私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

二人目が出てきたら、ますます遠くに行くのは難しいので

まるひろ

ある日、妻が一言「どっか行きたい」。

ええ、気持ちは分かります。
お店が休みの日も、結局何かと忙しいですし、
相変わらず、愛娘は毎日毎日私達の想像のななめ上な事をするし、
身体は重いし・・・・

が、しかし、現在あなたは臨月真っただ中!
今日明日に産まれてもおかしくない状態ですので、
流石に「じゃあ、軽井沢行こうか?」といった”どっか”は難しい。

という事は、もちろん妻も分かっており、折衷案として出たのが・・・
「じゃあ、あの近くにある果樹園なんてどう?」

というわけで、行ってきました☆
f0112574_2311421.jpg

小川果樹園さん 埼玉県飯能市大字双柳756

我が家から、歩いても行ける距離にある果樹園さんなのですが、
いわゆる・・・

”観光地 近くて 行かない 地元民”(まるひろ 心の俳句)

という事で、ブドウや梨が木になっているのを「美味しそうだな~」と、
横目で見ながら通り過ぎるばかりでしたが、今回とうとう来園。

入るとすぐに肩の力が抜けたお兄さんが、プレハブ小屋の売店で
お出迎えしてくれまして。そこで、ブドウや梨を購入できるのですが、
しかし、私の目がすぐに釘づけになったのは、コレ↓。
f0112574_23111733.jpg

入口のすぐ上になっているブドウ達。
品種を売り場の脱力系お兄さんに聞くと”ベリーA”との事。

「なぬ、ベリーA! では、これが日本の赤ワインよく使われる
 品種なのですね。では、これもワインになるのですか?」
と、私一人でワクワクするものの、残念ながらこちらのでは
作っていないそうです。

まあ、そうですよね(^^;

とはいえ、頭上にブドウがなっているこの情景って、
ちょっと特殊で、憧れます。

f0112574_22543692.jpg

愛娘も、上になっているのが”君の大好きなブドウだよ~”と教えると
「ぶどう!」と叫びながら、一通りはしゃいでいたのですが・・・

すぐに、
下の砂利の方が気になり、好物そっちのけ。
f0112574_23112984.jpg

イソップ童話の”すっぱい葡萄”ではありませんが、
そりゃあ取れない好物より、手に届く石です。

最後に、試食のブドウをいただき、”わけあり梨(豊水)”を購入して
本日の”どっか行きたい”終了~
f0112574_23114152.jpg

わけあり梨も、試食のブドウも美味しかったので大変満足。

この調子だと、次に妻が”どっか行きたい”と言ったら、
同じように近くにあるイチゴや、トマトかな・・・・ 
時期にもよりますけどね。
by buinnx | 2014-09-11 23:10 | まるひろ とイクメン | Comments(0)
<< ”鳩サブレ” ちなみに私は、二... 偉いぞ!イタリア人 >>