私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

私も立派に”近頃の若者”でした。 <前編>

まるひろ

先日、”ブレンデッドウィスキー大全”なる本を買い、
日々時間を見つけてはパラパラめくって読んでいるのですが、
そこで分かった事が一つ。

ウイスキーって、元々はブレンデッド文化なのですね!
※ブレンデッド:モルト原酒と、複数の穀物からできるグレーン原酒を
 混ぜ合わせて作るウイスキー

本によりますと、90年代半ばから始まったシングルモルトブーム以前のは、
ウイスキー=ブレンデッドで、それこそが世界にウイスキーを広めた
立役者とのこと。

なんてこった( ゚Д゚)。
今までシングルモルトばかり狙っていた自分は、なんと狭かったことか。
しかし、まだ遅くはないはずだ。
そんな自分とは即刻さよならし、ブレンデッドをしっかり味わう事で、
また新しい世界へ目が開かれるはず!

と、いうわけで、妻に・・・。

「あの~ 次に丸屋酒店さんに行かれる時は、ピート臭の少なくて
 甘味のあるブレンデッドが欲しいのですが。。。」

と、お願いしたところ、選んできてくれたのがこちら。
f0112574_21294019.jpg

Bushmills Sigle malt 10year
ブッシュミルズ シングルモルト 10年 700ml 40度 
原産国:アイルランド(シングルモルト)
容量 :700ml
度数 :40度

おお!
世界最古の蒸留所であるブッシュミルズですか!?
いいですねぇ・・・って、これ、シングルモルトじゃん!( ゚Д゚)

あ・・・・いえ、不満があるわけじゃないのですが、
何もブッシュミルズは、基本的にブレンデッドなのに、
そこをあえてシングルモルトってのは・・・・ねえ?

いえいえいえいえ、めっそうもない。
これが悪いなんてことは一言も申しておりませんのです。
それに、確かにこれはピーティーさなど欠片もなく
クリーンでなおかつフルーティーでドライで・・・旨い。

しか~し・・・・・・・、

しかし、しかしですよ。
次こそ味わいたいのは”ブレンデッド”!。
そしてまあ、折角(?)こうなったのなら、まずは、
世界で一番売れているブレンデッドから飲んでみたい。

と、いう事で妻には内緒で・・・・・
f0112574_21294613.jpg

Johnnie Walker Black Label
ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 40度 700ml
製造元:ジョン・ウォーカー&サンズ社
容量 :700ml
度数 :40度

ウイスキーを飲んだことなかった時でも、名前くらいは
聞いたことがあった”ジョニーウォーカー”のブラックラベル。
いわゆる”ジョニ黒”。

さぁ~って、世界一売れている味ってのは、どんなもんだい?
と、グラスに口をつけて・・・ちびりっ( ゚Д゚)!!!!

なっ なんだこれは?!
この味は・・・・・

わからない。

な~んにも分からない。

どういうことだ。
飲みやすさ=世界一なのか?

そんな馬鹿な!
この本にも、あの本にも、いろいろ書いてあるじゃないか!
レーズンやら、いちぢくやら、ナッツやらドライフルーツって・・・・

そして、一番の問題は、なんというか・・・・
物足りない気がする・・・・・・・

もしかして、その原因は・・・・ボウモア?

<つづく>
by buinnX | 2015-02-10 22:33 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 今日は2月12日です!が、明日... 残念ながら、小は大を兼ねません。 >>