私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

第21回ボードゲーム会 ~あやつり人形は、3~4人でプレイしましょう~

まるひろ

第21回 ボードゲーム会のメインとして、
初の”あやつり人形”7人プレイをやってみました☆

というのも、今回は、予め本ゲーム会の常連の方に
「次回、何のゲームをしたいですか?」とお聞きしたところ
「あやつり人形をやりたいです」とお答えいただけたので、
じゃあそれをメインに持っていけるようにと、他のゲームの
時間調整などを考えたのですが・・・・。

”あやつり人形”は名作なのですがね。時間が読めないのが難点。
ゲームの醍醐味はターン事に操るキャラクターを選ぶことなのですが、
それが、プレイヤーが増えるごとに時間が伸びる原因に。

そんな訳で、今回は7名という”あやつり人形”の
最大プレイ数でやりますので、一応1時間半という時間を
確保したくて、サブには軽いゲームを用意しました。

といっても、近頃の新作ゲームはプレイ時間の短いものが多いので、
気になる新作を試せる絶好に機会として、2つの新作をご紹介しました。

まず、一つ目が、ナンジャモンジャ・ペアセット。
f0112574_23220943.jpg
ナンジャモンジャは、なんとも言えない不思議な生物たちが
描かれたカードが24種×5枚=120枚あり、その各種の生物(?)
達に名前をつけて、それを覚えて、名前を付けた生物がまた出てきたら
素早く名前を言う(叫ぶ?)というもので、記憶力の瞬発力と
声の迫力が必要なゲーム。

この声の”迫力”ってのは意外と重要で、
同時に名前を言っていたとしても、やっぱり声が大きいとか
聞き取りやすいとか、あるとどうしても”勝ち”って感じがするし、
いや、そもそもちょっと邪道だけれど相手の思考を邪魔できるとか・・・

え~っと、しかしとにかく盛り上がります。

だって、皆で「あ~これなんだっけ~( ゚Д゚)」とか
「たこ焼き太郎!」とか、、、、よく分からない事だらけを
本気で叫ぶんですから、ちょっとハイテンションになれますよ☆
 
ルールも、もちろん20分程度で終わる簡単ゲームなので
本ゲーム会でも多分再び使うでしょうね。


そして、もう一つはコードネーム 日本語版。
f0112574_23234883.jpg
仲間のチームに、選んでほしいコードネームの書かれたカードの
情報を”単語一つ”と”枚数”だけで伝えるゲームです。

本当に無限の可能性のある組み合わせの中で、仲間に一つでも
多く目的のカードを選んでもらえるように”知識”と”発想力”と、
そして”仲間との共通な情報”を見つけ出して伝えるという、
単純だけれど言語脳フル回転なゲーム。

こちらも、ルール説明は15分で済みますが、内容の深さは無限大。
2016年のドイツゲーム大賞に選ばれたのもうなずけます。

ちなみに、私は、”魔女” ”毒” ”スパイク”という単語を選んでほしくて・・・
「拷問 3枚」と伝えたのですが・・・見事に見つけてもらえません
でした(-_-;)


さて、そんな訳で、色々と時間の調整は上手くいき。
満を持して、メインの”あやつり人形”です☆
f0112574_23235508.jpg
久々に重めなゲームなので、皆さま真剣そのもの!
勝ちたい気持ちの競り合いの中、ゲームは徐々に中盤戦へ・・・・

って、あれ?(-_-;)
時計を見ると、1時間半経過~~~( ゚Д゚)
まだ、中盤やぞ? 1時間半って、予定時間やん!?( ゚Д゚)

チクタクチクタクチクタクチクタク・・・・・(-_-;)

マズイ、マズイよ?!
予定時間オーバーしてきたよ?!
大丈夫皆さま? その険しい顔は、真剣に楽しんでいるという事なの?
それとも、ゲームが終わらなくて困っているの?

分からない( ゚Д゚)
ワタシには、分からない。

けれど、私は知っているのです。
”動き出してしまったものは、止まらない。”
ゲームは、はじまってしまったら、ちゃんと終わるまで
真剣にやらなければならないのです。

だから、ただ勝つことに集中するのみ・・・・
そして、終わりました。。。

予定時間1時間オーバー。。。
( ゚Д゚) ほ、本当に済みませんでした。


・・・・それでも、参加してくださった皆さまから
「楽しかったよ~」「悔しかった!」
という、感想をいただけたのですくわれました。

”あやつり人形”はプレイ時間から考えて、
3~4人がオススメですね・・・
それなら1時間半で終わるはず・・・


色々と不手際があるかも知れませんが・・・・
次回のゲーム会も、皆さまのご参加を
こころよりお待ちしております。

by buinnX | 2017-03-02 20:53 | Café BROWN | Comments(0)
<< 心地の良い対応を目指しております。 おかーちゃんがいない日は・・・... >>