私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

毎日が駆け引きだ。 その1

まるひろ

今日は、妻が朝から仕事でいない日曜日です。

折しも、父の日だったので、実家に行くついでに
スーパーDIY親父のために何かを持っていこうと思い、
前日に母に「おとーさんは何が欲しいかな?あっ安いものね。」
と伝えると「豆腐がいい」と何故か母からの即答。

私「え? 豆腐なの? どら焼きとかじゃないの?」
母「お父さんは、いまダイエット中だから豆腐がいい。」

という事で、色々と”これでいいのかなぁ?”と
おもわなくも無いのですが、実家に行く前に
豆腐を買っていく事になりました。

そんな訳で、この日の大雑把な流れはこんな感じに・・・。

1.妻を最寄りの駅まで送る。
2.ムスメ達と一緒に、お店に行き植物に水をあげる。
3.近くの電気屋さんにプリンターのインクを買いに行く。
(前日に切れたんです)
4.近くの丸広百貨店に行き、最高級の豆腐を購入。
5.私の実家に行き、お昼ご飯。
6.適当に娘達を遊び、妻を駅で拾うタイミングで帰宅。

です。
ちょっといつもよりも立て込んでおり、多分、娘達の我慢は
電気屋さんくらいで一次爆発が予想されます。ですが、私は
そんな時の為に虎の子の”野菜ジュース”と妻の手作り”お菓子”
をもっておりますので、準備は万全です。

ちなみに、この日の持ち物はコチラ

1.水(各自水筒に入れています。)
2.手拭き
3.野菜ジュース
4.ズッキーニのマフィン
5.着替え(妹ムスメがパンツトレーニング中なため2着)
6.ボードゲーム(ネコとネズミの大レース)

ってな所です。
まあ、6以外はいつもの標準装備です。
では、出発!
f0112574_22114957.jpg
一応申し上げますが、この日は晴天。
傘なんぞまっっったく必要無いのですが、二人とも傘持参。
もう邪魔だから置いてって!と言うのも疲れました。

そして、車に乗って無事に妻を駅に送り、
お店まで行き、植物に水をあげてとまずまずな出だしです。

いつもならお店に着くなり「お腹すいたー」と
”朝ごはんなんぞ食べたことが無い”風な様子で
空腹を訴える二人ですが、今日はなんたって
”野菜ジュース”があります。

私「後で野菜ジュースのんでいいから、ここでは駄目!」
と告げ。(しかし、彼女達の批難は収まってませんが)
電気屋さんへ。

と思ったら、妹ムスメが「オシッコ!」発言。

でました。

家を出る直前にトイレに行ったはずなのに、
どーしたらこのタイミングでまたトイレに行きたくなるのか
聞きたいくらいですが、言われたからには捨てておけません。

でもこれは、若干2歳児の罠です。
彼女は既に知っています。
大人はこの”魔法の言葉をいえば従う”という事を。

なので彼女は使うのです、魔法の言葉
「オシッコ!」
この威力は尋常じゃありません。
私達にとって、どんな状況であっても無視することは
リスクが高すぎます。最悪、むりやりその現象を起こす
ことも可能なのですから・・・

なので、仕方なしに連れて行くと

やはり、出ません。

そりゃーそうです。
15分前に行ったんですから。
それでも取りあえず、最悪の事態でないことに
一定の安堵をし、そして彼女達のここぞとばかりに
高められた「お腹すいたー」大合唱を浴びるわけです。

しかし負けてはなりません。

ここで彼女達の要求に組み入る事は簡単です。
しかし、それにはお昼ご飯を食べなくなるというリスクも
追う訳です。そして、お菓子を食べ、お昼ご飯をちゃんと
食べない彼女達が、後々体調を崩す事を私は経験的に知っています。

ですので、親は非情です。否、非情なのではなく
結果的に困るのは体調を崩した二人を看病する私だ!

だから、これは未来の日常を守るべく必要な行動であるため
「お昼ご飯を食べられなくなるからダメ!」とだけ告げ、
二人の口撃をいなし、とりあえず、次の目的に”電気屋さん”に到着。

さて、彼女達の奇行はまだまだ続きます。

電気屋さんに入るなり、取りあえず、
入口付近の特大テレビにくぎ付けな二人。

むしろこれは好都合。
私「(しめしめ、今のうちにインクを購入してこよう)」
と、ささ~っと行き、店長に要件を告げ、カウンターに戻ると・・・・

何故か、二人がレジのお姉さんと話してます( ゚Д゚)。
そして、何やら三角形なブーメランのようなものを回してます(^▽^;)。

私「え~っと、これは何ですか?」
店員のお姉さん
 「え~っと、ストレス解消に使うものです(^◇^)」
私「・・・・ストレス? この二人にストレス?」

という、複雑な思いを抱きながらも彼女達を見ると
”ハンドスピナー”というものをギュンギュン回して
楽しそうです。

動きません。

楽しそうに回してます。
私は、次の丸広百貨店に行きたいんです。

催促しますが、案の上動きません。

だったらいっその事と、私も
”やってみたくなってみました。”

私「ねえ。おとーちゃんもやりたい!貸して!」
姉「やだ!」
妹「やぁだ!」

私「え~ いいじゃん、貸してよ( ゚Д゚)」
姉「やだぁ~(持って走る)」
妹「やだぁー(ついて走る)」

そのまま外へ。

私「(´ー`)ちょっとまって! 
  お店の外までもっていかないで~~~( *´艸`)」

ふふふ、これでこちらの作戦通りに電気屋さん終了☆
さてこの時点で、予定の6分の3が終了。
それなりに順調です。

このまま、無事に一日が過ぎてくれればいいのですが・・・・・


その2に続く。

by buinnX | 2017-06-24 22:57 | まるひろ とイクメン | Comments(0)
<< 毎日が駆け引きだ。 その2 ”テレレレ~テ~レ~テッテレ~... >>