私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

Poulet Pere & Fils LANGUEDOC 2011

まるひろ


コーヒーをよく飲むためか、近頃はアルコールを
ほしがることも少なくなりました。

とはいえ、やっぱりワインを飲みたい時もあるので、
このカテゴリも少しづつとはいえ増えてます。

さて、妻はまだまだ授乳中ですので、つまりはやっぱりアルコール禁止中。
(娘の LOVE OPPAI はすさまじい)
結局いまだに我が家で許されるワインは”1500円以下”です。
f0112574_2140826.jpg

名称 Poulet Pere & Fils LANGUEDOC 2011
プーレ・ペール・エ・フィス ランドック 2011
生産者 Poulet Pere & Fils  
     ※ニュイ・サン・ジョルジュに本拠地を置くネゴシアンだそうです。
地域 LANGUEDOC
品種 不明
種類 白(オーガニック)
価格 1480円くらい

近頃は、入間アウトレットに入っているカルディーで
ワインを購入するのがお気に入りです。
なんたって、ここだと手頃なワインなのに、結構当たりが多いんですよ。

出来ることなら自分で「むむ これはいいワインだ!」とか、
店先で判断できればカッコいいのですが、まあ無理じゃないですか。

だから、”買わなきゃよかった”というワインに当たらないために

1.試飲できるならする
2.素人の言いたい放題でいいから、
  店員さん(ソムリエバッチの人がいたらその人に)に聞く

を出来るだけしているのですが、入間のカルディーさんには、
そういった店員さんがいない。

ですので、今まで何度もジャケ買いをしてきましたが、外れなし。
(もちろんすべて1500円以内)
カルディーさんはバイヤーをお持ちになっていると思います

そんな訳で、これも値段の条件とジャゲ買いで選んだもの。
とはいえ、ランドックの白なら手頃な理由も理解できるし、
何より以前飲んだ2009 CORBIERES LE BLANC DE VILLEMAJOU
でランドックの白(赤は飲んだことありません)にはいい印象しか
持ってない、という理由にならない理由云々で購入・・・

そして、やっぱり結果は・・・・あたり☆

<感想>
色は白っぽさが強く、香りからも酸味を想像させます。
しかし、飲んだ第一印象は甘味。
リンゴの蜜のような甘さ。全体的にはなめらかでありつつも、
酸味と苦みの輪郭もしっかりと感じられました。

旨いです。

暑い季節にはピッタリな気がします。
ん~1500円以下。恐るべし。
by buinnX | 2013-04-29 22:41 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 三輪車のロールスロイス クルミとアーモンドをローストしました >>