私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

エクアドルは遠かった <その3> ~鶏、豚、牛 僕の肉体改造計画~

まるひろ

エクアドルに行くとなった時、妻や、お菓子担当のRちゃんに心配されたのは
「食べもの大丈夫?」という事。

私は、こんな白砂糖や、乳製品、卵を使わない”ゆるマクロビ”なお店をやっている
ほどですので、基本的に毎日の食卓でも身体に優しい食事を心がけている訳です。
そんな私が、”急に地球の裏側にいって、そこの食事に耐えられるとは思えない”
というのが、二人の心配の元という事なんです。

まあ確かに言わんとしている事は分かるので、一応エクアドルの主食を
調べてみると、よく分からない現地の日本人の方のブログによれば、まさかの・・・・米。

でしたので、「主食は米だから、大丈夫だよ~」という、今思えば
全く分けの分からない自信をもって二人の不安を押しのけて行ってきました
地球の裏側 エクアドル。

その結果、どんな食事だったかを、ちょっとご紹介いたいます。

まず、<ホテルでの食事>。

朝食に起きてくると、目に飛び込んできた見慣れない物体が・・・。
f0112574_23312772.jpg

まるで、スターウォーズのR2-D2のような機械ですが、
これ、コーヒーとミルクとお湯を出してくれる装置で、
3つレバーがついており、上からミルク、左からお湯、
右からコーヒーがくるんです。

なぜ、三位一体にしたのか不明ですが、取りあえず朝起きると
”ブッシュ~~~~~ シュ~~~~”と威勢よくうなっており、
「( ゚Д゚)中のコーヒーは、沸騰しているのでは?」
「( ゚Д゚)牛乳は、凝固しているのでは?」
「( ゚Д゚)お湯は、飲める温度なのか?」
と思えるド迫力なのですが、意外とそれぞれ適温で、
コーヒーもエグミ無く充分な美味しさ。

そして、そうなると朝食に用意されているものは、もちろん・・・
f0112574_23371463.jpg

パン。

( ゚Д゚) コメは? 主食じゃないの?
f0112574_23375956.jpg

さらに、日本の旅館のように毎朝用意されるスクランブルエッグ。
毎朝という点で、すでに日本で摂取していた動物性タンパク質を超えそうな勢いですが、
それでも”朝食”ですので、まあ分かりますし、ツアーを企画してくださったSANEの
杉田さんが、現地のトマトやピーマンをなどをスクランブルエッグに加えてくださったので、
大変リッチな朝食を楽しませていただきました。

そして、その日は奨学生達との昼食が予定されておりまして、、、、
f0112574_23373440.jpg

選べたメニューは・・・・

杉田さん「え~っと、みなさ~ん。メニューですが、牛と豚と鶏はどれがいいですか?
      え~ ちなみに、鶏が一番高いです。」

まるひろ「(・・・・・( ゚Д゚)選択肢は、全て肉なんですね。。。。ま、まあ仕方ないです。
      ならせめて、マクロビ的に選べば鶏ですかね。高いらしいけど・・・・)」

そしてやってきたのが。。。
f0112574_23374547.jpg

( ゚Д゚) デカイって! これ、鶏の半分でしょ?

しかも、主食が米とは聞いていたけれど、米と肉のみってどうよ?
えっ これが普通なの? 現地の子は、これを平らげるの? この可愛らしい子も?

・・・・・ま、まあ。 取りあえずよく噛もう。
ちゃんと100回噛んで、消化すればきっとお腹を壊したりしないはず・・・・

30分経過・・・・・・

いや、無理だって。まだ半分も食べてないし。
それにほら、現地の子も残してるじゃん! 多いんだよ! 考えよ~よ~~( ゚Д゚)


<2日目の食事>

朝食は、再びパンとスクランブルエッグと、コーヒーと、何かの果物のジュースを平げ。

首都キトの観光の途中でガイドに案内されたお店では・・・
f0112574_22403710.jpg

杉田さん「え~と、じゃあメニューの希望を取りまーす。
      羊と、豚と、鶏。どれがいいですか?」
まるひろ「(( ゚Д゚)またきた~~~!! 肉しばり! 羊しか変わってないし!)
      えっと、じゃあ・・・・・・(鶏は食べたし、、、珍しい) 羊。。。」

んで、用意されたのがコチラ。
f0112574_2338233.jpg

昨日よりは米と肉以外があるけれど、アボガドかぁ 身体を冷やすんだよなぁ・・・・
よく噛んで食べよう!


・・・・・そして、その夜はホテル近くのお店で食事することになり・・・・
((=_=)あ~ 肉の無いものはないかなぁ・・・・・)と、メニューを見ると
”ベジタリアン”と読めるアルファベットのつづり!!(メニューはスペイン語です)。

ま「ああ!彩さん彩さん※ これ、ベジタリアンメニューですよね!おれ、これにします!!」
※彩さんは、現地にお住まいのツアーコーディネーターの方

彩「ええ、そうです。ベジタリアンメニューがある時にそれを選ばないと、
  ここキトでは、野菜は本当に食べられないですからね・・・・(^▽^;)」

んで、用意されたのがコチラ。
f0112574_23393075.jpg

野菜炒めを、ナンのようなものでくるんで食べるようなもの。
油は多いのが気になるけど、それでも嬉しくって、ムシャムシャ食べました。


<3日目の食事>
朝食は、もちろんパンとスクランブルエッグと、コーヒーと、何かの果物のジュース。

そして、昼食は標高4000mの湖の周りを散策した後に・・・・
f0112574_22574952.jpg

(風が強すぎて、帽子を押さえてないと跳びそうなんです。)

立ち寄ったペンションも兼ねたレストランでは、問答無用に・・・
f0112574_23402468.jpg

鶏・・・・・。

いえ、あの、誤解の無いようにお伝えしますが、連れていって頂いた
ところの料理は、どこも本当に美味しいんです。
しかし、まあ、動物性タンパク質から逃れられない!

こうなりゃ意地です。残さず食べます!食べてやります!
自分の内臓を守るためにも、よく噛むことに注力!
そうなると、かならずメンバーの中で一番食べるのが遅くなるのですが、
わがままを言ってられない。

料理はおいしい、量は多い。
しかし、残したくないなら自分を守るためにも、噛んで噛んで噛んで噛んで噛む!


そして、このあたりから、自分の体に変化が・・・・
毎日の高地トレーニング(特に何もしていないが、取りあえず坂が多い。)+
普段食べない動物性タンパク質の嵐 = 筋肉が盛り上がってきている。

気のせいじゃないんです。
夜、鏡の前に立つと、明らかに日本にいた時より屈強な男が写っているんです・・・・
(´ー`)・・・・・・ ちょっと、いいかも。。。


<4日目>

今日は、SANEさんが援助して作った学校の訪問。
話によれば、ここの学校では、子どもの親御さんが給食用に畑をやり、
その収穫物をもってお昼にしているらしく・・・・・・期待できます。
f0112574_23424812.jpg


※国営の学校は、近年、エクアドル政府の政策により、今まで年度の途中で
 配給が止まってしまっていた給食を100%支給するとなったのですが、
 その内容は、市販のシリアルバーにカップスープの元を配るというものらしく、
 その為、逆に栄養失調になる児童が急増しているそうです。
 ですので、ここでは自給自足の形をとっている数少ない学校のようです。

んで、ご用意していただいた昼食は・・・
f0112574_23403727.jpg

きた~~~(^o^)/ 野菜オンリー!! しかも、ゆでただけ!
こういうの、嬉しい! も~もりもり食べちゃいました☆


しかし、夜は”ベジタリアンメニュー”を頼んだつもりが、
なぜか肉がもりもり入ってきたしまった中華麺を平らげ・・・

・・・・ううう、もう私限界かもしれません・・・・・・

しかし、出来上がっていく私の筋肉。


<5日目>
この日は、エクアドルでの鉱山開発に反対し、森を守り続けている
カルロス・ソリージャさんのお宅に一泊の予定。
f0112574_23263543.jpg

途中、馬にまたがり付いた先は、ものすっごい自然。。。
※詳しくは、後日別のテーマの時に・・・

自然の循環を考えた、まさいく自給自足な生活から生まれた食事は。。。
f0112574_23264791.jpg

とにかく、美味しかったです(T_T)(T_T)(T_T)。。。
特に、クッキングバナナという、火を通さないと食べられないバナナの
チーズ入り揚げ団子が最高に美味しい!
モリモリモリモリ食べちゃいました☆


<6日目>
カルロスさんの所からの帰り。
f0112574_23493552.jpg

湖のほとりのレストランで食べた料理は・・・・

初の魚! (鱒と、言っていたかな?)
f0112574_23432032.jpg

でも、そろそろ胃袋が悲鳴を上げてきたようで、
なぜか食べられなくなってきました。

しかし筋肉は、相変わらず切れてきています。
特に、上腕三頭筋と僧帽筋がいい形してきています。


<8日目>
は、杉田さんオススメの夜景が美しいレストランでお食事。
f0112574_2349452.jpg

久々にワインを飲んだら、標高が高い影響か、べろんべろんに・・・・
私は、いったい何を食べたんだろう・・・・・


<9日目 最終日>
この日は、最後の最後にガンゴテナ有機農園ファームにお邪魔しまして、
f0112574_23494765.jpg

そこでエクアドルでの有機農法の神様と言われる方のお話しをお聞きしつつの・・・・

最後の食事!!!
f0112574_23495749.jpg

ここのオーナーは、エクアドルの先住民が持っていた有機農法の知恵を
復活させた方で、兎に角色んな方が勉強にくるのだそうです。

そして、その食事がおいしいのなんの!
f0112574_2350752.jpg

目から鱗どころか、目が落ちました!


そんな訳で、最初はどうなるかと思った食事も何ごともなく、
無事に帰国と相成った訳です。しかも、高タンパク質と高地トレーニング
による肉体強化付!

(^o^)/ お~エクアドル最高!!


・・・・・と、思ったのもつかの間。

帰国後、12日間の下痢発動。。。
やはり内臓には無理が溜まっていたようで。。。。
出発前に比べ、体重2キロ減。

そして、鍛え上げられた肉体は・・・・ もの見事に元以下に・・・・

まるで、春の夜の夢の如し。
ああ、まって僕の筋肉よ。
ああ、まって、男らしい自分よ。。。。
by buinnX | 2015-09-15 23:56 | Café BROWN | Comments(2)
Commented by ゆうこりん at 2015-09-16 22:46 x
お疲れ様~

馬さー、結局どおやってまたがったの?

12日間の下痢、怖いー
Commented by まるひろ at 2015-09-16 23:08 x
馬は、エクアドルの屈強な男性に、お姫様抱っこで・・・
惚れそうなほど、がっしりしていました。
<< 同時期の比較 ~姉は髪がなかった~ 少年よ。大人だって常に本気です。 >>