私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

赤ずきんは眠らない

まるひろ


久々にボードゲームの話題です。

それもそのはず(?)。
なんたって、今週末は初のボードゲーム会開催!

完全に私の趣味爆発。
ついに来た~と週末に向けて、気合いは十分。

とはいっても、ボードゲームは何かとニッチな娯楽。
あんまり派手に参加者を募集するような会ではないので、以前から
一緒に遊んでいる仲間や、お店にちょこっと置いたチラシ程度に情報を公開し、
少人数で「ちょっとうちのコーヒー飲みながら、遊ぼうよ☆」という・・・予定が・・・・ 

意外と人が集まりそうです。びっくり( ゚Д゚)
思いのほか、皆さん暇を持て余しておりますね(笑)

そんな皆さまが、存分に楽しめるよう、
現在、企画を練っている最中です(^^♪。
皆さま、お待ちしております。

>>>>>

さて、話は変わりますが、近頃自分ではめっきり新作を
購入しなくなったってのに、色んなお祝いごとの際に
仲間からボードゲームをいただいております。

今回ご紹介するこれも、誕生日プレゼントと称して、
コレクションに入れさせてもらった一品。
f0112574_22223893.jpg

名称 赤ずきんは眠らない
発売日 2012年
人数 4~6人

詳しいルール説明は、他のサイトに任せるとして。

簡単に言えば、心理戦のゲームです。
狼や子豚、赤ずきんちゃん役が出てくるので、
なんとなく人狼というゲームと似ているのかな?
と一瞬思いますが、全く別物。

役割は、完全に公開されている為、人狼のように
メンバーの中から狼を探す必要はないんです。

このゲームは基本的に狼役が、
自分を食べに来るか? or  来ないか?
の2択をひたすらやるもの。

たったそれだけなのですが、口撃による

挑発:「今晩、俺を食べにきたけりゃ、くりゃ~いいじゃん」
嘘:「今回はトラップを仕込んだよ」
陽動:「この流れなら、アイツ食べに行くのが男でしょ」

などなどを使い、全員を出し抜いて一人だけ
得点を稼げた時、不思議な達成感を感じます。

プレイ時間も10分程度の短さですし、ワンナイト人狼
合わせて、知り合いでちょっと遊ぶのに丁度いいゲームと言えます。

ただし、注意としては、無言でやらないこと。
無言だと、ほんとーにただの2択になってしまい、寂しいです( ゚Д゚)。
by buinnX | 2014-04-08 21:20 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< 次はきっと、”ミンククルミジラ” 私の時は、ひたすら"... >>