私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

Château du Carpia 2011 BLANC

まるひろ


相変わらず、丸広 東飯能店で2本3150円セット狙いがつづいております。
f0112574_9513015.jpg

名称 Château du Carpia 2011 BLANC
    シャトー・デュ・カルピア 白   
生産国 フランス
生産地 ボルドー カスティヨン・ド・カステ
生産者 グザヴィエ・プランティ
品種 ソーヴィニョン・ブラン(80%) ソーヴィニヨン・グリ(20%)
特色 オーガニック栽培

この一本は、ソーテルヌの格付1級「シャトー・ギロー」の支配人を務める、
グザヴィエ・プランティ氏が手掛けた自然派ワイン。
ドライボルドーとしては定評があり、特に2009年は当たり年らしく、
好評価を目にします。

また、自然派ワインとして1986年からオーガニック栽培に取り組み、
ラベルには、ビオロジックの認証を受けたシャトーとしてABマークがありました。


堅苦しい話はこれくらいにして、結局”味”は大切です。

香は、開けた瞬間から感じる爽快な柑橘系。
そして、味は香の酸味感のまま来るかと思いきや、
コクの支えがしっかりあるボディと甘味を感じました。

なんとなく、飲んだ印象の季節は秋から冬の間といった感じ。
今の季節の内に、もう一回飲みたいですね。


•【AB】
ABマークとは「Agriculture Biologique」の略で、フランス政府の
厳しい基準をクリアした、栽培から商品加工にいたる全ての工程で、
添加物などを一切含まない食品にのみ使用 することが許されています。
但しワインの場合、その原料となったぶどうについてのみABの基準を
クリアしていることが保証され、添加物である酸化防止剤の 使用上限に
ついても、EUの定める使用基準上限の3分の2までと厳しくなっています。
ワインラベルには「ABマーク」の記載が許可されています。
(引用 プレヴナン

•【ビオロジック農法】
「有機栽培」のことを指し、「自然を尊重した農業形態」つまり、
除草剤や殺虫剤などの化学薬品、化学肥料に頼らない農法のことをいいます。
畑や作物にとって最も自然に近い環境作りを行います。
(引用 プレヴナン

(参考 楽天市場 [2009] シャトー・デュ・カルピア ブラン
by buinnX | 2013-11-27 21:06 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 孤軍奮闘 箸を見に、京都まで >>