私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

今日も私は絞っている

まるひろ

記憶を取り戻しつつあります。

そう、オムツの交換の仕方や、抱っこの仕方、
ゲップのさせ方を徐々に思い出してきたのです。

”ああ、そうそうこうだった!こうだった!”

と、忘却の彼方へと旅していた新生児との生活の記憶が、
今、芋づる式に呼び戻されつつあるのです。

そして私は、とうとう父親として一番のメイン家事を思い出しました。


・・・・それは、ただひたすら繰り返す、あの作業。

以前の私は、注意が足らなかった。
その為、何度も手荒れに苦しみ、パックリ割れる指の関節。


・・・・そして、いつ終わるともしれない、あの作業。

気が付けば、ボリュームアップしている胸筋と前腕筋群。
同時に、猫背な姿勢によって傷めてしまう背筋。


これは言わば、子と妻への愛にあふれた究極の父業。
それは・・・・・布オムツの洗濯の日々。

再び始まった、オシッコ・ウンチと格闘する日々。

愛娘と妻が寝静まった深夜。
一人お風呂場で、粛々と聞こえる音。

ゴシゴシ ジャボジャボ ギュ・・・ ゴシゴシ ジャボジャボ ギュ・・・・ 

そんな私をなぐさめてくれるのは、親友”オアンス クロスドライヤー”。
f0112574_23463537.jpg


名前こそ何かの必殺技のように薄っぺらい存在だが、
彼のお蔭で、白く輝きを取り戻した布オムツ達(約20枚)が、
一糸乱れぬ姿で乾く。

その姿はまるで、昼間の太陽に輝くオーロラ。

そんな美しさを取り戻した君たちが、再び娘の所へ、
果敢に、そして勇敢に向かい、黄色く染まって
帰ってきても私は何も言うまい。

いや、むしろそれこそが愛娘が元気である証拠。
勲章なのだ。

行け、白い君たち。
私の愛娘の為に、その身を染めて来ておくれ。
by buinnx | 2014-10-06 23:56 | まるひろ とイクメン | Comments(2)
Commented by ゆうこりん at 2014-10-08 00:02 x
美化しなくていいから、ひたすら頑張りなさい(笑)
Commented by a at 2014-10-09 10:37 x
あははははは。さすがですお姉さん(笑)
<< 要するに、来年も生えるという事です Saxophone Conce... >>