私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

”何でもいい”って訳じゃないのね。

まるひろ


4月だってのに日差しが暑い。

天気予報を信じれば、今日の埼玉県の最高気温は24度。
そりゃあ窓際が暑いはずだわ・・・・

こうなってくると、ますます欲しくなるのがアイスコーヒー。
まだ、グラスの数が準備できていないので、メニューへ載せるのは
もう少し先になりますが、ここに写真だけお披露目。

ジャン!
f0112574_23164894.jpg

「ジャン!」なんて言いましたが、まあ何の事はありません。
アイスコーヒーです。

うちのホットコーヒーは150mlお入れしているのですが、
アイスの場合は200mlでちょっと多め。
んで税抜き600円の予定。(8%ってのは、結構面倒です。)

以前も投稿しましたが、アイスコーヒーの世界も中々どうして面白い。
温度が低いと、味覚は鈍感になるといいますが、それだけでは言い
切れないほど、ホットとは違う味が現れるんですよ。

あんまりにも変化するものだから、流石にアイスにする豆は
ある程度限定させてもらおうかと思っているくらいです。

実は、そう思った原因がありまして、それは”ソイラテ”を作った時のこと。

うちでお出している”ソイラテ”についても、初めはラテにする豆の種類も
お客様に選んで頂いてたのですが、色々試している内に分かった事が一つ。

酸味が多いコーヒーをソイラテにすると、豆乳のタンパク質と
酸が結合して、モロモロとしちゃうんです。

この現象は、お菓子担当のRちゃんに聞いて判明。
温めた豆乳と、まぜる珈琲の温度差を無くせれば
解決するようですが、そんな手間はさすがに取れません。

結果、味的には悪くないのですが、口当たりの問題は無視できず・・・・
「ソイラテは中深入り以上に焼いた豆だけにしよう」
となった訳です。

もちろんアイスコーヒーは、ソイラテのように何かと結合する事は無いはずですが、
「コチラが把握できていない味をお出しするのは、いかがなものか?」といった所で。
まあ、取りあえず片っ端から試してみてはいますが・・・・。

どこまで確認できるかは、私の体調次第でございます。

そして、蛇足ですが・・・・・
f0112574_2316561.jpg

”アイスソイラテ”はこんな感じ☆
こちらも、税抜き600円。

暑い夏に、ひんやりした一杯をどうぞ☆
by buinnX | 2014-04-26 22:47 | Café BROWN | Comments(0)
<< ”チェロの音コンサート2014... 大根はおろすもの! >>