私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

ソイラテをモロモロにしないために <その2>

まるひろ

前回投稿しました”ソイラテをモロモロにしないために <その1>”の続きです。

ですので、続きらしく前回までのあらすじなどなしに、始めます。
※気になる方は、<その1>をご覧ください。

・・・・・

え~ という訳で問題は、温度だと言うことになりました。
そうなれば、後は実験するのみです。

とはいえ、実験するにも自分が丹精込めて作ったコーヒー豆を
使わないといけませんので、無駄うちはあまりしたくないです。
それに、食べ物を粗末に扱ってはバチがあたりますので、
あくまで自分が処理(飲める)量が一つの目安と考えると・・・。

一日3杯くらいのコーヒーくらいが健康にいいと聞いたことがありますし、
営業中もそれくらいの量がなんとなくいい気がしています。

つまり、実験に使用できるのは3杯分です。

しかし、何も馬鹿正直に1回の実験パターンに、通常のコーヒーの量を使用する
こともありません。1回分を複数に分ければ”はかどる”というもの。
ですので、今回は1回の抽出分を3つに分け、コーヒーが目的の温度になるのを
見計らって、これまた目的の温度の豆乳を・・・・投入(サムイとか言わないでください)☆
すればいい訳です。

では、早速実験開始。
使用したコーヒー豆は、今まで使っていなかった酸味のしっかりある
浅煎りタイプ”ニカラグア”。

それを 高温 中温 低温 の三つのコーヒーに分けて、
低温(10℃くらい)の豆乳を・・・・投入( *´艸`) 
したらどうなるか? (ふふふふサムイ?☆)

コーヒー温度 70度
豆乳温度   9.5度 
結果:若干のまだら模様になるが、すぐ消える。

コーヒー温度 60度
豆乳温度   9.5度
結果:若干のまだら模様になるが、モロモロまではいかず。

コーヒー温度 30度
豆乳温度   9.5度
結果:綺麗に混ざり、まだらな様子もなし。

うっぷ( ゚Д゚) 
よく考えたら、コーヒーの量が少なくても、投入する・・・・”豆乳”・・・・
の量分増えるので、結構お腹に溜まってきました。

それでも、取りあえず豆乳の温度が低い状態では、まだらにはなるものの、
モロモロ状態まではいかないようです。
しかしその中でも、コーヒー温度60度付近がなにやら怪しいですね。

次☆
豆乳の温度を上げて、よりお店での提供に近づけて。。。
コーヒーの温度は、怪しい60度付近を狙って・・・

コーヒー温度 69度
豆乳温度   63度
結果:綺麗に混ざり、全く問題なし。

コーヒー温度 65度
豆乳温度   63度
結果:綺麗に混ざり、全く問題なし。

コーヒー温度 59度
豆乳温度   63度
結果:綺麗に混ざり、全く問題なし。

うっっぷ(-_-;)
そろそろ胃袋が限界に近付いてきているというのに、
結果は予想外に問題なし。むしろ、コーヒーの温度が低いほど
質感がトロッとしていて不思議とおいしい。

いったいどうなっているのでしょう?
お客さまに提供する温度を考えても、ここが一番怪しかったのに、
実験結果は質感こそ違えど”問題なし。”
じゃあ、あのモロモロな状態はいつ起こっているのか?
あと考えられるのは・・・・・・・

あっ( ゚Д゚)

逆パターンですよ!( ゚Д゚)
豆乳の方が温かくて、コーヒーが冷たい状態!

よし!そうと分かれば、最後の挑戦!

コーヒー温度 40度
豆乳温度   62度

結果は・・・・・ めっちゃモロモロに☆( `ー´)ノ
f0112574_23343817.jpg
そして、これを電子レンジで温めると、さらに悪化!

これだ!( ゚Д゚)
これが起こっていたんだ!

ち・な・み・に。
うちの浅煎り豆を普通に抽出すると、コーヒーの原液は何度くらいで落ちているんだ?
・・・55度! キタ~(^^♪ これだ、55度※。
※弊店では、18gのコーヒー豆で50gのコーヒー原液を作り、
 それを100gのお湯で割ってお出ししていますので、
 ご提供いたしますコーヒーの温度は始め80度近くあります。

つまり以上から、モロモロは予想通りにコーヒーの温度と
豆乳の温度の問題で、やってはいけないのは、豆乳の温度が
コーヒーよりも高い状態でまぜてしまうことだと分かります。

と、まだまだ実験が足りないとはいえ、現在の一つの結論として・・・・
f0112574_2249925.jpg
”浅煎り豆のソイラテ” 始めました☆

深煎りにない、トロッとした質感をお楽しみください。

by buinnX | 2015-12-10 23:34 | Café BROWN | Comments(0)
<< ”からい”と”つらい”はおんなじ字 4歳です >>