私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

柳澤康司 チェロの音コンサート Vol.3 終了しました☆

a

こんばんは!
日差しは、夏です。
今日もいいお天気でしたね。

飯能は、今日明日と”ツーデーマーチ”という、
街を挙げての一大イベントが開催されています。
要は壮大な遠足です。
参加者は5kmから30kmまで取り揃えられたコースから選んでひたすら歩く、らしい。
朝、ちょうど市役所を出発する人たちに遭遇しましたが、
ものすごい人の数でした。
その列を見た姉ムスメ。「うわあ~、たのしそう~~~♪♪♪」

※注 「あたしも歩きたい!」ではありませんでした。


そんなハイカーたちを横目に、
今日弊店では”チェロの音コンサートvol.3”が催されました!
去年の4月、11月に続く3回目。
お陰さまで、すっかり弊店の看板コンサートとなっております。
何かとイベントが多い日にかかわらず、満員のお客様でした。
皆さま、お忙しい中お運びくださり、本当にありがとうございます(^o^)/
f0112574_2255334.jpg


今回のテーマは「愛の名曲アルバム」!!
有名な曲が勢ぞろい。しかも甘いメロディの曲ばかり。
チェロの音色を堪能した2時間でした。
f0112574_225426.jpg


チェロって「人の声に一番近い楽器」なんてよく言われますよね。
今日も歌曲を何曲か弾いてくださいましたが、
まさに、歌と違って息継ぎをしなくていい分、
よりメロディラインを自由に描ける楽器だなと思いました。
(いや、結局技術の差なんですが・・・・)

私は、シューマンの「詩人の恋」の「美しき五月に」は本当に大好きなので、
こんな晴れた五月の昼下がりに、澄んだチェロと優しいピアノで聴けて
至福のひと時でした。
他にも、グリーグの”君を愛す”、シューベルトの”セレナーデ”、リストの”愛の夢第3番”など。
は~美しい~・・・

ちなみに、妹ムスメちゃんは、クライスラーの「愛の悲しみ」の
ちょっとセンチメンタルな3拍子がお気に召したようで、
ものすごいいい顔してました♪

そして、メインは何と言ってもバッハの「無伴奏チェロ組曲第3番」。
心の深淵をのぞくような2番のニ短調とは打って変わって、
さわやかな風のような、ハ長調の組曲。
でもこれ6曲もあるし、続けて演奏するのはやっぱりとっても大変、と仰っていましたが、
ものすごい集中力のある音で、でも軽やかで、
バッハを楽しく聴かせてくださいました。
(バッハを”楽しく聴かせる”って、すごいことです!!)

チェロの柳澤さん、ピアノの竹内さん、
今回も素敵なコンサートをありがとうございました!

次回はもちろん「無伴奏チェロソナタ第4番」。
あとは近くなってからのお楽しみです。
来年の3月頃を考えておりますので、皆さまどうぞお楽しみに!
by buinnX | 2015-05-23 23:21 | Café BROWN | Comments(0)
<< 本能のまま進め ご自身のをお使いください。 >>