私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

次女は”誰も寝てはならぬ”が終わってから・・・起きました( ゚Д゚)

a

皆さまこんばんは!
今日はあったかかったですね~。洗濯物もばっちり乾いて、いいお天気でした。

ちぃちゃんは、19日で生まれて2ヶ月を迎えました♪
お蔭まさで元気いっぱいぷっくぷくです。
先週助産院で測定してもらったら、なんと体重が5555gでした(^^;
えっと・・・生まれたのが2870gだったよね~。
そんで、入院中2520gまで落ちたよね~。
実質1ヶ月半で倍ですよ?!

まあなんですか、
「のんで~、のんで~、のまれて~のんで~
  のんで~のみ疲れてねむるまで~のんで~」
を地で行ってますからね~。

でも最近ちょっとだけ起きている(と言うよりは眼を開いている時間、ですが)が
長くなってきました。
合間に口の端っこをちょっとだけ持ち上げて、
笑ってるような顔をしてみたりとかして、かわいいです(^◇^)

そんなちぃちゃんですが、
今日はお店でチェロの音色に浸ってきました!

贅沢な0歳児よ・・・。
バッハの「無伴奏チェロ組曲」を聴きながら寝るなんて。

f0112574_21444780.jpg


「柳澤康司 チェロの音コンサート 2014秋」
お陰さまで無事に終了いたしました。

いや~~~~、素晴らしかったです!

1曲目にエルガーの「愛の挨拶」、
2曲目はバッハの「G線上のアリア」。
これでもう、心鷲づかみですよ。

柳澤さんによると「愛の挨拶」は、
エルガーが婚約者に指輪の代わりに送った曲だとか。
こんな曲貰ったら、即結婚しちゃいますね~~。
若々しさと恋の華やかさが溢れる、ちょっと早目のテンポ。
とってもステキな演奏でした。

そして、前半のメインは、バッハ「無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008」。
プレリュードから、バッハの世界に引っ張り込まれました。
そして、ニ短調という調性の深さがとても印象的。
ニ短調って、なんというか、正直地味~なイメージだったのですが、
この組曲では、心の奥が果てしなく深く広がっていく感じがしました。
バッハ、やはり素晴らしいです。

春のコンサートでは無伴奏チェロソナタの第1番を演奏していただきました。
1番はト長調。
すがすがしくて、光が溢れだすようなト長調とは対照的な、
今回の第2番でした。

前半最後は、柳澤さんのオリジナル曲「無伴奏チェロMonologue六段」。
お箏の「六段の調べ」を、チェロ独奏にアレンジ、と言っていいのか・・・。
これもまた、独特の雰囲気の、素晴らしい演奏でした。
チェロって、そんな音色もでるんだ~と、表現の幅の広さを実感しました。
すごい~。

そして後半は、チャイコフスキー、メンデルスゾーン、プッチーニ。
いや~~~、チャイコフスキーの曲って、
ロシアの寒さと広さと重々しさを内包しています。
ロシア人が被っているイメージの、毛皮の帽子が頭に浮かぶ。
まさに、秋にぴったりの3曲。
私は、特に「秋の瞳」が好きです。
ちなみにこれもニ短調でした。
今日はニ短調を堪能した。

そうですね、重いと言えばバッハだって重いのですが、
重さが違う感じがします。
バッハは先ほども書きましたが、重いというよりやっぱり深い。
チャイコフスキーは質量がずっしり重いかな。

それに比べてメンデルスゾーンって、なんて幸せなんだろう。
この人、プライベートも幸せだったという、作曲家としては珍しいタイプなんですよね。
(ほら、作曲家って、貧乏だったり浪費家だったりくそまじめだったり)
その幸せな感じが、どの曲にも例外なく溢れている。
この「チェロとピアノのための無言歌」も。
は~。美しい。

そして最後は、プッチーニの超有名アリア「誰も寝てはならぬ」!
チェロの音域って、声で言ったらテノールくらいだと思うんですよ、
と柳澤さんは仰ってましたが、
テノールが熱く歌い上げるこのアリア、合いすぎです。
未だに頭に「ちゃららたらら~たた~~」がぐるぐるする。
プッチーニの旋律は、聴く人の感情にダイレクトに入ってきて号泣~~~!
って感じ。
何て言うか、揺さぶる幅が広いんですよね~。
「振動」ってレベルじゃなくて、赤ちゃんの「揺さぶられ症候群」みたいな。
頭ぐらんぐらんですよ。
それが心地いいんですけど。
いや~すばらしい。

その曲が素晴らしいと思うってことは、
取りも直さず演奏が素晴らしいってことです。
じゃなきゃ、いい曲もいい曲に聴こえなーい(^^;

そして、良いコンサートの時は、お菓子も売れる!!(笑)本当です。
f0112574_21445792.jpg

お陰さまで、ご用意したお菓子は完売。
ありがとうございました。

バッハの無伴奏チェロ組曲は第6番まであるのです。
ぜひ6番まで聴きたい!!
ということで、次回もお願いしちゃいました!!!
うひひ、次は第3番です。

↓リハーサル風景
f0112574_2145757.jpg


素敵な贅沢な2時間を、本当にありがとうございました。
これからも楽しみにしています!
by buinnx | 2014-11-22 21:45 | Café BROWN | Comments(0)
<< お姉ちゃんになるのも大変です その2 明日は、柳澤康司さんによるチェ... >>