私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

もう耳鼻科はこりごり

まるひろ

私がワイン好きですから、当然と言えば当然ですが。

娘は私が飲む”ワイン”なるものに興味深々。
「おおきく おぉ~きくなったら ぅわいんのむの!」などと言う
ませた子でありますが、言うだけあり、その為の努力を惜しまないんです。

例えば、ワインの香り要素としてよく挙げられるものに
”なめし革”があることを知ると私のベルトに噛みついたり。
はたまた”火打ち石”なども要素としてあると知ると、
駐車場で石を拾い、お口にIN。

他には、”土” ”鉄” ”鉛筆の芯”などは言うまでもなくIN×3。

私なら、ちゅうちょしてしまうような上記の物を”ワインを知るため!”
と割り切って確かめられる娘。。。流石として言いようがありません。

そんな娘が近頃、私にワインを開けた直後にコルクの香りを嗅ぐ
コツを教えてくれました。

f0112574_22553982.jpg

娘「おとーちゃん 本当のコルクの嗅ぎ方を教えてあげようか?」
私「何?! おとーちゃんのいつもの方法は違うのか?」
娘「ふふふふふ、違うんだな~ まったくこれだからとーちゃんは甘いんだよねぇ。
  本当にワインの神髄までしっかり香を嗅ぎたいなら・・・・・」

娘「こうだ!」
私「( ゚Д゚)」
f0112574_23535060.jpg


娘「あはははは。 ちょっと鼻の穴に入れるには、コルクは大きすぎたみたい☆」
f0112574_23535953.jpg

私「・・・・ちなみにですけど、そのスパークリングの栓。
  君のイメージでは・・・ どこまで鼻の中に入れるおつもりでした?
  ( ゚Д゚) まさかと思いますが・・・・・・・・全部?」

娘「・・・・・・・」

※この会話はフィクションです。しかし写真はノンフィクションです。
by buinnx | 2014-08-02 00:02 | まるひろ とイクメン | Comments(0)
<< 男が言う”大丈夫”という言葉の... 8月より 第1,3水曜日にピア... >>