私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

芳晴とよし美 ”歌の時間”  終了しました☆

a

こんばんは!
何でしょう、昨日と今日と、気温違すぎじゃないですか(>_<)
車の温度計、14:30で37.5度でした。

こんな急な暑さの中、今日は
「芳晴とよし美 歌の時間」(*^^*)

シンガーソングライター、二胡弾き、語り手、歌い手。
「癒しの声・癒しの音」の持ち主。
TVや演奏、朗読など、多方面でご活躍の芳晴さん。
そして、飯能在住で、
水曜日のミニコンサート@cafeBROWNもレギュラー演奏してくださっている、
わたなべよし美さんのデュオコンサートでした。

こんなにもチケットお問い合わせのお電話をいただいたコンサートがあっただろうか。
そして、即日完売の超人気っぷり。
よし美さんの力を、改めて感じました。

そして、芳晴さん・・・
一体どんなすてきな方がいらっしゃるのかとワクワクしておりましたが、

お会いして、納得!

第一印象は、背が高くてがっしりしていらっしゃる。
そして、甘くてソフトなお声。まさに!「癒しの声」。しかも音域が広い!
さらに、「癒しの音」二胡も、ギターも弾いちゃう。
しかも、トークも絶妙。

こりゃ、ファンが多いだろうなあ・・・と思っていると・・・
この暑さの中、オープン前からお店の前に並んでいらっしゃるお客さま。

熱気と笑いに包まれた、BROWN初、オール女性のコンサートとなりました。
f0112574_20313784.jpg


お二人で、どんな曲も楽しく聴かせてくださって、
聴いている人を飽きさせない。
さすがです。
f0112574_2031476.jpg

↑芳晴さんが弾いていらっしゃるのが二胡です。
哀愁を帯びた、心にしみる音色で、
これで弾いてくださったマリの「金婚式」は、
ピアノソロともヴァイオリンとピアノのデュオとも違う、
「人生の味」のようなものが滲む、すてきな小品でした。

もちろん、歌もピアノもとっても素敵でしたよ!
甘さと強さが共存している「ズルイ」声に、
会場全員ノックアウトですよ。

私は途中でムスメらと図書館に避難してきたので、
残念ながら全部は拝聴できなかったのですが(/ω\)
お二人の「聴いている人に喜んでもらいたい」というお気持ちにあふれた
あたたかい時間でした♪♪

芳晴さん、よし美さん、
すてきなコンサートをありがとうございました!
またぜひいらしてください。
スタッフ一同お待ちしています。

ちなみに、姉ムスメは相当楽しかったらしく、
♪よしはるよしみのワイワイコンサート♪
と、家に帰ってからもずーっと歌ってました(^^♪
by buinnX | 2015-07-11 21:56 | Café BROWN | Comments(0)
<< エクアドルに行ってきます <その2> ゴミ箱をあされるようになるのも... >>