私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

エクアドルの子と文通

まるひろ

エクアドルの子どもの文通支援を始めました。
f0112574_05316.jpg

去年、エクアドルのコーヒー農園を見学に行くときにお世話になりました
SANE(エクアドルの子どものための友人の会)の活動の一つに中・高校生を
対象とした奨学生プログラムがあります。

ユニセフに限らず、世の中には発展途上国に対する数々の支援がありますが、
これまで”出来る事はしてあげたいな~”程度には思っていても、中々実感がわかず
関われなかったのですが、今回エクアドルで実際に教育の現場や、支援を受けている
子ども達と話したり、お宅に訪問させてもらう事で”してあげたいな~”から
”したい!”に変わったわけです。

支援の詳しい話を代表の杉田さんにお聞きすると、奨学生への支援は
月々1000円~3000円まで選べ、希望すれば対象の学生と文通ができるとのこと。
(ちなみに、私は1000円の会員に登録しました。)
エクアドルで使う公用語はスペイン語ですが、文通は別途翻訳をしてくださる
ボランティアの方が入り、こちらには元のスペイン語と日本語訳のある手紙が届き、
こちらからは日本語を翻訳してもらい、日本語とスペイン語訳の手紙が奨学生の
元に届くというシステムです。

そして、早速1通目を受け取り、こちらからも返信したところです。
月に1度のやり取りですが、さて、どんなつながりになるのでしょうか。

ご興味のある方は、是非SANEのHPをご覧ください。
f0112574_22365369.jpg


<エクアドル旅行記>
エクアドルは遠かった <その1>~エクアドルに着いたら、君はいなかった~
エクアドルは遠かった <その2> ~歌は万国共通です~
エクアドルは遠かった <その3> ~鶏、豚、牛 僕の肉体改造計画~
エクアドルは遠かった <その4> ~馬初体験~
エクアドルは遠かった <その5> ~深夜、気がつけばツアーメンバーはみんな、満天の星空を眺めていた~
エクアドルは遠かった <その5のその後> 
エクアドルは遠かった <その6> ~コーヒー園~
エクアドルは遠かった <番外編> ~味はご想像にお任せします~
by buinnX | 2016-01-20 21:35 | まるひろ と車椅子 | Comments(0)
<< ドキドキかわいい 2016年 バレンタインデー企... >>