私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

KWV Demi Sec

まるひろ


スパークリングなどの泡系は、赤白より高めだし、お腹にたまるし・・・・。

そして何より”開けたら飲み切らなければならない!”
という一種の脅迫観念から、あまり夫婦で飲むことはあまりないんです。

でも、この華やかさはやっぱり捨てがたい。
誰かが遊びに来てくれた時にもてなすには、ぴったり。

という事はですよ!
これも少しづつ飲んで、知っていかないとイケないという事ですかね?
(って、これ、単に妻への言い訳の練習です。)
f0112574_1511621.jpg

名称 Demi Sec
    ドゥミ・セック
原産国 南アフリカ
生産者 KWV
種別 スパークリングワイン 白
品種 シュナン・ブラン種主体


KWVについては、何度かここでも投稿したことのありますので、
細かい事は割愛するとして・・・

とりあえずアフリカの南の端っこの方で、
800キロもの広い範囲でブドウを作っている株式会社です。
元々が南アフリカブドウ栽培者協同組合という形だった為か、
製造しているワインも多品種にわたり、赤、白はもちろん
酒精強化のデザートワイン、ポルト風、それと今回のような
発砲も作っています。

<参考 HP国分HP

さて、お味は

香自体は、それほど特色を感じませんでしたが、
口の中で、甘さとレモンのような酸味、全体的に
ねっとり感があり、ゆっくり楽しめました。

値段を考えると、いいワインですね。
同時期にキュヴェ・ブリュットも飲んでみましたが、私には辛すぎ。
ドゥミ・セックの方が好みでした。

さて、クリスマスには何を飲もうかな~☆
by buinnX | 2013-12-19 20:36 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 雑技団への道は遠い 保健所の検査日が、一つ目の天王山です >>