私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

妻と二人で、遠慮なく一本空けました

まるひろ

丸広百貨店に行きましたら、
こんな企画をしていまして・・・・・
f0112574_21401624.jpg

目隠しされたイタリアワインを2160円で一本選べるという、くじ。
こんな感じで並んでいます。
f0112574_21402940.jpg

なんたって”くじ”ですから、一番たかーい奴は数万円するワインで、
安いやつでも一応元は取れるくらいの物を用意してくれています。

最初、ちょっと意味が分からなかったのですが、よく考えてみれば
そんな数万円もするワインなんて、自分では買えませんから、
こんなくじにでも頼るのが吉かと・・・・

しかし、私。
34年かけて分かっている事実は、くじ運が悪い事。

宝くじはもちろん、ビンゴでどこまで惜しい状態になっても、当たった事ないし。
年賀状ハガキ、縁日の駄菓子も毎回カスばかり。
しかしなぜか当たるのは、あみだくじで決まる学級委員長。

きっと、何か邪念が強いんだと思います。
しかし邪念は自分と切っても切り離せない一部ですので、
まあどうにかつき合うのですが、今回のワインはなんとなーく当てたい!
(既に邪念発動)

1等とは言わないけれど、ちょっとお得な奴を選びたい!
しかし、きっと今回もこの強すぎる邪念が邪魔をするはず!

ですので、私、考えました。

先日、お店に来てくださるお客さまに「私はね、もし宝くじが当たったら、
カフェブラウンの皆さんを宮島に招待したいのよ~」と言ってくださる方
がいらっしゃいまして、なんというか、何とも嬉しいお話しになんとなーく
お客さまの宝くじは当たる気がする訳です。

つまり、誰かの為に当てると思えばその純粋な願いのエネルギーが
邪念を薄めてくれるのではないか?

ということで!

買う前に宣言しました。
ま「いいワインが出たら、結の皆で飲む!」

これで、きっと邪念が、1減ったはずです。

しかし、まだ足りません。
もっと邪念を減らさなければなりません。

というか、そもそも私が選ぶから悪いわけで、ここは
一番邪念が少ないであろう妹ムスメ(1歳10か月)に
選んでもらうのが吉かと!

ま「ちぃちゃん。 どれがおいしそう?」
ち「(袋の紐を掴んで)うっ!」
ま「ほうほう、これだね~ これで結のみんなが楽しくのめるんだね~」

と、言う訳で、選ばれたのがコレ↓
f0112574_21492976.jpg


ま「ふぉふぉふぉふぉ・・・・ ここまで邪念レベルを下げたんだから、
  きっと最低でもちょっといいものが・・・・・・

  さぁ~でてこい! お得ワイン! 最高級ワイン!
  数万円のワイン! でてくるのじゃ~」 (選び終わったので、邪念解禁!!)

ガサガサガサガサ! でたー( ゚Д゚)!!!
f0112574_21493884.jpg

ま「キ( ゚Д゚)・・・・・・キャンティー・・・・・・ってたしか・・・・・・・」
f0112574_21495039.jpg

いちばーん、本数の多いワインですね(-_-;)。
でも、多いっていっても、60本のうちの24本だよね・・・・ 40%。

やはり私は、残りの60%を見事に選べないののか・・・・。

うううううううううううう(ノД`)・゜・。
やっぱり、絶対に宝くじは買いません( ゚Д゚)。
by buinnX | 2016-07-31 22:31 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< じっくりと、落ち着いた声で読む... 今年は、お子さんよりも親御さん... >>