私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

箸を見に、京都まで

まるひろ


コレも立派な研修となるのでしょうか。

毎度、急に色々と変わるのは親父ゆずりでして。
先日、京都へ行ってきました。

理由は”箸が見たい”から。

妻が好きな雑誌に”天然生活”というものがあります。
それの2004年8月号に”市原平兵衛商店”というお箸やさんが
紹介されておりまして、そこの商品がなんともいい感じに
掲載されているんです。

「だったら、ネットで注文したら?」というのが、今の世の中ですが、
なんと、このお店の箸は”実際に握り、選んでほしい”というご主人の想いから、
基本的には直接行かないと売ってくれないんですね。
(一部、楽天市場でも購入できます
 →すす竹で作られた丈夫なお箸!みやこ箸・市原平兵衛商店

益々見てみたい!

んで、急きょ、お店のメンバーで京都へGO!
f0112574_22424051.jpg

何とか皆の都合がついたのは、二日間。
各々が、味わいたいもの、飲みたいもの、見たいものを出し合い、
車の移動中にミーティング。


まずは、酒!
f0112574_12585283.jpg

松井酒造株式会社 鴨川蔵
創業1726年の歴史ある蔵。
新酒の時期と重なったので、”神楽”を気前よく試飲させていただけました。
辛口で、骨格がしっかりありながら、後からほんのり甘さのある味。
(もちろん、この日の部屋のみように一本いただきました。)


つぎは、箸!
f0112574_22431620.jpg

市原平兵衛商店
”天然生活”で雅姫さんがコメントしている通り、竹箸は軽く、
ちょっと持った時にびっくりしました。そして繊細でしなやか。
箸自体に向きがしっかりと決まっておりますので、食べ始める前に、
ちょっと姿勢を正したくなる一品。


そして、おばんざい!
f0112574_2243402.jpg

錦市場 井上佃煮店
もちろん、夜の酒のおつまみ調達もかねて。
(注文時には、グラム数も同時に言わないと怒られます(笑))


最後に、お抹茶!
f0112574_22435574.jpg

叶 匠壽庵
お茶席での抹茶と和菓子は、京都を締めくくるに最高。
ここのお抹茶、美味しいかったなぁ。

弾丸旅行でしたが、紹介した以外にも、豆腐や箒や珈琲など、
お店の勉強になるものを一杯収穫できた気がするような、しないような。
開店はもう少し先だけど、今、出来る事を頑張ります。


そして、そして最後に長旅を頑張った愛娘には、お団子。
(串を外しているので、なんだか焼き鳥のようですが、お団子です)
f0112574_2244990.jpg

2日間、「京都にお団子食べに行こう☆」と
半ば強制連行してしまった愛娘。

頑張ってくれて、ありがとう♪
by buinnX | 2013-11-26 21:23 | Café BROWN | Comments(0)
<< Château du Carp... 手紙デビュー >>