私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

アバロン(abalone)

まるひろ


ボードゲームにはまり出したのは、大学生の時。
確かそのくらい前に購入したゲームです。

購入した当初、あまりに私が毎回ぼろ勝ちするもんだから、
妻が(当時は彼女)憤慨して、それからお蔵入りしていました。
アバロン (abalone)
f0112574_22164811.jpg

白玉と黒あめみたいなボールがありますね。
このゲームは、このボールの”押し合い”でなっており、
見た目の通りルールはオセロなみに単純。

簡単にルールを説明しますと、
指で最大3個までの一直線に繋がっている自分のボールを動かして、
途中繰り広げられる”押し合い”を征し、相手のボールを6個外へ
出した時点で終了というもの。

↓ 下の写真は、黒が負ける瞬間の状態。
f0112574_22165852.jpg

”押し合い”は、「一直線に並び尚且つ、接触した自分のボールと相手のボール
の数が多い方が強く、強い方が一マス分だけ相手のボールを強制的に押せる。」
というものです。

ですので、上の写真で言うと(白3つ 場外中。 黒5つ場外中。)
「右側手前側にある白の塊が、その外側にある黒玉2つのうちどちらかを
いつでも落とせる状態にあるので、白の勝ち」ということです。


色々ボードゲームをやってきましたが、改めてやってみて、
このゲームの質の高さに驚きました。
単純なルールとしての簡潔明快な部分もいいですが、
それ以上にボールやボードの質感がとってもいい。

相手のボールを場外へ落としたときの「カタ」という音も、
重みや品があります。静かに楽しいです。



※ルールを詳しく知りたい方は、ウィキペディアで
”アバロン(ボードゲーム)”と入れれば出ます。
by buinnX | 2012-10-25 13:00 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< コーヒー キャロット Agneau Blarc Ba... >>