私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

俺って・・・・ ちっちぇえなぁ・・・・・(-_-)

まるひろ

腐れ縁ってやつですが、私にはシュワッチという中々切れない縁がありまして。。。

先日も、もりあねさんの青空市で色々々々々・・・と、手伝ってもらったんです。
そんなこんなで、まあ何かお礼をしないとな~と思い、彼の好きな
サントリーの白州(ウイスキー)を買いに、いつものように丸屋酒店さんへ
行ってきたんです・・・そしたら・・・・。

なぜか、いつもサントリーやニッカなど、ジャパニーズウイスキーが置いてある
棚が”すっからかん”・・・・(゜.゜)・・・・・・・・

ボー然とする私の横を、通りかかったのは丸屋の師匠。

丸屋「お゛っ い゛つもどうも゛~」
ま 「あの~ いつもサントリーやニッカが置いてある棚が、
    ”すっからかん”なんですけど(^^;・・・・ どうしたんですか?」

丸屋「あ゛~ も゛うね゛~
    (朝ドラの影響で)転売目的で買うやからも出て来て、な゛いのよ゛。」
ま 「転売ですか!? 自分でのむんじゃないの?」

丸屋「そ~なんだよ゛。 先日も北海道の方から電話がかかってきて、
   売ってくれっていうから”うちは店頭に来てくれないと売れません”って断ったとこだよ。
   そしたら、なんて言ってきたと思う? ”うちまで買にくるから、もしその時までに売り
   切れていたら、その分の交通費をだせ”っていうんだよ(^^; 怖いよね゛~」
ま 「そりゃあ、びっくりですね(^^;。新しい酒にあう過程が一番楽しいと思うんですけどね・・・」

ま 「・・・・ところで、友人が白州を好きなんですが、やっぱりもう無いんですか?」
丸屋「12年物は無いけど、ノンエイジは少しならあるよ。」

ま 「いただけますか?」
丸屋「もちろん出すよ!」
ま 「ありがとうございますm(__)m」

ってな訳で・・・
f0112574_21134927.jpg

ラベルは見えませんが、中身は
サントリー シングルモルト ウイスキー 白州 700ml

そして、早速シュワッチに・・・・
ま「ほい。この前のお礼。」

と、渡すと。
シュ「じゃあ、これ。 飲みたいって言ってただろ? 貸すよ。」

と、出されたのは、先日彼が購入し、「ハードな野郎を買ってしまった・・・ 
飲み終えるのに8ヶ月はかかる・・・」
と後悔していた
f0112574_21135854.jpg

フィンラガン オリジナルピーティー カスクストレングス 700ml

ま「”貸す”って・・・・ええ?! これ、結構いいやつじゃん('Д')
                          じゃ・・・じゃあ、これ・・・・貸すよ。」

と、それに対して私が出したのは・・・
f0112574_2114797.jpg

シーバスリーガル12年 700ml

・・・・・・・ええ、分かっていたんです。
この勝負、シュワッチの勝ちだと・・・。

例えるなら、彼の出してきた一本はスリーカード。
対する私は、ワンペア。

ぽーんと、先日買ったカティーサーク12年を”勿体ない”という
ブレーキがかかり出せなかった私・・・・・・・・・・・負けです(T_T)。
by buinnX | 2015-06-18 22:44 | まるひろ とアルコール | Comments(2)
Commented by 樋口 at 2015-06-19 02:58 x
丸屋さんのあのしゃがれた声が脳内で再生される、上手な表現してますね。
Commented by まるひろ at 2015-06-24 23:00 x
分かる人には、分かるという体ですが。
師匠のあの声は、素晴らしい個性だと思ってます。
<< 正に”熱狂”という言葉がふさわしい。 瞬間移動・・・?! >>