私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

モチロン、卒乳おめでとうがホンダイです。

まるひろ

何度かここに書きましたが、とうとう妹ムスメが卒乳したのです。

そう、つまり。。。
とうとう(私も)ワインが飲める~~~(/・ω・)/

ワインセラーに眠っていたワイン達。
それは、姉ムスメの出産祝いだったり、お店の開店祝いや
1周年祝いだったり、私の父の日のプレゼントだったり、
お店で企画していたワイン会で用意したワインだったりと、
なんでそのタイミングでワインくれた?
と思えなくもないだったのですが、それもとうとう解禁!

数年の間、開かずの扉だったワインセラーが今開かれる!!

天照大神さま~~~

しかし、、、、実は、浮かれてばかりでは、いられないのです。

お店でのワイン会の講師として来ていただいていた江川さんに
以前言われたのです。。
江「ワインの保存は、家庭が一番やばいよ(-_-)」
ま「へ? ワインセラーに入れていてもでしょうか???(*_*;」
江「夏場、何度くらいになってる?」
ま「え、え・・・っと、一応15度には設定していますけれど・・・・・
  実際は、どうだろう? 音は結構グオングオン行ってますけれど・・・」

それを言われてから、確認しましたよ夏場!
夏の暑~い時期、セラーの温度計の表示を見てみると・・・・20度・・・・

おっかし~な~(゜.゜) おっかし~な~ ダイジョウブなのかな~

しかも、よく見てみると、ガラスはスモークがかかっているとはいえ、
太陽の光は直接セラーの表面にHIT!( ゚Д゚)

すかさずワインの本を開いて調べましたよ
”ワインの理想的保存条件”

その1 低温(10℃~15℃)で温度変化が少ないこと。28度以上はNG。

その2 光のあたらない暗所であること。

その3 湿度が保たれていること(65~75%)

その4 振動や悪臭がないところ

その5 ボトルを寝かせて保存できるところ


・・・・・微妙~(-_-)

でも、もしダメな状況だとしたら・・・

あの、娘が20歳になったら飲もうと思っているワインも、
あの、同じシャトーの年号違いを楽しもうとしているワインも、、、、

どうなってしまうのか?!私の神はどうなってしまうのか?!

まあ、その楽しみを待つ時間が、一番幸せってもんじゃない?
なんて精神的な余裕はない!

なけなしのお金で買ったワイン達!(いただいたものも多数あるけれど!)
どれ一つとっても、残念な結果は欲しくない!
せめて新聞紙をかぶせて、直射日光だけでもシャットアウト!

・・・・・・・・・そして月日が流れて今に至る訳です。

さあ、栄えある卒乳おめでとうの一本目に選ばれたのは・・・
f0112574_22545077.jpg

シャブリ☆

いえね、妻が「いきなり赤よりも白がいい」とおっしゃるので、
消去法で決まったのが、このシャブリ(開店祝いでいただきました!)。
とはいえ、シャブリといえばキリッとミネラル感とフレッシュ感のあるイメージなので、
久々のワインには確かに丁度いい、か?という訳です。

さ~って、どきどきのワインターイム。
キャップシールを切って~
コルクを抜いて―
香をかいでみると・・・・・ 悪くない(゜.゜)。。。

そして、グラスにそそいで、いざ迎えよバッカス!

う~~~~~~~ん。。。

問題なし!( ゚Д゚)

取りあえず、ほっとしました。
よかった~よかった~ ほんとーによかった~ いえーい( `ー´)ノ


・・・・・・・・・Σ(゚Д゚)あっ 卒乳おめでとう。
by buinnX | 2016-03-12 23:27 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< その、右手に持ってるものは何ですか? サリネリートチョコレート 3月... >>