私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

錦城高校 クリスマスコンサート 感想編

√DAMAS

おはようございます。昨日はなんだか忙しく、今、昨日取り込んだ

洗濯物をたたみました

ちなみに、昨日は布団も干したのですけど、あれを車椅子で取り入れるのは

至難の業ですね。

ほとんど、放り投げです

取り上げるのも、苦労するし、取り上げてからも、下につけないように何とか

車椅子をコントロールして、部屋の中へ スローイン!

さすがに、ダーリンに「布団は無理」と了承をとりました。



さて、昨日は、ダーリンが教えている高校の合唱部の一つ、

錦城高校の演奏会がありました。

場所は、ルネ小平のレセプション室

ここ、昔、私が100人入って練習できる会場を押さえろって言われた時に

見に行きましたけど、結局100人入って練習は無理と判断したところです。


しかしながら、そんなところに、多分150人程度のお客さんが入ったと思います。

大変盛況です。ビデオカメラも3,4台が取りまくり。

お父さんがんばってました。


演奏自体は、ダーリンの絶望的な話を聞いていた割には、意外と歌えていました。

大部分の合唱とは縁の無い人には、十分楽しめる演奏だったのではないでしょうか?

しかし、だからこそ、彼らは認識して欲しいです。


合唱の可能性として、もっとも頂点にいる音楽に対して、自分たちはそこを目指したのか

毎日練習をしている = がんばっている = できるようになる

なんて、あまりにも単純な計算式を立てていないか?

がんばってれば、できるようになるなら、皆東大に入れますよ。


合唱って、ちゃんとした指導をすれば、はじめはグンと上手くなります
(昨日の演奏は、そのはじめの伸びのお陰で何とか成功)

しかし、その後は、ずるずるずると同じようなレベルを行ったりきたり。

そのため、正直日本のほとんどの合唱団は、いわゆる最高峰を100点としたら

60点の演奏がごろごろあるわけで、そこから先は、指数関数的

難易度が上がるわけですね。
(こういった上達の流れは、何も合唱に限ったことではないと思いますが)

そのように考えてみると、

昨日の演奏は、よくて60点 単位ぎりぎりのD

自分たちだけで演奏した、クリスマスソングは 40点 落第ですよ。

あの、入り切りだけとっても、音楽的美的センスを発揮しようとする意識さえ

感じられない。本当に残念です。



しかし、たった1度の合わせで歌ったとは思えない イルビアンコ や

島へを、不十分な練習で何とか歌いきったという事を考えると、

本当にもったいないというのが正直な感想です。


いっちゃなんですけど、私の合唱団 結 は、人前に出せるようになるだけで

大変な練習時間を費やさなければならないわけです。

それを、自分たちの練習で、あそこまで持っていけるならば、

なんで、もっと計画的に、そして、目標を持った美しさを自分たちで追求しないのか?


いい合唱をずっとやっていきたいなら 甘えるな

君達はがんばっていない。

自分達だけで、もがきなさいよ。
by buinnx | 2007-11-25 10:09 | 合唱団”結”関係 | Comments(2)
Commented by 部員 at 2007-11-25 18:03 x
指数関数的になりますよねやっぱり。
そこから先は才能と時間か・・・・。

毎日練習するってすごいことだよな~。
うらやましいですわ。
Commented by √DAMAS at 2007-11-25 18:08 x
ほんと、うらやましいね。
なんでも、どっぷり浸かれるのは本当にいいよね。

あれ? 会社もどっぷり? ん~
<< 井上雄彦 「リアル」 インタビ... 祝! 平均25 >>