私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

多分、Rちゃんのお父さんの罪は、それほど重くないと思います。

まるひろ

春です。
小鳥がさえずり、お店の木々や裏に植えているミント達も輝いております。
f0112574_2251458.jpg

しかし、元気なのはそんな嬉しい子たちばかりではありません。

そう、今年も既に始まっているのです。
裏の、終わることなき雑草とのモグラたたきが!

私の朝の業務は、ガス栓を開けてからの、、、、雑草チェック!

裏口の周りを見回して、危険な速度で成長しているやつがいないかリサーチ!
もしヤバめな奴がいたら、すぐさまキャッチ&リリース!

早めの対応が、秋ごろの自分を楽にしてくれるはずです。
ふふふふ、今年もやつらに出番はない!
一昨年の反省は今も生きているんだ!

とばかりに、毎日毎日休まずに抜いております、が、、、
ある日、気がついたんです。
そんな奴らの中にも、可憐なこんな子がいる事を・・・・
f0112574_2252535.jpg

む・・・この草は、もしかして放っておいたらそれはそれで綺麗かも・・・
そして、あたり一面に黄色いカワイイ花が咲くのは、ちょっと嬉しいかも・・・・

そんな、自分の中に見つけた乙女な面に、ちょっとニマニマしていると、
ある話を思い出しました。

それはある日の、お菓子担当のRちゃんとの会話・・・・・・・・

R「うちのお父さんにね、庭の雑草取りをお願いしたら、
  私が大切にしていた花も抜かれてさ・・・・・」
ま「その花の事は伝えてあったの?」

R「うーん(._.)。それに、伝えてなくっても毎年綺麗な花を
 咲かせてるのは見てるはずなんだよぉ!」
ま「・・・・・・・(-_-;) (お父さんには、その綺麗な花が見えていたのかなぁ・・・)」


・・・・・・・・・・・(-_-;) え~っと例えばだよ。。。
この雑草に見える綺麗な花も、Rちゃんが私の知らないうちにタネをまいたとしたら?
残さずキレーに”草=雑草”と判断すると、善意の過失となり、
知らず知らずにRちゃんの機嫌を損ねる可能性がある・・・とか?

いや、待てよ。逆もありうる。
素人の判断で、”この草はキレーだから残しておこう☆”なんてした結果、
「まるひろさんは、なんで毎回この草だけひっこ抜かないのかしら(-_-)」
なんてことも・・・・。

・・・・どちらにせよ、一人で判断するのは危険だ(*_*;
ここは、聞いて来よう。。。

ま「あの~ R先生。 裏の雑草の事なのですが、この黄色い花を咲かす草は、、、
  残しておいていいものでしょうか?」
R「あ~ これは〇×△◇☆草ですね。可愛いし、大丈夫ですよ。
  あっ それよりも、◇#×&〇×草は、必ず排除してくだい(-_-)」

ま「(え~っと名前は、どーも覚えられそうもないな) 
  んで、それはどの草でしょうか? 今この中に生存しております?」
R「これです!(-_-メ) 根っこも深いし、太いし、畑にできたら終わりです。
  ニクイ・・・・・・ 憎い・・・・・・・憎い・・・・・・・」
f0112574_2254246.jpg

R「ニクイ、ニクイ、ニクイ、憎らしい・・ブツブツブツブツ・・・・・
              (誇張ではありません、本当に言ってました。)」
ま「・・・・せ、先生(゜.゜)?(ただならぬ負のオーラが。。。)」
 
ま「あの~ ちなみに、こっちもカワイイと思っているのですが、ニクイ系?」
f0112574_2255280.jpg

R「えっ? これも〇×△◇☆草ですよ。同じ花じゃないですか~。」
ま「あっそーかぁ~ (^▽^;)ははははは☆ (・・・・・植物図鑑、買おうかな?)」

きっと夏にはミントと、黄色い花一面の可愛い裏になっている事でしょう。
by buinnX | 2016-04-21 22:53 | Café BROWN | Comments(0)
<< PIANO PARADISE ... にゃー >>