私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

第13回ボードゲーム会 終了しました。

まるひろ

単に、私が”楽しいから”という理由で始めたボードゲーム会も、今回で13回。
ご参加くださる皆さまのお蔭で続いております。ありがとうございます。

毎回、色んなドラマがありますが、大の大人が本気で悔しがったり、リベンジに
燃えたり、邪魔したりできるボードゲームってやっぱりいいですよねぇ~!
今回も脳が活性化しました☆

そんな訳で、今回ご用意したゲームはこんな感じ。
f0112574_21405531.jpg
左上から、ラブレター あやつり人形 枯山水 ワンナイト人狼 
     ハゲタカのえじき カタン(カプコン版) インジーニアス
     マラケシュ ハンカチ落とし 犯人は踊る マンハッタン

始め、参加予定人数が2名様と少なかったので、恒例の”カタン”と、
名作である”あやつり人形”を私を含めて3名でプレイしようと思っていたのですが、
前日になり2名様の追加があり、取りあえずカタンのプレイ時間によって・・・
と調整した所、やはりカタンの4人プレイは時間がかかり、操り人形は
改め”犯人は踊る”になりました。

さて、カタンですが、今回はかなりな接戦。
お一人様以外は、カタンを何度かプレイされているメンバーでしたので、
皆さま”鉄”の必要性と、”チャンスカード”の重要性を熟知しており初手配置は
どなたに勝利が転がってもおかしくない状況からスタート。

毎回思うのですが、序盤のサイコロ運ってのはカタンに取ってかなり重要ですね。
サイコロの確率に合わせて後半で運命が帳尻合わせしてもダメ。
前半でどれだけ自分の数字が出るかで勝敗に大きく影響します。

今回の前半のキーナンバーは6、10,11。
二つのサイコロを振って、11がでる確率は決して多くないのですが、
産出される資源の希少性も相まって、8や9を持っている方よりも
序盤から伸びた印象です。

結果、サイコロ運も味方につけたSさんが、その印象通り勝利!
YさんやWさんもあと1ターンあれば・・・という状況でしたが、
その最後の1点が中々取れないのがカタン。
見ていても緊張感のあるゲームでした。


そして、40分ほどの残り時間は私も参加して”犯人は踊る”をプレイ。

今回のキーワードは”いぬ”。
”犯人は踊る”は、お互いの手札がどんどん変化する中で、最終的に
誰が犯人カードを持っているかを当てるゲームです。
最終的に”当てる”為には探偵カードが必要なのですが、それ以外にも
特殊な”いぬ”というカードがあります。

この”いぬ”カードは、決して犯人を当てるカードではないのですが、
状況によっては”いぬ”で犯人をあばく事ができ、しかもそれで勝利した
場合が実は勝利点が一番多く手に入ります。

しかし、このカードは基本的にランダムであったり無かったりしますので、
結構、場に無い事がおおいのですが・・・今回は6回中3回ほど混じり
場は大混乱。

これがあるために、最後の最後まで犯人は気を抜けず、、、、
結果、犯人の側の勝利は6回中・・・・1回(^▽^;)。
そのうち”いぬ”による真相解明は・・・2回( ゚Д゚)。

結構犯人にとっては、シビアな戦いでしたが、皆さんワクワクドキドキ
してくれた様子でした。このゲーム、5人くらいが丁度いいと思っています。

ちなみに・・・・ 

その”いぬ”により勝利したのは、全て私(^▽^;)。
そして、1回だけだった犯人側の勝利も、実は私(-_-;)。。。

ってな訳で、私が勝ってしまい・・・・
f0112574_21410687.jpg
今回も、皆さんに珈琲一杯無料券を差し上げました(ノД`)・゜・。
試合に勝って、勝負に負けた。。。 

に報告するのが、本当に・・・・怖かったです。

そして、この制度も次回から少し変える予定です。
詳しくは、後日投稿いたします。

次回は7月2日。
皆さまのご参加、お待ちしております。

by buinnX | 2016-06-11 22:48 | Café BROWN | Comments(0)
<< 誰がその足を洗うんだい? ひとくち フロランタン >>