私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

シマさんの救世主現る?!

まるひろ

一難去って、また一難。

私の事じゃありません。
うちのシマトネリコさんの事です。

今年の冬。
熱帯育ちの植物だってのに、放置されました雪の中。
そして、雪と風に煽られ、倒れること2回。

その結果、”もうお亡くなりになるのか・・・”と思うほど弱ってしまいましたが、
剪定し温かい夏を迎えると急に元気を取り戻した、うちのシマトネリコ。

夏の日差しをギンギンに受け、”我時を得たり”とばかりに生い茂っていた8月、9月。
しかし、10月頃から何か不穏な空気がただよいだしたのです。
f0112574_035373.jpg

完全に、ムシに食われてます。

おかしい、確かシマトネリコは・・・
”低温以外には気を使う必要が無く、病害虫も少なく強健である”(引用先 ウィキペディア)
とあったのに、完全に虫にやられている( ゚Д゚)

なるほどあれか、カロリーゼロてのが実は100gあたり5kcal未満なら
表示OKと同じようなもので、”少なく”って事は、ゼロじゃないってことなのか!?

調べてみると、お相手は”シマケンモン”というお方のようでして、
対処方法としては、”スティンガーフロアブル”だとか”レボン乳剤”、”BT剤”等・・・
といった分けのわからない横文字の農薬を使えって書いてあるんです。

しかしうちは、可能な限り”安心・安全で美味しいもの”を提供するお店。
そんなお店なのに、木に虫が付いたからといって、よくわからない横文字の
農薬をホイホイとは・・・使えない使えないΣ(゚Д゚)!

人体に有害(・・・かどうかはちゃんと調べてないけど)な薬品を
使うくらいなら、死んでくれシマトネリコ( ゚Д゚)!

とは言ったものの・・・・
いきなり”死んでくれ”ってのは無いよね。
そりゃあ、なんとか出来るならしてあげたい。

そんな訳で、たよったのは・・・・木酢液。

木酢液は、炭を作る際に出る水蒸気を冷やして、液体にしたもので
オーガニックなガーデニングの救世主として使われるものです。
これを、500倍に薄めて葉っぱの裏表に散布すると植物が健康になり、
病害虫に強くなる・・・らしいのです!

これっきゃない!

早速、500倍液を作り~
f0112574_21232187.jpg

散布!!!

プシュ~プシュ~プシュ~ プシュ~・・・・・・・
f0112574_0351486.jpg

して見事に、水もしたたるいい樹木に早変わり。

今後、これを週1回繰り返す予定です。
さて、シマトネリコの運命はいかに?!


<今日の姉妹>
題”つべこべ言わず、シマトネリコを助けんか!”
f0112574_2337356.jpg

私「頑張ります('◇')ゞ」
by buinnx | 2014-11-16 23:37 | まるひろ とイクメン | Comments(0)
<< まずは、小さいテーブルから始めよう。 自家製グラノーラ始めます♪ >>