンのセンスの良さが彼女を寛容にしたようだ。。。
だったら・・・・

ま「そして、あの~実は、、、、これもあるんだけど★」
f0112574_2262997.jpg

”カナディアン クラブ シェリーカスク 8年”

ま「これも、ラベルのセンス、いいよね!(^o^)/」

妻「・・・・・(-_-メ)」
ま「・・・・・・・・・・・(^▽^;) あれ?」

<前編>
<中編>


<・・・今日のCafé BROWN>
あまりにも蒸し暑いので、アフォガード食べたいな~と、思ったのです。
アフォガードって、あれですよ。
アイスにエスプレッソコーヒーをかけて食べる冷た温かいデザート。

そして、これにいつもなら自家製の豆乳アイスの甘さとマッチする
苦めなコーヒーをかけるのですが、何をおもったか、今日は酸味の強い
ラオスをチョイス。

そして、食べてみると・・・・・・・・・めっちゃうま!!
ラオスの酸味と、豆乳アイスが完全なるハーモニー!

ほっぺが、落ちる寸前でした☆
by buinnX | 2015-07-16 23:30 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

妻に見つかりました <中編>

まるひろ

さて、購入しました”ニッカ フロム・ザ・バレル 500ml”。

近頃、飲み過ぎなのは自分でも自覚しているので、妻にばれないように、
こっそり、お店の倉庫棚のおく~の方へ隠し、
「いつか”今日は疲れた! 仕事した!”という日にチビチビ飲もう」
と画策していたなか、来ました”仕事した!”日( *´艸`)。

早速、自分の疲れ切った身体を癒すべく、開けましたフロム・ザ・バレル。。。
そして、そのお味は・・・・・・・(゜.゜) 旨い!!

アルコール度数が50度以上ある為か、ホワッと抜ける感覚。
そして、確かにラムレーズンなどのドライフルーツの味と香り・・・・

確かに、クリスマスプディングや!

流石、土屋さん
表現の引き出しがすごい!
これで、2000円以下なんて、お買い得だな~
こりゃあ、もう一本くらいストックしたいな~

と、言うわけで行きました”丸屋酒店さん”。

ま「あの~先日、フロム・ザ・バレルが1本手に入ったので、
 飲んだんですけど、これがおいしくって・・・・1本ありません?」
丸「今゛は、無いね゛~」
ま「そうかぁ・・ そうですよねぇ・・・・」

と、落胆しつつ、ふと棚を見ると、探しているフロム・ザ・バレルと
瓜二つなボトルが一つ・・・・

ま「あの、これはどうですか?」
丸「ああ゛。これ゛ね。 フロム・ザ・バレルの上位酒の゛ザ・ブレンド・オブ・ニッカ 660ml
だよ。」

ま「・・・・旨いですか?」
丸「あ゛~旨いよ゛。」
ま「買います。」
丸「毎度あり☆」
f0112574_22264171.jpg

そんな訳で、さらに買ってしまった訳です、ウイスキー。
しかし、気分は上々。

あ~早く呑んでみたい☆と、はやる気持ちを抑え、帰宅し、
ふふふ~んとキッチンにウイスキーを置くと・・・・・

妻が言ったんです。

妻「・・・・・・(-_-) あれ~~~ このウイスキー・・・どっかで見たような・・・・・
   どこだっけ・・・・」
ま「・・・・・・・・・・・・・・・・(^▽^;) ん?」
妻「あ、店だ!そうだ、掃除してたら、生豆入れてるかごに入ってたんだ。なんで??」
ま「・・・・・・・・・・・・・・・・(゜.゜) え~~っと。。。」
妻「Rちゃんに聞いたら、なんか、キョドって誤魔化されたんだけどぉ。なんで?
  ねえなんでなんでなんで??」
ま「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(^▽^;) あ~ え~ い~ う~ お~ ・・・・・」

<つづく>

<前編>
<後編>
by buinnX | 2015-07-07 23:39 | まるひろ とアルコール | Comments(2)

妻に見つかりました

まるひろ

以前から、気になるウイスキーがあったんです。

その名も”ニッカ フロム・ザ・バレル 500ml”。
なんとこのウイスキー、私が愛読しているブレンデッドウィスキー大全で、
「クリスマスプディングのような」と表現されているお酒でして・・・・

私とお菓子作りのRちゃんの二人で
「クリスマスプディング?!(゜.゜)」
と、驚いたお酒がそれ。

そりゃあ、、、、飲んでみたいです。
だって、ウイスキーなのにクリスマスプディングですよ!?

といっても、現在、例の朝ドラ効果でジャパニーズウイスキー最盛期。
いつものように丸屋酒店さんにいっても・・・

丸「い゛や゛よ゛~゛ 今は完全に売り手市場なのよ゛。 こっちがサントリーさん
  やニッカさんの売って欲しいものをたくさん売って、やっと、うちの欲しいものを
  一本売ってくれるって状態なんだよ゛~」

ということで、お目当てのウイスキーは在庫なし(T_T)。 

まあ、ウイスキーは年月が必要な飲みものだから、無いときゃないわけで・・・・。
クリスマスプディング・・・・味わってみたかったな~・・・

と、思っているある日。
娘と一緒に美容室に向かうと・・・・
なぜか吸い寄せられるように足が向かった先は、
美容室が併設されている地元のスーパーマーケット”いなげや”。

そりゃあスーパーマーケットですから、”お酒売り場”あります。
しかしねぇ~ 丸屋さんでも無いお酒が、まさかこんな所に・・・・・ 

あった(゜.゜)

あったよ。。。1本。

すかさず、今現在家にある、飲みかけのウイスキーの本数を思い出す私。
1・・2・・・3・・・・4・・・・・・5・・・・・・・6・・・・・・・・・・・・・7。

まずい。
ここで更に一本買ってしまったら、流石に多過ぎ。
これを買って帰れば、妻からのカミナリ必至。

ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬ・・・・・・・・
悔しいが・・・・・ 娘もいる事だし・・・・・・・我慢しよう。。。。

と、思いながらも心とは裏腹に勝手に伸びていく右手。
あああああああああぁぁぁぁぁぁぁ(^◇^)

と、その時、姉ムスメの一言。
「とーちゃん お酒かうの?(-_-)」
(私には、パンも買ってくれないのに?)

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛(T_T)・・・・・・

俺はダメな親父や!
完全にノンベ―や!
娘に止められるなんて!

よぉし、心は決まった!
買わん! やっぱり買わないぞ!! 俺は勝った! 煩悩に勝ったんだ!


・・・・・そして1ヶ月後・・・・・・

(゜.゜)・・・・・・・・・まだ、残ってる・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0112574_23242793.jpg

こっそり、買いました。

そして、妻に見つからないように、お店の隅っこに隠しておきました。

<中編へ つづく >
by buinnX | 2015-06-29 23:24 | まるひろ とアルコール | Comments(3)

俺って・・・・ ちっちぇえなぁ・・・・・(-_-)

まるひろ

腐れ縁ってやつですが、私にはシュワッチという中々切れない縁がありまして。。。

先日も、もりあねさんの青空市で色々々々々・・・と、手伝ってもらったんです。
そんなこんなで、まあ何かお礼をしないとな~と思い、彼の好きな
サントリーの白州(ウイスキー)を買いに、いつものように丸屋酒店さんへ
行ってきたんです・・・そしたら・・・・。

なぜか、いつもサントリーやニッカなど、ジャパニーズウイスキーが置いてある
棚が”すっからかん”・・・・(゜.゜)・・・・・・・・

ボー然とする私の横を、通りかかったのは丸屋の師匠。

丸屋「お゛っ い゛つもどうも゛~」
ま 「あの~ いつもサントリーやニッカが置いてある棚が、
    ”すっからかん”なんですけど(^^;・・・・ どうしたんですか?」

丸屋「あ゛~ も゛うね゛~
    (朝ドラの影響で)転売目的で買うやからも出て来て、な゛いのよ゛。」
ま 「転売ですか!? 自分でのむんじゃないの?」

丸屋「そ~なんだよ゛。 先日も北海道の方から電話がかかってきて、
   売ってくれっていうから”うちは店頭に来てくれないと売れません”って断ったとこだよ。
   そしたら、なんて言ってきたと思う? ”うちまで買にくるから、もしその時までに売り
   切れていたら、その分の交通費をだせ”っていうんだよ(^^; 怖いよね゛~」
ま 「そりゃあ、びっくりですね(^^;。新しい酒にあう過程が一番楽しいと思うんですけどね・・・」

ま 「・・・・ところで、友人が白州を好きなんですが、やっぱりもう無いんですか?」
丸屋「12年物は無いけど、ノンエイジは少しならあるよ。」

ま 「いただけますか?」
丸屋「もちろん出すよ!」
ま 「ありがとうございますm(__)m」

ってな訳で・・・
f0112574_21134927.jpg

ラベルは見えませんが、中身は
サントリー シングルモルト ウイスキー 白州 700ml

そして、早速シュワッチに・・・・
ま「ほい。この前のお礼。」

と、渡すと。
シュ「じゃあ、これ。 飲みたいって言ってただろ? 貸すよ。」

と、出されたのは、先日彼が購入し、「ハードな野郎を買ってしまった・・・ 
飲み終えるのに8ヶ月はかかる・・・」
と後悔していた
f0112574_21135854.jpg

フィンラガン オリジナルピーティー カスクストレングス 700ml

ま「”貸す”って・・・・ええ?! これ、結構いいやつじゃん('Д')
                          じゃ・・・じゃあ、これ・・・・貸すよ。」

と、それに対して私が出したのは・・・
f0112574_2114797.jpg

シーバスリーガル12年 700ml

・・・・・・・ええ、分かっていたんです。
この勝負、シュワッチの勝ちだと・・・。

例えるなら、彼の出してきた一本はスリーカード。
対する私は、ワンペア。

ぽーんと、先日買ったカティーサーク12年を”勿体ない”という
ブレーキがかかり出せなかった私・・・・・・・・・・・負けです(T_T)。
by buinnX | 2015-06-18 22:44 | まるひろ とアルコール | Comments(2)

捨てられないだけ、いいという事です。

まるひろ

ウイスキーって、ちょ~売れているやつ以外は、
大変かっちょいい箱に入って売られているんです。

かっちょいいですからね。
そりゃあ、コレクションしちゃうんですよ。空き箱を。

するとですね、ご他聞に漏れず妻が言うんです。
妻「どーすんのよ、この空き箱! 捨てるの?捨てないの?
         グレンフィディックなんて、2本もあるじゃない!?」
ま「ええ・・・ まあ・・・・ そうなんですけど・・・・ ねぇ・・・・・ ん~(´・ω・`)」

そりゃあ、空き箱ですからね。
中に入っているのは、空気です。
もう、ウイスキーは入ってないのです。
しかし、なんですかね。

自分でも、バカだな~と思いながらも捨てられずにいたんです。
そしたら・・・ いつの間にか・・・・・

ブッシュミルズは・・・・
f0112574_23235389.jpg

カッティングシート入れに変身(゜.゜)。

グレンファークラスにいたっては・・・
f0112574_2324247.jpg

ウエイトトレーニング用の軸入れに・・・・(-_-;)。

か・・・・( ゚Д゚) カツヨウしていただいて・・・・・ 嬉しい限りでゴザイマス。

しかし・・・・・私はめげない!!

そんな訳で、ウイスキーの師匠も、丸屋酒店の社長も
「昔は、これをよく飲んでたね~」
と懐かしむような目を向ける・・・・
f0112574_23241256.jpg

フォアローゼズ ブラック 700ml

と、愛読する”ブレンデッドウィスキー大全
などを出版されている土屋 守さんが
”この価格で、このパフォーマンスは驚きの一言”と称される・・・・
f0112574_23242089.jpg

キリン 富士山麓 樽熟 50° 600ml 1本

を購入。

といっても・・・この二つとも、箱はないんだった(*'▽') あはっ


<<Café BROWN インフォメーション>>

明日(6/10)はピアノ生演奏の日です。
ご来店お待ちしております。

時間 <午前の回 11:30~11:45> 
    ※特に限定はしておりませんが、
      午前の回はお子さま連れ大歓迎です!
    
    <午後の回 14:00~14:15>
by buinnX | 2015-06-09 23:51 | まるひろ とアルコール | Comments(2)

結局は、「もう、無い」とか「実は・・」って言葉に弱いんです

まるひろ

そろそろ新しいウイスキーが欲しい。

相変わらず、家飲みバンザイな私。
ウイスキーは、開封しても置いておけるので、
ついつい飲み比べしたくなっちゃうんです。

現在5種類を保持しているのですが、その比率は
シングルモルト:4のブレンデッド:1
というアンバランス。
ですが、近頃はシングルモルトに、ある種の”飲みにくさ”を感じてきまして、
ブレデッドに興味が向いているんです。

というのも、以前ボウモアの件で、行きつけの丸屋酒店さん
の師匠(勝手に思っている)に「近頃の若いやつは・・・」とブレンデッドの
良さをとくとくと教わったからなのですが。。。

さて、そんな訳で新たなるウイスキーを求め、合唱の練習後に高校からの
腐れ縁の”シュワッチ”と写真家の”和田芽衣”さんの3人で、丸屋酒店さんへ。
お店につくなり、早速師匠を呼んで今回欲しいウイスキーの相談開始。

ふふふ、しかし今回は師匠に怒られない程度に、目当てがあるんです。
まず、ブレンデッドならオールドパー。

なんてったって、日本に最初に入ってきたスコッチ。
ドライフルーツのような香り、
チョコレートのような濃厚で厚みのある甘味を持っているらしく・・・
気になっている一品。
(これは、ブレンデッドとしても価値ある一本のはずだから、怒られないはず(*'▽'))

さらに、シングルモルトならスプリングバンク。

モルトの”香水”と称されるほどの香りと、全モルトウイスキーの中で
最も塩辛いと言われる味・・・(味の勉強のためにも、飲んだ方がいいでしょ(*^^*))
気になる~(´艸`*)

そんな訳で、意気揚々と師匠に「あの~いま、スプリングバンクと、オー・・・・・」
と言いかけた瞬間・・・。

師「あぁ~ これだから今の若い奴は!そういう個性が強い所から行こうとするぅ(-。-)y-゜゜゜
  スプリングバンクみたいな奴はね・・・・・以下同文」
ま「(・・・・アイラ島でなくても、やっぱり”今の若い奴は”って
  いわれちゃうんですね( ゚Д゚))」

ま「え~と、あの~・・・・そしたら、オールドパーはどうでしょう?」
師「おおぅ、いいねぇ。 これは、誰が飲んでも旨いと言うよ! 他にブレンデッドなら、
  シーバスリーガルとか、キリン ホワイトホースとか、、、
  ああ、そしてこのカティーサークはいいよぉ。」

ま「あれ? このカティーサークのビン、よく見かけるのと違いますよね。
  もしかして、ウイスキーって、結構ビンの形が変わります?」
師「コロコロ変わるよ~。特に今は、中国とかでガバガバとシングルモルトが
  飲まれちゃって、ブレンデッドにするモルトが無くなったりしてね。
  その都度、ブレンドするものが変わり、ビンもそれに合わせて変わったり
  するんだ。」

ま「なるほど・・・」
師「そんで、このブレンドのカティーサーク(12年)はもうほとんど市場にはないよ。
  今出ているやつより、こっちの方がいいモルトを使っているから、バーのプロ
  横浜とかからうちに買いにくるほどだよ。」

ま「・・・・・貴重なんですね。」
師「旨いよ~ このカティーサークは!」

(-_-)・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・”もう、市場にない”
・・・・・・・・・・・・・・”プロも買いに来る”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オールドパーも捨てがたいけれど、、、、、

ま「それ、買います!( ゚Д゚)」
師「毎度あり~(*^^*)」
f0112574_21523851.jpg

Cutty Sark 12年
原産国:スコットランド (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

ついでに夏らしくハイボール用に・・・・
f0112574_21525083.jpg


原産国:日本 (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

当初の目的のものは、何一つ変えなかったけど、
いい買い物した気がします☆


・・・・・ちなみに、
一緒に買いにいったシュワッチは、アイラ島のボウモアでさえ
一向に飲み終えていないのに、一時期、業界でもどこの蒸留所
から出てきたウイスキーなのか不明だったが、「実はカリラから作られたもの」
だと後々判明したやつを”実は”の魅力に惑わされて選択。

(-_-)・・・確か、カリラって・・・
アイラ島の中でもドライで塩辛かったような・・・・
ボウモアでさえきついなら、やめた方がいいんじゃ・・・・

という私の予想どおり、帰宅後すぐにメールで。

シュ「ハードな野郎を買ってしまった・・・ 飲み終えるのに8ヶ月はかかる・・・」

と、後悔メールが来てました(^^;)
だから、やめれと言ったのに・・・・・
by buinnX | 2015-05-16 21:52 | まるひろ とアルコール | Comments(2)

3月・・・過ぎちゃったなぁ。

まるひろ

アルコール全般について、いつも話をする先生がいるんです。

先日、その先生に
「あの~ これまで色々なアルコールの話をしてきましたけれど、
 先生は何が一番好きなんですか?」
と、お聞きしたところ

先「そうですねぇ~ 気温や湿度にもよりますね。。。」
ま「気温や湿度ですか。」

先「ええ、やっぱり日本の夏のように暑くジメジメしてくると、
  ビールも米が原料に入っているタイプの方が、さっぱりしていて
  美味しく思いますね。」
ま「えっ ビールの原料に米ってはいっているんですか!?」

先「ええ、モルツやエビスには入ってませんが、他の日本のビールには
  入っているものが多いですね。」
ま「ほぉ~ やはり作っている国の気候と味ってのは密接な関係があるんですね。」

先「ウイスキーなんかも、やっぱり湿度が低いからっとした時期が一番いいと思います。」
ま「なるほど。確かに近頃、私もストレートではなくトワイスアップやロックがおいしいと
  感じるようになりました。それも、そういうことなのかも知れないですね。」

先「そうですね。それと、ハイボールなんかもいいんですよ。けれど・・・・」
ま「・・・・いいウイスキーの場合、ちょっと勿体ないですよね。」
先「ええ。ハイボールにするなら、角くらいが気兼ねがなくて丁度いいと思います。」

ま「・・・・・ところで、先生が思っているウイスキーのストレートに合う
  時期って、いつごろまでだと思ってます?」
先「3月までですかね。」
ま「( ゚Д゚)・・・・・・・・・過ぎちゃいましたね。」

過ぎちゃったけれど・・・・こんなの買ってきました!
f0112574_23284419.jpg

JAMSON 12年
原産国:アイルランド (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

f0112574_23424257.jpg

Glenfarclas 10年

原産国:スコットランド (シングルモルト)
容量:700ml
度数:40度

次は、角に炭酸入れて、レモンを絞って・・・・それもいいかも。。。
by buinnX | 2015-04-24 21:16 | まるひろ とアルコール | Comments(0)

クリスマスとか、バレンタインとか、結婚記念日とか色々あるけど、そちらの方はどうなんでしょうか?ね?

まるひろ

先月で、私33歳になったんです。

いえね。
暇が出来たので、ちょっと飯能駅近くにある
スーパーバリューというスーパーに行ってみたんです。

そうしたら、近頃のウイスキーブームが原因なのか
あるわあるわウイスキー達。

ベルやグランツ、カティーサーク、ラフロイグ、
ボウモア、ホワイトホース、デュワーズ、J&B、
ジェムソン、ブッシュミルズ、タラモアデュー、
ワイルドターキー、ジムビーンはもちろん、
近頃話題のメーカーズマーク!等々。

もうそれは、ウイスキーの断崖絶壁。

いや~すごいね~。
どれもコレも、本で読んでは「飲んでみたいな~」
と思っていたものばかり( ゚Д゚)

テンションだだ上がりな私!
「これも天のお導き。何かを買わなきゃ罰があたってしまう。(´艸`*)」
と勝手な理由をつけて、さっそく妻には内緒で何を買おうかと
物色していると、目についたのは・・・・

バランタイン12年!
f0112574_238775.jpg

Ballantine's 12年
原産国:スコッチ (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

さて、どんなお味かとウキウキしながら帰ると、
もちろん妻にはすぐに見つかり・・・・

妻「何買ってきたの(-_-)?」
ま「バランタインでゴザイマス(-_-;)」

と、いいながら私の明瞭な頭脳はフル回転。
瞬時に考える言い訳・・・・

”この前、ボウモアを飲み切っちゃったから補充に・・・”
→ しかし、まだ3本あるから説得力なし。

”いや~ 安かったんだよ☆ 流石スーパーだね・・・”
→ 安けりゃなんでも買ってしまうのは、別の問題がある。

”今度、皆で飲み比べしようなんてはなしが・・・・”
→ そもそも、そんな予定なし。

「(まずい・・・どうしよう(-_-;))」
と思っていると、妻から意外な一言。

妻「それより、誕生日のお祝いにいいやつを買いに行こうよ」
ま「へ? い・・・今、なんと?!」

という事で、すぐに丸屋酒店さんへGO~

一口に”いいやつ”といっても難しい。
値段が高いからといって、いきなり知らない子を試すような
冒険は勿体ない。ある程度方向性を知っている子でありつつも、
値段、知名度、そして年数などを熟考しなければならず、結果。

33歳誕生日に選ばれたのは、こちら!
f0112574_2384713.jpg

Ballantine's 21年
原産国:スコッチ (ブレンデッド)
容量:700ml
度数:40度

きた~21年もの!
これぞ! バランタインの垂直飲み!!!!
うひょ~~~~~~ ビバ誕生日!!!

そして、私は聞き逃さなかった。
妻「毎年、誕生日は、好きなの買っていいよ☆」
ま「そ、それは、つまり、お値段の上限設定が外されるということでしょうか?」
妻「え? まあ、ある程度は・・・」

うひょ~~~~~~~~~~~~
飲んでみたいウイスキーのリストアップしなきゃ!

は~やくこ~い~こ~い~ た~ん~ じょ~お~び~(/・ω・)/
by buinnX | 2015-04-06 00:09 | まるひろ とアルコール | Comments(1)