私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

Quinta do Correio Dão White

まるひろ


なんだか、近頃暑いです。
暑いときは、やっぱり白ワイン!

白のフレッシュ感や、スピード感、そして見た目通りの透明感が
30度くらいまで気温が下がった夕方にぴったりだと思います。

さて、相変わらず”1500円以下縛り”のワイン探し。
入間のアウトレットの中にあるカルディーコーヒーは、
意外といいものを安くそろえており、私のお気に入りだと
お話した事がありますが、実は近頃はもっと近場で探してます。

どこかと言うと、うちから歩いて5分にある
埼玉県のデパート! 丸広百貨店
埼玉県以外の方にはあまり馴染みがないかと思いますが、
れっきとした”デパート”です。(私も、妻と付き合うまで知りませんでした。)

飯能市民の心のオアシス(笑)のデパートです!(妻:談)
若干デパートとしてはさみしい気もしますが、
魚売り場とワイン売り場はちょっと好き。(あと納豆売り場)

ワインは、決して安いわけではないけど、ちゃんと管理されているようで、
味の劣化を感じた事はないし、1050円の”ちょっとお得棚”の中は
意外と手堅いです。

さて、そんなわけで今回選んだのはコレ↓
f0112574_21513968.jpg

名称 Quinta do Correio Dão White 2011
   キンタ・ド・コーレイヨ ダン 白 2011
生産者 キンタ・ド・ロケス
原産地 ポルトガル ダン地方 コーレイヨ農園
品種 Malvasia Fina(マルヴァジァ・フィナ)、Encruzado(エンクルザード)
   Sercial(セルシアル)、Bical(ビカル)
アルコール度 13%
価格 1050円(税込)

Daoはポルトガル中部のDOC地域らしく、元々は共同醸造所が
支配していたそうですが、今は大小さまざまな蔵が頑張っているそうです。
元々悪くないのですが、評価は上がっています。

さて、<飲んでみると>
レモンのような柑橘系の香りがはっきりと表れます。
微妙に、なにかの糞のような香りも嗅ぎ取れる気がしますが、別段気になりません。
味は、上あごに向かってくるような酸味。それとしっかりした甘味が印象的。
華やかというよりは、すこし激しいきがしました。

暑い日に、もう一度飲んでみたい気がします。
by buinnX | 2013-08-10 21:33 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 畑からの贈り物 米とぎざる >>