私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

有機コーヒー豆とはいえ、欠点豆ですので飲んでも絶対においしくありません。

まるひろ

私の仕事のほとんどはコーヒー豆の選別です。

カフェブラウンで扱っている豆は全て有機か無農薬の豆なのですが、
この豆を可能な限りクリアで雑味のない味に仕上げるために、
欠点豆と言われる”虫食い”だったり、”カビ”だったり、”割れ”だったりしている
ものを除去するのが選別です。

今使っている豆の場合、大体5割~6割を欠点豆としてはじくのですが・・・
正直勿体ない。

折角コーヒー農家さんが、頑張って育ててくれた豆たちを、
割れていたから”ハイ終了~”とゴミ箱に捨ててしまうのは悲しい。
でも~味の問題があるから商品に入れるわけにはいかないし・・・・

と、思っていた所。
先日お邪魔しましたお米農家の新井さんから
「コーヒーを入れた後のかすは、
 もとがお豆だからぼかし肥料に混ぜるととってもいいのよ~(´艸`*)」
と教えていただき・・・これだ!となったわけです。

しかし、生のまま充分な量ができるまで保存するのは衛生面でも良くないし、
生のコーヒー豆はとっても固いので、きっとぼかし肥料にするためにも
焼いた方がいいだろうと考えまして・・・・
f0112574_22322948.jpg
焼きました☆ 
250度くらいで15分くらいかな~
流石に焙煎機ではないので、焼きむらが激しいですが、
肥料にするために砕くには充分なくらい火を通しています。

欲しい方は、スタッフまでお声がけください(^_-)-☆

by buinnX | 2016-09-18 22:32 | Café BROWN | Comments(0)
<< カールヴァーン・ブルワリー オ... 無駄に手の込んだカッコイイ駐車... >>