私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

「あおむしとアゲハとわたし」第4話 ~幼虫 VS まるひろ~

まるひろ

私、実家へ車で移動中です。

第3話でお話ししましたが、もともと生き物が苦手な妻が、
色々あって面倒を見る羽目になったアゲハチョウの幼虫たち。
その幼虫達を観察しているうちに、なぜか妻の母性本能が活動し、
「こうなったら、私の家で死なせるわけにはいかない!!( ゚Д゚)」
と、本気で幼虫達を蝶にすべく、その方法を調べ、面倒をみて、
今まさにサナギになるのか?というタイミングで”Go to 合宿”・・・・

6匹の命を残して、旅だった訳です。

そして、絶対に失敗するわけにはいかない(後々まで妻に恨まれるから)
超ハードモードの育成シミュレーション(?)が振ってきた私です。
もし私の不注意で死なせたりしたら、家庭内不和必須。

内容ほどに余裕はありません。
命に大小はないのです。

そして、いま私は、ムスメ二人と、4匹を連れて実家へ移動中。。。
6匹が4匹になっておりますが、ご心配なく生きてます。

1匹は、あからさまに”もうサナギになります”的な感じで
虫かごの中の結構いい場所で、止まった子がいましたので、
一応、餌だけ残して自宅にそのまま放置。
「ふむふむ、この子はきっと大丈夫!」と信じて置いてきた訳です。

もう1匹は、私が製作した”サナギに最適と思われる板”にとどまって
一向に動かない子を、そのまま放置。
「まあ、ちょーっと心配だけれど、きっとこの子は全く動かないから
 このままサナギになるんでしょう・・・」と信じて置きてきたのです。

そんな訳で、今実家へ向かう車の中です。

4匹の入った虫かごは助手席の足元に置き、
その中でモゾモゾと動き続けている緑色の子たちを
なんとなーく意識しながらも・・・・

・・・・・実家へ到着しました。



ついてそうそう、まずは虫かごの掃除です。

彼らを、適当なパセリでおびき寄せて、
その間に虫かごを新聞紙の上でひっくり返し、
大量のフンと、かわいそうな姿になったパセリを除けます。

虫かごの中に、新しい新聞紙をひき、パセリを用意し、
彼らを虫かごの中に戻します。

合宿に行く直前の妻にレクチャーされたんです。
その通りに実行してみたところ・・・・
なんでしょうね、、、、、

さっきまであんなにメンドウだった4匹が、、、、、
かわいく思えてきました。

新しパセリをもしゃもしゃ食べてます。
綺麗なお部屋になって嬉しそう(な気がする)。
見た目ももっちもっちしてかわいい(気がする)。
たまにパセリの先端で”あれーこれ以上食べ物ないの~”
という感じで、上半身(のように見る部分)を持ち上げて
ゆーらゆーらしている。おバカです。

しかし、なんというか。
おバカだからこそ、かわいい訳です。

この子たちを死なせる訳にはいかなくなりました。

こうなると、人間の我が子よりか弱い分だけ真剣です。
寝ても覚めても私の頭を占めるのは4匹の事。
母に「この子たち、よく見るとグロテスクだね」
なんて言われた日にゃ「そんな事ない!( ゚Д゚) この模様が個性なんだ!」
と反論しつつ。

・・・・翌日・・・・・

取りあえず、神経をすり減らしながらも実家での一泊を終え、
家に帰ろうとしたとき、虫かごを覗くと・・・・・

( ゚Д゚)「一匹、、、、虫かごの上の方で、、、、動いてない・・・・
    これはもう、、、今度こそ、、、、サナギになる直前だ!!!」

こうなると、問題は帰りの車です。
もし、もしですよ、このサナギになろうとしている子が、
車のアクセルやブレーキの反動で落ちてし合ったら・・・・・・死。。。

( ゚Д゚)ぎゃ~~~~~~ それは無理無理ダメ~~~
よーし、全力で安全運転だ! 

後ろの人に嫌がられようと時速30キロで運転だ!
アクセルも、ブレーキもそ~~~~っとやるぞ!

ブルルルルルッルルルルルルルル・・・・・・・

順調な感じです。
元々交通量が多くないので、遅い運転でも特に問題なし。
というか、元々ここは制限速度30キロだし。
もし、後ろからぷーぷーってされても、こっちが法定速度
だもんね~~~

なんて思いながら、助手席の虫かごをみると、、、、
何やら様子がおかしい。。

今まさにサナギになろうとしている子(幼虫A)に、、、
ちょっかいを出している野郎(幼虫B)がいる!!!

( ゚Д゚)「こらーB! なにしょっとね!!!!!」

Bが近くに来るたびに、ちょー迷惑そうに体を震わすA!

( ゚Д゚)「ほら!B! Aが怒ってるでしょ?! なにしてんのよ!
    近づくなよ! 今、まさに安心してサナギになろうとしてんのよ!?
    なに ”よーよーAちゃん~もうサナギになっちゃうの~” 的な感じで
    近づいてんのよ! 離れろ!」

しかし、なおも離れては近づくB! その度にぶるぶる震えるA!

( ゚Д゚)「こら!!B!!! この野郎!!!!
    こっちが運転中で手が出せない事をいいことに、Aちゃんに
    ちょっかい出しやがって! 」

なおも調子にのるB。震えるAの上に覆いかぶさるように邪魔をしだして・・・・

( ゚Д゚)「殺す! いや、それはダメだ!
   あ~~~でも! 次の赤信号まで覚えてろよ! 
   あ~~~でも、出来ることない!」

Bはぐるぐる同じ所を回りながら(その軌道上にA在中)、定期的にAに
ちょっかいをだし・・・・

( ゚Д゚)「ぐんぬぬぬぬぬぬぬ。
    運転中だが、前が見てられん!
    Aを助けたいが、Bも死なせてはならない子なのだ。。。
    ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ・・・・・・

    ふぉぉぉっぉおっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・」

・・・・・・・・30分後 自宅に到着!・・・・・・・・

( ゚Д゚)「よーし、もう対処できるぞ!
    A! 今助けるぞ!
    B! 取りあえず、お前に罪はないとして、今安住の地を与えるぞ!」

と中を覗くと・・・・・
Bも、サナギになろうとしている( ゚Д゚)!!!!!!

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・(ノД`)・゜・。
なんだか、こんちくしょー

と、そのタイミングで、合宿から帰って来た妻と合流し。
色々と煮え切らない想いをかかえつつ「そーいえば、
家に残してきた2匹はどうなったのかな~」

と部屋に帰ると、山椒の1匹は案の上サナギに変身!
姉ムスメの命名で、名前は”あにい” 
f0112574_22551112.jpg
そして、もう一匹は・・・・・・・いない・・・・・

脱・走・・・・・・・( ゚Д゚)
サナギになるんじゃなかったの?!

親の心、子知らず。
人間の心、幼虫が知るわけもなく。。。

その後すぐに、家族全員で幼虫捜索が始まりました。


つづく・・・・

by buinnX | 2017-08-02 22:55 | まるひろ とイクメン | Comments(0)
<< 「あおむしとアゲハと私」 第5... 第26回 ボードゲーム会 終了... >>