私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カテゴリ:まるひろ と食べ物( 139 )

花よりヨモギ団子

まるひろ

今うちには、野原をみて興奮する人が一人。

妻です。

この日も、埼玉県越生町にあるカフェにお邪魔し、
さあ帰るぞと車に乗り込もうとすると、どこかへ駆けてゆく妻。
そして、向かった先は・・・・
f0112574_2353022.jpg

野原(._.)?

よく見ると、何かを一所懸命に摘んでいます。
f0112574_221138100.jpg

ま「何摘んでるの?」
妻「ヨモギ」

どうやら、ちょっ前に桜を見に川沿いを歩いた時、
一緒にいたばぁばにヨモギを教えてもらったらしいんです。
妻はそれを知り、”へ~意外に近くに生えている~”と同時に、
”じゃあ、これを集めてヨモギ団子がつくれるではなか☆”と思ったようで・・・・

今、ヨモギ集めのブーム到来。
妻曰く 「これは楽しい☆」そうです。

その様子を見ていた姉ムスメも、早速挑戦!
f0112574_22104428.jpg

・・・・・するも、流石姉ムスメ。
まだ一本も抜くことなく「固い」と断念。
そのままツクシの群生している場所で、ツクシを踏まずに歩く遊びに変更。
f0112574_22221151.jpg

軟弱者!( ゚Д゚)  (以前の軟弱エピソードはこちら

全く、いったい誰に似たんだか。
こんなヨモギなんて抜くのに、固いも何もないと思うんだけどな~
と、思いながら私も妻に倣ってヨモギ集めを始めるも、
数本引っこ抜いて芽生える感情が一つ・・・・・・・疲れた・・・・。

・・・・・・・・どうやら、私に似たようですね(-_-;)。

さて、そうこうしていると妻が孤軍奮闘し、ヨモギはざるいっぱいに。
f0112574_2355362.jpg

それを、硬い筋の部分は取って、葉っぱの部分だけにして、
重層で1~2分茹でて。。。。。
f0112574_236254.jpg

茹でたものを、包丁で刻み、すり鉢ですり、
多分、他にも私の見てない間になんやかんやして(-_-;)・・・・・・

自家製ヨモギ団子 & 自家製あんこ の出来上がり☆
f0112574_2361152.jpg

満足そうな妻。

さあ、問題です。
一番役得なのは、誰?
by buinnX | 2015-04-07 21:47 | まるひろ と食べ物 | Comments(2)

酒粕パン

a

明けましておめでとうございます。
午年、ですね。
私の母が午年なんです。還暦。
そして私はひつじ年。
・・・・あれ?来年年女・・・・・?
24才です!なんて言っても冗談にもならないので諦めてますが(笑)
大体、来年24てことは、今22だし(笑)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて。
冬真っ盛り。
冬の楽しみと言えば、新酒!!!
という訳で、先日(去年だ)酒粕種の豆乳ヨーグルトが
元気もりもりだったことはご報告しましたが・・・

この種、パンもイケるんじゃないか。

思い立ったら即実験!!

どうですか~~~立派に膨らみました!
f0112574_036496.jpg

パン大好き、発酵食品大好きのムスメ、食いつかないはずがありません。
キメ台詞は
「じぇーんぶ アタシの!!」

このパン、フライパンで焼きました。
意外にいい感じに焼けるんだなーと思いました。

食感は、もちもちどっしり。
食べ応え充分で、きんぴらとかひじき炒めとか挟んでもおいしいかな。

f0112574_0361487.jpg

仲良くわけっこして、次の日の朝食べましたとさ。ぴーす(のつもり)。
by buinnX | 2014-01-06 23:01 | まるひろ と食べ物 | Comments(4)

たまご はいってないけど しろくまちゃんのほっとけーき

a

こんばんは!
いや~、16:30で真っ暗ですよ。さすが冬至過ぎですね。さぶい。
12月24日は、ただの12月24日だった我が家(笑)
メニューは前の日の残りのつみれ汁(ちゃんとイワシをさばいてたたいて練りましたよ)。
25日は実家にお泊りさせてもらって、
父お得意のスモークをお腹いっぱいいただいてきました。
自動でご飯が出てくるなんて、実家ありがたや。

さてさて。
相変わらず食欲全開のムスメ。
ブームは急にやってきます。

この日の突発性リクエストは「ほっとけーきがたべたい」

・・・・。
しろくまちゃんのほっとけーき」ですよ。

ぽったーん どろどろ ぴちぴちぴち やけたかな~ まだまだ
しゅっ ぺたん ふくふく くんくん ぽい はいできあがり

ですよ。

でもムスメがつぶやくと

ぽったーん どろどろ ぴちぴち ちゃぷちゃぷ らんらんらん

そして「あめあめ ふれふれ おかあしゃんが~」
と続きます。

超絶かわいいっす。はい。

・・・ええと。
かわいい自慢じゃありませんでした。
ほっとけーきでした。

で、わが家の「乳・卵・白砂糖なし」原則から行くと、
ホットケーキ、難易度高い訳です。

で今回参考にしたのは

卵・牛乳・白砂糖を使わなくてもおいしい 酒粕おやつ」南智美 農文協

です。

今、新酒粕がちょうど美味しい時期ですよね~。
先日の投稿の「酒粕のヨーグルト」も、この本を参考にしました。

酒粕とリンゴジュースを混ぜて練って作る「酒粕りんごペースト」なるものを入れます。
あとは、粉、ベーキングパウダー少々、豆乳、メープルシロップ、菜種油。
なんだかいっつも同じものですよねえ。
だから配合が大事。

という訳で、焼いてみました!
f0112574_2115991.jpg


すんごくいい香り。
発酵食品LOVEのムスメは、もちろんがっついてました。
f0112574_21152489.jpg


たしか5枚焼いて、2枚半はヤツが平らげたような・・・・・・
ん???不公平。
by buinnX | 2013-12-26 23:22 | まるひろ と食べ物 | Comments(4)

あの味は、酒粕が原因だったのか!?

まるひろ


以前、発酵料理家でいらっしゃるなかじさんの料理教室に伺った時、
豆乳ヨーグルトの作り方を教えてもらったのですが・・・。

その時、乳酸菌の元の説明で、
「これ、空気中から乳酸菌を採取して、それを元に作った豆乳ヨーグルトなんですよ」
と言われまして・・・・。

眉をひそめる観衆。

あからさまに、
「(空中から採取? 何を言っているんだこの人は?)」
という雰囲気。

しかし、意にも返さず説明を続ける なかじさん。

一瞬、「どうなるの?」という雰囲気でしたが、
結果的には、別に錬菌術の類ではなく、納得のいく現象。
(詳しくは→"みなみ屋さんの料理教室”)

そんな面白そうなことを、発酵や干す事が好きな妻がやりたがらないわけもなく。。。
それからというもの、我が家の豆乳ヨーグルトは、空気中から菌を採取してきました。

が・・・・

実は・・・・・

なかじさんの豆乳ヨーグルトと”味がずいぶん違う”
という点が、どーにも引っかかっていたんです。

なかじさんちのは、ビリビリッとしてて「えっ炭酸入ってません?」
というものなのに、うちのは結構マイルド。

あからさまに違う。

しかし、まあ、何か条件が違うのかな?
と、気にはしてなかったのですが、ある日妻が
「酒粕でも乳酸菌培養できるよね?」
と言い、初めて酒粕から乳酸菌を培養してみたんです。
f0112574_2037469.jpg

上が、5gの酒粕を元に、しっかり発行した乳酸菌たち。
(レシピは、きっと後日妻がコメントに書くでしょう。)

それを、元に発酵させた豆乳がこれ↓
f0112574_2038753.jpg

まず、一目みて。

「いつもと様子が違う。。。なんか、ワイルド。」

そして、見た目も違えば、発酵速度も段違い。
この冬の時期に、たった1日でこの量の豆乳が発酵するってのは驚き。

そして、そして、味は・・・・ビリビリビリビリビリビリビリビリ!!

「!!!!・・・・これや!」

「なかじさんちの菌は、酒粕についた菌が培養されていたんだ!」
(なかじさんは、日本酒職人でもあります。)

やっと納得できました。
それにしても、酒粕、恐るべし。
by buinnX | 2013-12-22 21:05 | まるひろ と食べ物 | Comments(2)

玄米でお団子作り~まだまだ練習が必要です~

まるひろ


絵に描いたような、物欲しそうな顔。
f0112574_21482833.jpg

その先にあるものは・・・・

コレ↓
f0112574_2148384.jpg

実は、あん~~~~まりにも団子が好き過ぎる”妖精さん”が、我が家にはおりまして、
その子があん~~~まりにも「おだんご たべりゅ~」と言うので、作ることにしました。

といっても、流石に米粉は常備していないので、
お米を使ったレシピを探しだし、レッツトライ。
(クックパドって、ほんと便利ですよね~)

しかし、本来は白米を使う所だと思いますが、うちは玄米家族。

基本的に玄米しか食べていないので、常備しているのも、もちろん玄米。

「ちょっと練りにくいんだろうな~」と思いつつも、”それっぽい”のは出来るだろうと、
すり鉢やら、袋などを使いつつ強引に練り上げ。(ちょっと茶色ですがその辺はご愛嬌)

皆で、ねちょねちょねちょねちょと玉にしていきます。
f0112574_21485052.jpg

ちょっと水分が多すぎたのか、かろうじて玉にできる程度の固さでしたので、
外に干したり、ちょっとトースターであぶったりと、やっぱり色々しながらも・・・・

出来上がり☆
f0112574_2149086.jpg

お団子・・・・というより、焼きおにぎり?

という疑問符が付きそうでしたが、わが家の妖精さんは大満足。
f0112574_21491235.jpg

次回は、もう少し上手にできると思うから、また作ろうね☆
by buinnX | 2013-12-17 15:00 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)

きっと、取れない柿は全部渋柿。

まるひろ


去年に引き続き、今年もやってきました。
何がって、干し柿の季節ですよ☆

干し柿と言えば渋柿を使うわけですが、以前、友人のT君が、
「柿の木で、カラスも食べない上の方の柿は渋柿なんだよ」
って教えてくれた事がありました。

その時は「へ~」っと思ったけど、あとから調べてみたら、
やっぱり渋柿は平種柿というれっきとした種類らしく、
植物的にはT君の主張は残念ながら間違い。

でも、結局脚立に乗っても取れない柿なら、
いっそ渋柿と思った方が気持ちいい。

何て言うんですかね、正解ばかりがいいってもんじゃないと言いますか、
個人的には間違っていてもT君の主張の方が好きなんです。

そう、あの木の高いところにある、取れない柿は
”きっと渋柿”。渋柿なら取れなくても納得できる。

あっ、でもこの渋柿は農協で購入してきまいしたよ。
f0112574_22115357.jpg

両手に柿姿のルンルン顔で、妻が帰宅。

早速、綺麗に皮を剥いて~
f0112574_2212482.jpg

ビニールテープで、ヘタの部分をくるっと巻いて固定し、
柿のカーテンの完成!!
(この重量感が、なんともたまりません。)
f0112574_2212174.jpg

そして、待つこと数日・・・・・

出来ました。
立派な干し柿。
f0112574_22122867.jpg

このシワシワが、甘くて美味しそう。

出来る事なら、ずら~っと、干し柿がある家に住んでみたいと思ってしまいます。
この季節、うちの店先には柿が干してあるかもしれませんね・・・

珈琲屋だけど。

そして、私は柿が苦手だけど。
(見た目は好きなんです)
by buinnX | 2013-11-02 00:49 | まるひろ と食べ物 | Comments(4)

今年も、美味しいリンゴが届きました!

a

こんばんは~!
今日はいいお天気でしたね。
後日投稿しますが、今日は母の知り合いの方に、お芋ほりをさせていただきました!!
いや~正に「芋蔓式」に出てくる出てくる。
実は人生初体験の私。
と思ったら、母も初、もちろんムスメも初。
3世代初体験させていただきました。
とりあえずふかして、けんちん汁にも投入。
おいしかった!!
ありがとうございますNさん♪

さてさて。
で、夕方届いた秋の味覚第2弾がこれ↓
f0112574_21231821.jpg

きれい~~~!!
我が家の専属リンゴ農園(笑)から、いろんな種類詰め合わせ。

このりんごのおっちゃんは・・・
母の中学の時の吹奏楽部の先輩、だそうで(遠い)
しかも母のお父さんの転勤でちょびっとだけいた、松山の!
大学で出会った今の奥さまが青森のご出身で、
めでたくリンゴ農園お婿入り~~。

すごいわ。
色んな出会いがあるなあ・・・。

このおっちゃんのりんごが、本当にほんとうにおいしいのです!!!
実家にいる時から、リンゴと言えばおっちゃんの。
浮気はしません!だからなくなったらおしまい。
つやっつやでパリッパリで、めちゃめちゃジューシーで、これぞりんごです。

今日届いたリンゴの説明図↓
f0112574_2122764.jpg


星の金貨
シナノスイート
サンむつ
ジョナゴールド

そして下段には 千雪(ちゆき)
なんと切ってから3日くらい、酸化しないそうな。
そんなリンゴがあるんかいな・・・、と去年思いました。
本当に赤くならないんですよねえ~。
だからお弁当に良いと。

リンゴの代名詞のような「ふじ」は、たぶんこれからなんだと思います。
ああ楽しみ。

先ほどはムスメの要請で「サンむつ」を食べました。
いや~~~!ちょっと酸味が効いてて、シャッキシャキで、おいしい~~~!!

先日、お店用に紅玉をいただいたのですが、
本当にほんとうにおいしくて、
煮ちゃうのがもったいなかった。
そしてムスメの目が光りっぱなし。
f0112574_21221742.jpg

「これぜーんぶアタシの!!!あげない!」
「ああそうですか・・・いいですよ王様(後で自分で剥いて食べるから)。
 ぜーんぶあなたに差し上げます」
f0112574_21222614.jpg

「うふふふ♪ だ~いしゅき!!」

このリンゴのご試食ご購入のご希望はコチラまで!
choir_yui◎hotmail.co.jp  (←◎を@に替えてメールください)

アップルファームクラブ
tel / 0172-77-2735 fax / 0172-77-2687
tmmws746◎ybb.ne.jp  (←◎を@に替えてメールください)
http://applefarmclub.com/

今見たら色々見られないメニューとかあったので、
ちょっと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、
リンゴはちゃんとおいしいので大丈夫です!!!!
電話すると、あったかい津軽弁で出てくれますよ♪
by buinnX | 2013-10-31 22:11 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)

干し芋ようの芋

まるひろ


ある日、家に帰りますとゴロリと大きな芋が一つ。
何だか普段食べるサツマイモにしては、形が無骨。

「コレ、どうしたの? サツマイモ?」と聞くと、
「干芋用の芋なんだって。もらった。」との答え。

実はその日、マクロビ系の料理本でその名前を見ない事はないほど
有名な阿里山カフェで、地元有機野菜などを販売するイベントが行われまして。
そこで、妻が野菜を売っているオッチャンに気に入られて、
大変立派な干し芋用の芋を頂くに至ったようです。

さて、そんな立派な干し芋用の芋、”干す”事が趣味のような妻が
干さない訳はないわけで・・・・
f0112574_2024401.jpg

丸ごと蒸かすこと1時間。
そして、いわゆる”干し芋”的な形に、縦に切り、
以前購入した網に入れて待つこと2日。。。。

出来ました。
f0112574_20244970.jpg

立派な干し芋です。

季節がいいのもあるのでしょうが、トマトの時に比べるとかなり簡単。
市販のものより多少硬いですが、充分に美味しかったです。

ちなみに我が家の妖精さんは、干しいもを見ると
「いーもん食べる」というのですが、
”いーもん”=いもでありまして、
まさかのおやじギャグ??!!
by buinnX | 2013-10-29 22:26 | まるひろ と食べ物 | Comments(2)

ココアとラズベリーのタルト

a

こんばんは~。
いや~、またまたあちぃですねえ・・・。
今日は、昼寝をしそびれたムスメはもう寝てしまい、
珍しくまるひろは、高校時代の同窓会。
つまり~?!おひとりさまなのです!!
いひひひひひ。
昨日丸広で買ったボルドーを開けましたよ。いひひひ。

さてさて。
今回はココアとラズベリーのタルトを焼いてみました。
ココアとかチョコって、ベリーと合いますよね。
隠し味として、生地に自家製のとってもすっぱいアプリコットジャムを混ぜてみました。
ママレードでも良かったかも。

f0112574_15483665.jpg


くるみのタルトとはまた違った味わいです。

私の弟(32才)は「いくらでも食える」と言ってました。
おいしい、という意味の他に、
乳製品&卵の重さがないので、見た目より軽い、というニュアンスかと。

ちなみに母には不評。
おいしくない、というよりも、
ただ単にココアとラズベリーの組み合わせが好きじゃないらしい。
いいよ別に・・・・。

もちろん、自分では気に入ってます。
ワインが欲しくなる。
by buinnX | 2013-09-01 21:31 | まるひろ と食べ物 | Comments(3)

梅干し

a

こんにちは~。
きょうは!涼しい!!!
ああ毎日これくらいにしてほしいなあ。
これなら生きていける。

さてさて。
基本的に料理が好きなので、
今まで甘酒やら醤油麹やらヨーグルトやらパンやら切り干し大根やら、
いろいろ作ってきましたが、
私が手を出していない領域があることに、
鋭い皆様はお気づきかと思います。

そう!梅干しと味噌。

梅干しは、手間がかかりそうなイメージと、難しそうな印象。
味噌は、できるかなあ~とは思うのですが、
保管場所がないなあと思ってしまうのです。

しか~し!!!
ついにやってみました梅干し!
(味噌はまだです。いつかやるけど)

いや~楽しかったです。
早く6月にならないかな~(笑)

思っていたほど面倒でも手間でもなかったですし、難しくもなかったです。
時間はかかるけど、まあそれはそうでしょう。

初心者らしく2キロつけてみました。
漬ける甕もなかったので、ホーローの入れ物を購入。
梅は、生活クラブで買った梅酒用の梅。
梅酒にしようと思って買ったのですが、あの砂糖の量を思い浮かべてやめました。
それと、市役所勤務の弟がもらってきた、地元の梅。
塩は、ムスメを出産した助産院で分けてもらった、いい塩(笑)

塩をふって白梅酢が上がってきたときも「おお~~~」
赤シソを塩もみしてあくを出して、白梅酢をかけた時に真っ赤になって「おお~~~!」
シソを入れて漬けて、一つ食べてみた時に「うおおおお~~~~~!!!」

そしてぇ!!
f0112574_1738573.jpg

干す前。
家にあるざるの限界。
梅雨の後、干そうと思っていたら雨ばっかりの時があって、
8月になってから干しました。

本の通り、三日三晩。
”夜は夜露にあてないようにしまう”というのが一般的のようですが、
みなみ屋さんの本には”昼夜干して、陰陽両方のエネルギーを入れましょう”
ってなことが書いてあったので、夜も干す方向で。

3日目↓
f0112574_17381572.jpg

いい感じじゃ~ん?!

でももうちょっと干してみようかな~~
でもう1日。

うをおおおおおお!!!
塩吹きました!!↓
f0112574_17382596.jpg


おいしい。

しかし一番がっついているのは、ムスメだったりします。
1歳児で梅干し好きって、いいのかなぁ・・・?
by buinnX | 2013-08-25 21:22 | まるひろ と食べ物 | Comments(4)